自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

世界自閉症啓発デー  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

「うん」  

今年の冬休みくらいから・・・

「うん」


って返事されるようになりました(笑)


これがコッコ姉ちゃんなら、「うんじゃなくて、ハイでしょ!」って怒られるところなんですけどね。
ボンズになら言われるたびに、

じーん・・・

って感動しちゃうんだから、
ボンズってつくづく得ですよねぇ!!



最初は二階にいるボンズに、

「買い物いってくるから待っててね」

と言ったら、真冬の引きこもり期だったボンズが、


「うん」


って言ったんですよ。


「うん? ・・・聞き間違いかな」


と思っていたら、その後も時々、軽い会話での返事が「うん」になり、


おーーーこっちの方がコミュニケーションスムーズかもねぇ。
って感心しました。


ほら、ハハもなんちゃって自閉っ子ですから、

「目上の人に対する返事はハイであると教えなくては」

と思い込んでました!!


英語でいうと、

「あ、はーん?」とか「ンフ」みたいなもので、

そう相槌打たれた方が会話がスムーズになる感じ?


ボンズの「うん」は怒れません(^^;




話は変わりましてこの冬休み、耳鼻科で耳掃除してもらったり、
祖母宅に泊りに行ったりと忙しく過ごしています。


そして昨日はチビスケの小学校の入学受付日でした。
パパが休みで家ににたので、試しに、


「チビの小学校いってくるから、待っててね」


と言ってみたら、


「うん」


と、軽くあっさりOK。


二年生最後の日の連絡ノートには、
「弟の入学受付日、ボンズもついてくる危険大です」
なんて予告はしておいたんですけどね。


そして戻ってきて、チビスケのお道具箱に名前を書いたりしているのを横目で見ていたボンズ。

ランドセルがきて、
机がきて、
お道具箱等がやってきて・・・


こうして、

「おまぃもしょーがっこうか」

と分かっていくのかなぁ・・・。


いよいよ来週入学式ですからねっ。


あ、ハハはスーツ着てボンズと登校し、
そのまま着任式を参観して、チビスケと入学式に臨む予定です・・・

何時間学校にいることになるんだろ(^^;


そしてボンズたちと一緒に下校しまーす(笑)

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

ボンズと時計  

ボンズと時計に関しては、思い起こせば初めての療育施設(カテゴリでは「発達支援教室」としてますけど)で、

「時間的見通しが立たない!」相談しまくってから・・・
5年?
6年? になろうというもの。


毎日のスケジュールのおかげで、
「学校」⇒「デイ」とか、
「OT」⇒「買い物」という2コマ程度の見通しなら(おおざっぱですけど)理解してくれるようになりました。


あ、あと始業式や終業式の日は、

学校⇒自宅でお昼ご飯⇒お迎えがきてデイ

なんてイレギュラーに対応できるようになったのも助かる!!




でも、「あと30分家で過ごしてから出発」だとか、
どうしても時間に合わせて動くとなると、

「まだだってばー」「早いのーー」
「早くして~~~」「ほら時間がーーーー」

という騒ぎになるか、



「ボンズがいつ騒ぎ出すか・・・」

と時限爆弾ばりに恐れるか、



「神様どうかあと1時間家に入れますように」

なんて神頼みになるか。




3~4才の時から、「時計にお気に入りのシールを貼るとか」「目に見えるところに時計を置く」とか、いろんな相談に乗ってもらいましたけど(M先生お元気ですか?)、


なんせボンズ時計を見ない。

タイムタイマーを買いましたけど、「赤が減る」というより「お知らせ音のなるモノ」という認識らしい。


「早く早く~~~」と焦るボンズは、

「ぴぴったよ~~~」(ピピっと音がしたよ)

というアピールする言葉を得ただけorz



「アンタ自閉症のくせになんで数字に興味持たないのさ!!」

と逆ギレしたことも多々。(ハイすんませんー)



でも小学校に通うようになって、
ようやく数字を覚え、数の概念も5~6くらいまでは一致し、
数えて数字を書くこともできるようになりました。
(学校様のおかげでございます)


が、1、2、3・・・という順番というのはまだ入ってないようで、

ボンズが書く順番は、「3、2、1、4、5」

です。

謎でしょ(笑)


どうやら、「3、2、1」というカウントダウンが好きらしくて、
いつも「3」から手を伸ばします。


だけどその後に「4」と「5」があることに気づいて・・・となると、
あの順番。

う~ん。

是非とも「1」から始まることを覚えて欲しいですねー。
そうしたらスケジュールでも使えますよね~、

なんて小学校の担任の先生と相談してました。


ら、その流れなんでしょうか、ボンズ画伯、
時計の絵を描くようになったんです。



時計1


2年生の終わりからあやしげな時計の絵を描いていましたが、

この春休みとうとう、「時計を見ながら」時計の絵を描いたので、
完璧!!



