自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

『自分を愛する力 』乙武洋匡  

言わずと知れた『五体不満足』の著者乙武洋匡さんの、
「自己肯定感」をテーマとした本を読みました。


同じ「障害者」と言っても、
うちのボンズと乙武さんではジャンルがまるで違います。

なので、「参考に」というより、
「五体不満足」「だいじょうぶ3組」と続けて読んで、
さらにテーマが「自己肯定感」だったので、

子どもたち・・・
特にコッコ(ボンズの姉、11才)に対して「自己肯定感を育ててあげられているか、むしろ破壊している?」と常日頃不安なために食いついた、という感じです。


読んでみて、非常~~~に読みやすく、
しかも全文アンダーライン必須(笑)なくらい、
易しくて、大事な文章満載でした。


乙武さんが「息子」という立場から振り返った第1章では、
乙武さんのご両親がいかにすばらしい人だったか、
またすばらしい教師に出会えたかが書かれています。


生後1か月後にしてようやく出会えたお母さんが、
いきなり愛情全開だったこと。

「おはよう。今日も愛しているぜ!」と朝の挨拶をする、
昭和16年生まれのお父さん。

このベースがあって、この乙武さんの人生はこうして順風満帆に(傍目には)歩んでこられたのだなと納得です。

そしてお母さんの、「周囲に障害を隠さない生活」に対する考え方は、
非常~~~に納得と親近感を覚えます。

ベビーカーに息子を乗せていると、
すれ違う人がみんなすごい視線・・・だから、
遠くに行く時は義手、義足をつけて、

近所を歩く時は、そのままの姿で過ごすという方法を選ばれた心境は、
障害のジャンルが違っても、「なるほど」と思えます。

でも、勇気がいるんですよねぇ。
周囲の視線に耐えるのって、一朝一夕でできることじゃない。

さらにどうして「褒めて育てる」ことを、
昔から一貫して通してこられたのか? という乙武さん本人の問いに対する、
お母さんの「それはあなたが障害者だったからかもしれない」という気持ちも、
思わず、
「わかる!!」
と、うなりそうでした。


最初からできないことがベース。
なので、ちょっとでもできるようになると「べた褒め」な状況・・・になっちゃうんですよねー。
うちのボンズが褒められまくっていて、
反対にもっといろんなことができる姉ちゃんに対して褒められることが少ないのは、
そういうことなのよ~~~~と、

反省を込めて納得しました(^^;


第2章では、乙武さんが教師として子どもたちに「自分で考える」「成功体験をつませる」ことに徹した経験談が書かれていて、これもすばらしい姿勢だと思いました。

その場だけ、
もしかしたら1年だけの付き合いかもしれない生徒たち。
生徒が「嫌だ」と言えば、「そっか」とスルーしてしまうこともできるのに、
それをしないのは、教師の愛情なのです。
それがたとえ子どもにとって厳しい、つらい経験であったとしても。
これも、乙武さんの実体験から生まれた確信なんですね。


第3章で初めて乙武さんの弱音が吐かれています。
五体不満足で生まれたことにネガティブになったことのない彼が、
教師になって、父親になって初めて、
「自分に手足があったら」
と落ち込み、そしてそれは掛ける言葉の見つからないほどのつらさとなって記されています。


そしたら、奥様がこれまたすばらしい人でしたね。
五体満足なお父さんだって、育児にそんなに手を出してるわけじゃないみたいよ?
と、おっしゃるんですよ。


お父さんの役割って、授乳やおむつ替え、沐浴ばっかりじゃないんですよね。
生きる背中を見せて、
例え言葉は多くなくても、
子どもって親の姿をじーっと見てますから、
きっと、お仕事をして、帰ってきて話を聞いてくれるだけで、
そして子守唄を歌ってくれるだけで(笑)←なぜ笑うかは本文で

子どもはお父さんのありがたみとか素晴らしさを実感できるんだと思います。

うちも「お父さんは家庭でどうすべき、どういう存在なのか」はわかりません。
だけど、乙武さんのように、オムツをいかに換えたか、何回お風呂に入れたか、だけじゃない「父親にしかできない」育児ってあるんだろうな~と思いました。

その証拠に、息子さんたちがとてもいい感じで育ってます。



・・・書き出したら止まらなくなって、
ネタばれの連続しそうなのでやめときますが(笑)


うちの好きな(読みやすい)文庫で、
非常に読みやすく、しかも読み返したくなる一冊でした。
まだ読んでない方には、ぜひともおすすめしたくなる一冊(久々!)でした♪


自分を愛する力 (講談社現代新書)自分を愛する力 (講談社現代新書)
(2013/03/15)
乙武洋匡

商品詳細を見る

スポンサーリンク


category: うちの本棚

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 7

言葉増えたわぁ~!  

