最悪の事態

Category : 放課後等デイサービス
昨日、ボンズがデイサービスに行ってる時に、
他の利用者さんに噛みついたそうです。
血は出なかったけど、歯形がつくほどに。

今まで、叩いた、どついたくらいはありましたが、
これほど、「暴力をふるった」的な事態は初めてです。

状況としては、コンビネーション遊具のてっぺんでまったりしていたところ、
他の子が通れなくて、無理やり通り過ぎようとしたところ。

「今までなら”やめろよー”と思っても、抵抗しなかったし、
まして噛みつくなんてなかったのでこちらも油断していました」

と、スタッフさん。


朝の下駄箱前の混雑で、「ぶつかった」が「やられた」に変換されて、どつくことならありました。
それもようやく収まって(状況が理解できて、逃げるようになった)きたかな~と思っていたのに。。。


相手のお子さんはもちろんでしょうが、
聞いただけのうちもショックです。

「ボンズ、アンタお友だちに噛みついたんだって?」

と聞いた時の表情を見て、「まずいことをしたぞ」と分かっているとは思うんですが・・・

もうしばらくは、ボンズの挙動に注意が必要かもしれません。
チビスケとの取っ組み合いが悪い意味での経験となり身に付いてしまったのかも。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本