ボンズはパパっ子へ

Category : 2年生
えーっと先週のことになりますが、
チチが突然入院になりました。

朝普通に出勤したんですが、突然会社からの連絡で軽くパニック。

ボンズと、不登校気味なチビスケはちょうど学校に行った後。


しかもすぐにチビのお迎えに行かなきゃいけないタイミングだったので、

家庭学習期間の姉(高3)がお迎えを任せました。

マックランチ代取られましたけど、とりあえず単身動けるのはありがたい。

まーいろいろパニクり、病院は遠いし、駐車場もなく、近隣の駐車場に入れたらエライことになり、大変な数日でしたが、チチは元気です。

普段チチがいないことなんて、当たり前なので、泊まりの日もあるし、去年は3か月出張があったので(そのついでにうちらも無理して旅行に行ったり)、

チチがいなくても問題ない!

と思ってたのですが、

やっぱりボンズは違ったようです。

入院になった日、いったん帰宅し、ボンズが下校するのを待って、全員でお見舞いに。

「ボンズおかえり、すぐおでかけしていい?」

いつもは部屋でくつろぎ、おやつを食べたりいろいろすることがあるのに、すべてをぶった切ってもらおうとすると、案外気迫が伝わったのか、あっさりOK。

すぐに車に乗ってくれましたが、

「パパおむかえ?」

「パパおみまい」

「パパくる?」

「パパこない、病院」

大昔、パパ入院して、毎日お見舞いに通ったことあるんですけどね。
そこにつながらないかな?

だいたい、泊まりの勤務や出張なら、帰ってくる日を伝えられますが、退院がいつか誰にも分らないこの段階で、ボンズに納得してもらうのは、とりあえずチチの現状を見てもらうしかない!

そして何かを感じてほしい!

そしたら…

照れて目を合わせなかった感じ?笑

でも、かつての入院の時もそんなだったとかコッコも言うし、そうだっけ?と思いつつ、でもハハは現状をボンズに見せれただけで大満足。

よし、これでわかっただろうと。

そしたら、今日帰ってこないことはわかったけど、翌日、「パパくる?」がはじまり…

そっか、そうきたか。
でもしょうがないよな。

とは思っても、しつこくてイライラ。

その翌日くらいには、学校で担任のあとを追いかけ、ひっくり返って「わーん」と泣き出したそうです。

泣く理由が見当たらなかったので、
「パパいなくて淋しいの?と聞いたら、パパ、淋しいと言ってましたよ」
と。

そっかー、帰ってこないのわかったって、我慢できるのとはまた別だよね。

三日後またお見舞いに行きました。
その時にボンズが淋しがって、学校でひっくり返ったりしていること、家でも夜中泣いたりしているとパパに伝えると、恥ずかしそうにしてました。

その話はやめてくれって動きもしてました(笑)

「パパ、いくよ」
と、小さい声で呟いてましたけど、今度は一緒に帰るけど、今日は帰れないというと、我慢してくれました。

その日、姉コッコの誕生日だったので、お見舞いの帰りに外食する約束で、それを楽しみにしてたのもありますけどね。

約束通り、後日退院となり、ボンズは出かけてましたけど、

「パパお迎えいって連れてくるからね」

というと、「うん」と低い声で満足気。

その後家でご対面したからと言ってべたべたするわけでもないんですが、
やっぱり今夜一緒に寝てくれるパパなので、夜が問題のようですね!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本