M先生~~~とうとうボンズが時計に興味を持ちましたーーー。
かつてこんなに時間がかかるなんて、想像もできませんでしたけどねぇぇぇ(笑)



朝、登校する時が大変だった3学期。

「くーま!」
と、車で行くことを要求してたのは、どうやら気温が関係あるとわかってきました。

変温動物なので、気温がマイナスのうちは家にこもるみたいです(笑)
それで、登校も車。

それが最低気温が+になってくると、
突然「あるくいこーーー」が再開したのです。


こっちはまた車で行くなら・・・って時間で行動してましたけど、

「今から歩いたら絶対遅刻だって!!」

って時間になって、

「あるくーーーあるくいこーーーぎゃおーーー」

になってたもんで、もーたまったもんじゃなかったです。


ボンズの登校時間に合わせて、弟チビスケの幼稚園バスをあきらめて車で送迎したり(泣)、

チビスケを一人家で留守番させておくとか、

車で行きたい姉と、歩くというボンズで意見がぶつかった時は姉に説得させるとか、

毎日朝から大バトルでしたから。



とりあえずチビスケが卒園して問題が一つクリアされると、
後はボンズと時間との闘いのみでした。


「今から歩いて行ったら遅刻だよ!!」

っていうのに歩き出してしまったので、
(姉の説得も聞かずパニックになりかけ)

歩きながら携帯で学校に電話し、教頭先生に、

「あーなんか今から歩くらしくってー・・・だから遅刻になりますぅ」

なんて言ったら大爆笑。

「あーほんとー。お姉ちゃんも一緒かい? 担任に言っておきますー。お母さん一緒だよね?」

ホント、学校の先生まで巻き込んでの大騒動。


来週から、チビスケも小学校に行きます。
2人を連れて毎日歩いて登校させます。
そのためには、時間を固定にして、

「時計のカタチがこうなったら」

って教えようと思ってました。



そこへ、この時計への興味!!
ありがたい!


時計2

あーなんかまた記事が長くなってしまいましたが、
こんなの↑も用意してみました。

水性ペンで時計の針を描いたり消したりできるかな~と、
ラミネートしたプリントなんですが、なんかうまく消えないのでダメかも。

しかも、わかりにくい・・・?
別の色にした時計の針用のマグネット用意しないとダメかも。

でも、

ボンズに「時計」というより「時間」の感覚、
なんとなーくでも身に付いてくれたら、すごーく助かります!

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

おしゃれさん♪  

2年生の終わりの学年行事を参観に行った時、
ボンズが上靴をかかとつぶしてサンダル履きしていることに気づきました。


「あーたぶん小さくて足が入らないんだと思います」


と、支援級担任K先生にさらっと言われて焦りました。



うわーー長期休みのたびに洗ってるふりして一度も洗ってないしサイズなんて見てもいないことバレバレだぁ!!


と(笑)



というわけで、昨日は主治医診察(ボンズの日じゃなかったんだけど、ボンズも行きました)の後スーパーに上靴を買いに行きました。


パパに連れられてスーパーの靴売り場に向かって、
「みずいろー」
と走るボンズ。

行く直前に「今日靴を買おう」と決めたので、
出発直前と、病院の後に二人がかりで(笑)「ボンズの靴、学校の上靴、買いにいくよーーー」連呼。


めでたくスーパー到着した時には、買い物の目的を理解してくれたようで、

しかも「みずいろー」って?

靴の色指定ですかー。
ご希望は水色ですかー。
そうですかー人って変わるんですねぇー。

あんな緑星人だったのに。

姉、弟が「水色」って騒ぐから興味持ったのかなぁ?



で、スーパーの靴売り場・・・品薄。

だよね、消費税上がる前にみんな、必要な人は買ってるよね。

うちだって消費税5%のうちに買いたかったけどね。


でも我が家の場合は増税のタイミングよりボンズ様のご機嫌上位だから。。。


「これ」
と、ボンズが駆け寄った水色の靴は、あきらかに女の子仕様。

うーん。

これでもいいけどさぁ・・・
「ボンズこれ女の靴ー」
とかからかわれないかなぁ?
同級生(通常級)はこれからギャングエイジ世代だぞぉー。


「あっちの靴屋さん見てこようか?」


と、ボンズに指さしして(靴屋さんそのものは見えないんだけど方向だけ)みると、
ボンズもさほど気に入ってなかったのか、テナントの靴屋さんを思い出したのかついてきてくれた。


ら、今度は「むらさき」ってこれも女の子向けデザイン。
えーママこれは嫌だなぁ? こっちは? と、自分好みの青色系のを差しだし、

女の子チックな上靴を履いてもらいたくないパパまで一緒になって、
「これがいい、これかっこいい、ボンズにぴったり」
と盛り上げる・・・


が、


ボンズサイズがないorz


えーーー今日決めたいなー。靴は本人いないと買えないしなーーー。


ボンズもそろそろパニックしだして、ヤバイ。


そんな時、ワゴンにノーメーカー品らしいのがあって、
色よりデザインよりまずサイズを見て、

「これどう?」

って聞いたら、ボンズお気に召したらしい。

しかも選んだのは赤。


いいね、赤。
デザインが男の子チックで、いやどっちでもいいんだろうけど、
かわいいのが欲しい女の子には「こんな男みたいなのイヤ」って言われるだろうなぁという感じ。


さっそく試着。

初めてちょうどいい(少し大きめ)サイズの靴を履けて、
ようやくボンズも飛び跳ねた(ご機嫌)。


「あー良かった、じゃあこれ学校で履こうね」

って言ったのが気に入らないらしい。


「おうち!! ぎゃおーーー」


ずっとギリギリだったパニックへGO。


えー? これ上靴のつもりで買ったんだけどー?


試しに同じデザイン、同じサイズの色違いを持ってきて、


「え、じゃあ、これ学校、これおうちにする?」


って聞いたら、にっこり笑って、二足とも抱えてレジへスキップして行きました(笑)


ひぃーー値段見てなかったーーーと思ったら、
どうやら980円!!

えらい、ボンズ! 二足買っても2000円しません(笑)


どうせボンズの靴はすぐダメになるし、今シーズン中にもう一足は買うはめになるから、
ボンズが気に入ってサイズがでかすぎず、小さくなければなんでもいいのだ。


親戚からもらった商品券(姉中学、弟小学校の入学祝い・笑)で購入~♪
ボンズの進級準備は完了です\(^o^)/


長靴がこだわりで、真夏でも長靴履いて登下校していたボンズ。
長靴も毎年2~4足ずつ買わされる・・・


そこでこの外靴スニーカー購入。
どうだかなー・・・無駄になるかなぁ(上靴と同じサイズだし)と思っていたら、

今日、「くつーーー」と玄関で何かを探していました。

「あ、昨日買ったやつ?」
と、部屋の片隅で、まだ買った時の袋からも出してない状態のを見せたら、

「あ~それそれ♪」
って感じで寄ってきた。


「どっち学校? どっちおうち?」

って聞いたら、黄色と青のタイプを「おうち」と選んで履いてデイに行きました。
飛んで、跳ねて、踊って嬉しそうに送迎を待ち、スニーカーで行きましたよ。
半年ぶりのスニーカー・・・
ずっと冬用長靴だったから。


毎年運動会時期にバトルになるんですよね。
「長靴ーーー」
って頑張るボンズに、
「今日は運動会練習あるからこっちーーー」
ってスニーカー履かせたくて。


もしかして、スニーカーの方が走りやすいじゃん♪
ってわかったのか・・・


いや、自分で選んで買った靴だからかなぁ??
とか。

赤と青の入ったデザインの方は学校で使う上靴として、
名前を書いて下駄箱にしまっておきました。
月曜日さっそく持たせます!


・・・どっちがどっちかわからなくなりそうだけど(^^;

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

Wおめでた♪  

チビスケの小学校入学。
コッコの中学校入学・・・W入学式が終わりましたーー。
いやーー疲労コンパイ!!
この堅苦しい儀式の嫌いさ加減、年々UPしてる気がします。
でも終わった!


でもこのWで入学という人が周りで結構多くてですね、
うちと同じく小、中の人もいれば、中・高の人も。


ボンズのクラスにも新一年生が二名入ってきました。

事前に、

「どんな子ですか?」

と聞いたら、

「おとなしいタイプと元気君です」

というので、おお、とうとうボンズタイプがくるのか。
ボンズ二代目の盃を受け取る後輩ができるか、と思っていたら(そんなもんいらんってか)、


どこが???!!!


って感じ。

ボンズと違って一緒に入学式に入場してきたし、
ボンズと違って入学式にずっと列席していたし、
ボンズと違って一緒に退場していって、

奇声のひとつもあげませんでしたけど???


なんでストリップしないの? 入学式なのに。⇒ボンズはやったよ


ぜーんぜんだったよー、おとなしいよ。
ボンズに比べたら・・・


と、
中学校の入学式で、ボンズと同じ支援級を卒業して同じく中学校の入学式を待っていたお母さんに報告したら、

そこの妹ちゃんがまだボンズと同じ小学校に在籍していてね。
娘ちゃんの話を聞かせてくれました。


「娘も言ってた、おとなしく座ってるから元気ちゃんはどこだと通常級を探したりしたけど、
叫んでる子も騒いでる子もいないな~。

逆に、ボンズ君の方が元気だったよ(笑)」

って。


orz ←穴があったら入りたい


「でもね、嬉しかったんだろうね~。

学校が好きで、大好きなお母さんも来ているし、弟が入学してきたんだもん。

嬉しくって声出ちゃったんだろうね、って言ってたよ」


と。


すばらしい、妹ちゃん!!
この理解の深さと懐の深さ。
これだけでこの子のお宅がどんなかしのばれるような気がしませんか!!


実際、入学式前の始業式(も、ハハ参列して見てた)では、
入学式の比じゃないくらい、叫ぶわ、跳ぶわ、上靴放り投げるわの大興奮状態。

「あちゃー☆」
と思ってたんですよ。

新しい教室が扉ひとつ隔てるようになったのは、
ボンズの奇声がうるさいって苦情でも(通常級「の、親」から)あったのかなーなんて気にしてました。


が、中にはこの子(ボンズが最初苦手だった子、その後大好きになった上級生の妹さん)みたいな理解のある(理解できるようになった?)子もいるんだと思うと、ジーンときました。


ボンズ、姉と弟と違ってきわめて変化の少ない春を迎えました。

担任変わらず、デイも変わらず。

ただ教室が変わって(これも毎年だったからへじゃないハズ)、
二クラスに分かれている支援級1組の最上級生となりました。

他に二年生二人、一年生二人。
ボンズ的に残念なのは全員男の子ってことだと思う(笑)。

だけど、交流学級には女の子いっぱいいるし!
元同じクラスだった支援級の女の子だって隣の教室にいるわけだし!

ますますのご発展をお祈りしたい春なのです♪

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

朝から大バトル!  

姉ちゃんの中学校が激しく遠いので、起床時間を早めました。
緊張感があるので、まだすんなり起きてくれる上の子2人・・・察して・・・


しかも、ボンズ嬉しくて、エンジンのかかりが良すぎて、
玄関が開く1時間前に家を出ようとするの!!

「まだ早い~~~」と必死で止めて、
姉ちゃんを見送ろうとすると、


「チビと一緒に行きたいな~」
と。


ボンズが入学した3年前にも、

「これで二つの夢が全部叶った!」
と、かわいいことを言ってた姉ちゃん。


そっか、そうかもね。
「じゃ、みんな一緒に出ようか」
と、4人でしゅっぱーつ!


登校風景1


ゴミを出すためにいつもと違うルートで行きましたが、
ボンズは誰かが、

「あ、ポテトチップスのゴミだー」

と言うと、

「ぽてとちっぷぷだー」

「いい天気だね~」と言うと、

「いーてんき、ねー」

と、おうむ返し。


そしてチビスケがおどけると、
背後で一列に並んでマネっ子。


とにかく、嬉しくてたまらない感じ?


姉ちゃんの卒業、理解してるかな?
弟が入学してきたこと、理解してるかな?
と心配でしたが、少しずつ飲みこめていくんだろうね。

登校風景2


姉ちゃんだけ違う方向に進んだことに、気づいたんだか、気づいてないんだか・・・。



早くに家を出たので、学校の玄関開いてません・・・


ボンズ、そのこと忘れたのか、「ぎゃおーーー」と校内に突進しようと必死。
(いつもは遅刻すれすれだったり、完全に開門してからの登校だったしね)

「まだ開いてない、みんな並んでるでしょ」

って言ったって全然聞こえてないんだよね~。


しばらく戦った後、みんなが並んでるのを見てようやく思い出した様子。

・・・やれやれ。



その翌日、今度は「作品」を持って行くと大騒ぎ。

作品って、いつもの画伯の絵ならいいんだけど、

昨夜寝るよって時間になって(また・・・)突然、

「れいぞーこ!」

と、デカい段ボール2つ持ち出して、作った冷蔵庫。

掃除機の段ボールと、もう一つをパパにつなげてもらって、
一緒に抱えて寝るくらい気に入った作品なんだけど、

ボンズが抱えるのも無理なくらいのでっかい作品。


「もってこー」

と、ゴミ袋に入れようとしているし(絶対入りません!)、
学校に持ってくのはいいけど(いいのか??)、

その後、デイサービスの送迎車に乗る時乗せられるかどうか・・・
(他に乗る子がいないなら乗りそうだけど)


朝から「今日1日どうなるの?」ってくらい大バトル開始。

だけど、こっちがブレるわけにいかないもんね。
ダメったらダメで貫き通したら、やがて落ち着いて、


「にかい、もっていこう」

とつぶやいたので、ほいほいと自室に運んでやりましたよ=3


ボンズも学校でメンツが変わったことによる興奮があるらしく、
姉ちゃんは帰りが遅いし(部活動の見学中)、
チビは小学生になった途端に近所の子と門限ギリギリまで外で遊んでるし、


今週末辺りみんなダウンじゃないかしら(^^;

あ、もちろんハハもね(笑)

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

パパおやすみで~す♪  

以前なら、

「パパかえってきたらね?」

と言いながら帰ってきたボンズ。

「今日はパパまだ帰ってない?」とか、「パパ今日は帰ってくる?」という意味だったと思います。

「パパもう帰って来てるよ」とか、「パパ今日は帰ってこない」とか、「パパあとで帰ってくるよ」というようなパターンの返答がありました。

もうクセなのか、パパに用事があるのか(なんせ何でも言うこと聞いてくれるもんねー)。


最初は、

「なに? ママだけじゃ不満なのっ」
「えーパパっ子になったのー?」

等々、心に不満を隠してたハハ(隠れてなかったかも)。


最近は、「儀式のひとつか」とも思うし、

「パパと5人そろってはじめて全員と認識したのか」
とも思えるし、

「パパ帰ってきたらね」って言われても、変にヤキモチ焼くことなくなりました(笑)



が、最近なんか変なんだよね。


「パパ来ない」って聞くの。

最初、「パパ」じゃなくて「ばぁば」って言ったのを聞き間違えたかな?
はたまた、ボンズが言い間違えたかな? と思って、

「パパ、帰ってこないよ、明日ね?」
って聞き返したり、

「ばあばは来ないよ~」
と、さらっと流したり。


ボンズも、聞き返されたことで「・・・・」しばらく考え込んだりしてるんだけど・・・


どうやら言い間違えでも聞き間違えでもないみたいなの。


「パパくるよ~」

自分の帰宅時、夕食時、風呂の前、寝る前などにやってきて、

「ぱぱくるよ」(宣言? でも実は質問してるんだと思う)


「今日パパ帰ってきません、明日ね」


「・・・・」


返事がない、または質問をくり返さないってことは、
ボンズ理解しました、ってこと。


だけどいつから「帰ってくる」が、「くるよ」になっちゃったんだ??


こないだも、

「ぱぱくるよー」

と言われたので、

「パパ今日は帰ってきません」

と返すと、

「おやすみです!」

と、ボンズ。



????


お休みは昨日だよ、昨日はパパずっとおうちにいたでしょー。今日はお仕事・・・
って説明しても、


「パパおやすみで~す♪」

と、日直さんよろしく宣言なさっておられる・・・・


はて??



あ、もしかして、今日はパパが「おうちをお休み」でいないってこと??


パパは仕事してるから家にいないのであって、
仕事が終わったら家に「帰ってくる」んだけどねぇ??


ボンズの小間使いがパパの仕事だと思ってるのなら、
確かにその日は「パパお休み」なんだけどね(笑)

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

3年生最初の難関  

小学校3年生に進級して一週間が経ちました。
教室が代わり、クラス編成もちょっと変わりました。

ボンズがいつも一緒だった一学年上の子たちが隣のクラスへ行き、

ボンズの一つ下に一人男の子がいましたが、
通常級から一人移籍してきたので2年生は2人になりました。

新一年生が2人入学してきて、5人で一クラスです。

ボンズが一番お兄さん・・・(^^;


担任の先生は変わらず、ボンズ初の持ち上がり体験♪

「クラスが微妙に変化して、知らない男の子たちがいるのが気になるようでハイテンション気味です」

と言われて、ハハ感動。

何せ人の顔を見ないと言われていた子ですからね!

メンツが変わって落ち着かないなんて、

メンツが変わったことに気づいたなんて(笑)

そりゃ人の顔を見てる、認識してるってことじゃないですか~~♪♪
こりゃめでたい。


先週末には、

「ボンズ君、ちら、ちらっっと見てるんですよね。
ようやくクラスメイトか、と認識されてきた気がします」

と言われ、案外受け入れるの早かったな~と逆にびっくりしました。



さて、割と変化の少ない今春でしたが、一番心配だったのが先日、
「初6時間授業の後にデイサービス」
という日があったこと。


2年生で初めて六時間授業が始まった時にも、
「オラもう帰るだーーー」
と崩れましたが、2回目からは納得した様子。

その後はハハが迎えに行って、まっすぐ帰ったり、コンビニでおやつを買って帰ったりという楽しみなイベントがある日になってました。

そして3年生に進級して今度はさらに6時間授業の日が増えます。

「今日はデイの日なのにーーー早く帰らせてくれーーー」
って慌てないかな?

「みんな帰るのになんでオラだけダメなんだーーー」
と、泣くんじゃないか?
(クラスメイトはみな学年下ですから・・・)


でも、去年も思いましたけど、5時間⇒6時間に、っていう説明って難しいですよね~~。

わかってくれるかどうかは別にして、
ボンズにはまずは説明ありき、予告が全てですから、
伝わらなくても言うしかない。


翌日のスケジュール確認の時間に、

「あ・し・た、6時間、ね」

「ボンズ、3年生だからね、月曜日も、6時間、
ほら、ここと一緒になるからね」

「デイには言ってあるからね、
ボンズ6時間終わったら、デイお迎え行くからね、ちゃんと行けるからね」

「ボンズは3年生、1~2年生は5時間で先に帰るよ」

「6時間目は隣の○○ちゃん(唯一のクラスメイト女子)のクラスに行くからね」


いちゃいちゃベタベタしながら、とにかく伝えるだけ伝える。

そして、

「あ、時間割確認しようか~~~」

そうだ、この手があるじゃん。と、

「1時間目~~朝の会~~~」

と、読み上げる。

「体育」って言った時だけ、「ハイっ!!」って返事してたけどね(笑)

ボンズはやたら体育好き(その次が音楽)。

その後は無言だったけど、聞いてたのかなー。
大丈夫かなー。
泣かさずに済ませられるなら泣かせたくないもんねー。


そして当日、デイのスタッフが送ってきてくれたので、

「今日行った時はどうでしたか?」

って聞いたら、「いつも通りでしたよー」って。

きっと学校でも担任K先生が言い聞かせてくれたんだろうな~と思いつつ、
K先生の連絡ノートを開くと、

「みんなと帰りたいいとちょっと泣いてしまいましたが、
すぐに切り替えてくれました」

と。

そっか、その場になってようやく理解できたんだろうけど、

ハハが夢に出そうなくらい延々耳元でささやいてたのがよみがえったのかもしれないね(笑)


こうして3年生になるに当たって唯一の心配は無事クリアしたのでした♪
来週はたぶん大丈夫でしょ♪

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

凹む、凹む、落ち込んでいく・・・  

ボンズの新しいクラス編成、どうもにぎやからしくて、
「うるさくてつらそうです、去年までの静かなクラスとは違う感じになってます」
って聞いていて、

(あんだけうるさい)ボンズにうるさいって言われるなんて・・・

と思ってました。


が、今週はボンズどころじゃなくって、
ハハ自身が絶不調。

時期的なものなので、命の母に助けてもらってただ耐えるしかないんだけど、
その間にも中学校の参観、懇談やら、
小学校の参観懇談もあり、引きこもってもいられず。

ドリンク剤飲んだり、ビタミン飲んだりもしつつ、

なんとか、暗い気持ちを引きずって活動していたら、

さらに、「は???」な出来事が立て続け。

詳細書いてたら長くなるので割愛しますが、


教訓、


「人の言葉を額面通りに受け取ってはいけない」

「気の合わない人ばかりで当たり前」

「どこで恨まれているか(ねたまれているか)わからない」。


なんか淋しいけどこれが現実なのかなー。
基本うちはノー天気というかメルヘンな人間だから、
いずれみんなが手と手を取り合って「あはははは~~」って生きていけると信じ込んでたみたい。

恥ずかしいけど、そういうことです。


落ち込んで、凹んで、立ち止まってばかりもいられないけど、
自分の力だけじゃどうにもならないこともあって、
漢方でも酒でもデザートでも、
自分の体調から何とか引き上げないと、行事が怒涛のように押し寄せてきますからねっ。


幸い、来週は家庭訪問二件と近所のママ友さんとお茶するくらいしか予定が入ってないので、
そこでなんとかリフレッシュします。
再来週は詰まってますのでっっっ。


ボンズは新環境に慣れつつあるし、
チビスケは全然知り合いのいない小学校に入っても「へ」でもないようで、
どんどんいろんな子と仲良く、一人下校もへっちゃらなようで。
姉ちゃんもいろいろパニクってますけど、親2人一緒にパニクりながらなんとかやってます。


やっぱりねー、体調。
精神面と肉体面(腰痛、だるさ、肩こり等)と同時にこられるとつらいですね。
これが慢性化したら、生活そのものがどんだけ苦痛になるか、
想像できた気がしました。

スポンサーリンク


category: ハハのキモチ ~’14

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

思いを作品に  

春休み中だったか、道路に飛び出したボンズが、チチにガッツリ怒られたの。
先に車に戻っていたボンズのところへ、ハハがチビスケを連れて戻ると、

「パパ、だめでしょー」
と、パパを指さしながら車から降りてきて、
ハハに泣きながらしがみついてきました。

「パパがダメでしょって厳しく怒った」
と、言いつけたかったらしいんだけど、

もーかわいくって役得♪

「そうなの~~パパダメだね~~」(←違)


その後、パパに「ごめんなさぁ~い」できたボンズ。


ところが、その哀れっぽい「ごめんなさぁ~い」の言い方が、
本人的にツボったのか、

はたまたパパにガッツリ怒られた時のことを思い出すからか?

時々意味なく「ごめんなさぁ~~~い」と言うように。


先日はデイサービスの車で帰宅する時に、
家の近くになって突然、
「ごめんなしゃぁ~い、ごめなしゃ~いって言い出した」
らしく・・・(^^;

事情話したら笑ってくれましたけどね、
なんか知らない人が聞いたらギョッとしそうだよね。。。


数日前、こんな絵を描くようになり、
セリフも「ごめなしゃーい」から「ダメでしょ! どーろ!!」というようになりました。


伝えたい絵2

パパにガッツリやられたのが相当怖かったのかね?

自分で「道路に飛び出しちゃダメ」と言えとしつこいよ。
そして、この絵は状況を示したものらしい(笑)

もーここまできたら笑っちゃう。



そしてボンズの最新の要求がこれ。


伝えたい絵1


何年前だ?
定額給付金で我が家に金魚がやってきましたが、

先日最後の一匹が死んじゃったの。

水槽を空にしておいたら、ボンズが「きんぎょ! えぴ!」とうるさい。

ハハ的にはこれを機にしばらくペットは減らしていく方向で・・・
と思っていたのに、パパがあっさり折れました(笑)

ま、水槽の世話などチチがやってるので、
本人が良ければいいんですけどね。。。


ボンズは金魚よりエビ(ヌマエビ)の方が嬉しそうです。


この絵、空気出てくるところとか、水草まで入ってるんですよ!

スポンサーリンク


category: 画伯の作品

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

キョウダイとの関係  

かぶりつき2

キョウダイの話と言いつつ、いきなりこの写真。

我が家に「きんぎょん」がやってきて、
帰宅後の楽しみが増えたボンズです。


かぶりつき1

この斜め後ろから見た「ほっぺ」がまだ赤ちゃんアカチャンしていてたまらんっす♪

「できることならオラも入りたい」
とか思ってるのかな~♪


姉ちゃんが小学校を卒業し、入れ替わりに弟チビスケが入学しました。

「今日学校で兄ちゃんに会った?」
と、ボンズの学校での様子を知りたくて、言葉の達者な弟に聞くのですが・・・

なかなか会わない様子。

一年生は学校の中を覚えるためにウロウロしてるだろうし、
兄ちゃんとは教室の階数も違うしね~。

と、思っていたら、ようやく、

「今日学校でボンズみたよ」
との報告が。


「どこで会ったの? 何してたっ?」

と、ウキウキ聞くと・・・


「クマさんのステージに上がって、ぎゅーってしてた」



?????



よくよく聞いてみると、わかりました。



ボンズクマのはく製の台に上がって、しがみついてたらしいです(笑)


チュー
↑これね(^^;


入学当初、パニックで大泣きした後はここでクールダウンしていたという、
ボンズのお気に入りの場所。

しばらく経ってから聞いたら「最近は行きませんね~」って聞いてたんだけど、
ボンズにとっては忘れてないんだろうね。

今回、泣いてるわけでも吠えてたわけでもなく、
ただ黙って静かにしがみついてたらしいですよ(笑)


ボンズ、最近チビスケのマネをすることが多くって、
動きや言葉の物まねが露骨です!


登校中にチビスケが飛べば飛ぶし、止まったら止まる。
「しゃきーん」なんて言おうモノなら、
ボンズも、「しゃきーん」。


家の中でも「にゃお~ぅ」と言えば、ボンズも「にゃおーう」。


もぉええっちゅーねん!!
ってくらい、付き合いがいいです。


こういうのを見ると、やっぱり「中学校も養護じゃなくて地域?」と悩みます。
えぇ、去年から悩んでます、小学校卒業後・・・(^^;



そして中学校に入学したコッコ姉ちゃん。
学校が遠いので、小学生組より15分以上早くに家を出ます。

ボンズは姉ちゃんが登校するのを見ると、自分も行きたくてソワソワします。
2週間経ってようやく「別」だってことが体得できてきた様子。


その姉ちゃん、足が痛いと言い出しました・・・。


去年のアレかな~。
「甘えの電池が切れたのでは?」と言われた「背中の痛み」。

6年生になって2週間登校できず、
病院を変えて精密検査までして「わからん」と言われたアレ。

ようするに、ベタベタと甘えて(パパおんぶで家の中移動してましたから)、
みんなに気を使ってもらって、ようやく復活した、という、あの病。。。


環境が大きく変わり、いずれくる「高校受験」という人生(最初の)最大の山場を感じて、
今からプレッシャーを感じていたのはわかってましたが。


特に何があるわけでもないのですが、
「お腹痛いやっぱり今日行くのやめようかな」
と、玄関出てから戻ってきたりするくらい、緊張してるのは知ってました。

それでもなんでも行ってるんだからエライ! すごい!
って言ってたんですけどね~。
体は正直ですね。


「足痛いんだって」
と、チチから報告聞いた瞬間、アレか!
と思いましたよ。

コッコが悪いんじゃないけど、そういう症状出るたびに「母親が悪い」「育て方が悪い」と言われているみたいで(誰に?)凹みます、勝手に。

今回ハハも体調不良が2週間ほど続き、
そんな中「はぁ??」なこと怒ったり、
自分に直接関係のない「はぁぁ??」な場面に遭遇するだけで落ちましたからねぇ。


想像力のある、そして正念場のプレッシャーを感じてるコッコの体に異変が起きても不思議じゃないといえば言えますね。


パパに病院に連れて行ってもらい(案の定、医師からは「わからん!」と言われた・笑)、
湿布や薬を塗ってもらい、サポーターを買ってきてもらって、
なんちゃって「けが人」でき上がりです。


その後、「ママと入る」と一緒に風呂に入ったり、
「足マッサージしてーーー」と騒いで、なでられただけで喜んだり、
で、

今は痛いと言いません。
たぶん、シモベであるパパがいないからだと思われます(笑)

今日帰ってきますが、たぶん、中学生のコッコとは入れ違いででかけますので、
今日も「シモベ」はいないまま寝ることに・・・

というわけで、今日も「痛い」だの騒がないで寝ると思います(笑)


ハハ一人子3人だと、ハハ困らせてくだまいてる暇ないんですよーー。
そこを理解して調節できるのが子どもなんだと日々笑っちゃってるんですが(^^;


これから部活も始まり、さらに家に居る時間が減るコッコ。
どこかでガス抜きさせつつ、でも勉強もホントにやる気になってもらいたいわ。
コッコの操縦はある意味ボンズよりも難しいですね。

スポンサーリンク


category: キョウダイ

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

バカにされてることはわかる  

外遊びのいい季節になりました。
ボンズは張り切って公園に遊びにいきます。

ブランコだったり、ジャングルジムだったり、滑り台だったり・・・
ボンズのお目当てはたくさんありますが、

最近顕著に表れる、「友だちと遊びたい」。


どういう基準かわかりませんが、
ボンズがついていきたくなるグループがあるみたいです。

ちょっと年上(高学年)の女の子グループだったり、
同じかちょっと下の男女混合グループだったり。


たいてい「え?」って顔をされて、「なんでついてくるの?」と思われてるようです。
(そりゃそうだ)

そのまま知らんぷりして勝手に遊んでてもらえたら、
見ているハハとしても気が楽なんですが、
中には露骨に嫌がる子たちもいます。
(こりゃしょうがないよね)

「ボンズあっちで遊ぼう」
と、さりげなくその場から離れることが、
ボンズの気持ちを傷つけず、
これ以上嫌な思いをさせることなくおさめる手かな、
と思ってましたが。。。どうなんでしょうねぇ。


昨日は、砂場で水を使って遊んでいた、
年下の子たちと一緒に遊びたかったみたいです。


フルネームをつぶやき始め、
「かえるよっ」
とか言い出すと、、、

その子たち、笑ってくれたんです。

みんなが笑ってくれたのが嬉しくて、

また繰り返すボンズ。

だけどその笑いが、「楽しいね」という笑いじゃなく、

「笑われてる」とはっきりわかるようになった頃・・・

ボンズが手元の砂を大きくかけ始めました。

そんなに広くもない砂場、

そばにいた女の子にかかったようです。
(ってか、かぶるような程度じゃなくて、もしかしたらかかったかもしれないね? 程度なんだけど)

「いやーーやめてっ」

当然、怒られます。

「砂ポイだめ、砂ポイしたら帰るよ」

ボンズに小さくダメ出しし続けましたが・・・

ボンズもおさめどころがなかったようで。


このまま帰るのもやだ。

この子たちとできた溝は埋まらない。


その狭間でボンズ的にも落としどころを探してたんでしょうが・・・


どうにもならなくて、突然泣き出しました。
靴も脱いで放り投げました。

その子たちは「なんだこりゃ?」状態。


やがて居心地の悪さにたまらずその子たちは帰りました。


ボンズはますます悲しくって泣きます。


だけどどうしたら良かったのかねぇ。


うちが二人羽織状態で、

「一緒に遊びたいってー」
「今楽しいんだよー」
「今こう言ってるんだよー」

ってやってれば良かったんだろうか?


だよね。
ハハが通訳してやらなきゃ、
「オレにも言い分がある」
って誰にもわかってもらえないもんね。


だけどさ、その子たち未就学児? で、
遊び方も幼くて、


ボンズが帽子濡らしてたことを報告してくれたんだけど、
「うん、見てたよ。自分のだからいいんだー。暑いからじゃないかなー」
なんて言ったって、きょとんとしちゃってるもんね。

そりゃそうだろうけどさ。


家族でボール遊びしている一家のそばで、
嬉しそうにぴょんぴょんしているのを見ると・・・


そしてその家族の「ナニこの子・・・」的な視線を感じると、

ボンズはなんにも悪いことしてないのに、
その場を離れさせるしか思いつかなくて、
そしてそれもつらくって。


こんなこと、この先いくらも続くのかなぁ。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

のんびり公園を楽しむ  

先日の記事では温かいコメントをたくさんいただき、ありがとうございました♪
今回は記事にするのもキツカッタ。
さらっと書きましたが、キツカッタ。


実は続きというかオマケの話もありまして、
この時実はお姉ちゃんも同じ公園にきてました。


ボンズが泣きだして、靴まで放り投げたので、
姉バカ・・・いや、弟思いのお姉ちゃんが飛んできて、
「どうしたのっ」
と、聞きました。


ハズカシながら、娘に説明するのすらしんどいくらい、
こっちも泣きたい気持ちでした。


「ボンズの独り言が面白かったみたいで笑われたのがわかったのかねぇ。
そばにいた子に砂かけたみたいでね~(かけてると思ってないのでついこういう言い方をしてしまう)、
でも一緒に遊びたいのにうまく遊べないから悔しくて泣いちゃったんだわ」


なにぃ!!? といきり立った姉ちゃん。


「言ってくる!!」
と、自転車でおいかけようとするのを(すでに立ち去った後)、

「やめなって! あんな小さい子に無理だって!
ボンズをいじめたわけじゃないのに」

いくら言っても行く気まんまんの姉ちゃん。

「やめなさいよ?」
と、念を押しつつボンズのそばに戻ったんだけど・・・

仲間引き連れて行ってるじゃん(>_<)

戻ってきたのを見て、

「何言ったの!」

と、聞くと、


「ボンズはこういう気持ちだったんだー。
かんしゃく起こしてごめんね。
もしこういうことがあったらまた教えてね、って言った」


と。




ほえぇ~~~~・・・
姉さん、ハハよりうまいじゃないですか!!(笑)



今回つくづく自分を振り返ってみて、
そしてコメントやメールでのお話を伺ってみて、
何度も何度も考えました。


どうしてその場で通訳しなかったのかな? と。

どう考えても二人羽織状態で、
「ボンズはこう言ってる」「こうしたいんだよ」
と教えてあげた方が、相手だってわかってホッとするかもしれない。


なのになんでできないんだ?


1、相手に理解を求めるということは、相手に負担をかけることになる気がする。
2、なんて言っていいかわからない。


ということに集約される気がします。

「ボンズはこうしたいの」⇒「だからわかってね」
「ボンズはこう言ってる」⇒「だからわかってね」
ってならないかな。

「めんどくさいやつ」って思われたら、避けられる原因にならないかな?

相手が小さすぎると、理解を求められないよな。

そもそもハハの立ち位置がよくわからない。

そして、ハハ自身もボンズが何をしたいのか、何を言いたいのかわからないことが多々あるんです。


きっと模範的に行動しようと思ったら、
自分が相手の友だちになって一緒に遊んじゃえばいいんですよね。

「おばちゃんも入れてね~~~
きゃ~砂でプリン作ろうね~~きゃっきゃ」

って。


で・・・できないっすorz

でもできないなりになんとか対応考えなきゃと思います。


古いけど、「公園デビュー」ばりに気が重いっす。



さ、「昭和の日」も朝から公園コール。

さ、修行に行くか・・・と重い腰を上げたら、
今回ボンズはたくさんのおもちゃ持参。

のんびり公園1

こんなんなって、傾斜のついた芝生の上でレールを作って、
電車脱線させて喜んでました。


のんびり公園2

今回はお友だちを求めてウロウロする時間はほとんどなく、
まったりしてます。


先日泣いちゃった砂場でも、


のんびり公園3

まったりマイペース。



平和でございました・・・(ほっ)。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント