自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

最近のボンズくん  

三学期になってから、ぼそっと、

「がっこう、いかない?」

と言い出しました。

え?あんたも?

というのも、今は末っ子がプチ不登校。
12月から教室までママ送迎付き、時間も短縮登校。

「なんでこいつ朝学校行かないんだろう?」

とは、思っていたと思います。

それでも、ボンズはマイペースに、自分の生活をしていたので安心してたのに。

あんなに集団大好きで、だからこそ保育園に入れたくてあれこれハハ奔走したのに。

みんなと一緒にいることが大好きで、毎日楽しんで通っていたのに。だからこそ、地域の小学校の支援級にこだわってめでたく卒業したのに。

やっぱり、今までよりお手本が減った(失礼)、自分が一番面倒を見てもらえる立場じゃなくなった、要するに環境ががらっと変わったせいで、ボンズの「人が好き、みんなと一緒がいい」という気持ちも変わったんだろうか?

と、ちょっと身構えたんですが、二回くらいつぶやいたのをスルーしたら言わなくなりました(笑)。

あきらめたのか、もともと深い意味がなかったのか、それとも別の意図をもった質問だったのか(チビまだ行かないの?みたいな)わかりませんけど。



学校では、お友だちに手が出ることが多くなりました。

手が出るというのは、つい手が出てしまうということもあるし、触りたくて手を伸ばしてしまうということもありです。

自分が一番に教室に入りたくて、目の前にいた友だちに…とか、

ぶつかってこられてつい…とか、

気になる行動をしている子にやめてと言えなくてつい…とか、

女の子がいたから、つい…とか。

なんせハハの目のないところでのことばかりなので、学校の先生やデイのスタッフに丸投げするしかないのですが、やっぱり「ダメなことはわかってる」上で、「つい」なんですね。

言えば言うほどこだわってしまうこともあるし、でも相手があることなので本当に困ったものです。


先日もお絵描き教室で、元クラスメイト(っていうのか?)一級下の女の子と月に一度会えるのがうれしくてうれしくて、そしてあえて喜んで、一緒に写真を撮りたかったボンズ。

でも、相手はお年頃な女の子、以前も恥ずかしがりながら、しょうがなくボンズの求めに応じて写真に納まってくれたんだけど、もう勘弁してもらいたい。

ボンズに言い聞かせて、言い聞かせて、なんとか先に帰ることにし、外に出たとたんにジャンパーを地面にたたきつけて泣きました。

でも、我慢しなきゃだもんね。

もう少し静かに我慢することはできないものかね?

で、車に乗って次はお楽しみのコンビニでジュース。

「しゃしん、いい?」

「コンビニ、そと」

コンビニの外観を撮るのはOKしましたが、店内はダメ。

それだってさんざ言い聞かせて終わった話のはずなのに、またごねだしました。

きっと女の子との写真がダメだったこともあるんだよね。

久々に、コンビニの前でひっくり返って大泣き。

身長160センチを軽く超え、体重も60キロを超え、あきらかに母よりでかい中学生男子が、野太い声でひっくり返って泣く光景は壮絶だったと思います(笑)

ハハも免疫ありますから、コツを得ております。

オールスルーです。

見もしないで店内へ、そして、車に乗って…。

ボンズもベテラン(?)ですから、すぐにおいかけてきて、

「よしよししてーー」

と(笑)

ひげの生えてきたでかい男の頭をよしよしは、はた目には異常。
ですが、ハハにとってはそうでもなく…。

でもね、でかいし、正直「よしよし」って頭なでたくなるシチュエーションではなくなりましたね。

甘えて自分の気持ちをなだめたいんだろうと思うと、そこは協力したいけど、これ、車移動じゃなかったらきつかったなー!


最近はいっぱしに夜更かしして、朝もつらそうに起きてくる中学生男子なので、寝不足や生活のリズムの崩れという魔のループが垣間見えました。

何とか持ちこたえたいなと思ってるところです。

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク