自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

報告  

あんな宣言しておいて一ヶ月経ってませんが、
書いてもいいですか……(-。-) ボソッ


あの時ブログを閉鎖しようとしたには、実は理由がありました。


コッコ姉ちゃんがいじめにあったのです。

「もう学校行きたくない」

と涙ながらに告白され、

「行かなくていい!!」

と、ハハ戦闘モードに入りました。

中学校に行かなくたって、立派な大人にはなれる。
コッコは、生きていてくれるだけでいい!!

中学生の、いじめを苦にした自殺のニュースを見るたびに、
ずっと、明日は我が身かと怯えていました。

自分も、死にたい気持ちになったことがある。
中学生って、いじめがどうとか以前に、デリケートでもろい時期。


しかも、聞いてみたら入学してからずっとだったのよ。

さらに、加速して、実行犯(物騒ですがあえてこんな言い方させてください、あの時はこういう感覚でした)が一人だったのが、だんだんと周りを巻き込んで増えてきているところ。

無視。
舌打ち。
「は?」
「は? 何言ってんの」
「うざい、死ね、消えろ」
椅子を蹴られる、机を蹴られる。

だんだんとエスカレートして、しかもやってくる相手が増えてきて、


トドメの一言が、

「おまえは障害者だろ、障害者は俺たちと対等な口を聞くな」。


この「障害者」の一言が、
ぎりぎりのところで、やっとやっと登校していたコッコの気持ちを崩れさせました。


障害者という言葉は、コッコにとっては「=(イコール)ボンズ」という意味です。


小学校の時から、ボンズの奇声や特異な行動に、
クラスメイトや周囲の人が反応するのを、複雑な思いで見てました。

内心、「私の弟をそんな目で見るな」「ボンズは頑張ってるのに」と憎々しく思いながら。


同級生のコッコに対する「障害者のくせに」は、
大事な弟を侮辱する言葉でもあったのです。


戦闘モードスイッチオンなハハは、フリースクールを探し(この近所には、今行ってる中学校以上に落ち着いたところはないので、もう「中学校」でなくてもいいやと思いました)、支援の手厚いという塾の資料請求をし、中学校に電話をして、

「行きたくないと言ってるので行かせません」


で、気持ちが姉ちゃんのことでいっぱいになり、
今後続くであろう戦い(何と?)のために、いったんこちらをやめようと思ったのですが、

結果、

熱心な担任の指導であっという間に解決。
今はすごく穏やかに過ごしています。。。

なんだったんだ? あの決意は・・・
という気持ちもありますが、

とりあえず、ジャブ、ってところだな(^^;

今回の相手は(もう実行犯なんて言いません)異性で、
ものすごく反省していて、ご両親もしっかりとした人たちとわかり、
今後ぶり返すことはないだろうと思われます。

怖いのは同性ですよね。
女同士のキビってやつ、コッコにはめんどくさそうだし。

他にもいろいろコッコ関係めんどくさいことありますが、
そんなことが小さく思えるほどの試練でした。

コッコも傷ついたし、おびえたし、
その後学校に戻るにも勇気が必要だったけど、
今は、乗り越えられたように見えています。

しかもその後、盲腸で緊急手術となり一週間入院しました。

その前にはボンズたち(弟チビスケも小学校初)の運動会がありました。

ハハ的にも、親同士のあれこれとか学校がどうしたとか、
こまごま忙しくなり・・・

あーこの忙しさのためにブログ閉鎖したんだな(^^;
って生活してました。


去年、幼稚園と小学校でW役員やった時にも実感してたんですが、
うちはどうやら「頭の切り替え」が下手なんです。

ひとつつまづくと引きずっちゃって、
時間は取れるはずなのに「頭がいっぱいーーー」になってしまう。


それもこれもどれも、とりあえず(←ここポイント)一段落したので、
ぼちぼち、ボンズのネタもご披露したいな~・・・と。

で、ここ開いてびっくり。
あんな宣言したのにまだ一ヶ月経ってないじゃん!


あれから、ボンズにあった大きな出来事と言えば、
運動会。


今年はすごいです。
徒競走もゴールしたし(去年はスタート直後にUターン)、しかもカーブの線をたどって完走しました!
あんな難しい踊りも(荒削りとも言えますが)ぜーんぶ踊ってました。

何より、ずっと児童席や待機場所にいて、

飛ばず、叫ばず、転がらず!!

だから、見つけにくいったらありゃしない(笑)
今までボンズがどこにいるか? 探す苦労なんてしたことないのに!

徒競走の時、出走までずっと先生に着いていてもらい、
「一緒にきてっ」
って感じでずっと先生の腕を引っ張っていたのに、
スタートの合図で「いっといで」って離されちゃって、

「んもーーー!!」

って怒りながら走ってました(笑)
踊りの隊形移動の時も、「もーーー」って怒りながらも、ついていってました。

切り替えがすごく上手になったので、
公園に行っても「そろそろ帰るよ」の一言で引き上げられるんですよ(泣)。

今年の夏休みは、去年より恐怖じゃないかもしれません。
去年の夏も言ったかもしれない。
一昨年の夏休みなんて思い出すのも嫌ですからねっ(笑)


でもひとつだけ、ちょっと嫌な感じがあります。


公園で、お友だちに「だめだよ」と行動を制された後、
水飲み場で水遊びをしていた小さな子の手を、えぃっと叩いたんです。

登校時、空き缶を蹴って遊んでいる子に向かって雄叫びをあげて向かっていきました。


自分より小さい子に当たることを覚えた?


ゾッとしました。
ボンズの美点は他害の心配がないことだったのに。
しかも、自分より小さい子に向かっていってる。


もう周りの目を気にしている場合じゃなくなりました。
ハハも、場の空気だの、子どもの世界に首突っ込みたくないだの言ってないで、
必死に叫びます。止めます。怒ります。謝ります。


ボンズ的には、きっと心の底には「やつあたり」という部分を抱えながらも、
「水遊びはダメなんだよ」
「ゴミを散らかさないで」
という言い分があるんじゃないかと思っています。

欲目じゃない証拠に、この二回以外、誰かに向かって行ったりしていません。

混雑した場でぶつかられた時に報復に出る、のを止めさせるのはまだ時間がかかりそうですが、
今度も時間がかかっても、なんとしてでも未然に防ぐつもりです。

全然ボンズの生活落ち着いてるとは言えませんでしたね(^^;
今後もぼちぼちボンズの様子を残しておきたいと思います。
目下の問題は、日々増え続ける誕生日プレゼントを、いかに取捨選択させるか、です(笑)。

スポンサーリンク


category: 未分類

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 10

プレゼント選び  

今年の1月から楽しみにしていたボンズの誕生日が、来週に迫っています。

この半年・・・
ずっと、「おたんぼーびにね!」(お誕生日にね)とプレゼントの要求が切れ間なく、そら~もう本当に絶え間なく、怒涛のように続いておりました。

そのうち数の概念ができてきて、

「みっつ!」(3)
と、指を三本立てた時には、

「おーーー3ね! おっけー、三つ買っちゃる♪♪♪」

なーんて喜んでましたけど・・・。

その後、ボンズの執念からか成長すさまじく、

「きゅう、おもちゃ、きゅうね!」
と、指を9本立てるまでになりました!!

・・・つか、そこまでいったら、じゅー言えや(^^;

そうか、そうか賢いのー♪

とは思いますけど、ところで、○こ(3だったり、4だったり、9まで)、何が、欲しいの?

そう、そこがずっと問題でした。

冬~春あたりは、ずっとトーマスシリーズのトミカだったので、
うん、5~6個選んでいいよ~~と思っていたのですが、

3年生になった辺りから、カーズシリーズの名前ばっかり出るようになり、

さらにはトーマスのプラレールシリーズになったり、

つい最近では新幹線シリーズ(のプラレール)ばっかりだったんですよ。

「*○$%’#っすす」

「・・・?????」

言いにくそうに、「E4系マックス!」 と言ってみたり(笑)


トミカトーマスなの?
それともカーズなの?
新幹線なの?
そもそもトミカなの? プラレールなの?

一番最後、ギリギリ遊んでるのがプラレールならプラレールかなぁ?
でも、それなら2つかなぁ・・・


ボンズに聞いても答えてくれないしね。
ってか、
何聞いても、

「かって」

って言うしね(笑)

そう、「買って」という言葉まで覚えちゃって、
登校時におもちゃの名前を挙げて、

「・・・かって」

と言われると、つい「ハイ」って言いそうになったよ。


プレゼント選び

そこで、現在ネット注文できるモノで、
ボンズがこれまでに名前を挙げたおもちゃの写真をプリントしました。

トーマスモノって今あんまり売ってないんですよ。
しかも連結タイプがこれから出るらしく、
どうやらボンズの誕生日あたりは品薄状態。

カーズの方が選べるんだけど・・・


と思いつつ、見せたら、


狂喜乱舞(笑)


「いやいや、この中から4つ選んで」
(高いの組み合わせても4つなら何とかなるかと、4にしました)


狂喜乱舞しつつも、ぱぱぱぱぱ~~~~っといくつか手にして紙袋にしまったので、
慌ててその他を撤収ー。

27枚プリントした分の半分まではしぼられたようです!


さらに日にちをおいて、「選んでー」と言っても知らんぷり(わざと??)


ボンズ、自分の誕生日を前にもうはやクリスマスを心待ちにしているようなので(まだ半年あるってば)、

苦し紛れにクリスマスツリーの絵(?)を書いて、

「こっちサンタさん、こっちお誕生日、
これは・・・どっち?」

と絞り込み挑戦。


プレゼント選び2


わかってんだかわかってないんだか、
今回はカーズシリーズでまとめたら黙ってたので、
「これお誕生日ね」で決行することにしました。


が、今ネットで確認したら、
ひとつだけ、ボンズの誕生日後に発売のモノがあり・・・どうしよ(^^;

数日後にまた誕生日プレゼントが届いても大丈夫かしら・・・(汗)

さ、これでうまくいくかな?
せっかくあれこれ要求出してくれてるんだから、
なんとかお互いハッピーな決着つけたいなぁー。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

対決、こだわり崩し!  

寝る時、シングルベッド二台くっつけて、
ボンズとチビスケにはさまれて三人で寝ています。

「川の字」じゃなく、「小」の字で。

2人ともママっ子ピークのままなので、
窮屈だの、寝ながら本を読みたいとか、いろいろ不満もありますけど、
期間限定の幸福と心しております。


が、


寝る姿勢くらい好きにさせて欲しいです(T-T)


弟チビスケが生まれるまでは、コッコとボンズと「小の字」で寝ていました。
ボンズが暗闇でバカ笑い するのをコッコ姉ちゃんに「ボンズと何してんの?」って怪しまれながら(笑)

立ち上がり踊り狂いだすこともあったので、
チビスケがお腹にやってきてからは、お腹を守るのに背中向けたりしてたかなー。


チビスケが生まれてからは、コッコ姉ちゃんにママの隣をゆずってもらい、
たいてい(ってか毎晩)授乳しながら寝てました。


チビスケが生まれて、2才で「お兄ちゃん」になったボンズ。
ママ独占してたはずが、新参者に取られたショックか、
部屋の片隅で(しかも暗い)、ハハの(ってかチビスケの)授乳が終わるのを密かにじとーーーっと待ってた日々。
(その頃「ママ」という概念あったのか謎だけど)

やっとママの膝が空いたと飛び乗ってきたり、
やっと抱っこして寝てもらえると思ったら・・・

チビスケ泣き虫の抱っこ虫でねーーー・・・


いやー大変だった、あの頃。


で、寝る時、ママは隣にいるけど、常にオレは背中。

授乳してるから、ボンズの方向けなくてねー。

チビが離れたら、ボンズの方を向くようには気を付けてたんだけど・・・


気が付いたら、オレぁママの背中でOKっす!! になったのかね。


それならええ話や・・・で終われるんですが、


なんか、今、あの頃の報復をされている心境なんです。


寝る時、必ずボンズに背中を向けろっていうんですーーー


時々左右入れ替わって眠ってみるボンズ。

だけど、ハハの右にこようと、左にこようと、寝る時には「あっちむけ!」って押すんですよ。

「ママ、よけて」
とか言いながら!!

すっごい感じ悪い!

ホントか?! ホントによけていいのか?!
あんた一人で寝れるんか!!

というわけじゃないのは分かってるので、

「ママ、コロンして、って言って」
って教えたんですよ。

そしたらすぐ覚えましてね。

「ママころんして」

っていうんですよ。

言われたから、背中向けますよ。

そしたら、背中に両手を入れてなでなでしながら、
最後は頭を母の背中にくっつけて寝るんです。

チビスケはハハの懐に潜り込み、あるいは腕枕でお尻をくっつけてきて寝ます。

ハハの至福!!

で、あることは否定しませんが、
真夏は地獄です(笑)

ボンズもチビスケも汗でびしょ濡れになりながら寝てます。

「離れろよ!!」
って本気で思います。

2人とも眠ったら、ハハ無慈悲ですから、転がしますけど。


そんな寝方をもう何年もしてますけど、
やっぱり骨盤が痛いっていうか、姿勢がねー。
まっすぐ上を向いて寝たいこともあれば、右向いたり左向いたり、うつぶせで寝たいことだってあるんですよ!!

「ころんして!」「ころんして!!」
と、しつこいしつこい・・・

しかも角度にも制限がありまして、
うつ伏せに近い背中の向け方だったら、

「90°にせよ」
みたいに、ボンズから直接指導が入るんですよ!!

腰痛いのは寝方のせいな気がします。

「ずっと背中むけてた報いか・・・」

とあきらめてた時期もあるんですけど、

「うるさい、どっち向いたっていいでしょ!」
と逆ギレしたり、

「やだ」
と抵抗もしてみたんですけど、


「ころんして、ちょっと、がけよ」(ちょっとだけよ)
なんて懇願されると、かわいさのあまり、

そして、「そうしないと眠れないのか」という気持ちで、つい言うことを聞いてしまっていました。


が、もーそろそろよかろ??


単なるこだわり? になっている気もするし、
こだわりに付き合うにしては、もうずいぶん長いよね?


で、昨夜思いついたことをやってみました。


「ころんして」
って言われたら、

くすぐる。


「コロンして。 ・・・ぎゃはははははーーーまいった」


寝たいのにくすぐられたらイヤだろー。
だけど笑いで拒否されるんだから、トラウマにもならないだろう?

あ、語尾の「まいった」は、コッコ姉ちゃんから仕込まれた降参ワードです。

姉ちゃんが、ボンズに襲い掛かり(くすぐる)、
「ボンズ、参った、は?」
と聞いて、「まいった」と言ったら姉ちゃんは攻撃の手を止める、という・・・

なんつーキョウダイでしょうね。

だけど、これが外でも出るようになり、
同級生にしつこく手をつながれた時にも出ていました。
「マイッタ」
ってね。

ただ、万人に通じにくいかもしれませんが、
大人になって言ってもOKですよね。


昨日は、「ころんして」と寝方を指定されるたびに、無言で(←これもポイント)くすぐってたら、
そのうちあきらめました。

「やだ!」って拒否した時よりも、うまくいきそうな気もします。

おかげであおむけにもなれましたし、ボンズの方を向いてなでなでしながら寝ることもできました。
そのうち、自分がチビスケの方を向きたくなったので、ボンズに背中を向けて寝返りしたのですが・・・

待ってましたとばかりに、くっついてきて爆睡しました。

言われて背中を向けたわけじゃないからいいよね・・・
ってか、ボンズが寝やすいのが一番なんだけど・・・


今日も「こだわり崩し」に挑戦してみますっ。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク