自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

周囲の小さい子との違いを自覚?自閉っ子の独り立ち  


ママの付き添いお断り、自閉っ子の一人登校希望



またまたボンズの登校ネタです。

長いGWの後半5連休に入った途端から、

「ボンズいってらっしゃいするよ」

と、言われました。

「ママ、いってらっしゃい、ボンズいっといで、ね」

ようするに、もうママはついてこないでくれと言ってるようなのですね。

「う~~ん。。。」

ボンズの「1人で登校したい」気持ちは成長の証だと思う。
下級生たち、あんな小さな一年生まで自立登校している、その周囲の様子に目が向いているということでもあるんですよね。

だけど、ハハとしては、不条理な、不都合な場面を想定して、そういう場面からボンズを守りたい。

ただでさえ、かわいい女の子がいると近づきたい、小さい子たちがはしゃいでいたら指導しにいきたいボンズの様子が心配だったので、そんなボンズの行動が、「悪いこと」となってしまう前に、守りにいきたい。

でも、ボンズの自立心も喜ばしい。

5連休中なんども冒頭のようなアピールをされて、とうとうハハも折れました。

「そういうわけですので1人で登校させますが、何かあったらすぐ教えてください」と学校の先生にはお願いして。

そして、月曜の朝、「ボンズいってらっしゃい」と見送る宣言しているのに、ハハを玄関に「ママ戻って」と押し戻し。

その前に一緒にゴミを出しに行ったんですが、そこでは無言。
ゴミを出してしまうと、「ママ戻って」

うん、わかったよ、って言ってるのに、背中を押して玄関に押し込み、ドアを閉めてから再び顔を出し、「ボンズいってらっしゃい」と確認してる。

「うん、ボンズいってらっしゃい」

「ママ、いってきます!」

一言一句はっきりと、高らかに宣言してドアを閉め、出て行ったかと思うと、また戻ってきて、「ママ戻って」

後から追いかけてくるなよ?ってことですよね(笑)
三回くらいくり返し、ようやく登校。
その日は「無事に登校しました」と先生から連絡がありました。

そして、翌火曜日も、「ママ戻って」「ボンズいってらっしゃいして」と2~3度行き来して、ハハをけん制してから登校。

そして今日も…。

「ママ、ジャンパー脱いで、サンダル脱いで」

と、玄関の土間から上がるまで用心してました(笑)

どんだけ嫌がられてるの??(;´・ω・)


僕はお兄さん、赤ちゃんをあやすよ



昨日はハハ、学校ボランティアで学校にいましたので、ボンズがその場所に現れました。
チビスケ(弟、小4)を待って三人でスーパーに寄りました。
今日のボンズの目当てはジュースです。

ハハとチビスケがあれこれ見て回る間、ジュースの売り場前でひたすら待っていたボンズ。
そして一緒にジュースを選んでレジへ。

レジの列に並んでいると、目の前に、カートに座った赤ちゃんが、ボンズに向かって、「わぁ!」と言いました。

「…わぁ!」

と、赤ちゃんに向かって言い返し、ジャンプ♪

元気に言い返された、赤ちゃんが目を丸くしているのを見て、慌てて、ハハ止めました(笑)

ボンズ的にはどうも赤ちゃんをあやしているようで、

「赤ちゃん、いい子、いい?」

と、触りたがってますが、赤ちゃんの両親が怖がるかも?と思い、「赤ちゃん、触っちゃだめよ」と言いました。

幸いボンズもそれで気を悪くすることはなく、赤ちゃんも怖がって泣くこともなく、また安心して待っていたら、赤ちゃんが、ボンズが持っていたジュースを欲しがって手を伸ばしてきたのです。

「ほら、そんなの持ってたら、赤ちゃん欲しいって」

というと、ボンズ、赤ちゃんに自分が買った三ツ矢サイダー(500ml)を渡そうとします。

「え?あげてもいいの?ボンズのなくなっちゃうよ?」

赤ちゃん、すっかりその気でじたばたと手を伸ばしています。
受け取ってしまったのを取り返したら、そりゃ~泣いちゃうでしょ?

ついでにボンズも泣いちゃうでしょ?(笑)

それまでセルフレジに取り組んでいたお父さんの方が、赤ちゃんの様子を見て笑ってました。

ほ。

良かった、笑ってくれて。

ボンズやっぱり小さい子がかわいいという気持ちがあるようです。
学校でも低学年の子たちが騒いでたり、走ってたりすると、「ちょん」と突いた?ように、触った?ように、たたきます(といっても、ちょいっって感じです)。

きっと、お兄さんとして指導しているんだと思います。。。
が、周囲がそう理解してくれないかも?と思うと、やっぱり目が離せないなと思うのです。



スポンサーリンク


category: 11才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

家でのスケジュール展開が変わる時の自閉っ子、混乱は?  


家でのママ飲み会、「いつもと違う」をどう視覚支援する?



先日、自宅でハハの友人二人をお招きして家飲みすることに♡

土曜日だったので、ボンズは昼からデイに行きます。
ボンズを送り出した後、スーパー三軒ハシゴして準備開始!

一軒目でなま物を買い、二軒目で酒、つまみを買い、三軒目でグラスと取り皿を買い足し!
ものすごい準備だったことがお分かりいただけましたでしょうか?(笑)

そして、事前告知が必須な自閉っ子ボンズには?

…どうやって伝えようか??と考えましたが、なんせ、ハハ自身が経験のないこと。
適当な視覚支援も想像がつきません。

何も伝えないわけにはいかないのなら、そのまんま伝えるしかない、と、口頭で。

「ボンズ○○(デイ)行って、帰ってきたらママのお友だち二人いるから。
それから一緒にご飯食べてー、ボンズは1人で先にねんねしてね。お風呂入ったら、裸で出てこないでね」

注意事項まで羅列(笑)

これといった視覚支援なしだったのですが、ボンズは聞きながら、理解していたようでした。

「××(ショートステイ)行かないよ、お母さんただいま、5時になったらね」

デイサービスでも、ショートステイ拒否の言葉はちょくちょく出ているらしく…
その都度、スタッフが「5時になったら、お母さん待ってるからおうちに帰るよ」と伝えてくれているようです。

なので、今回の突っ込みもやたらとリアル。

「うん、5時になったら帰ってきてね。ママおうちで待ってるからね」

「お風呂入ってー、ご飯食べてー、ねんねしてー」

「わかった、お風呂入ってからごはんね。ママたち先に食べててもいい?」

ボンズ、もう絶対先にお風呂で、先にご飯は拒否なんです。
宿泊研修や修学旅行ではそこらへんこだわらないようなので、とりあえず我が家は風呂が先、で定着するのならいいのかなー。
みんなが入るをのを待つので、夕飯が遅くなるのが困りますけどね。


いつもと違う生活リズム、自閉っ子はどう過ごした?



で、当日、ボンズが帰ってきた時には、すでに飲み始めていたハハたち。

「なんで先に食べてんのよ?」
と、気を悪くすることもなく、とりあえず一緒になって食卓に着き、手羽先にぱくつきました。

お土産の餅ベーコンもやっぱり食いついた!
そして、ケーキもあることを知り、もうテンションアゲアゲ~~♪

さくっと食べたら、「お風呂」と風呂に行きました。
チビスケ(弟、小4)に風呂の準備を早めに頼んでおいてので、こちらもバッチリ♪

家飲み準備 

ダイニング、キッチン、からつながる脱衣所を閉めることは今回はガマン。
本当は閉めた方がいいんでしょうけど、ボンズも安心、こちらも安心。
ただ、そのまま出てこないように、チチかハハが台所に立ちましたね。

ボンズ、いつものように「泡、いい?」「ジャーいい?」と確認しながら入浴。
脱衣所できっちりパジャマを着てから出てきましたよ~~。
ブラボー!

その後、改めて食卓に着き、これまたおみやげの「子どもビール」をついでもらうと、超ご満悦♡

「パンカイしよ」

と、一緒になって宴に加わったのでした(笑)

チビももちろん、一緒。
だけど、今回姉(高1)が加わりませんでした。

今日だけスマホを自室持ち込みOKにしたのですが(普段はNG、今日は親の楽しみで騒がしくなるので限定解除・笑)、そのせいかなー?

友人たちが来るまでは、一緒に加わるって言ってたんですけどね。

ボンズはすぐその後ケーキを食べたかったようだけど、うちがちょっと時間をおいて欲しくて、

「7時になったらね、ケーキだよって呼ぶから2階で遊んでて」

と、別に階下にいてもいいんだけど、そうするとケーキが気になってうるさくなるだろう、何をして待ったらいいかわからなくなるだろうと思って伝えたのですが、これもまたすぐに理解してくれて、2階で遊び始めました。

あ、何度か、「ケーキ7時になったらね」って言ってるのが聞こえました。
これが怒鳴って確認するわけじゃなく、つぶやいたのがたまたま聞こえたっていう感じ。

約束通り、「ケーキ食べるから降りておいで」と呼ぶと、3人即降りてきて、ケーキの箱にかぶりつき。

子どもたち3人に先に選ばせてもらってから、大人も食べました。
おいしかったー!

ケーキを持ってきてくれる人が、「ボンズ何が好き?」って事前に聞いてくれてたんだけど、ハハは「いちごの乗ってる定番だねー、あ、チビもかなー」なんて言ってたんですよね。

そしたら!ボンズが選んだんはチョコレートシフォンケーキ!

「ちゃいろ!」

と、指差しした時は、あれ??って思いました。

そして翌朝、3つ残っていたので、さらに選ばせると、「ちゃいろ!」とガトーショコラ。
あれー?

そういえばボンズの誕生日はチョコレートケーキとリクエストされてましたね。
苺の争奪戦のイメージ強かったけど、ボンズはチョコレートケーキが一番お好きなようです。

緑のケーキ(抹茶ムース)もあったのですが、一度も欲しがりませんでした。

ようやくいろんな経験が蓄積されて、色やポイントだけで選ばなくなったのかなー?

ところでこのケーキがとにかくおいしくって、ハハもうなったほど!
ボンズも特別おいしかったみたいで、

「ケーキ、また今度ね」

と、また食べたいアピール。

ハハが食べた抹茶ムースを欲しがったので、一口あげる代わりにボンズのガトーショコラも一口もらったんだけど、おいしかったわ~~。

来月のボンズの誕生日ケーキはここにしようかな♡


いつもと違うを楽しめて結果オーライ、いろんな「特別」を満喫?



ジュースで乾杯、ケーキを食べたり、2階で遊んではちょこちょこ戻ってきてタコをつまんだり、とにかく楽しんでいるように見えたボンズ。

時々テレビをつけてビデオを見たり、消して2階に戻ったり。

何度か、「ママお風呂入って」と言われましたが、「ママ後で」であきらめてくれました。

そして、寝る時間になったら、「ボンズ歯磨き、先にコロンしてて」というと、何か言いたそうにしつつ、振り返り、振り返り、2階で寝ました。

その「何か言いたそうな」理由が、最初は「ママと一緒に寝たい」とか、そういう不満かなと思ったのですが…。
今思えば、「自分もまだ酒宴に加わっていたい」ということだったかも(笑)

友人たちがとにかく、
「ボンズかわいい、癒し系!」
「ボンズおいで~~」
と、可愛がってくれたんです。

突然、ほっぺにうんにゅーしにいったり、膝に座ったりと、こっちがびっくりしました。
…でかいんですけど、甘えていたようで(^^;

チビも頑張って1人で寝に行ったので、寝室でキョウダイ二人で寝入ることができました。

一度だけ、「まだ寝ないの?」って感じで降りてきたけど、何も言わず(寝ぼけてた?)寝室に戻りました。

いや~~楽しかった!
しかもボンズの混乱がほとんどなく、特別な夜を楽しんでいるようにも見えたので、またやろーっと♪

翌朝、降りてきて、片づけられたダイニングを見て、「みんなくる?」と聞いていたんで、確信。
こんなイレギュラーが家庭内で起こったというのに、ボンズダメージないどころか、楽しかったようですね。

そういえば「お客さん」も「旅行」も好きな子ですからねぇ。
ハハも楽しかったんで、助かります!!



スポンサーリンク


category: 11才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: 0   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク