自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

知的障害のある自閉症児の中学校はどう決めるか?支援級説明会  

重度知的障害のあるボンズ。今通っている小学校の特別支援学級にも、自閉症の子はたくさんいますが、知的障害がどの程度かによって、困り感は全然違うように感じています。

小学校入学の際にもかなり迷いましたが、中学校進学に際してもまたまたモヤモヤ迷っています。
でも!
あーだ、こーだ言っててもしょうがない。
決断のためには、とにかく見学ありきと思っています。


地域の中学校、特別支援学級の見学、説明会に参加しました



毎年行われている、中学校の説明会に出席してきました。
ボンズが3年生の時から参加しているので、4回目になります。
今回、初めてメインの担任が異動になった後ということで、後任の主担任がどんな方なのか、とても楽しみでした。

朝の体力づくりの場面を見学。
クラスの人数や、学年ごとの人数、体力づくりもその子に合わせたプランで行われていることなどを、今年着任されたメインのH先生にお聞きしました。

子どもたちに愛情を感じ、底抜けの明るさを感じるベテランの教師、という感じでとても好印象です。(女性です!)

その後、教室でまず支援級の説明がありました。

H先生はいらしたばかりということで、ここは以前からいらっしゃるS先生た対応してくださいました。

ちゃきちゃきと明るく、おっとこ前感さえ感じさせる先生で(女性ですが)、保護者の対応もはきはきしていて、とても頼りになりそうな感じがしていました。

その後、子どもたちが朝の会をしているところを見学し、少人数にグループ分けされた数学を見学し、作業の時間を見学してから、再び別室でお話を聞くことになりました。


中学校で子どもが過ごす時間はとても長い!終日口頭指示が通るか?



ここも、以前からいらっしゃるS先生が対応してくださりました。

長女が在籍していた頃から(この春卒業しました)何度も顔を合わせていますし、長男ボンズも何度も交流にきているのをご存じでいらっしゃいます。

その気安さもあり、高校はあちこちを見学し、養護学校高等部に決めていることを伝えました。

またその前後に、深い意味もなかったのですが、一日の流れのところで(日課表)、

「ここに絵をつけることはできますか?」

と聞いたんです。

考えてみたら、小学校でも絵はなかったんですけどね。

するとS先生顔を曇らせて、

「高校では、絵はおろかふりがなすらもなくなるんです。
ですから、絵をつけることはありえません」

と、困ったようにおっしゃいました。

なんていうのか…

その時にものすごいショックを感じました。

娘も通っていましたし、その前から何度も出入りしている中学校だし、勝手に親近感を感じていたんですよね(親の親近感関係ないですけどね)。

自閉症にとって絵は言葉。
文字が読めないから絵で伝えてくれ、というのとは違う

と、自分では理解しています。

単なる知的障害の重さで、文字が読めないから絵にしてくれというのとは違う。絵は自閉症の言葉で、素早く理解するためのスパイスであると。

そこを否定されたような気持ちになっちゃったんですね。

さらに、

「朝から下校の4時まで長い時間、終日口頭指示が通る子でないと、ここ(支援級)は厳しいと思います」

と。

これで、はっきり、うちの子は歓迎されていないと感じましたね。

ですから、別室で親たちが集まって「質問に答えますよ」と言われても、うちからは聞くことはありませんでした。

一緒に参加したハハたちが、来春から通うにあたっての細かな質問事項を聞いたり、イメージを膨らませていく中、無言で帰ってきました。


支援級は厳しいって、どういうこと?



ボンズの中学校について真剣に悩む前から、中学生や高校生のお子さんがいる先輩ママさんに会うたびに相談したり、お子さんの様子を聞いたりしていました。

そこで、とても気になっていたのが、
「支援級って厳しいって言うよね」
という言葉。

厳しいってどういうことだろう?

生きていくために、厳しさを持って教えなければならないことはいくつもあると思う。
そのために厳しいのであれば、むしろ歓迎。

ハハ、やっぱり緩いというか、甘くなってしまう部分あります。

だけど、無理?というか、ただ厳しく当たるだけの対応というのなら、それは疑問に思います。

一番悩んだのが、
「ひとりごとは、止めます」
という言葉。

これを言った先生は異動になられたので、そのまま継承されていることかはわかりません。

独り言って、止めたら止まるんだ?
確かに、1人で道を歩いている時に独り言をいう大人より、我慢できる場面では止められた方が生きやすいと思う。

でも、終日独り言を制止されたストレスはどこへ行くのかな?

きっと、ボンズのジャンプや謎の笑いも止めなきゃね。

いっとき我慢することができて、その後解放される場面があるといいなと思う。

もしかしたら、先輩ママさんがいう厳しさって、こういうところだったのかな?

