三年ぶりの、犬との暮らしに自閉っ子ボンズはどんな感じ?

Category : 1年生
今年はボンズの金魚要求のせいもあり、久々にペットショップに出入りしました。

そのせいじゃないのですが、先日ボンズの心残りを消す買い物でペットショップへ。

昔飼ってたインコを見たり、文鳥を見たりしていたら、チチがインコを飼おうか、と。

不思議と全くその気にならず、なんて言ってあきらめてもらおうか考えつつ、
おそらくにおいで辛そうに逃げ回るボンズに申し訳ないから早く出ないとなとか考えつつ。

なんかエンジンかかっちゃったボンズチチ。

「じゃ、もう一軒!」

とばかりに、ランチタイムを挟んで別のペットショップへ。

まずいな、このままじゃ買う流れになってしまう。

めずらしくついてきたコッコ姉ちゃん(高2)もすっかりその気。

まずいな。

そこで、「飼うなら犬がいいな」。

さくら

先代犬のさくらが虹の橋を渡って3年が経ち、その間、一度もそんな気持ちになりませんでした。

それが、自分の口から出た言葉でいきなりスイッチが入ってしまったんでしょうね。

もともと犬好きな我が家ですから、チチもコッコもすっかりその気。

その時バアバ宅に一人お泊りに行ってたチビスケだって、本当は犬を飼いたかったそうです。

で、みんなの犬を見る目が真剣!
ボンズはどう思ってたんだか、ただ付き合ってくれてました。

ただ、インコや犬より、金魚の方が興味あるようでしたけどね(笑)
 
今日どうしても飼うとかではなく、出会いがあれば。
保護犬や迷い犬と出会うことも考えたいし、ブリーダーさんとつながるのもいい。

でも、ブリーダーさんを探すとなると、犬種を決めなきゃいけないってことがありますよねー。

犬種も、毛色も、雌雄も、どうでもいい。
ただ、この子と向こう15年一緒に暮らすんだぞ!と思えれば。

その日はあれこれ話しつつ帰り、翌日、チビスケも加わって「そういえば一番近いところを見てないね」

と、見に行ったら、会ってしまったんですよ(笑)

気が付いたら、どしゃぶりの中みんなで荷物抱えて、そして、ワンコ抱えて帰ってきてました。

ボンズはどう思ってたのかな、きっと話はわかってたけど、それより店の前にあったエスカレーターにもう一度乗りたいとか、ゲームセンターで見かけたトミカの箱が気になってしょうがなかったようで、店を出たり入ったり、一緒に話を聞いたりしつつ、付き合ってくれてましたよ。

ボンズときなこ 

先日公園でパピーなんでしょうね(体はでかかったけど)、ボンズに遊ぼうってとびかかってきたワンコがいたんですよ。

そしたら、ボンズがびっくりしつつも、

「よーしよしよし、さくら」

って言いながらなだめてました(笑)

やっぱりつい口から出てしまう「さくら」という名前。

今度の子はミックスのきなこです。

ボンズは嫌でもなく、どうしてもかかわりたいということもなく、
ただ姉と弟が夢中になり、ハハがデレデレしているのが、ちょっと不満でもあるよう…

ということが、翌朝になったわかりました。

なんか興奮状態で寝られない?
かと思ったら、「きなこちゃん!おやすみなさい!」って言ってみたり、「ママ、犬、しまって」と言ってみたり。

ほら、相手は生後2か月のパピーなので、ボンズが目の前を歩いていると、乳歯で噛みついていくんですよ(笑)

痛いし、「やめろぉー」って逃げてるのにやめてくれないし、蹴っちゃいそうで怖いし!

そのうち、かつてのボンズとさくらみたいに、物言えぬコンビでそっと寄り添う姿が見れたらいいなぁ~~。

あ、あの頃よりボンズはずっと自分の気持ちや要求、出せてますけどね( ̄ー ̄)

きなこの写真ばっかり撮りつつ、時々ボンズにもカメラを向ける気を遣うハハ。

先住犬がいる感覚で、気を使わなきゃいけなかったんだなってこと、翌日に気づきましたが、これからの方はぜひ参考にしてください(笑)。

ボンズも、ちょっとおもしろくなかったフシがありましたから~~。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

Comment

非公開コメント

カテゴリー
更新カレンダー&月別
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本