バカにされてることはわかる

Category : 8才
外遊びのいい季節になりました。
ボンズは張り切って公園に遊びにいきます。

ブランコだったり、ジャングルジムだったり、滑り台だったり・・・
ボンズのお目当てはたくさんありますが、

最近顕著に表れる、「友だちと遊びたい」。


どういう基準かわかりませんが、
ボンズがついていきたくなるグループがあるみたいです。

ちょっと年上(高学年)の女の子グループだったり、
同じかちょっと下の男女混合グループだったり。


たいてい「え?」って顔をされて、「なんでついてくるの?」と思われてるようです。
(そりゃそうだ)

そのまま知らんぷりして勝手に遊んでてもらえたら、
見ているハハとしても気が楽なんですが、
中には露骨に嫌がる子たちもいます。
(こりゃしょうがないよね)

「ボンズあっちで遊ぼう」
と、さりげなくその場から離れることが、
ボンズの気持ちを傷つけず、
これ以上嫌な思いをさせることなくおさめる手かな、
と思ってましたが。。。どうなんでしょうねぇ。


昨日は、砂場で水を使って遊んでいた、
年下の子たちと一緒に遊びたかったみたいです。


フルネームをつぶやき始め、
「かえるよっ」
とか言い出すと、、、

その子たち、笑ってくれたんです。

みんなが笑ってくれたのが嬉しくて、

また繰り返すボンズ。

だけどその笑いが、「楽しいね」という笑いじゃなく、

「笑われてる」とはっきりわかるようになった頃・・・

ボンズが手元の砂を大きくかけ始めました。

そんなに広くもない砂場、

そばにいた女の子にかかったようです。
(ってか、かぶるような程度じゃなくて、もしかしたらかかったかもしれないね? 程度なんだけど)

「いやーーやめてっ」

当然、怒られます。

「砂ポイだめ、砂ポイしたら帰るよ」

ボンズに小さくダメ出しし続けましたが・・・

ボンズもおさめどころがなかったようで。


このまま帰るのもやだ。

この子たちとできた溝は埋まらない。


その狭間でボンズ的にも落としどころを探してたんでしょうが・・・


どうにもならなくて、突然泣き出しました。
靴も脱いで放り投げました。

その子たちは「なんだこりゃ?」状態。


やがて居心地の悪さにたまらずその子たちは帰りました。


ボンズはますます悲しくって泣きます。


だけどどうしたら良かったのかねぇ。


うちが二人羽織状態で、

「一緒に遊びたいってー」
「今楽しいんだよー」
「今こう言ってるんだよー」

ってやってれば良かったんだろうか?


だよね。
ハハが通訳してやらなきゃ、
「オレにも言い分がある」
って誰にもわかってもらえないもんね。


だけどさ、その子たち未就学児? で、
遊び方も幼くて、


ボンズが帽子濡らしてたことを報告してくれたんだけど、
「うん、見てたよ。自分のだからいいんだー。暑いからじゃないかなー」
なんて言ったって、きょとんとしちゃってるもんね。

そりゃそうだろうけどさ。


家族でボール遊びしている一家のそばで、
嬉しそうにぴょんぴょんしているのを見ると・・・


そしてその家族の「ナニこの子・・・」的な視線を感じると、

ボンズはなんにも悪いことしてないのに、
その場を離れさせるしか思いつかなくて、
そしてそれもつらくって。


こんなこと、この先いくらも続くのかなぁ。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本