アタシは夜の蝶♪

Category : ハハのキモチ ~’14
↑とか考えながら、昨夜子どもたちを寝かしつけてから、
いそいそとお出かけ♪

初・夜遊びしてきました~~O(≧∇≦)Oキャァー 


同じ自閉症児を持つ母同士でしゃべる!ストレス発散!



 同じ発達支援教室のお母さんたちで、
去年同じ「グループ」だったの。
前から話したいな~と思っていた人で、
今年度も同じグループになったお母さんを通して集合することができ、
しかも… 初・夜遊び(。-_-。)ポッ

3人寝かしつけてから、旦那に留守番を任せて…だったので、
お母さんAのお宅に到着した時はすでに9時半。

解散は…日付変わってましたーーーO(≧∇≦)O


みんな自閉症児を持つ母で、
しかも、

「自閉症おもしろいよね~」
「楽しかったらはねるよね~」
「うちのはこんなことするよ~~~」

ってノリのお母さんばかりだったので、
笑いすぎて涙を流しながらの数時間。
いやーーー楽しかった!


発達支援教室の先生たちの噂話や、
養護学校に進むとしたら…とか、
入学後の学童の情報など、

「えーーそうなのぉ!!!」
情報てんこもりで、非常に有意義でした。


ただ… 「ママ友」ってやつにあまりいい思い出がなくって、
やっぱり「子どもを介して知り合って友だちになった人」は、そういうジャンルが必要?
って思ってたところなので、

いくらみんながさばけてるからと言って、
調子に乗らないように気をつけなくちゃ…。

話題、泣き笑いして話してることだったけど、
デリケートな話題だしね☆

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

たいママさん

いいでしょおー(笑)
だけど、何だ? 夜の蝶って・・・?
そんな歌でもあった?(自分で言っておいてどこからきたかわからん)
たいママさんが近くにいたらなーーー。
ぜひとも一緒に夜の蝶になりたい!!!ε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー

うんうん。
笑い話にできるポイントとか違うだろうしね。
うちも今回「しゃべれない」=「重度」っていう感じで話が進んでる時に、
「そっか~・・・・ひゅるる・・・」
と思ったもん。
他意はないっていうのがわかってるからスルーなんだけどさ、
もしかしたらスルーできない事態がいずれ起こるかもしれないしね~。

ライムさん

うんうん、ほんっとうに!
自閉ネタを笑い話にできる仲間に出会えて本当にラッキー。
中には口に出してもいけないと思ってる人、
わが子の障害を認めてない人、いるからね~。

つい嬉しくて、好き好き~って思うと深入りしすぎちゃって痛い目をみるの。
だから今回は、「オ・ト・ナ」な付き合いを目指しますっ。

ところで「夜の蝶」って文句の出所なんだと思う??(思い出せない)

いいねぇ~♪

タイトルからしていいねぇ~
夜の蝶って(笑)
うちも去年の同じ障害を抱えるママ会の飲み会以来、夜の蝶になってない(笑)
その時は、帰ってきたら3時でした
やっぱり同じく悩みを抱えてるママ達と飲むとこれまた楽しいよね~

ただ、同じ悩みを抱えていても確かにいろんな人達の集まりだから、全てが円満にともいかない場合もあるよね~
それはしょうがないよ~

良い人達じゃないですか~!
良い気晴らしが出来て良かったね~!!

ママ友にも色々種類はあると思う。
この集まりの最大の共通項は、皆自閉ちゃんのママだという事。
だからこそ、分かり合える事が沢山あるはず。
もちろん、付き合いって深すぎると摩擦も起きて来るから適度な距離は必要だけどさ。
でもでも、こんな風に「夜の蝶」になれるなんて羨ましいよぉ~。
非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本