進学に向けて

Category : 2年生
ボンズ、義務校の高校に進学予定です。
これは小学生のうちからうんと見学をして、ここが一番いい、通わせたいと思ってところです。

逆に、その高校に入るまでの3年間の行先(中学校)に悩みましたけど。

その高校に入るための教育相談というのを受けてきました。
相変わらずスタート早いです(笑)

中学校でも教育相談についての話は始まっていたそうですが、なんせ今年度のトップバッターだったというくらい早いうちだったので、ボンズも何をするのか理解していなかったと思います。

そもそもハハも何がいるんだろう?何をするんだろう?という感じでしたから(笑)

まずは挨拶をして、流れを話して、その内容を絵カードで説明してもらい、「支援あるんだ!」と感動。

いやいや、特別支援のための学校なんだから当たり前でしょってことがない世の中ですから、こうして学校が準備してくれてるのって感動的なんですよねー。

それから別行動で、ハハはハハで、コーディネーターさんに校内を案内してもらい、細かい説明や質問に答えてもらうなどをして、ボンズは先生二人に知能テスト?を受けさせられ、校内を見学し、その後合流という形でした。

ボンズと一緒に行動していた先生から、ハハの本日の目的「高校生活に入ってから困らないように、今からできることはなんだろう」という質問の答えをいただきました。

・語彙を増やす
・折り合いをつける
・マイルールが激しい
・集中力

次々とボンズのテーマが出てくるので、慌ててスマホのメモアプリを開いてなんとかメモったところです。

語彙、増えたな~と思っていたけど、確かに足りないです。
ボンズの伝えたいことが伝えられず、パニックになりそうなことが増えてきました。
きっと追いついてないんですよね。

折り合いをつけてよく我慢できたなーと思うことも多々あるんですが、高校の先生からみたらまだまだなんだなーと思いました。

マイルールって…え、自閉だからじゃないの?と思いましたが(笑)

でも、これも軽減しようと思ったらできるってことなんでしょうね。

集中力!
そうか、なんか、これは発達障害に限らず子ども全般のテーマって感じでなんかホッとしますね(?)

家では夢中になって何かを作ったり、ゲームしたり、DVDを見たり…という集中したところばっかり見てますから、「集中力が必要」と言われて新鮮な気持ちでした。

最近一番困っている、小さい子に手をあげてしまうことの根っこに「ボンズくんは甘えん坊だから、いっぱいかまってもらってる子を見ると嫉妬するのでは?」ということがあったので(デイや担任から言われてた)、

「ボンズは甘えん坊ですか?」

って聞いてみたら、

「そうなんでしょうね、お母さんと別行動したら、お母さんのところ行きたがりましたからね」

って。

え、それって普通じゃないの?
だって低学年のうちは参観日にはハハの膝に上ってきちゃって、発表もなにもできなくてすごい大変だったのに、そのうち来なくなり、高学年では参観日以外にふらっと覗きにいっても近寄っても来なくなったんですよ?

って言いたくなったけど(笑)

とにかく、高校生の先生から見たレベルでは、こんなにも甘えんぼちゃんで、伸びしろの大きい子なんだなということを教えてもらってきました!

ボンズ成長してると思うんだけどなー!
親だけでは全然わかってないってことなんでしょうねー。と思うとおもしろかったですわ。
カテゴリー
更新カレンダー&月別
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本