療育手帳の更新で最重度へ

Category : 2年生
先日、学校でケース会議が行われました。

ボンズの担任や、デイの責任者たちが集まりボンズの話をするなんて、なんてスペシャルなんでしょうね。
こうして時間を割いて、わざわざ集まってくれたことが一番の収穫だった気がします。

あ、いや、ちゃんと中身もありましたよ。

ボンズが小さい子に手をあげるのは、要するに「嫉妬」ということで落ち着きました(笑)。

その根拠は、

1、全く知らない子にはやらない
2、春先の、新しいメンバーと出会った頃に多く起きる
3、小さい子などに注目が集まった後に起こる
4、ボンズに注目することで収まった例がある
5、ボンズより小さい子がいない場所では起こっていない

ボンズが最年少、または知らない年下の子がいないデイでは、こんなこと起こってないそうなんですよ。

あとは、担任が「ボンズくん、ボンズくんとべたべたしたらすごく機嫌がよくなった」とか、そんな話をしていていつながりました。

普段から送迎時にはやり取りしているし、連絡ノートも活用して、家でも学校の話をデイに、デイの話を学校にしたりもしていましたが、一堂に会して話す1時間にはかなわないですね!


そして、4年ぶりの、療育手帳の更新に向けた再認定に児相にいってきました。

去年学校でやった田中ビネーで22とあったのもあるので、そろそろ最重度になるだろうなとは思ってました。

当日は学校を早退させ、二人きりでは久々のおでかけ。
お昼は何がいい?と聞いたら、マックだというので、道中マックに寄ってまったり。

事前に児童相談所の写真も見せておいたし、本人は落ち着いてやってきたんですが、テストが始まってすぐに呼び戻され、

「テストにならないので、聞き取りに変更します」

と。
あまりに早くて、びっくりしました。

お風呂にも入って体も洗えるし、ひとりでトイレもできるようになったのに、精神年齢で2才と言われるのは、正直、実態とは合ってないなと思うのですが、結果の出し方がこうで、それに対してこの程度しか対応できてないんだから、そういうことなんだと思います。

担当の方も、「正直こうして会っていても、最重度には見えませんけどね」と言ってくれたのがすべて。うちもそう思うけど、でも、検査ではボンズは最重度となったのでした。

前にも言ったかもしれないけど、なんと言われようとボンズはボンズ。

誰になんと言われようと(誰にも何にも言われてないけど)成長しているし、はっきりいって本当の2才児とは違います。

だけど、いいさ。
福祉が手厚くなって、もらえる支援が増えたらしいし(笑)

これからもボンズは成長し続けると思うし、できることも、興味も増やしていってやりたいな~、経験値も増やしてやりたいな~と思います。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本