自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

親の思い、子どもの思い  

先日、地域の中学校支援級との交流行事があり、ボンズと、養護学校の担任、コーディネーターと4人でいってきました。

以前、学校祭出し物の総練習を見に行かせてもらいましたが、今回は一緒に風船バレーをするということで、玄関から総出でお迎えがあり、相当準備されてきたことがわかって感動しました。

養護学校でも先生がボンズのために、風船バレーの練習をしていてくれたので、思ったよりは参加できていたし、何より地域の中学校のみなさんの受け入れ態勢がすばらしい!

もともと半分が同じ小学校の出身なので知っていることに加えて、出身小学校が違っても大サービスで一緒になって知っている子が数名、同じ小学校の普通学級から転籍した子もいたりで、完全に知らない子の方が断然少ない!
という環境も関係あるかな。

姉の出身中学校ということもあるし、ここ数年しつこく見学していたこともあるし、先生たちもほぼわかる。

だけどなんだろう??この違和感。。。

そして、何よりボンズ本人が、混乱していたのです。



今月になってから、

「中学校バイバイ」と言い出しました。

「小学校でしょ?」

弟の小学校行事に連れてったり、弟のお迎えに一緒に小学校に行ったり、でもそれが「オレ卒業したのに」という混乱かな?と思いました。

「小学校バイバイしたもんね、今はチビが行ってる小学校だね」

でもあんまりすっきりした顔してくれず、

「中学校バイバイまた今度?」

と、重ねて確認してきます。

「ボンズ中学校嫌なの?」

ちょうど弟がプチ不登校中だったので、姉、弟に続きとうとうボンズも?
ボンズが学校嫌いになったら二度といけなくなると思ってたんだけど??

と、慌てました。

でもねー、どうやら地元中学校との交流が「これが最後だよね?」ってことだったらしいのです。

大好きだった、小1から一緒だった同級生Rくんにも会えるし、Yちゃんにも会えるし、ひとつ年上のHちゃんだって会えたらうれしいと思ってたんだけどな。

ボンズにとっては「まだ移動する可能性のある見学?」とか感じたのかな。

そうじゃない、さんざ考えて、究極の二択で腹を立てながらも、エイヤっと決断したのが今の養護学校。

ボンズは戸惑いながらもすぐに慣れ、また新たな課題を生み出したりはしつつも、先生も好きだし、クラスメイトも順番になじんでいってます。

だから、安心して、ボンズの居場所はここ、今の養護学校の1年1組なんだよということを確認するためにも、

「最後にしようか、〇〇中学校またね、しよう」
と言って当日を迎えました。

そして、当日の朝も、「今日最後ね?」というと「最後」と言い切るので、養護学校の担任に伝えると、何度もうなづきながらこう言いました。

「私にも今日が最後かと聞かれました。朝からなんだか落ち着かなくて、私も一緒にいくことでようやく安心したようです」

お友だちに八つ当たりをしたりしていたそう。

ありゃりゃ、そんなに混乱してたんだ。


「交流でボンズ君がくると言うと、クラス全員やったーとバンザイしてました」

と言ってくれる地元中学校の受け入れ態勢は、涙がちょちょぎれそうなほど嬉しいんだけど、ボンズが不安そうなので、今回を最後にします。

来年度は希望しないというアンケートを書いて出すのは複雑でしたけど、しょうがないですね。


そのあと、高等部の行事に参加した時に、同じ中等部のお母さんに聞いたのですが、希望すればなんでもない日のなんでもない時間に参観できるそうです。

「それで給食の配膳の仕方とか、食べるときの様子見れて良かったよー」

とおっしゃってたので、ぜひとも真似しようと思います。

ハハが覗きに行くと、隠れるお年頃のボンズですが、ボンズ支援の手立てを探るためにも、大勢の中にいるときのボンズを見ることは有益だと思うのです。

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cojimaru29.blog56.fc2.com/tb.php/1025-c2bc2bb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク