自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

初めてのコトその3  

ボンズと、コッコ(姉)、チビスケ(弟)を連れて、
犬の予防接種に行きました。

うちの近所に動物病院あるんだけど、
ちょっと遠くのペットホテルをやってる病院にいつも連れて行きます(死にかけた時を除く)。
やっぱりお世話になるとわかっていたら、
多少遠くても普段の様子を知ってもらいたくて、行くよね・・・
犬でも。

ボンズの朝のお散歩もかねてちょうどいいし・・・

でも、行きたいところに行くわけじゃなく、
こっちが行先を決めているお散歩はどうだろうと、
かなり心配もありました。

そのために、コッコがついてきてくれたのは今回はとても助かりました。
いざとなったら、近所の公園でボンズと遊んで待ってて! ってできますからね。

それでも不安は残るので、

「さくら(犬)の注射しに行こう。
終わったらジュース買おう」

って言ったら、即おっけー(そりゃそうだ)。

その病院には大きなきれいな水槽があるので、
それに食いつくのでは? という期待もありました。

「こっちだよ」
「早くおいで」
って言われるのは心外だって顔はしてましたけど、

ハハがぶれない進度でずんずん歩いていたので、
うだうだ言う暇なくついてきてしまった・・・という感じで到着。

期待通り水槽に大喜びで、
しかも診療開始時間になると同時くらいに入ったので(偶然なんだけど)、
待つこともなく予防接種その他終了。

コッコとチビは一緒に診療室に入ったんだけど、
ボンズは一人待合室の水槽のところで待ってました(入口がガラス窓だったので、ボンズの様子を見つつ・・・ってできて助かりました)。

きっと怖くて? 入れなかったんじゃないかと思うのですが(^^;

別の場所を想定してたんだけど、
動物病院の前に自販機があったのね。

入る前にアピールしてたけど、
「終わったらね」
って言ったらすぐに通じて、終わるとすぐに自販機へ。

「かえろ!」
と、ボンズに言われて帰宅。

無事にひとつ仕事が終わりましたー!

動物病院、午後から診療してくれていたら、
ボンズがデイに行ってる間に行けるんですけどねー。
ここは午前しかやってないので、うだうだ迷ってたんですが、
思い切って行ってみたら、無事に終わって良かったです。


そうそう、行く前に、
「さくらの注射行くよ」
「さくらの病院」等々、

イメージしやすいよういろいろ説明はしてたんですが、
全部すり抜けてる気がしたので、画像検索して病院の写真を見せました。


ら、


「おんせんいこ♪」
と、嬉しそう。


あ!
去年温泉一泊の時も、さくらをここに預けて行ったんだよね!
行く前に預けて、帰りはまっすぐここに迎えにきました!
外観見たら、それを思い出したようで(笑)

こういうのって自閉っぽいよな~^m^

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

大、反抗!  

我が家の隣のお宅で工事が始まった朝。
パワーショベルを見つけてからはもう、大興奮のボンズくん。
喜んで、喜んで、雄叫びあげながら走り回っておりました・・・


「うちにはいって宿題しよう」

「いかない!」

反抗ですよ、反抗。
嫌だとか言われました。

しばらくの間そんな問答は続き、
言ってる間に外へ出て行き・・・


今回救われたのは、工事の人がいい人でね~。


「男の子は好きだもんなー」

「見てるから」

「危ない時は言うから」

ってな感じで、涙ちょちょぎれ、
泣き崩れそうになりました。


我が家の工事の時はひどかったんですよ。

「あぶないって!」

「あぶないから離れて!」

「ホントに危ないんだわー」

って。

ええ、わかりますよ。
だから離れて見てます。
近づかないように捕まえてるでしょ、って。

それでも露骨に「あっち行け光線」出されて、
しかたなく我が家の工事なのに、
ボンズを車に乗せてウロウロしなきゃなりませんでした。

あの時、コッコは小学校で、
チビスケは保育園。

ボンズだけ入園できずに時間をつぶさなきゃいけない地獄の日々だったなぁ。。。
ボンズだって不満そうだったし。


今回は「見てるから」って言ってくれただけで神様のように見えました。
「なんかあったらこの人の会社に頼むから!」
と、思いました。
(なんかある予定は全くないんですが)


しばらくボンズに宿題をさせようと戦ってましたが、

最後の手段、


「今日ぷっちょん買わないからね!!」


今日はお買いものの日で、
工事が始まるまではボンズも楽しみにしていました。


「宿題しないとぷっちょん買わないからね!」

「いかない!」


しばらくにらみ合った後、そう言い残して出て行きました。


ムキーーーー。


でもねぇ、、、


ホントに見たいだけなんだわ。


パワーショベル1


こんな目の前で、
こんなおもしろいこと(?)やってるんだもんねぇ。


離れて見てろ、ってことがわかって、
ボンズ自分で庭のベンチを動かして座りました。


パワーショベル2


姉と弟も並んで見物してます。


工事の人、やりにくそう~~~。


午後からは、ボンズはデイでいなかったからうちもホッとしてたんだけど、
チビスケが近所の子どもと工事のおじさんに話しかけたりして、
かなりジャマしてました(^^;

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

行かないわー  

お隣の工事が始まった日、
お昼過ぎにデイサービスの送迎車がきたんだけど、

「いかない」

って、ボンズが。

「えぇー!?」

ママの息つける時間は?

・・・じゃなくて、、、

「ホントに?」

そんなにパワーシャベル好きだったっけ??

って目を白黒させていたら、

その後何事もなくあっさり車に乗って出かけたんですけどね。



そんなこときれいさっぱり忘れた翌日。

昨日とは違う事業所の車が迎えにきました。

「いかないわ」

と、またささやいていて・・・


あれ?
もしかして、
工事しているのを見たいから「行かない」んじゃなくて、
デイに行くのがイヤなの?
家に居たいの?

「ホントに?」

って言ってたら、やっぱり行ったんですけどね。



さらに翌日、

一昨日と同じところが迎えに来ました。

「いかないわ」

と、またもやはっきり。

今度は「えぇー」とも「ホントに?」ともリアクションせず。

「じゃあ行かないかい? いいの?」

と、聞いてみました。


もしかして、「えー?」とか「ホントにー」っていうハハのリアクションがおもしろかった? もしかしたら「お約束」になっちゃった? それとも・・・

と、いろいろ考えてね。

「いかないわ」

ともう一度言ったかと思うと、
玄関の中に入って行ってしまいました。

「ボンズくーん」
慌てるお迎えスタッフ。

だけどハハには「今日も行くな」と思う確証があったので、
黙ってその場に立ってたら、

「いかないわ」

と、言いつつ車に乗り込んでました。

なんなんだ? と思いつつ、
デイのスタッフに水遊びの準備と言われたので、
プールバッグに水着とタオルを入れて持ってきて、
デイのスタッフには渡さず、
車に乗ってるボンズのところへ持って行き、

「行く?」

と聞いたら、

「いく」

と言ってました。


なんなの?


だけどこの三日間、朝から隣で工事やってたせいもあるけど、
二日目は工事現場に食いついてないんだよね。

コンクリート(?)こねこねしたり、
やたらと地味な作業ばかりで、ボンズは食いつかなかったの。
(ここで食いつかれたら非常ーに困ったことになったけど)

でも公園に行こうとも騒がないし、
ぷっちょん買ってくれとも騒がないし、

ただ家の前でうろうろ、自転車でうろついたり、
雄叫びあげて走ったり。

「しょーがっこー・・・」
と、時々つぶやくんだけど、
「今は夏休み」だってこと理解して落ち着いてるのかなぁ?
とも思います。


だからこそ、デイには行かず家で自由にしていたい? という心配もしつつ、


もう一つ思ったのは、、、




第一次反抗期?


もしかして、、、来た?(汗)


ボンズはもちろん、

チビスケの反抗期もイマイチぱっとしたのがなかったので、

ここで2人まとめてどかんと反抗期やっちゃってもらおうか?
(この2人の喧嘩は最近やるようになった)


そして、万年反抗期でありながら第二次反抗期もきているコッコ姉ちゃんがいれば、
うちの中どんだけフェスティバルでカーニバルなことになるか・・・・

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

お祭り!  

町内会のお祭りがありました。

去年の記憶をたどったら、
今でも新鮮に落ち込みます。

怒りっていうか憤り? みたいなのと、
情けなさで落ち込みで涙、ってな感じとの、ミックスジュースです。


去年はさ、暑い暑い夏でさ、
飼い犬がいなくなり、
探してもいないわ、旦那にはキレられるわ、
バアバには「早く戻ってきて」って何度も携帯かかってくるし、
周囲の目は冷たいし、
背中(自転車の後部座席)でお祭りに行きたいけど我慢しているチビスケがいてさ。


情けないやら悲しいやら腹立たしいやら、
どこになんの怒りをぶつけたいんだか・・・
でしたよ。

(てな話はこちら→『祭りで血祭』←っていいタイトルだね)


「夏休み」って言葉聞いただけで吐きそうになるのは、
こんな記憶ばっかだからなんだろうねー。


今年はボンズがデイに行ってる間にチビスケ孝行から始めました。

去年、犬を探さなきゃいけないし、
コッコ姉ちゃんは先にお祭り行っちゃうし、
兄ちゃん(ボンズ)もバアバ連れて行っちゃうし、
ボク一人でお祭りは行けないから、ママとさくらを探すんだ・・・
でも本当はお祭りに行きたい・・・
って気持ちを押し殺して付き合ってくれたので(単純に飼い犬を心配する気持ちもあったけど)、

今年はキミのためだけに連れてくよ、
ってできました。
(ハハは人混みキライなので本当なら行きたくないタイプ)


まずどこ行く?
並ぶの? マジで?
次は? あれ食べる?
座って食べる?
おいしいかい?
次はあれ行くかい?

たぶん、ちゃっちゃかやること済まして帰りたい感じだったんでしょうが>自分が
横でうるさかったと思います、
ごめんよチビスケ(笑)


で、かき氷やら一通りゲットしたところでチチと交代。
ハハはボンズをお迎えして、

「ボンズ! お祭り行くよ!」
と声を掛けたら、

「はぁ~い♪」
と、超裏声で(笑)

まるで絵に描いたような「いい子のお返事」してくれました。

そして、
まっしぐらに走る、走る、走る。

目指すはかき氷!


「みどりー!」
って言いながら帰ってきたので、
何が? と思ってたんですが、

デイからの帰り道、お祭りやってるの見えたんでしょうね。

緑(メロン味のシロップのかき氷)と要求しながら帰ってきたようでした。


せっかくパパがボンズのためにアメすくいの列に並んでてくれたのに予定変更。
まずはかき氷の行列へ。

って、待てる訳ないので、
待ち時間なしの現金売りのジュースを買い、
並んでる間に「飲んでいいよ」。
そして、あらかじめゲットしておいたポップコーンをすすめて、
「食べるかい?」

いたれーりつくせ~り♪ で、何とか並んで食べ物ゲット。
かき氷に夢中な間にハハがその他の行列に並んでました。


いつも遊んでる公園でのお祭りで、
子どもはたくさんだし、食べ物いっぱいだし、
祭りの雰囲気も好きなボンズ。

ただ坂道を走って登ったり下りたりする間にもパパが追いかけてくれるので、
(パパは何かあったらと気が気じゃない)
ボンズは楽しさ倍増。

そのうち枝豆(ビールのおつまみ)を見つけたらしく、

「マメーまめー」
と、かなりもめたらしいんです。


「マメは売ってないのか?」
ってか、あれビールのおまけなんだから、
パパビール飲めば?
「いや、飲んだらボンズを追えなくなる!」

で、
ハハがビールをいただきました(笑)

ボンズは枝豆ゲットでご機嫌に。

お疲れもあってか、
花火大会が始まる前に座って2人でイチャイチャしながら、
枝豆とポップコーンを食べつつ、
ハハはビールなんて飲みながら花火を待ちました。


どーーーなの、この展開!



去年の地獄と雲泥の、いや、天と地の差があります!!


時々、規制線の中に入ってくちびっこたちを見ては、
「あら~、赤ちゃんはダメねぇ~、ロープの中に入ったらダメよねぇ」
・・・花火大会始められないとか言われるからね・・・

なーんて言いながら、
ボンズはハハの膝の上か、股の間でまったりしてるし、
「まぁいいからビール飲みなよ」
って感じで勧めてくれたり、非常~~~~~~~~・・・・に、平和に帰ってきました。


もう去年との違いに嬉しいより、呆然としちゃったね(←意味わかんないか)。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

お泊り  

諸般の事情で突然だったんだけど、ボンズに、
「バアバんち行く?」
というと、ノリノリの大喜び。

コッコとチビスケと三人で泊りに行くことにしたのですが、
そんなこと説明するまでもなく、
「おふとん、しよ!!」
と言い出しました。

いいよ~と言うと、すぐさま荷造り開始。
リュックを取ってくれというので渡すと、
そこに大事なものを満杯に詰め込みだしました。

さらにバッグを出せというので、
「荷物はひとつ!」
と拒否していたら、

後から自分で椅子を持ってってバッグを一つだし、

そこに、

なんと、

「ママのパジャマ」を入れたのでした~~~♪


「ママのも用意してくれたの~~~」
なんてラブリィ♪

だけど今回ママは行かないつもり^m^

おひとり様スペシャルを過ごさせてもらい、
「夏休み」を吐くほど嫌なものじゃない、と自分に言い聞かせる目的があったのです(←苦しい?)。


ママ行かないよと言ってるんだけど、
わかってるのかな? わかってないな。


そして当日、ママのパジャマはよけたつもりなんだけど・・・
朝になるとまた荷物に入ってまして。

「まぁいいか。ママのパジャマを抱いて寝てくれ」
と見送りました。

その時点で「ママが車に乗らない!」とわかり、
「ママおいで」と言われてかなり気持ちは乱れましたが、
見送った後、一人乱舞。


その後の様子は翌朝祖母から聞いたのですが、
持参したママパジャマは、叔母(こじまる実妹)に「○○(オバ)の!」としつこかったそうで、

観念したオバはそのパジャマを着て寝ることに。

そしたらボンズがオバの顔にタオルをかぶせて、
その上に乗っかって喜んでたそうです(笑)


ママとオバ、顔は明らかに違うもんねー(^^;


帰って来て、さっそくいちゃいちゃしようと思っていたら、
目もあわさないで、口だけで「ただいま」とスルー。


あれ、また怒ってる?


ボンズと離れたのは、チビスケが生まれた後の三晩。
病院に来ても目も合わせないし、
抱っこするどころか近寄りもしない。

退院後、しつこくまとわりつき、力づくで抱きしめたらようやく観念したのか、にや~~~と笑って「うんにゅーーー」しました。
ようするに、怒ってたんでしょ。


今回もちょっと怒ってて、
無理やり抱っこして、ベタベタしたらようやくお許しが出て、
その後自分から「うんにゅー」してくれました。


かわいい子には旅をさせって言うでしょ。
でも姉と弟が一緒ってことが大きいけどね、
こうして親のいない経験もつまないとね・・・


ハハがパンクするかもしれないしね(笑)←ってかこっちの方が重要だったりして。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

自閉症児と公共の交通機関を使う旅~天国編~  


自家用車を使わず、電車とバスに乗る旅行は楽しめる?



温泉一泊旅行、行ってきました。
今回初めて自家用車を使わず、バスと電車を乗り継いで。
行先も初めてのところです。


一言で総括すると、

一日目、天国。
二日目、地獄。

でした。

終わり。(にしたいくらい(-_-;))




出発の朝、

「おんせんいこ!」

と、着替えとオムツとちょっとしたおもちゃを入れたリュックを背負って、
準備万端怒ってらっしゃるボンズ。

でも、準備にバタバタしてるのがわかってか、
「おんせん、いこ!」
とか言うんだけど、パニックにはならずにいました!


「さくら(犬)病院(ペットホテル)連れてくからね」

と言うと、「置いてかれるわけないけど、暇だから行く」ってノリで車に乗ったボンズ。


「大丈夫だよね? 車で行くと思ってないよね?
みんな乗ってないし、バスで行くって知ってるよね?」

と思いつつ、犬をケージに入れて車に乗せ、
一路動物病院(の、ペットホテルへ)。


動物病院の駐車場でエンジン切った途端、

「まってる」

というボンズ。

待ってる??

そんな単語知ってたの?

「ホントに? じゃ、さくら預けてくるから、待っててね!」

と、慌ててエンジンかけなおし、
ささっと犬を預けて急いで戻ってきました。


「偉いね~、待ってたね~」

でもこの後スーパーのATMに行きたかったの。

一人で出てこれたら悩む必要もないんだけどさー。

しかもすぐ済むしめんどくさいから駐車場には入れず、
スーパーの入り口付近に路駐の計画。

「待ってて? お金ピピピしたらすぐ戻ってくるから」

と、スーパーにつくと、

「ぷっちょん」

と言うので、お菓子を買う? という心配(?)したみたい。

「お菓子はバス乗ってから。
○○○(駅前のスーパー)で買うって言ったでしょ」

と言うと、

「……」

沈黙。

ボンズ、わかった時こそ返事しないの(これなんとかしてーなぁ)。



思いがけなくATMに行列があり、
やめよっかなってビビったけど(あきらめてどうにかなるレベルの財布じゃないし)、
ドキドキしながら用を済ませると、

ボンズけろっとして待ってました。


さぁ今度こそ行くよ~~~!
と、一路バス停へ。


バス停で路線バスを待つのも初体験、理解できた?



実はパパが一緒に行けなくなり、
後から追いかけてくることに。


あのめんどくさいコッコ姉ちゃん(なにせ口撃がけた外れ)と、
このめんどくさボンズ(どこに地雷があるかいまだに100%予知不可能)と、
ママ大好きっ子で我慢強いチビスケ(耐えてると思うからこそ不憫)

三人を一人で連れて…Σ(゚д゚lll)ガーン
となるところだけど、

幸い祖母が前日から泊まってたので、5人で歩きました。

「バスどこよ?」

って顔のボンズ。

「バス停いくよ」

とスケジュールを見せて歩き出す…

が、その先はスーパーでしょ? って納得いかない顔。

そしてスーパー手前でバス停があり、

「ほら、バス停、ここで待ってたらバス来るよ」

と言うと、スケジュール画像とのマッチング効果か「あ、そうなの?」的におとなしく待ってました。



途中何があるかわからないし、
どんなハプニングが?

遅れたら何があっても待ってくれないだろう公共の交通機関を利用するという緊張感で、
5分かからないバス停に、15分以上前に家を出て歩いてきたんだけど…

ちんたら歩いてたんだけど、バスを待つのに10分弱。

う~ん。

この炎天下、しかも時間的に日陰ないしつらかったねぇ。

「バス来たよ~」(と言え)とうるさいボンズに、
もう少しだね、
あとちょっとだね、
あっちから来るからね…となだめて乗ったバスは寒かった!!

ビバエアコン。

しかも貸切(^^;


このまま目的地まで送ってくれないかな~ってくらい平和。


スポンサーリンク





おやつを買って、いざJRに乗車。その後の乗り換えはできた?



で、目的のJR出発まであと40分あるので、
目の前にあるスーパーに、

「ぷっちょん買いに行くよ~」
と、誘導。

ここ、学校行事で来るスーパーなので、
ここにくると「ちょこび」を買いたくなるボンズ。
(遠足の買い物をしにきた時、好きなお菓子なんですか?と先生に聞かれて当時ブームだったチョコビを教えた)


まずはぷっちょを手に取り、
さらに「チョコビどこかな~」と探すオトナを見て、

ボンズが、

「まさかオヤツ2つ買っていいの?」

って感じで目を輝かせる(ってか、ギラつかせた・笑)。


さらにさらに「ジュースもひとつ」と言われて、
狂喜乱舞するボンズ。

特別だもんねぇ。


会計して、ついでに「帽子買おうか」とボンズの耳元へ。

いつもかぶってるキャップのサイズ調整するところ、
かじってかじってとうとう全く(どこにも)噛まなくなったの。

時間もあるし、
この炎天下帽子なしはキツイし。

と、帽子売り場を聞いてまっしぐらに(ウロウロするとパニックの危険性UP)。

大人サイズの帽子売り場(しかも安売りのワゴン)で、

「くろ」

と、おしゃれさんになるボンズ。

う~ん、大人サイズでもねぇ、、、いいかもしれないけどねぇ(頭でかいし)。

と思ってたら、さっき声かけた店員さんが、
そっちに子どもサイズありますよと教えてくれたので、

「ボンズこっちだってー青あるよ~」

とハイテンションに誘導。

コッコも参戦してきて、

「黒もあるよ~」

と、お伺いを立てるハハと姉。


「あお」

と、めでたくお決めになったので、
すぐさま会計、そして、タグを切ってもらい、すぐにかぶってもらいました。

おーーー順調~~~。


そして隣にある駅へ。
ボンズは振り返ることなく一人でさっさと歩いているので、
やっぱりあのスケジュール理解してるんだよね?


切符を買っていると、

「あれ? ボンズは?」

いない。

探すと、改札の向こう…


えーーー?!
切符通さなくても自動改札通れるんだ?(笑)

「まだ切符通してないでしょ! おいで!!」

って怒って呼び戻したら、
再び無言の自動改札機。


えーーービーって扉が閉まるんだと思ってたぁ。。。


でもこれのおかげで、自動改札がちょっと怖かったビビりのチビスケが、
「しまんない?」
って安心してました。

チビにしてみたら相当怖いよね。
もし扉が閉まったら絶対顔面にくるもん(笑)



さて、切符を無事に通して改札くぐったのはいいけど、
問題なのがタイミング。

目の前で電車が通過したら、また大泣きの大パニックでしょうから、

まだまだ!!
と、次に来る列車を見送ってからホームへ…と思ったんだけど、
なんで待たされてるのかわからんボンズ。

結構お怒りでした。


で、その列車に乗ってたオバ(こじまる妹)と合流。

もう次の電車には乗れるからとホームに行きましたが、

向かい側にきたのよねー…電車がー。。。


やっぱり泣きましたわ。


夏の旅行1


そしてようやく乗り込めた電車は満員。

満員の電車はこれが初めて。
やっぱり夏休みだもんね。

子ども一人分の隙間を見つけて突進したボンズ。
座れてとりあえず安心。

「座れないよ」
って言ったんだけど、
ボンズにはあの隙間見えてたんだろうね。

持ってた水筒をがぶ飲みして空にして、
買ってもらったジュースを水筒に移すという暴挙を始めるなんて、
いくら出発前にイメトレしてても想定できなかったわー。

やっぱりこぼして、
隣にいたお嬢さんのスカート濡らしてしまいましたm(__)m


それくらいのハプニングで、(かなり嫌な汗はかいたけど)
無事に電車は進みます。


以前家族で乗った時に降りた駅に着くと、

「おりるよ~」
とボンズが言いましたが、

「まだだよ~」

と言うと、「あ、そうなの?」的にスルー。

さらにいくつか進み、今度は乗り換え!

改札を見て降りようとしたんだけど、

こっちこっちと誘導した先がエスカレーターで助かりました。
ボンズエスカレーター好きですから。


あ、この間荷物は祖母に丸投げ。

うちは選手に伴走するコーチのごとく、
ボンズの耳元で「三番、三番、3行くよ、3」とホームの数字連呼。

そして、決して捕まえず、押さえず方向を指示しながら無事に乗り換え電車に乗車。


ばんざーい(したかった)。


いつ着くのか?がわかるように視覚支援、キョウダイにも効果アリ!



そこからがこれまた長いんだけど、
ローカルで、のんびりで、写真のようにボンズがウロウロできるところだったので、
お菓子食べたり、お弁当食べたり、

「おんせんいこーよー」
とか言われつつ(いつ着くんだよ?って意味だと思う)乗っていられました。


もう一人うっさい人のために(「まだ? あといくつ? いつ着くの? ねぇまだつかないの?」と3秒おきくらいに言う)、
停車するすべての駅名を一覧にして、

「これ、通過するたびに消してって」

と、渡しておいたので、
その紙をボンズにも見せて、「あと3つね」とか伝えてました。


夏の旅行2

ホテルの送迎車に、駅までお迎えにきてもらい、
初めてのホテルへ。

祖母とオバの部屋と、うちら家族の部屋が隣同士で、
しかもその二部屋が、

「うちのこと知ってるの?!!」

ってくらい理想的に、
その他の客室と大きく隔離されてたんです。

こりゃ~いいわ!

部屋のドアを開放したまんま、行ったり来たりできるし、
ボンズがちょっとやそっとパニック起こしても迷惑かける人、
限りなく少なく済むと思われます!!


部屋でウェルカムデザートに舌鼓♪

その後、ボンズお待ちかねの「おんせん、入ろうか」というと、
またもや狂喜乱舞。


8才で女湯に。本人は男湯に行きたいけど、パパがいない…



いや~いい脱ぎっぷりで、
しかも貸切で(たまたまね)、露天も景色が最高だったし、
みんなで平和にできる行事が叶って良かったです。。。


が、


ボンズ、男湯に行きたかったみたい。


パパが後から合流なので、
問答無用で「今日は女の子ね」って入ってもらったんだけど、
やっぱり入口でしぶったのよねぇ。

その気持ちは大事にしたいけど、
ボンズ一人で男湯に入れるわけにいかないし、
てか絶対行かないで着いて来いって言われるだろうし(笑)

「パパ来たら、男の子ね」

って妥協してもらいました。

こんな悩みが出てくるとはねーっ。
(条例ではまだセーフの年齢ですが、本人の意思も尊重したいですよね…)


パパ、夕方着きましたが、
休む間もなくボンズに「おんせんいこ!!」って引っ張って行かれました(笑)


そして食事は焼肉バイキングをチョイス。
去年やっぱりエビと刺身くらいしか子どもたちの食べれるものがなくて、
(しかもチビの分の食事が用意されてなくてムッとしてたら大人と同じものが出てきて絶句してた・笑)

それならいっそのこと…と選んだんだけど、
これが大正解!

食べながらボンズが「おいしー」って言ったのを聞いたのは初めてかも。

どれもこれもおいしくて、唸りながら食べました。

バイキングなので、
自分の食べたいものをどんどんお代わりしに歩けるしね。

ボンズも自分のお気に入りの肉がなくなりそうになると、
皿持って補充に行ってました。

目の前でトング持って自分で焼けるし、
焼肉バイキングは大正解。


夏の旅行3

子どもたちに駄菓子のつかみ取りと、花火のプレゼントがあったので、
食後にもう1回温泉に浸かった後、みんなで花火をして寝ました♪



・・・地獄編へ続く・・・

スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

自閉症児と公共の交通機関を使う旅~地獄編~  


朝風呂を堪能した自閉っ子、無事に観光して帰れるか?



「おんせんいこ!」連呼してたボンズに、

「おはよーしたらね」
と言ったら通じてたんだね、
7時前に起きて大喜びで突進。

うちはチビスケがまだ起きそうもなかったので、
しばらく後から行ったんだけど、
祖母とオバと姉と「おんなのこ」お風呂に入った後、
「フルーツ牛乳」買ってもらってご機嫌で引き上げてました。


その後、朝食バイキングに行き、
オヤは片づけをしたりしてチェックアウトタイムまで滞在。

おみやげを一人ひとつ買わせたら、
ボンズは昨日飲んだ「飲むヨーグルト」を選んでました。

再び送迎車で駅へ。

切符買ってる間にみなさん改札を通過したらしく(無人改札)、
後からおいかけると…



夏の旅行4

地元小学生の一団がいて、

それを見たボンズの「小学生スイッチ」がONになってしまったらしく、
つら~っと並んでます(笑)

他の子は「え?」って言ってるし、
こっちにおいで~~~とも呼んでるんだけど、
きれーに並んでておもしろい(笑)。


無事に小学生スイッチを一時解除にし、乗車。


さ、
順調だったのはここまで。


自閉っ子なりの目的があった?トラブルも相まって悪循環へ



前日乗り換えした駅で途中下車して、

「おししいこー」(お寿司買おう)というボンズリクエストにこたえるべく、
回転寿司でも食べて行こうということになったのです。

前日乗り換えの時は改札口を見て一瞬出たそうにしてたから、
こりゃ喜んで降りるかな~と思ってたんだけど、

改札出る前も出た後もすごい人。(昼時だから?)

まずは荷物をロッカーに預けてから歩きたい大人と、
「どこかを目指している」ボンズ。

やっとこたどり着いたロッカーは全部使用中で、
そうこうしている間にもボンズは、

「おおなみんしー」(コンビニ見かけたのでオロナミンC)
「むらさきー」(ファストフード見かけたので)

と、走り回って興奮状態。


そのうち駅の外へ出て行ってしまい(祖母がついてった)、
うちらはとりあえず荷物を預けようと隣接しているロッカーに行って、
空いてるロッカー見つけた!

のに、
お金が詰まってにっちもさっちもいかない。

この時すでに汗だく…。

日焼け止めも顔に塗ったものも全部流れ落ちた。
さらに、腹も背中も滝のよう。


ロッカーに貼ってあった番号に電話すると、
「すぐに行きます」
というのでその場で待つ。

待ってる間に祖母から携帯で、
「目の前のドーナツショップに入ったのでそこにいる」
と。

ボンズにはドーナツショップが見えてたんですかね?

とにかく駅の外に出たい、
信号があったから渡りたい、
渡ったらドーナツ屋さんが見えた、ってことだと思うんですけど。


で、ロッカーの管理者が来たんだけど、
直らない…閉まらない。


急いでいるし、他にもイライラしている人がいるので、
焦るしイライライライラ…

そのうち、カギじゃなく、カギそのものが根本からスポッと抜けて、

「他のロッカーにしてもらえませんかねー」


他に空ねーやぃ!!


まぁね。
みんなでまとめていれたら400円♪
って喜んでたところ、

二ヶ所に分けたら入れられたんだけどさ。

600円かかるし!!

スポンサーリンク




マイナスイオン探査装置付きなの?海を目指してまっしぐら



で、その後「どこにいるー?」と祖母に聞いたら、
ドーナツショップは出て歩いていたらしく合流。

確かにそっち方向に行こうとは思っていたけど、

ボンズ、走る走る走る走る…。

なんでそっちってわかるの?

もしかして…という嫌な予感。


「歩くよ。歩かないと帰るよ」

「後ろからみんなきてるでしょ」

と説得すると、
ちょっとは歩くんだけど、またすぐに走る。


ボンズ朝から「ちゃっぽんしよー」って言ってたんだよね。

確かに去年の夏は、帰りにチャッポン(2時間)して帰路に着いたからねぇ。。。


でも今回川もなければ湖も海もないところに滞在し、
帰り、「海」はあるけど泳ぐような海じゃないところに寄ったわけー。

あ、前後の駅に海水浴客が集まるような駅あったから、
ボンズそれを見ていて行きたかったのかもしれない。

が、
途中下車したその場に海水浴できるような場所、ないんだよ!


なのに、走って向かう先には、
確かにあるさ、海が。

だけど、チャッポンしたら、事件になりますから!!
という場所。

まさかと思ったけど、本当に海を目指していたようです。

なんでわかるの?

なんでこっちに海があるってわかるの?

そしてなんでたどり着いちゃったのー???


しばらく見てたら、
「うん、確かにこの断崖絶壁ではチャッポンしたはいいけど這い上がれまい」
とわかったのか、入ろうとはしなかったんだけどさ、


次に船を見てしまったのさぁ~…。


それも、遊覧船のような渡し船のような…


あれに乗りたいだろうけど、
何せ予算ないまま決行した旅行ですから、
そんな金ありませんー。

そもそも、目についたもの全てをOKしてたら、どうなっちゃうの?とか、
黙ってついてきているチビスケとかが不憫だし、
ボンズのパニックで親が怖い顔しているのを見て、息を殺して静かについてきてますから…。

本当はあっちを見たい、あれを食べたいとか、小さい声でオバに話してるのも知ってるし。


ずっと「ダメダメ」言われ続けていたボンズ、
そろそろパニックです。

しかも、ここからどうやって帰ればいいんだ?

ってことで頭がいっぱいになってる人だらけですから、
全然落ち着かせることできません。


ひたすら泣く、暴れる、座り込む…


通りすがりの人が「ほらボク~~ワンちゃんだよ~」と、
飼い犬で気をそらせようとしてくれたけど、

「あー犬じゃ無理だなぁ」と内心苦笑。

「ダメだよ、行けないよ」
しか、ボンズにかける言葉もなく。


さんざ泣いて、あきらめたんでしょうか、

抱きついてきて、「コンビニいこ」と。

「よし! コンビニいこ! わかった!」

「おおなみんしー、しよ」

「わかった! オロナミンCね、おっけー」

それでもぎゃおーとしゃくりあげながら、
でもなんとか自分で折り合いつけようと頑張ってるんだね。

なかなか収まらないけど、
本人も頑張ったんだわ~。


オロナミンCがパニックの始まりなのかなぁ?
途中下車した時にすぐオロナミンC買ったらおとなしく聞く耳持てたのかなぁ?

それともこの暑さかなぁ?

旅行のシメは「チャッポンだ」と思っているのに、
海水浴場が見えるルートの電車に乗ったからかなぁ?


どこでまず何を間違ったのかずっと考えていたけど、
わからん。


もー疲れて、疲れて。
何が疲れるかって、険悪になることさね。

ボンズはパニックこそ大変だったけど、
その後けなげに持ち直すから。

大人はそうはいかない。
ずっと険悪で、言いたい文句を我慢しているだけにタチが悪い。

ボンズは涼しい電車に乗れて落ち着いたよう。
もしかして、暑くて壊れた?

うちら夫婦とボンズ以外は、その場に残って後から帰宅することになりました。

後でビデオを見たら、メロン食べたり観光を楽しんでいた様子。
うちだってその楽しそうな様子、一緒に見たかった。


毎回言ってるけど、もう二度と行くもんかー!!!


が、ボンズは楽しかったようです。
最後にあんなパニックになったくせに、

「電車のろ? 温泉いこ?」

と、かわいらし~顔で迫ってきます。。。くそーっ。

そして来年もまた同じことくり返すのかな( ノД`)


前日の天国編はこちら

スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

ボンズ流、真夏の知恵  

ボンズが「うんにゅー」と言いながら頬を頬にくっつけてきます。

なんで「うんにゅー」なんだか知りませんが、
いつからか、
「うんにゅーして」
という動詞にまでなっています。


歩いてる時突然言われたりするので、
公衆の面前で頬をすり合わせたりして・・・

コッコ姉ちゃんに、
「あんたがた家に帰ってからやりなさいよ」
と、冷ややかに突っ込まれたりしてます。


かわいんだけどね~。

気持ちいいんだけどね~・・・


この時期はちょっと休止しとかないかい?


なんて思っちゃいます。


あつくるしーって。


三人束になってやってこられると、
ハハの幸せ通り越して、本気で払いのけたくなります!!



そんなボンズの夏2013。


ある日突然冷蔵庫からマヨネーズを持ってきて、


「うんにゅー」


って。


は?


あ、マヨネーズとうんにゅーするの?

そりゃいいや、ははは。

冷たくて気持ちいいでしょ!

そりゃナイスなアイデアかも。




・・・・と、思っていたら、


マヨネーズをハハの頬に「うんにゅー」。


待つこと3~4秒。


その後、


冷えたハハの頬に自分の頬をくっつけて「うんにゅー」。


これもだいたい4~5秒。


またハハの頬へマヨネーズをうんにゅー。

冷えた頃合を見計らってから、
自分の頬を・・・



あー・・・なるほどねー・・・


ボンズも暑かったんだねー・・・


で、ハハを冷やしてからうんにゅーすることにしたんだぁ・・・


か、かしこい?

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

夏休みを体で理解した  

先々週だったか、デイのお迎えがきたのに、「いかないわ~」と言い出したのは。


もし本当にデイに行きたくないのであれば減らす。
今、週5日行ってますからね。

あれこれ、あーだこーだ、
小学校入学を前に考えて考えて、考えて決めたスケジュールではありますが、

ボンズも小学校生活2年目。
お引っ越しして3年目。
8才になって生活のリズムもできつつあるし、

危険を理解した、と断言するのは早い気もするけど、
かなり多動もおさまり、

走る車に突進していくことはなくなったと言っていい。
(気づかずに飛び出す危険は残ってますが)


そうさねぇ、たまには俺のペースでやらせてくれぃ、と言われたら、
「ははーおっしゃるとおりでーーー」
って感じなんだけど、すぐにデイの日数減らす勇気がなくてさ。


しばらく減らして、飽きた頃戻してね♪
というやり方ができるのであればやるけどさ、

一度抜けた曜日に再び戻るというのは、
このデイサービス争奪戦の世の中ありえないっしょ(この辺だけ?)


どこでもいいなら空いてるみたいだけど


でも、どう見ても行きたくないわけじゃないのさ。


「いかない」
って言いながら手はデイ用のバッグへ、
足は靴へ・・・と体が勝手に動いてるし(笑)


こないだなんて、

「いく!」

って言ってから「しまった!」って顔して、
「・・・いかない・・・」
と、弱々しく訂正してました(笑)

そして、敗北感いっぱい背負ってデイの車へ(爆)


もしかして? と思って、
ひとつ試したのです。

「行かない」
って言い出した時に、
あまりにみんな大騒ぎして、「ホントに?」「いかない?」「じゃあ今日休むかい」な~んてリアクションしたもんだから、

ボンズ的におもしろかったのでは?
と。

ほら、定型の子でもあるでしょ。
「こうしたら注目浴びれて嬉しかった」
みたいな。


なので、

3回目くらいからは、
何言われても黙ってたんです。
「いいよ」とも「ほんとに?」とも何とも言わずに。


そんで前述の「張り切って言い間違え」をやらかした後からは、
もう「このネタもう使えないわ」と思ったのかすっかり封印。


なので、「言ったらウケたのでくり返した」説に一票。
デイもこのまま週5で。


もーね、いろんなところに連れてってくれるので、
親としてもありがたいし、本人も大喜びなの見ててわかるんですー。


旅行の後すぐのデイで「ボンズ念願の」海でちゃっぽんさせてもらったらしく、

「うみだーーと走って行って、
頭から水かぶっても喜んできゃあきゃあ飛び跳ねてましたよ。
ボンズ君、顔に水かかっても平気なんですね」

と、デイのスタッフに報告されました。
そうなんです、ボンズ顔に水やシャンプーの泡が流れてきても、
超ー落ち着いてますよ。


水は好きでも海は怖がる子もいるみたいですが、
ボンズは大好きみたいです。



そして先日、ついにボンズが自分から宿題に取り組みました!
初です!

「こうえんいこー」と言われたので、
そうだねぇ、いっとこうか・・・今日は行くところもないし・・・

と思っていたら、

自分からテーブルのところへ行って、
夏休みの宿題プリントをめくり、やってない個所に取り組みました。

もう外に出てたのに、
わざわざ室内に戻ってきて、ですよ!


その次の日も、何にも言わないでも「ゴミいこー」。
そして、宿題も・・・


そして、宿題プリント完成ー!
全部終わりました。


自由研究として、牛乳パックと卵のパックで信号を作ったので(ハハが95%作成)、
後は「絵日記」を残すのみ♪

これが難しいんだよねー。

ハハとしては、先日の電車乗って温泉行った時のこと!を取り上げて欲しいんだけど、
なんせ画伯は気分屋ですから。

・・・っていうか、
気に入ったもの、描きたいものしか描かないから、


「あの時のこと描いて」
って言ったところで、

「どうやって??」
って言われそうだしねぇ。(しゃべんないけど)

ま。
最悪去年のように、
「顔描いて」
で、済ませますけど(ハハが描いたらさすがにバレるっしょ)。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

ボンズ、役に立つ男!  

夏休み中の生活のリズムの整ったボンズ。

朝の内は家の前に出ることはあっても、
遠くへ(買い物とか公園とか)行こうと言わないので平和です。

着替えて、朝食の後は宿題というのも体得しているし、
そこまで終わった後でも、

「ママまだ朝ご飯食べてないよ」
「ここ片づけてから」
「まだお洗濯干してない」

と言えば、無理は言いません。


てか、最近は洗濯が終わるまで「行こう」とも言われません♪


昨日(一昨日だったかも)、午前中庭でぼけーっとしていたボンズをほったらかしにして、ちょっと一休み・・・とソファーで本を読んでいたら、


「あめだわぁ~」

と、リビングに面した窓から入ってきた。


「雨?!」


見ると、音もなくしとしとと雨が降り出したところ。


昼から雨って聞いたから、それまで干しておきたかったのにー!!


「きゃーーーー大変だーーーー」


と騒ぎながら庭に広げた洗濯ものを取り込んでいたら、

ボンズ君もせっせと手伝ってくれました♪


「いや~~~ありがとねーーーボンズ、
雨降ったら、お洗濯しまわないとねー。いや~~助かったわ~~~
ありがとーーー」


もうべた褒めですよ。


しかも、
後から気づいたんですけど、


「あめだわぁ」って戻ってきた時には、
真ん中ら辺に干してたはずの一番の大物、
タオルケットを持って入ってきてくれたんだね!


日々成長するボンズといて、おもしろいとかかわいいとかうれしいとかかわいいとか(あ、二回目だ)、
そういうことは思ったこと何度もあるけど、

「助かった!」
とか、
「使える!」
とか、「役に立つようになった」と思ったのは初めてかも^m^

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

2学期開始♪  

いっちば~ん長い2学期が始まりましたぁ♪♪♪

振り返ってみると、
吐くほどおそろしかった夏休みは順調に過ぎたと言ってもいいんじゃないでしょーかっ?!

家でプリント? ふざけるな!
と、宿題やらせようとしたら突き返された去年の夏休み・・・

始まりから終わりまでパニックの連続でした。

だよね、
いつの間にか長期休暇と言われ(終業式ダウンして休んでる)、
保育園育ちで1週間以上の長い休暇を知らないボンズが、
「大好きな」学校に「行けないよ」と言われ続けた日々。


今回は経験もあり、「あ、あれね」的に受け入れてくれたのか、
宿題をやってからじゃないと外に出られないことも理解し、

「今日はお買いもの行かない」
ってことも受け入れて、散財させられるのも最小限に抑えられたつもり。

その代り、「こうえん!」コールには全てお答えいたしました!!


でも、やっぱり学校が好き! なんでしょう。

「明日から学校だね」
と言うと、
「R君! Hちゃん! K君・・・」
と、クラスメイトの名前を挙げはじめました。

「R君いません、さよならしました。
Hちゃんに会えるね、
K君に会えるね」

「R君!!」

大好きなR君、転校しちゃったんだけど・・・
まだ「おやすみです」とか思ってたのかなぁ。


始業式の朝「あるくいこー」と言われ、
内心「ちっ」と思いましたが付き合いましたよ。

大急ぎで帰って来て(ドロドロになって)チビスケも登園。

いっつふりーたーいむ!!


ま、初日はあっという間に終わりましたが、
帰宅後、デイのないボンズは家の中でゴロゴロしたり、
テレビ見て笑い転げたり。

外に出ようって言わないな~と思っていたら、
コッコ姉ちゃんが友だちと家の裏で遊びはじめ、

それを見たチビスケが参戦・・・

さらにボンズも参戦。

あっちの公園についってったり、
そっちの公園で遊んだり、
家の裏で遊んだり。

そのままずっと外で遊んでました。

コッコ姉ちゃんのお友だちの女の子が、
優しそうなボンズ好みの子だったせいもあるかもしれません(笑)


子どもたちだけで遊べる日がくるのかも。。。

という、信じられないような、
夢を見ることもできましたよ。うんうん。

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

先の不安  

ボンズのクラスの懇談会がありました。



あ、ボンズは毎日張り切って学校に通っています。
懇談会で担任の先生にお会いしたら、
「ボンズ君手を洗うの上手になりましたね~」
と言われました。

は? って感じですけど、
指の根本を重ね合わせて、そりゃ~丁寧に洗うらしいです。


「暑いから水遊びの代わりなんじゃないですかね」

ってハハは思いましたが(笑)
先生にはべた褒めされました。


新学期早々担任が三日間の研修で不在。
四日目にボンズのお仕事であるお便りを取りに職員室に行ったら、
そこで約一か月ぶりに担任K先生と遭遇。

「あー!」

と言って、すぐに扉を閉めたそうです(笑)


二学期だー学校だーと登校して会ったのは、
昨年度担任だったN先生。

お迎えでN先生に会ったハハはべっくらこいたんですが、
ボンズはどうだったんでしょうね?

そしてその三日後に本来の担任K先生に会う。。。


よく混乱しなかったなぁ。。。



で、懇談会の話なんですが、
懇談会そのものは特に大きな議題はなく、
淡々と粛々と終わったんですよ。


前回、第一回の時はピリピリしていて「こえー(怖)、こえー」と思ってたんですが(このこと書いたかな?)って感じだったので、(担任の突然の変更に加え先の見えない状態で新学期がスタートしたのでみんな不安だったんだと思います)
とてもいいことなんですよね>淡々粛々


うちにとってはその後の、上の学年の(同じ特別支援学級の)お母さんたちとの立ち話がすごく有意義でした。

高学年のお母さんたち、1学期に行われた校区内の中学校の見学にいってきたんですよ。
うちも行きたい気持ちはあったんだけど、
ボンズの知能検査の日と同日で断念。


行った感想は、

「怖かった、暗かった、なんつーか小学校とは全然違う!」

っておびえて(?)らっしゃいました。

学力より体力、気力を育てて、
社会で働いて生きていく力を身に付けるのが主だそうで、
朝からランニング、二時間立ちっぱなしの作業。

いやそれだけじゃなく、

「厳しい!」

って感じたんだって。


以前他のお母さんが、

「うちの子はもう中学年だから、そろそろ厳しくしてもらいたい」

って言ってたの。
去年入学して、「やっほ~い、小学校生活気に入ってくれたみたいだぞー」と思ってる我が家とは視点が全然違って衝撃だったんだけど。

「プロフェッショナルな専門家」という前評判の男の先生が赴任されてきて、
ボンズクラスの担任になったんだけど、
初日にちらっとお会いしただけで体調不良で休職されてしまったんだけど(今年度中休職されると決定しました)、

その方が唯一の男の先生だったんだよね。

ボンズは女の先生の方が嬉しいだろうと思って、
個人的には「どうなるのか早くはっきりさせてほしい」と思ってるだけで、
特にその(男の)先生恋しくて・・・ってことはないんだけど・・・


でも今回「中学校は小学校の延長ではない」という意見を聞いて、
先を見越した準備は中学年から必要だなぁと再認識。


中学校に現在通っている子どもたちの様子とか、
(ここのお母さんたちほとんど同じ幼稚園からのお付き合いみたいで、
学年が違う子たちでも情報強いんだよねーっ)

今年(?)は普通学級から3人支援級に移ってきた、とか、
○○君は二年生に上がった時に養護(支援校)に移った、とか、

さらにその先の高校受験についてだとか。

「落ちたら○○とか××にある学校しかないんだよー!」
(車で4~5時間のところとか、7時間以上かかりそうなところとか)


高校は義務教育じゃない。
試験に落ちれば行き場がない。


ボンズに高校受験? 受験勉強?
いやいや、試験を受けるなんて無理でしょう!!
じゃどうすんのさ? 7年後にはもう「明日から行くところない」ってことになるわけ??


と、心の奥底でおびえていたハハ。

「いや、高等支援は学力じゃなく、体力とか心の強さで入るみたいだよ」

という話を聞いて、
「それならボンズにも望みが!!」

一方、
「アタシは学力って聞いたけど・・・」
って意見もあって脱力。。。
(要は受験する科によって違うらしいのね。
例えば、作業系は知的の子をメインに受け入れてるから学力が問題じゃない、とか)


考えれば考えるほど不安。
なら情報を・・・と見学に行ったり説明を聞いたらさらに不安になったり。


あーこういうことから逃れられないんだねぇ。


「不安。不安。
もーずっとこのままでいいのに。
ずっと小学生でいられないかな」


とつぶやいたお母さんの気持ちにハッとさせられました。

あーそういう気持ちになっちゃうよねぇ。

ボンズの多動がピークを越え、
最近駄々をこねても強めに「ダメ」で我慢できるようになり、

あー成長するってすばらしいと思っていたけど、

成長したらしたでまた別の不安が。


「高校出たら、、作業所?
だけどもらえるお金なんて数千円で、
手当を足しても生活なんてとてもできないから、
親がうんと貯金しなきゃいけないんだってー」


と聞いて、

「親の老後の貯金は?」

と聞いたら、

「そんなもんできないよねー」


ええええ???
まだ世の中そんな状態なのぉー?

って思いました。


こういうのって誰に言えばいいの?
うちの子将来どうなるんですか?
こういう風に聞いたんですけど本当ですか?
今後どのように変わっていきますか?
そのためにはどうしたらいいですか?
今からできることはどんなことですか?


「不安、不安ー」
とくり返していた、ちょっと上の学年のお母さんたち。
明日は我が身。


ホント、今からできることがあるならやっときたい。

目標は安心して死ぬこと。


親として安心して死ねる日まで、さぁ、どう過ごすべ?(汗)

スポンサーリンク


category: ハハのキモチ ~’14

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

登校したら中止  

ボンズが月初め(まだ夏休み中)から楽しみにしていた、
遠足の日がありました。

月間スケジュールにお弁当マーク付けるので、
ボンズも楽しみにしてたのさ。

前日におやつと敷物、タオルなどを入れ、
当日の朝お弁当と水筒を入れる・・・

んだけど、

ボンズ張り切りすぎて、水筒まで準備しちゃう。
お茶も腐るよね??

でも「明日ね!」ってとりあげようとしても「ぎゃおー」なので、
今回は行く直前に取り上げて、じゃーーーっと中身を捨てて、
「ぎゃおー」と言われながら、ざざざーーと洗って、
冷蔵庫保管してた新しい麦茶を入れて出発(笑)



そうそう、これってボンズが赤ちゃんだから??
ってところなんだけど、

朝、起きた時にハハがいないと大激怒。
ぎゃおーーーって泣きながらやってきて、
しばらく抱っこしてないと治まらないくらいパニックになります。


ついでにチビスケも。。。


自分だけ先に起きてお弁当を作ろう。
子どもたちはまだ寝かせておいて先に準備しちゃおう。


それってハハの愛なんですけどね?!!


毎回ぎゃおーーーと2人が号泣しながら起きてきて、
それからしばらく何もできなくなるので、

「もーーーうちが何悪いことしたってさ??!」
ってこっちもマジ切れするくらい、気分最悪の朝になる。


だったら寝てやるさ。


ついでに寝かしつけも必須なので、
夜はたいてい子どもたちと一緒に爆睡。

朝も一緒。


というわけで、睡眠時間だけは幼児~小学校低学年並みにしっかりと^m^


いつもそーっと起き出してみようと思うんだけど、
ハハがいなくなると途端にパッと目が覚めて「ねよ!」と言われるので、
なるべく動かないようにしてるんだけどさ、

今回久々にこっそり起きてみたら・・・

抜け出せた!

で、おにぎりと卵焼きを急いで作りました。


ボンズ、お弁当が嬉しくて楽しみで、
作ってるそばからすぐにしまってカバンに入れちゃうの。


「冷めてから!」
「まだ終わってない! 順番!」

って、
お弁当作りの時は叫びっぱなしorz


まだまだ食材が腐る心配があるから、
冷ましてからしまいたいよねぇ。


で、ボンズ、後から起きてきたんだけど、
今回号泣しませんでした!!


パパが寝室に入った時に目が覚めて「ママがいない!」って慌ててたらしいんだけど、
ひんひん鼻を鳴らしながら降りてきて、ぴと、っとくっついて・・・

泣きませんでした\(^o^)/

それどころか、おにぎりもおかずもすぐにしまえと言わず、
いつも通りの朝。

ハハが巾着を準備して、冷めたのを確認して蓋を閉めて、
ボンズに渡さずリュックに入れるところまでできました。


いやん、大人になったわねぇ♪


ついでにチビスケもぎゃおーーーと泣かずに起きてくることができるようになったので、
朝の変な修羅場が一つ消えました。

「いいじゃん、ハハの醍醐味♪」
なんて、
そんな気分には全くなれない号泣でしたからね。

「なんか悪いことしたかー?!!」
って逆ギレしてましたから、まじで。


今回は川遊びもあるので、
サンダルと着替えと虫よけスプレーも持ちます。。。


大きなリュック買わないと・・・・
いつも限界を感じていたトーマスのリュック。
敷物がでかいからか、タオルなんか入れたらパンパンで・・・


しかもボンズ、いつもは持たないサンダルをリュックに入れてるのが気に入らないらしく、
気が付くとサンダルが玄関にしまわれてるの。

いや玄関に持ってくのはエライけどさ、
「今日はいるのー」
「ちゃっぽんするんだよ、川だよ、アンタ入らないのか?」
と、さんざ戦って、

朝になってようやく「マジでこれ持ってくってか?」って感じで受け入れてくれたのに・・・



登校したら、クラスメイトのママから、

「今日中止だってねー」

とメールが(@_@;)

そのママ友の子は玄関で知りその場で泣いちゃったんだって。


その子で泣くなら・・・


ボンズ暴れてる??


あんなに苦労してサンダルと着替えリュックに詰めたのになー。


ボンズいつもは水筒を持って歩くくせに、
今回に限ってリュックに入れてこうとするのを、
「サンダル入らないから水筒は持って」
って説得したんだけど・・・


「川でチャッポンなら持ってくか」
って気持ちに切り替わったんだろうに・・・


中止かよー。



でも、ボンズの遠足初の中止。
どんなふうになってるのか想像つかない。

ただの支援級遠足なら行けたな、っていう天気でした。

だけど他校の支援級との合同イベントだったし、
川が増水してたら? とか、もろもろの心配を考えると中止やむなし、なんだけどね。


前日に「先生あした行けるの? 中止になったらおやつは学校で食べれるの?」って聞いたら、「検討中です」って返答だったんだけど、

結局学校でおやつを食べれたらしく、
そのせいなのかボンズも早々に「遠足には行けない」ことを理解したのか、
落ち着いてプリントだの、通常のお勉強をこなしてたらしいです。


意外。

その後のデイでも「あ、今日行けなかったんですか? 来た時から普通でしたよ」って言われたし、帰宅後も何事もなかったかのよう。


「えんそく!」っていうより、「おべんとん」が好きなのかな。

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

弟も理解者?  

最近、弟チビスケ(5才)との喧嘩が激しいです。
毎日やってると言ってもいいくらいです。


きっかけは、おもちゃを取ったとか取られたとか?
叩いた、叩いてないとか?
俺の邪魔をした、しないとか?


瞬間を見てないのでよくわからないことが多いです(^^;


が、始まるとものすごい騒ぎになるのですぐわかります。


最初は「チビスケの身の危険」を感じて止めたりしてたんですが、
今はもう止めません。

ってか、チビスケ止めますね。

チビ、ボンズに噛みついたりひっかいたりつねったりと、
ボンズをぼろぼろにしちゃうんですよっ!!


先日は風呂の中で勃発しまして、
2人が湯船の中で取っ組み合い。

あーー溺れる前にやめなさいよぉーと思いつつ放置(えぇほっときます、声もかけません)。

ボンズの腕がみみずばれ、まっかっか。
しかも反対の腕に古くなったと思われる指のあとのアザ? 発見。


「チビ! やめなさい! 見なさい兄ちゃんの腕! 真っ赤っかでしょー!!」

ボンズを抱えてチビスケに叱責しましたよ。


ボンズは絶対やりかえさないんだ。
つねるとか、ひっかくとか、噛みつくとか。

チビスケはやりますけど。

チビにやられても、泣いて耐えてるだけで、やり返さないの。

ただ、叩きます。
叩くと言っても、「タッチ♪」って感じです。

本人たちにとっては、喧嘩の最中も「タッチ♪」したかどうかが大問題らしくって、
自分が最後! にならないとやめません。(あほくさ)


それでヒートアップして、悔しくなったチビスケは凶暴な手段に出る・・・
ので、
結果として上の子をかばう構図になってます(^^;


ハハはキョウダイ喧嘩は基本的に放置です。これは主義です。
キョウダイ喧嘩なんて避けては通れないでしょ。
キョウダイいたら絶対やるでしょ。
いちいち親が大騒ぎしてたら、騒ぎがでかくなるだけです。

知らん顔してた方が早く終息します。
根拠となるデータはとってませんけど(笑)

せっかく「痛み」やら「仲直りしたいキモチ」を経験できるチャンスがあるっていうのに、やらせないのはもったいないくらいです>キョウダイ喧嘩


・・・その代り、対世間には、これ以上ないくらい日々ビクビクしてますからね(^^;

どっちも我が子の場合は放置もありでしょ。


とか言いつつ、チビスケは乱暴だし(兄ちゃん怖くて勝てないから暴力に出るんですけど)、
ボンズも「やられた! やり返す!」って気持ちを助長することになったらどうしよう? という心配はありますけど。

とにかく、キョウダイ喧嘩は放置! という名の観察してます。



これからキョウダイ喧嘩も激しくなるんだろうな~。
ずっとこうなのかなー。
この2人は仲良く育っていくのかな???
いろんな意味で心配だったのですが、


ある日、姉ちゃんが習い事でいない時間に、
ボンズが「マリオカート」(Wii)をやりたいと言い出しました。


ハハは後片付けやら翌日の準備があるので「やだよ」と言うと、
ボンズはキョロキョロして・・・

「チビ・・・」

と、声をかけました。


おお。
ボンズもチビが使えることに気づいたか!


するとチビスケも魅力的に感じたのか、
「マリオカートやるの? いいよ、チビもやる!」
とセッティング開始。

ハハもいそいそと準備を手伝ったくらいにして(笑)


で、ゲーム開始。
11位対12位のレースをくり返しています(笑)


で、コースを選ぶ時になると、

ボンズ「うみ」

チビスケ「海? こっち? こっち?」

ボンズ「うみ、こっち」

チビスケ「こっちね」

ボンズ「ゆき」

チビスケ「雪? 雪行きたいの? これ終わってからね、順番」


チビスケがボンズの言葉を理解して応じてやってるんですよーーー!!

ボンズが「こわい」と言ったら、
「あーオバケのところね?」と理解できるし(ふつーわからんでしょ!)、


ボンズも、言葉で何ていっていいかわからない場面に行きたくなると、
「これ」とテレビの前まで行って画面を指さし。

「チビ~、兄ちゃんカメの甲羅のとこ行きたいってー」
ハハが時々通訳(?)として参戦。


チビスケが「ボンズ、これ? こっち?」と確認。


いやーーー兄、弟逆転状態ですけど、
チビもしっかり対応してるじゃないですかー。


時々「どうして兄ちゃんだけ?」と不満そうな顔をしているのを見ているので、
(その不満を伝えるだけのスキルがまだないので言わないだけと思われます)

チビスケも「どうして兄ちゃんはこうなんだ?」という気持ちはあるように見えます。


コッコのことは「おねえちゃん」と呼ぶのに、
ボンズのことは絶対お兄ちゃんと呼びません。
お姉ちゃんに怒られても、ボンズのことをボンズと呼びます。


これって結構チビスケの心理を表してるんだと思うなー。

スポンサーリンク


category: キョウダイ

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

屈伸  

ボンズが火曜日の放課後から突然深くしゃがみこむようになりました。

その日はハハのお迎えの日で、玄関で「おかえりー」というと、
その場で深くしゃがみこみ、立ち上がり・・・

今のなに?
屈伸?

状態。


それからもしつこくしゃがんでは立ち上がり、「今のナニ?」状態が続きました。


そういや姉ちゃんもやってたなー!!!


一緒に歩いていたら、突然目の前でしゃがみ、すぐ立ち上がる。
ちょっとよそ見なんてしようものなら、
姉ちゃんに躓いて転びそうになります。


それもものすごく激しく、しつこく、そりゃ~もう見た目もカッコ悪いし、
危なくってイライラしてました。

「やめなって」
「わかった」

という不毛な会話を延々・・・数年はやってましたかねぇ。

チックの一種(オリジナル?)らしいです。
クセを通り越して、本人は無意識だし、やらずにはいられないし、
言えば言うほど意識してやっちゃう感じ?


ボンズがやり始めて、
「あ、そういや姉ちゃんやってないね?」
ってことに気づいたくらいです(すまん、娘)。


ハハにしては「火曜日から突然」なんですが、
連絡ノートに書いたら、「学校ではしょっちゅう」だそうです。

そしてやっぱり、後ろから歩いている人が危ない。

そうなのよねぇ。


姉ちゃんの時の経験を踏まえ、「なにそれ?」とか「やめなさい」とか一切リアクションしないようにしてみました。
やっぱりチック? なら、きっとどこかにストレスかかってるんだろう・・・

デイに行ったらいきなり「おやしゅみー」って布団出して寝てるらしいし、
お疲れなのかなー、とか。


各デイサービス(二ヶ所)にもノートで連絡したので、
誰もツッコミません。


でも一昨日あたり大分減ったな~と思ってホッとしてましたが、
昨日はやたら目につきました。

今日(土曜日)は朝から一切外に出ようとせず、
DVD観たり、ゲームしたり家の中でまったり過ごしてました。
(そして今はデイに行ってるのでPC開いてます♪)

昨日のデイでは1回見ましたが、ほとんどやらないですよって言われました。


このまんま消えて欲しいなー。


最近「ストレス?」&「体調悪化」サインであるじんましんが全く出ないし、
便通もやたら順調だし、体調いいと思ってたんだけどなー。

チックってことは何か「キテ」るんだよね・・・

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント