言葉のない自閉症児の発熱、どこがつらいかわからなのがつらい

Category : 日記

知恵熱なのか、体調不良なのか、本人に言葉がないと判断に悩む!



前日、「朝食抜きでバナナだけ食べて教室、なんてまるで朝バナナダイエット?」なんて笑ってましたが、
その夜中には発熱していたようです(^^;

朝になってから熱を測ったら、37.2℃。
あれ??そんな程度じゃなかったんだけど? でもボンズ、小さいうちからこういうことしょっちゅうあったんですよ。
夜中に火の玉になってて、朝になったらケロ☆

何度もあって、とても不思議だったので、かかりつけの小児科医に聞いたら、
「鼻が苦しかったんじゃない?」
と。
確かに風邪を引いてる時だったので、息が苦しくて、一生懸命息しているうちに熱も上がって…でも菌を殺すための発熱ではなかったので、朝になったら下がってたとか? 


大事を取って予定キャンセルが正解!急に様態悪化で病院へ



また今回もそれならいいんだけど…と思いつつ、
お願いしておいたヘルパーさんをキャンセルして安静日にしました。
今日は姉ちゃんのマラソン大会の日だから、
ボンズとチビを一人で学校まで歩いて連れて行けないと、時間も長めにお願いしておいたの。

コッコには、朝のうちに謝っておいたよ。
「ボンズがこんなだから行けない」
ってね。
キョウダイがいると、こういうこともあるんだ。ママとしても申し訳ないんだけど…。

それで安静にしてたら治まるかと思ったら、
昼からぐんぐん上がりだしたらしくて、慌てて、夕方になって病院へ。

インフルエンザ、しかも新型だったら、あっという間の短期間(数時間)で、
肺炎まで重症化してしまうっていうニュースを昨日聞いたばかりだったしね。
鼻ビーズで病院はしごしたりしたし、
考えたくないけど、
ボンズだけ最初に発症ってことを考えても、ね(たいてい姉ちゃんが病原菌を輸入してくる)。

病院についたら、待合室のソファーに座って絵本を読み始めるボンズ… 「アンタ誰?! 熱でもあるんじゃないの?!!」

って思いましたよ、マジで(だから病院にきてるんだってば)。 

だってここの病院にきたらまず、奥の奥まで飛び込んでって、看護師さんたちにつまみ出されるのがお約束。
座って絵本なんて、そんな姿…初めてみました!

結果、ただの風邪だそうで、薬もらって帰ってきたんですが、
「おうちに帰ってジュース飲もう」
で、あっさり引き上げるほど従順!


言葉のない子、暑いのか寒いのか、吐き気か寒気か?症状がわからない



 夕方夕食の時間になってようやく寝たのですが、
7時頃泣きながら起きてきた時がまるで火の玉!

いつもは薬を使いたくなくて、タイミングに悩むんだけど、
今回ばかりは決断も早く座薬投入。 

30分ほど泣き続けて、ようやく楽になってきたようです。

振り返ってみたら、30分の号泣なんですが、 

その間、 

うちの目をじっと見ながら泣いてみたり、 

バシバシと叩いてきたり、 

蹴ってきたり… きっとつらかったんだよね。 

どこかが痛いとか、つらいよ~とか、訴えたかったんだろうけど、
「ごめん、何言いたいのかわかんない…」

熱いのに、鳥肌立ってるってことは、寒気?? 

とか、想像するしかなくって、
病気の時ほど、口がきけたらな~と思うことはないです。

結局、熱が下がったらご機嫌に遊びはじめ、
お腹が空いてるのか、ご飯を食べたい気持ちはあったみたいで、
パパの帰宅後、自分も食卓にやってきてじーーーっとしてるので、
「食べる?」
って出してみても、やっぱり食べられませんでした。

が、
夜中はまた熱が上がったみたいだけど、
目を覚ますことなく朝までノンストップで熟睡。
今朝からは平熱で過ごせております。

たちの悪い風邪じゃなくて良かったけど、
病気の時、ボンズみたいに症状を訴えられないのはなんとも心細いですね。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

たいママさん

そうなの~~~
のんきに朝バナナダイエット?なんて言ってる場合じゃなかったみたい。
よくよく観察してるつもりでも、わかんないもの・・・
あとから、「あ、具合悪かったんだー」なんて、ボンズに限らずコッコにもチビスケにも・・・って、うちが親として未熟すぎ??

今日は元気に遊んでいて、風呂にも自分から入りたがったんだけど、
外に出たいって言わないところが、まだ本調子じゃないんだなーーーって、
推察するばかりでございますぅー。

ゆうマーチさん

おかげさまで!
こっちが拍子抜けするくらい、今日は元気です。
なんとなく微熱っぽい気もするけど、本人は普通に遊んでます。

でも、実はダルイ・・・とかありそう。
だけど、「だるい」なんてこと、まだまだわからない年齢・・・
年がいったって、説明するには難しい症状ですよねー。

コッコは初めて頭痛いだか、って言った時、感動したの覚えてるなー。
意味なくぐずる・・て、もうないんだろうなーって。
言葉で自分の状況を説明できるって、ありがたいですよね。

あらら。

朝食抜いたのは、体調が悪かったんだね~
だいぶ、体調戻ったかな?ボンズくん

分かるなぁ~!
体調悪い時にどこが痛いとか気持ち悪いとか言えれば、こんなに本人も辛くないだろうに・・・と思います~
日頃から、よく観察しても分からないこともあるもんねe-263

ボンズくん、その後いかがですか?
早く良くなるといいですね。
ショウの小学校、ついに6年生が学年閉鎖になりました。
移動教室(修学旅行)もあるので、大事をとって・・・って事みたいです。
ホント、病気の症状って、どこがどういう風に辛い、って言えないから、
親もなかなか分かってあげられなくて、お互い辛いですよね。
ボンズくんもこじまるさんも、家族のみなさんも、お大事に・・・。
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本