やめた方がいいこと、止めた方がいいこと、たくさんあります。
でもそれらの奇異な行動は、それなりに、本人なりの、理由がある行動。

それらを止めることで、自分を否定されてる気持ちにならないかな…と思うと、ハハ不安なのです。
しかし、この辺が甘さだと言われるのなら、その通りだとも思います。

この春、うちらの支援級に転籍してきたお母さんも、質問しました。

「高校受検、落ちたらどうなるんですか?」

その質問に、対応してくれたS先生は誇らしげに答えました。

「今まで、私が着任してからは、高等支援に落ちた子は一人もいません」

それまで話題にしていたA高等支援、B高等支援、C高等支援…
いずれも、ボンズハハとしては、「え?」というくらいレベル(?)の高いところです。

見学しても、「この子たち本当に療育手帳持ってるの??」という子たちばかりで、
「うちの生徒は軽度の子だけです」と言い切る先生もいました。

全ての教科、教科書での勉強で、生活単元学習のないところばかり。
だからこそ、ボンズは「実際にお買い物に連れて行ってもらって学べる学校がいい」と、養護学校の高等部が、ボンズにとって一番いいと思えたのです。

ですから、私は高等支援校受検を今から除外して考えています。

地域の中学校の支援学級に入学を希望する理由は、今の同学年の、交流のある近所の子どもたちとの縁を、あと三年つなげておきたかったからです。

「受検予備校みたいだったね」

見学を終えた後、一緒に参加したママたち5人でランチしていたら、そんな言葉がみんなから出てきました。

学年の教科書を使って勉強している子のママも、さらに先の勉強をしているような子のママも、高学年になって転籍してきた子のママたちも、みんな、自分と同じように「厳しさ」を感じて凹んでいるのが不思議でした。

というか、うちが全くの無茶を企んでただけなのかもしれませんけどね!!

ボンズがボンズのままでいいよ、もっといいとこ見つけて伸ばしてあげるよ、と言ってくれる場所があるのなら、そこが支援級でも支援校でも構いません。

でも、これで、支援級じゃないのかなとも思いました。


スポンサーリンク


category: 中学進学に向けて

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

他害、自傷という問題行動への対処は?  


初めての他害?自傷行為になすすべナシ



先日、月に一度のお絵かき教室に行ってきました。
この日、同じクラスの女の子が初参加。
女の子好きのボンズはニコニコデレデレしてました。

その後の買い物に早く行きたかったようで、お絵かきもそこそこに帰りたいと言い出したので、帰り支度をしていたら…

同じくその日初参加だった男の子のそばにいき、何やらちょっかいを出した様子。
その直前を見てなかったことが本当に悔やまれるのですが、

何があったにしても、まずいと思い飛んでいって押さえました。

大丈夫だよ、あの子もニコニコしているよとスタッフに言われましたが、
ボンズ、「ちょん」って程度ですが、相手にちょっかいかけることがあるので、それを普段から止めていたんです。

しかも、この日初めて来た子にそんなことしたら、相手がどう思うか…。

やめなさい、エイダメよと言って止めると、
今度は止められたことに対する中途半端感があるようで、逆にこだわり。

なので、はっきりきっぱり怒り、外へ出ていなさいと。

パニックになりかけ、相手のお子さんに、触れるか触れないか程度でチョンとやると、その子がボンズの手をつかみました。

今度はそれに対して、ボンズがその手をつかんでペシッと今度ははっきりとたたきました。

そこから強制収容。

何とか玄関に出し、相手のお子さんと親御さんにお詫びをし、玄関に戻ると、スタッフがボンズに指導していてくれました。

「ママごめんなさい」

ごめんって謝っても許されないことがある。
エイはダメ!ダメなもんはダメ、あんたが悪いと怒りながら出ていくと、お絵かき教室の先生が「かわいそうだからもうゆるしてあげて」と。

なんて言っていいかわからず、とにかくスイマセンと頭を下げて帰ってきました。

他害だ、他害だ、ボンズが他害をした。


本人なりの言い分はあるんだろうけど、伝えられない伝わらない



車の中ではひたすら、ボンズが「ママごめんなさい」というので、

ママに謝ってもダメ。
エイしたらダメ。
痛いことしたら、行ける場所がなくなるんだよ。
あんな何もしていない小さい子(五年生らしいですが、見た目はもっと小さく見えました)にエイするなんて、ママ哀しいし、ボンズにがっかりだ。

と、えんえん怒ってました。

べそべそ泣いてたボンズは、そのうち、手のひらの付け根?で、自分のおでこ辺りをたたき始めました。

自傷?これが自傷行為?

自分のばか、ばかと思っているのか、
「そーじゃないんだってばー!」と言いたいのか、

ただ、ショックでした。
ここまでさせてるのは、他でもない自分ですからね。

まだ怒り足りない。
ボンズの何が悪かったのかしっかり伝えたい。

でも、その日ようやく修理から戻ってきた車をまたどこかにぶつけそうで、とにかく必死で運転。

言葉だけで怒るのはもうやめよう。

「おえかきまたこんどね!(と、言え)」と言ってるボンズに、

「わかった、また来月ね。そこでもやったらもう行けないからね」

「おえかきまたこんどね!」

「わかった」

というと、

「ママ、ありがとう」

と、ボンズが握手を求めてきました。

運転中だったので、できなくて、でも左手を差し出したら、しっかりと握って軽く何度か上下に振ってました。

ありがとうと握手、って、いったいどこから??

かなりいろんなことを理解しているようにも見えるし、
自傷に他害、ボンズの底はまだまだ見えてなかった感もあるし、
困っちゃったな~。
今度はこいつか…てな感じでいっぱいです。

今度はこいつ、ってのは、キョウダイ三人、それぞれ順番だったり同時に何かしらの問題やらトラブル持ってくるので。


スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

お手伝いをしてお小遣いをもらう、自閉っ子の視覚支援  


お手伝いをしてお小遣いをゲット=将来の就労を見越して♡



ボンズ、毎朝ゴミ出しをして一週間に100円もらっています。
が、本人にその辺の自覚があるのかちょっと微妙でした。

時々しかいわない、「とーます、おかね」(=ガチャポンしたい)という要求。

言った時にはいつもある程度たまっていたので、要求した回数できちゃう感じでした!(笑)

ガチャポンらぶ1 

楽しく修学旅行に参加し、帰宅した翌日の代休。

修理に出していたマイカーが戻ってくる日だったので、
お休みのボンズと二人でバスを乗り継ぎ、愛車のお迎えにいくことにしました。

そこで久々に、ガチャポン要求が出たので、お財布を持たせてバスに乗り、ちょっとした小旅行。
愛車を引き取った後に、ショッピングモールに行き、ランチして、アイスを食べて、ガチャポンもしてこようということに(デートですな♡)。

600円あったので、3回できるけど?というと全部やるというので、3回連続でやると、
なんとまーいいものばかり出たんですね。

ガチャポンらぶ3 

ボンズが今一番どストライクのジェームスに、キャロライン、あと一つは新キャラ?だけど、ボンズ基準でいうハズレなし状態。

その後うどんを食べることにしてフードコートに行ったのですが、
待ってる間、黙々とシール貼りしてました(笑)

ガチャポンらぶ2 

その後、アイス食べて、「帰るまだよ」っていうくらい長居したがり…

でもすることもないので、

「じゃあママの服見てきていい?」
って自分の好きなお店に行き、お店の前にあったベンチに座ってるよう言ったら、
まるで卵を温める鳥のように、大事にガチャポン(ケースのまま)抱えて待ってました。


やりたいことがある、だからお金をためたい、お手伝いを増やすチャンス?



この時のことがよっぽど楽しかったみたいで、ずっとガチャポン要求。
もう、このしつこさ…
分かる人しかわからない、この理性もぶっ飛ばすほどのしつこさ!

でもここで怒ってないで(←良い自閉っ子のママさんは真似しちゃいけません)、
ここで「チャンス!」と発想転換させなきゃいけないですよね。

精神的にあれこれやってきて参ってる時だと、
ハハもそう前向きにはなれませんでしたが…

でも、重い体に鞭打って(←ほんとに重いんだ…)まずは視覚支援!

お小遣いゲット表 

長女の時にも使っていた10円シールと、
ボンズ用ポイント表を印刷。

やり始めると楽しいですね♪

まずは目の前でやってみて、理解してもらうのが得策。

普段のゴミ出しお手伝いは、一回20円の計算で(平日のみなので)1週間100円のお小遣いだったんですが、目の前で20円渡したこともないので、きっと理解できてなかったんですよね。

お手伝い表 

これは改善点なので、夏休み中はぜひとも、今回作ったお手伝い表を持って、目の前でシール20円分渡そうかと思います。


200円あると、ガチャポンが1回できる!を理解するところからはじめます



どうもあちこちひっかかりがあるようで、うまくいきません。

●自分がお手伝いをすると、おだちんをもらえる
●10円を10枚ためると100円玉をもらえる
●100円玉2枚でガチャポン1回できる

これらの一連の流れがどうも飲み込めていないのかも。


お小遣いゲット視覚支援 

学校の担任の先生にも相談しまして、学校でも生かしてくれるようです。

先日もどうしてもガチャポンしたくて、「じゃお金ためないとね」とお手伝い連発。

●たたんだ洗濯物を各部屋に運ぶ(自分のは引き出しにしまう)
●玄関の靴を並べる
●食洗器の中の食器を棚にしまう

などをして、なんとか無理やり一回分を大事に握りしめ、わざわざ前回と同じショッピングモールまで行き、ガチャポンさせたら…

なんとカス(笑)

その後、パニックになり、付き合う家族もうんざり…だったので、笑ってられないんですけど!

でも、おかげで(?)あれから「親が」発狂しそうなしつこいガチャポンアピール消えました(笑)

その代わり、トミカ買ってくれだの、アイス買ってくれ、DVDレンタルに連れてけと、要求は他にも果てしないですけどね…。


スポンサーリンク


category: 12才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tag: 視覚支援  自閉症  お手伝い  お小遣い 
tb: 0   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク