Wおめでた♪

Category : 3年生
チビスケの小学校入学。
コッコの中学校入学・・・W入学式が終わりましたーー。
いやーー疲労コンパイ!!
この堅苦しい儀式の嫌いさ加減、年々UPしてる気がします。
でも終わった!


でもこのWで入学という人が周りで結構多くてですね、
うちと同じく小、中の人もいれば、中・高の人も。


ボンズのクラスにも新一年生が二名入ってきました。

事前に、

「どんな子ですか?」

と聞いたら、

「おとなしいタイプと元気君です」

というので、おお、とうとうボンズタイプがくるのか。
ボンズ二代目の盃を受け取る後輩ができるか、と思っていたら(そんなもんいらんってか)、


どこが???!!!


って感じ。

ボンズと違って一緒に入学式に入場してきたし、
ボンズと違って入学式にずっと列席していたし、
ボンズと違って一緒に退場していって、

奇声のひとつもあげませんでしたけど???


なんでストリップしないの? 入学式なのに。⇒ボンズはやったよ


ぜーんぜんだったよー、おとなしいよ。
ボンズに比べたら・・・


と、
中学校の入学式で、ボンズと同じ支援級を卒業して同じく中学校の入学式を待っていたお母さんに報告したら、

そこの妹ちゃんがまだボンズと同じ小学校に在籍していてね。
娘ちゃんの話を聞かせてくれました。


「娘も言ってた、おとなしく座ってるから元気ちゃんはどこだと通常級を探したりしたけど、
叫んでる子も騒いでる子もいないな~。

逆に、ボンズ君の方が元気だったよ(笑)」

って。


orz ←穴があったら入りたい


「でもね、嬉しかったんだろうね~。

学校が好きで、大好きなお母さんも来ているし、弟が入学してきたんだもん。

嬉しくって声出ちゃったんだろうね、って言ってたよ」


と。


すばらしい、妹ちゃん!!
この理解の深さと懐の深さ。
これだけでこの子のお宅がどんなかしのばれるような気がしませんか!!


実際、入学式前の始業式(も、ハハ参列して見てた)では、
入学式の比じゃないくらい、叫ぶわ、跳ぶわ、上靴放り投げるわの大興奮状態。

「あちゃー☆」
と思ってたんですよ。

新しい教室が扉ひとつ隔てるようになったのは、
ボンズの奇声がうるさいって苦情でも(通常級「の、親」から)あったのかなーなんて気にしてました。


が、中にはこの子(ボンズが最初苦手だった子、その後大好きになった上級生の妹さん)みたいな理解のある(理解できるようになった?)子もいるんだと思うと、ジーンときました。


ボンズ、姉と弟と違ってきわめて変化の少ない春を迎えました。

担任変わらず、デイも変わらず。

ただ教室が変わって(これも毎年だったからへじゃないハズ)、
二クラスに分かれている支援級1組の最上級生となりました。

他に二年生二人、一年生二人。
ボンズ的に残念なのは全員男の子ってことだと思う(笑)。

だけど、交流学級には女の子いっぱいいるし!
元同じクラスだった支援級の女の子だって隣の教室にいるわけだし!

ますますのご発展をお祈りしたい春なのです♪

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本