待てない、時間がわからない、療育8年目にしてようやく…

Category : 5年生

先日とても感動的なしぐさが見られました!

学校大好きボンズが、とても早い時間に「がっこー、いってきます」と家を出ようとしました。


「まだまだ早いって! 40分になったらね」


と声をかけました。


そしたら!


ボンズの目が壁の時計に向いたんです!!


ブラボー(*ノωノ)



幼児期、待てない、見通せない、で、親子で泣いてました



思い起こせばこの10年…

「言ったら即行動」してしまうボンズに、

スケジュールを見せたり、

タイマーを使ったり、

タイムタイマーを使ってみたり、

体内時計に訴えかけてみたり(ほぼ神頼み・笑)、


そしてデイや学校では、時計の課題をしつこくくり返しやっていただいていました。


「○時」

「○時30分」

のようなものがわかるようになり、


「○×分」

という細かい時間も解けるようにはなりました。

(12分、など)


でも、それが生活時間とはつながらなかったようで、


時計が読める=時間がわかる


とはならないんだと知りました。


幸い、並んで待つことはだいぶできるようになっていました。

とても楽しい、楽しみなことがあるとそわそわ、キーキー騒いでしまうことはありましたが、


かつてはコンビニでしかお買い物できませんでしたが、

今は特売日のスーパーでも、レジ待ちの列に並ぶことができるようになりました!


あの、

買い物に行けば毎回迷子放送のお世話になっていたボンズが!

騒がしいスーパーで一緒に歩き!

レジに並んで会計できるようになったんです!!


感涙。


でも、時間はわからなかったorz



デイサービス、小学校でくり返し勉強。療育を続けられたありがたさ



それが、5年生になった二学期、初めて「時間を言われて、時計を見た」んです。


そして、ちょっと考えてから、家を出るのをやめました。

まだ言われた時間になっていないことがわかったようです。


その後も、「おやつは2時に」ということを(騒ぎながらですが)待てるようになりました。


もう途中何度も「ボンズは一生時計を理解できないのかな」とも思いました。

手こずりましたが(先生が…)、ものすごい一歩を踏み出せました。


もう、くり返し、くり返し、しかありませんよね。

きっとわかれば本人が楽になるんじゃないかと、とても期待もしております!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本