新年度となりましたので、カテゴリ「2年生」に書きますが・・・
いや~退学にもならず(追い出されると思ってた1年前)、
無事に二年生に進級ですよ。

「春休みが終わったらここにきてね」
と、先生方がおっしゃってた教室が、
「また未定になりました」
って言ってたけど・・・

春から大荒れかなぁ(^^;


さて。


春休み中のボンズ君、浮き沈み(というより、ご機嫌かパニックかで「沈」はないんですけど)が激しいかな? という節はありますが、概ね順調です。

それより、毎日一緒にいるハハがびっくりなくらい、
やたらと発語があります。


「おいで」
「おかわり」
「ふきふき」(手拭タオル)
「おかいもん、いこ」
「ぽてと、いこー」
という、

相変わらず要求ばっかではありますが(笑)

すごいのは「タイムリー」に出てくるということ!

先日は、バアバと寝てたボンズが先に起きて、
2階で寝ていたハハのところへやってきて、


「まま、おきて、あさだよ、おきるよー」
と言ったこと!

「起きて朝だよ」
って、しつこく聞かされた言葉じゃないですからね!

ボンズがボンズのコトバンクに、理解してためておいた言葉が、
突然引き出された! 状態ですよね。


そりゃ~、「ハイ!」って起きましたけど(笑)


それ以外にも「タイムリー」で「合ってる!」発語が多く、
やたらしゃべってるのがびっくりです。


朝ごはん何にする~?
なんて軽い気持ちで聞いたら、
(本当はご飯? パン? とか答えやすいように聞かないとダメ)

「・・・おににり」

とか答えられて、聞いたこっちがびっくりします。
聞かれたことに答えるなんて高度ですよね!



時々聞き取れない言葉があって、
どうしても知りたくてくり返し聞くんですが、
それってボンズにとっても気分のいいことじゃないですよねぇ。
(でも知りたい)


そして、一番助かるのが、「名指し」してくれるようになったこと!


「まま! ねよう!」
「まま、おいで」
「ぱぱ、おいで」
「ばば、おいで」
誰を呼んでるのかわかるのがありがたいし、便利(お互いに)。

しつこく呼んでも来ないと、

「おいでーよぉ~」

と付くのもラブリィ♪


ママチャージはもちろんですが、
「ママご指名」なことが増えてきて、
ママっ子熱ヒートアップ? 状態です。

寝る時はもちろん、
学校に行くのも、下の世話も、

「ママじゃなきゃダメ」

っていう場面が増えてきて、しかも露骨です。
パパやバアバがどんだけ「自分と」って食い下がっても、
ボンズは却下です。

シモベ冥利に尽きるってもんです。


が、今頃になって「ハハを覚えた?」とか、
「今頃ママは大事とわかった?」とか、
そんなところなんでしょうかねぇ(^^;


デイの行先が変わったり、なくなったり、時間が変更になったり、
この春休み中も密かに混乱中なんですが、
ボンズもわかってないなりに、

「くーまいこ」
って確認したり、
(車で下見に行ったので、明日も車だよね? って聞きたかったらしい)

「きゅうしょくありませーーん」
としつこく連呼してたり、(給食なくなったんだ、デイでは)

理解しようとしてるんだな~~~
って感じです。


来週からいよいよ小学校2年生の部が始まります。
ボンズ、今からランドセルの準備して、
背負ったままご飯食べたり、鏡に姿を映したり、
「ランドセル~~」連呼したりしてます。


そんなに小学校に行きたいんだね~・・・



ハハも早く行って欲しいよぉ~♪

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

春休みの子どもたち劇場  

突然始まったボンズ劇場。
昼食後、座っていた食卓のベンチシートを引きずり、
スケジュールボードの前へ。

椅子という椅子をその脇に集め、


「きょーの、あつわいわ・・・」(今日の集まりは・・・)

スナックタイム

どうやら学校ごっこらしいです。(集まり・・・はデイだけど)

「てをぱっちん☆ それではみなさんいたーだきます」
(おやつを前にすると、いったんその場を離れてテーブルを見渡しながら)


「おかわり、いーですか?」
等々もあります(笑)



早く学校行きたいんだね~。




別の日の夕食時はこの状態。

学校ごっこ
ランドセルの中身を詰めだしたかと思うと、
背負ったまま夕飯食べようとしてます。。。


ちなみに、お盆を使っているのは給食ごっこだと思われます。
しばらく続くブームに、チビも影響されお盆で。

今じゃ、ボンズが2人分のお盆を用意して、食事。

・・・なぜか夕食限定ですけど(謎)

背後のピンクのDSは充電中(いまわしのDS)。
コーヒーカップでお茶を飲むのもブームで、
それ見たチビスケが影響され伝染中・・・





まだ春遠いこちらでは、
大人たちが必死で雪割り、氷割りしております。

ウッドデッキはボンズ(と犬)のために設置したようなものなので、
(ボンズの光合成用)

ハハ、必死で雪をかきだし、氷を割り、
日を当て乾かし、犬も出られるようになりました。

・・・途端に、ウッドデッキでのおやつタイム開始のボンズ、と、チビスケ。

ランドセルで夕食
背景の白いものは、

雪です。当然。

どんだけ寒い中食ってるんだ? と・・・






最後に姉ちゃんの愛劇場。

見張り姉ちゃん1
何やらウッドデッキで、棒を片手に仁王立ちの姉ちゃん。


見張り姉ちゃん2
理由は、朝食後のデザート(バナナ)を、
いきなりボンズがウッドデッキで食べようとし始めたから。


「ボンズ! カラスに取られてもしらないよ!
カラスに襲われても助けてあげないよ!
バナナ取られちゃうからね!!!」


どんだけ脅してもやめようとしないボンズに、
あきらめて姉ちゃんが「警備」に乗り出したのでした(笑)



そんな姉ちゃんに、ボンズは・・・

見張り姉ちゃん3
 「姉ちゃんバナナの皮、捨ててきて」 



愛は伝わってない模様(笑)

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

本人の前でなんと説明しろと?  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

2年生初日  

担任は変わるし(後任は赴任してくる方なので面識なし)
教室変わるし、(変わらない予定だったんですが、春休み中に決定)

なにより、

月曜日が始業式で、
火曜日が「初」6時間授業。。。


ボンズが心待ちにしている新学期ですが、
母は心配てんこもり。


「教室3階だってよー」
「もうN先生いないんだよー」
「2年生は6時間の日があるんだよ」


耳元でえんえんつぶやいていたら、
せっかく「学校が楽しみー」って思ってるボンズが、
なんか不安定になってきた気がしてやめたんですが(笑)



そんな始業日がやってきました。

しかもハハ、交差点で旗持ちするボランティア志願しておりまして、
朝の登校はバアバに頼みました(こじまる実母)。

交差点でハハが立っていて、
しかもその後の着任式(ボンズの担任見たさ)に現れる、
しかもしかも、
「バアバと行きなさいね」
って予告もなくハハ消えました。

どうなの。
ボンズにとって過酷すぎる朝?


しかもしかもしかーも(しつこい)!!

コッコ姉ちゃん昨夜も足痛い~歩けない~と大騒ぎで、
6年生初日から欠席決定。
「姉ちゃん、いこ」
っつってんのに、自分だけ学校っていうスタートだし。



ま、いつものことながら、
心配なことだらけだったのですが、
ボンズの方がたくましくって、一応無事に帰ってきました。


朝、信号でボンズ待ち・・・いや、
登校する児童たちの安全を見守っていたら、
「ボンズこねーじゃん」

あらかた通過したので解散~♪ と言われて、
自宅への道を歩いていたら、上靴をバアバに持たせてボンズが嬉しそう~に登場。
(ついでにチビもまだ春休み中なので)


「遅いね~~~」
といちゃいちゃしながら学校へ(時間的には間に合ってるんですよ)


始業式、着任式と見守っていたら、
ボンズ時々雄叫びを上げて立ち上がったりしてましたが、
ずっと「その場」にはいられました。


そして、
「いぇ~い」と挨拶された男性教諭(着任)がいらして、
「まさか?」と思っていたら、そのまさか(笑)


その後、全クラスの担任発表があり、
ボンズのクラスの担任には、その男性(中年?)のベテラン(とN先生はおっしゃってました)がボンズの前へ。

ボンズの様子は? と言うと、
いきなり先生の膝に座り・・・・


「えぇぇ??」

と思っていたら、一瞬で離れましたが。


「いきなり?」
野生の勘で、こいつは安全! とでも思ったのか?

それとも、
「こいつ使えるか?」
と、試しに行ったのか?(笑)


なんだったのかわかりませんが、
N先生はもういないことは理解できたのかなー、と、
担任に関する心配はこの時消えました。


いつまでもN先生恋しがってるのは、ハハの方かもしれません。。。


今日は、以前の教室に登校したのですが(こちらも支援級)、
その後、新たに支援級に改造された教室に行って写真を撮りました。

ハハ的には(この後天性自閉症とも言えるハハが)こっちの方が気持ちいいし、
落ち着けるし、
「場所が違う」ってことを除けば、ボンズ気に入るんじゃないかなーと思えましたよ。


問題は、明日いきなり6時間。
5時間目が終わったら絶対帰りたがると思うんですが、
(ボンズ時計は読めません、ってか、興味ないのですが体内時計がすばらしく精巧なので)

ここさえクリアできたら、
心配はほとんど消えたと言ってもいいくらいの初日でした。


ボンズも、この数時間の登校でお疲れなのか、
帰宅後押入れに入り込んでまったりしてました。


そう、その帰りもハハ迎えに行けなかったんですよ。
いつもハハが車でお迎え、なのに、
コッコ姉ちゃんを総合病院に連れてったので(この話はまたいずれ)、
お昼下校に間に合わなかったんです。


こんだけイレギュラー続きに付き合ってくれるんだから、
時計が読めないくらい我慢するしかないですよね?(笑)

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

最初が肝心  

火曜日、通常登校日初日のボンズ。
パパが休みだったので、チビスケ(年長)の見送りを任せて、
ハハがボンズを教室まで送ることにしました。


だって、最初が肝心でしょう。
前と同じ教室に登校して、訂正・・・となったら、
それをくり返し、その都度泣かせることになりそうで。


前の晩から、用意した教室の入り口と中の写真を見せて、
「2年生になったね、教室こっちだからね」。

朝も家を出る前に、
「教室こっちだからね」。

そして、玄関を入ったところで、
「こっちだからね」。


そして、階段を上がる間も、背後霊のようにまとわりつき写真片手に、
「もうひとつ上がるよ~~3階、3階」
と、追い立て(以前は2階)無事に3階までスムーズに上がりました!

でも、そのまま支援級を通過しそうになったので、
慌てて呼び戻す(^^;


後で先生に聞いたら、昨日はこちらの教室に来ることができず、
正真正銘今日が初だったそうで。


いぶかしげ~~~に中に入り、
「なっとくいかねー」顔をしているボンズ。


「ほら、ボンズの机と椅子あったね」
と、指さすハハ。
ボンズの椅子の背には、ボンズの顔写真が貼ってあるの。


それでも納得いかね~感たっぷりなので、

「あ、ここがボンズの棚だね」
と、持ってきた荷物を全部入れました。


着替え、お道具箱、鍵盤ハーモニカ、その他。
早く自分の物をおけた方が、

「ここが自分の場所」
と、思ってくれるんじゃないかと思って、
自転車に詰め込んで持ってきました。


・・・棚、名前があるだけで、
その名前の上なのか下なのかもわからず・・・
ってか、ボンズ字が読めないんだってば(^^;
とか思いながら。


ボンズも納得いかないまま、
「ここにランドセルかな?」
って感じで、荷物を置きはじめました。


そして、連絡袋を手にウロウロ・・・
あ、連絡ノート置き場がないねぇ(^^;


そうこうしているうちに、新担任の先生がやってきたのでご挨拶。


ボンズは入口に立って、

「R君・・・」

と、つぶやきました。


ボンズが教室一番乗りで、
その後、新担任の先生。
その後やってきたのが新一年生。

R君さえ来てくれれば・・・って感じかな。


「R君まだかなー」(っつーかまだ早い時間なのよねぇ)


そのうち、K君、Hちゃんがやってきて、
その後すぐにR君も登校。

ようやくボンズが嬉しそうに飛び跳ね、
自分の席に着くことができました。


ボンズのお気に入りの、「モンスターズインク」「あっちゃんあがつく」「にんたま」の絵本は、しっかり新教室に移動されていましたので、ボンズはそれらを集めて自分の机の上にセット。
いつもの朝の流れに乗れましたね~~~。


昨日、一年生の時の担任N先生がいなかったのに、
なんだかいつもと様子が違ったはずなのに、
朝はハハが追いつけないほど(っていうか、ハハと登校って意識ないよね? ってくらい一人で走って学校に向かうのを、ハハが自転車を押して追いかける構図)


今日も姉ちゃんは欠席で、
でも昨日も姉ちゃんは休んだので、
朝は姉ちゃんが家にいてもスムーズに家を出られましたねぇ。


どんだけ学校好きなの?!



帰りは、パパが車で迎えにくるからね、と告知。
そして、「初」6時間授業が終わった時間にパパに迎えに行ってもらい、無事帰宅。


後で聞いたら、「6時間目はすんなり受け入れたようだ」と先生から聞いたそうです。
「ただ、(支援級みんなだけど)お疲れですね」
って。

そっか。頑張ったから疲れちゃうよね。


そして、帰宅した家で待っていたのは、ハハのお友だち親子(^^;


以前住んでいたマチで、療育施設で出会った療育ママ友だち。
こちらのマチの病院に通ってるので、半年~1年に一度寄ってくれるのよ。

でも、ボンズは保育園だったり、
小学校に上がってデイに行ったりで、
ボンズの同級生も一緒なんだけど、会ったことなかったの。


「覚えてるかなー。覚えてないよね」
だいたい、子どもに目が向くようになったのって、
ここ1~2年のことだしねぇ(^^;


でも、気のせいか、「居心地良さそうに」並んで座る瞬間とかあって、
覚えてる、覚えてないじゃなくて、「気楽な」感じでいられたのかなと思いました。


っつーか、
こんな大変な時期にイレギュラーな目に合わせてごめんね、って感じ(^^;


夜は、荒れました。

マリオ持って、マリオがミスしたと言っては号泣。

新しいマリオソフトにしたら、接触不良が解消されて、
ちゃんとデータが残るようになったから、
土日にラストステージまで進んでセーブしているから、
今は行きたい場面に行って、「クリアする!」快感をくり返し得られるはずなのに・・・


ボンズが不調だと、
マリオも不調で(笑)


泣いて、泣いて、風呂に入れるタイミングがつかめず。


ボンズも気持ちよく終わりたいのに、
気持ちよく終わることができないんだよね~。
ダメだねぇマリオ(笑)


2人で風呂に入ったら、べったべたの甘えん坊ボンズ。
ふと、今まで学校にいる間は、N先生に甘えてチャージしてたの(だろう)に、
これからどうするんだろ? と思いました。


学校行く前、帰ってきた後にハハにベタベタするのは、
「ママチャージ」だと思うんです。

学校にいる間、N先生にベタベタしてたのも、
そういうことなんだと。。。


だけど今度の先生、男の先生です。
しかも、決して若いとは言えません。
ボンズ、パパにはベタベタ、あんまりしないんだよねぇ。
まぁ、パパがいる時にはママがいるから、ママで済ますんだろうしねぇ。

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

画伯誕生  

この三日間、ボンズがお絵かきにハマっています!!
絵を描いたことはあるけど、それはあくまで「描かされている」感たっぷりで、

「顔? 先生が描けっていうなら、ハイハイ」

って感じで、自ら喜んですることじゃなかったんです。


それが火曜日から、突然、ものすごい勢いでお絵かきにはまり、
「作品を持って帰ります」
って言われて、ハハは目がテン。


でも見たら、すごいんです!

作品1

これは、誰が、どう見ても、
トーマス、アニー、クララベル、でしょう!!!

クレヨンの色まで変えてる!

本人も気に入ってるらしく、
帰宅後すぐにランドセルから出して、これは一番に飾ってました。


作品3

こちらは束にして放置されてるので、
駄作だと思われます。
でも、トーマスシリーズを描こうとしているのはすぐにわかりました。


作品2

これは、「あっちーよ」(熱いよ)と言いながら見せてくれたので、
たぶん、最近見ていたクレヨンしんちゃんの映画、「三分ぽっきり大活劇」の場面だと思われます。

この傑作も、すぐに貼り出されましたが、
ここにあるのは失敗作? だと思われます。



そして昨日からハマりだしたのが、

作品4

「みじゅ」
とか言ってるので、水辺、山、お花畑? などの、
風景画だと思われます。

プラレールの橋脚(?)などと並べて、
情景として並べて楽しんでるんですよ!!


作品5’


それらの傑作(?)がスケジュールボードのところに掲載され、
失敗作は脇に積まれているのですが・・・・


傑作と駄作の差がわかりません(爆)


学校でも、デイでもお絵かきに取りつかれたように夢中で、
DSマリオ熱がやや収まってきました。

ということは、家での大絶叫、大号泣、大暴れがおさまってきたということですよ。
マリオ熱より、お絵かき熱の方が大歓迎。


ただ、学校では、
「算数の時間だよ」
と言われてもお絵かきをしようとするので、

「昨日も戦いました。今日も戦います」

と報告されましたけど(笑)


ボンズがお絵かきにハマるなんてね~・・・・



そうそう、担任の先生が腰を痛めてお休みしているそう。
去年から補助に入ってくれている男の先生と、
赴任されてきたばかりの女の先生(新任)が入ってくれているそうですが、


ボンズ、新しい(本来の)担任の先生覚えてるかな(^^;
補助に入ってくれているN先生♂を担任だと思ってしまわないかな・・・

スポンサーリンク


category: 画伯の作品

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

どうもありがとう、おやすみなさい  

もう2週間くらいになるのですが、
夜寝る時になると必ず、

「どーもあぃあとー、おやすみぃさーい」

と言います。


最初は、何のセリフだろう?(どこかで見たテレビ?)
何のマネだろう?
と、必死で記憶をたどりましたが・・・わからん。


次に、
「もしかしてボンズから湧き出てきた言葉?」
と、思いました。

今日という一日に感謝して、そしてベッドでママと眠れる幸せに感謝して・・・っていう意味かな、と。


・・・ぷっ。


いや、結局のところわからないんですが、
ずーっと続いていたんです。


そして、新学期が始まり大荒れとなりました。
学校では頑張ってます。

担任が変わったことも、
教室が変わったことも、
6時間授業の日ができたことも、
新しい事業所に通うことになったことも、

それぞれ、あっさり(?)受け入れてくれました。

きっと、その分家で疲れが出てたんでしょうね。


もし、日々に不満があって、「くっそー」って気持ちで眠るのなら、
あの言葉は消えるかな、と。


そしたら消えませんね、昨夜も言ってました。
「どうもーありがとうー。おやすみなさーい」
ンなこと言う子は他にいないし(親も言いませんが・・・)、
一体どこからやってきたんでしょうね。


そんな変化の春を迎えたボンズ、
落ち着きました!

一昨日から、マリオがらみで大暴れしないし、
ぎゃん泣きから逃れるために早寝しよう! なんて必死にならずに済みます。
(寝るのは嬉しいのでDSもすんなりやめてくれる)


帰宅後は、占拠しているリビング脇の和室の片隅で、
カーズワールドを広げていたり、
DSマリオを開きながら、BGMだけ聞いていたり、
絵本を広げていたり、
まずはクールダウンしているようです。賢い!!


昨日もマリオはやったけど、悔しがり方が軽く、
「あー落ち着いたんだな」
って、確信しました。

大暴れの春となって、どうなることかと思いましたが、
終わってみたら、あっさり・・・というか、展開が早いくらい!


学校でもお絵かきブームで、
「ボンズ君いまは算数だよ、算数やろう」
と言われても、全く耳に入らない様子で、
ものすごい集中してお絵かきしていた・・・らしいのですが、


昨日は「朝から一枚も描きませんでした」と。

はて?

学校で描いた絵をデイでも広げてみたり、
さらに作品を増やし、
帰宅後もコピー用紙を大量に確保し量産してたかと思いきや、
「作品」の手直しをしてたくらいなのに。


ハハも張り切ってお絵かき帳三冊セットと、
水で落とせるクレヨン買ってきたのに!!(笑)


学校ではDSマリオないから、
お絵かきという逃げ道を見つけたのかなあ?
そして、それすら必要なくなったのかなぁ?

まだちょっとわからないんですが、
ひとつ心配なのは、担任が赴任してそうそう頑張り過ぎたのか、
ずっとお休みしているらしいことです。

ボンズ、たぶん初日はほとんど目に入ってないだろうし、
二クラス合同で過ごしているし、

始業式翌日に、本来の教室に登校してご対面したっきり、
たぶん、その翌日からお休みしてらっしゃるんで、
ボンズ、絶対担任の顔覚えてないです(ハハもですが・・・)。


補助に入ってくれているN♂先生は、
ボンズ入学当時からずっと補助に入ってくれている教務の先生で、
お楽しみ会ではサンタクロースになってくれていた先生です(笑)

ボンズはN♂先生をしっかり覚えていると思うので、
「あ、N♂先生が担任になったのか」
と思って、落ち着いたのなら、
本来の担任の先生が復帰されてから、またさざなみ程度に乱れるかもしれませんね。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

マリオカートデビュー  

DSマリオでぎゃおぎゃおがおさまったと思ったら、
昨日の日曜日、急にWiiマリオをやりたくなったようです。

が、
なぜか見当たらないソフト・・・

ボンズはぎゃおぎゃおだし、
でも、ケースごとないし。

ボンズ、ナイスフォローでWii本体の取り出しボタンを押しましたが、
中にも入ってなかったんだよね~。


「こっちで我慢して」
と、マリオカートの準備をし始めたら、

ボンズの弟チビスケ(5才)が張り切りだした。


ボンズ、マリオカートを見るのは好きで、
自分も一緒になってハンドルを持つんだけど、
操作できないの。
ゲームセンターみたいにハンドルが固定されてたら、やれるんだけどね~。

手取り足取り一緒にやってみても、
やっぱり「画面を見る」に集中しちゃって、手がお留守。

姉ちゃんがやる時には二画面にして、
一応ボンズも準備はしてあるんだけど、
動かないので万年最下位・・・
が、本人は楽しそう。


しかし、
昨日突然、操作できるようになったんですよ!!

しかも、ボンズ、武器を投げたりっていう操作もできるの・・・なんで?!!

ボンズとチビスケならいい勝負で、
2人で最下位争いしてたので、
その間にご飯支度やら風呂掃除やらできて大助かり!!
(姉ちゃんは足の痛みのために二階で寝てます・・・この日で3日目)


マリオカート中の2人
お遊戯にしか見えない、チビのハンドルさばき。


ところが、ボンズの方が先にゴールするようになり(11位で・笑)
チビスケが大癇癪魔王に。


「もうボンズなんてお兄ちゃんじゃない!」
「もうボンズと遊んでやらないからね!!」
「もうボンズなんて家族じゃない!」
「チビはこんなのやりたくないんだ」


って、
なつかしーセリフ(姉ちゃん)のオンパレード(笑)


チビスケ、癇癪魔王になる暇ありませんでしたから、
このまま思春期迎えたら怖いなと思ってました。


ボンズは一人でもすっかり楽しむようになり、
新しい楽しみを見つけてくれて良かった。
DSより画面から目が離れている分安心だしね。

しかしボンズの前を走っていたら、甲羅ぶつけられたり・・・
どこでそんなこと覚えるの?
(ハハ、アイテム取っても使い方わからず・笑)



まぁ、朝のうち「ぷっちょん買いにいこ」(ぷっちょ、買いに行こう)と言われ、
散歩がてら2人で買いものに行き、
帰りは公園で遊んでくる・・・というゴールデンコース(ボンズの希望)をやったので、
ご機嫌はいいんだろうけど、
そのまま家でゴロゴロしたり、楽しみを見つけられるなんて超順調じゃないっすか。


しかし夜、
ボンズ画伯の作品をかたっぱしからちぎりだしました。

紙をちぎるのもボンズの好きな行動だし、
お絵かきブームも去った(?)っぽいので、
そりゃ~いいんだけど、家じゅうにばらまかれ出したら、ハハ、キレます。。。


袋を持ってきて、
「お片付けしなさい!」
って怒ってたら、


「うきまえだ!」連呼。


「うきまえだだね」
意味わからず復唱するハハ、
しかし納得いかないボンズ。

「雪だね~」
って言っても違うし、
「雪景色だね~」
って言っても違うみたいで、

だんだん不機嫌に。
顔も険悪に(^^;


「うきまえだ!」
「うきまえだ、ね。わかったから片付けなさい」

怒られてもわからんもーん。

と思って、そのままやり過ごしたかったんだけど、
そうはさせないボンズ。

渡した袋にちぎった紙を入れていて、
それも大事にして、
「うきまえだ・・・」
って言ってるのを聞いて、やっと、わかりました。



「あ!! 雪だるま?!」


そしたらようやくボンズの般若顔がもとに戻り、
すんなり寝ることができました(笑)

「うきまえだねぇ。。。(^^;」

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

ちょっと待って!  

「ちょっと待って」は、
「ちょっと」ってどれくらい? か??がわからない自閉っ子向けではないということをどこかで知りまして、
ずっと使わないようにしていました。


が、


使ってるんですね(^^;


最近、ボンズが言うようになったんですよ(笑)


食洗機に食器をしまっている時、
洗濯ものを干している時、

「あとちょっと待ってくれたらついて行けるけど・・・」
っていう時に、

「ちょっと待って」と言わないために、

「やだ」

って言ってました(爆)


誤解を招きようがないでしょ、「やだ」って言われたら。


が、


ボンズ賢いっすねー。


「あぁママは今手が離せないから、こういってるんだな」
と考えたんでしょう(ハハ妄想中)

ボンズが、

「ちょっとまって! ちょっとまって!」

というようになったんですよ。

しつこいので、

「うん、ちょっと待って」
とくり返してやると、落ち着いて待てるんです!!!


「ちょっと待って」
言わないでいたと言いましたが、
ボンズがここまで理解できるくらい連呼してたんでしょうね!(笑)


そして、「ちょっと」待っててくれるんですよ。
1~2分は大丈夫ですね。
それ以上になると、様子を見に戻ってくるか、
他のことに気を取られて5分くらい解放してくれるかも^m^


で、ハハとしても「状況を理解してちょっと待っててくれた」んだから、
「どれどれ、どうしたの?」
ってお付き合いしてやろうって気持ちにもなります。

う~ん、うまくしてやられてるな。


「ちょっと」がどれくらいかわからないから負担に思うのは、
ボンズのように知的障害が重くなく、
もっと言葉の理解ができている子の方が、逆に「ちょっとって何分?」と困惑しちゃうんでしょうかね。


---+---- ----+---- ----+---- ----+---- ----+---- ----+---


そんなボンズ君、今日は早朝から大騒ぎ。

5時半から「トーマス!」連呼。
本人も眠いので、寝転がったり、起きたりをくり返しながら、
「トーマス!!」
と、明らかにハハに何かを要求してました。


一昨日あたりからトーマスブームがカーズブームに変わってたというのに、
(ボンズのこだわりは一定期間をおいて繰り返します)
トーマスってなんだ??


6時まで何とか粘って、一階に降りて行ったら「おもちゃ」じゃなくて、
洗面所で騒いでるの。

「トーマス!」と言いながら、「みどり!」とか言ってるから、
「みどり!」は、お気に入りの緑のTシャツだろうと、
干してあるのを取ってあげたら、違うらしいんですよねー。

お気に入りの緑のTシャツはヘビロテで、洗って干したらすぐに着ます・・・
ので、もうぼろぼろだし、厳密にいうとサイズアウトでは? 状態。
また似たようなの探さないと。


今度は二階に上がり、自分の洋服ダンス(ってほどでもないけど)を開けて、
「トーマス!」

どうやらトーマスの服を着たいらしいんですよね!

それはわかったけど、ここ数年、ボンズはトーマスの服着てません。
もうサイズが130になると、「機関車トーマス」のものってないんですよ!
パンツや靴下すら、ない。

カーズのパンツならまだあるので、
カーズ好きで良かったーと思ってたくらい。


トーマスの服を着て何か楽しいことがあった夢でも見たんでしょうか?
今日は6時半から「しょーがっこーいこー」と言われて参りました(笑)


トーマスの服がなくて、チョッパー(ワンピース)の水色の半そでTシャツで妥協してくれましたが、
外に出たら息が白かった今朝のこちら地方・・・


寒いでしょー。
と思いますが、小学校まだ暖房が入っていて(消せないらしい)暑いんですよね。
しかも運動会の練習も始まっていると思われるし、
きっと校内では大丈夫。


それでなくても朝はダッシュで登校、
しかも合間に飛びますし、学校着く頃には薄手のウィンドウブレーカーすら脱がなきゃいられないほど暑がってるボンズ。(熱い男ですから)


それにしてもチョッパーTシャツ着てからのボンズ、
妙~~~にハイテンションで、ご機嫌良すぎて逆に怖いです。
何かあったのかな?


あ、本来の担任の先生しばらくお休みされることが決定しました。
結局着任式の翌日、ボンズが初「移動先の」教室に登校し、「初」六時間だったあの日が最後で、
それきり会ってないようです。。。

スポンサーリンク


category: 8才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

姉ちゃんの経過報告  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

再び荒れはじめましたorz  

ボンズ、朝から「おかいもんいこー!」「あさだよ、おきてー」と起きたのですが、
それからずっとDSマリオで、ぎゃおぎゃお(またデータ消してワールド8の頭で止まってる・・・)。
ハハに何とかしろと食器棚叩いてアピールしたり、
うまく行かずにDSに当たるので、取り上げたり戦ってました。

そのうち姉ちゃんが見ているDVD(今日から起きてウロウロしてます)に気を取られたり、
マリオカートしたりしているうちに、お昼を食べてデイに行く時間になったのですが、
お迎え30分前になって、

「おかいもんいこ」

が、復活。

「もう行けないよ、お迎え来るよ」

で、大パニック突入。


結論として、
ボンズがマリオにハマってようと、何をしてようと、

「おかいもんいこう」
ってハハが中断させれば良かったんですよね。


「あんたがマリオしてたからおかいもん行く時間なくなったんだよ」
って言ったって、聞くわけないんですよね。


ですが、
もー昨日からの疲れが(参観、懇談で精神的疲労+チビスケ自転車に乗せて連れてったので肉体的疲労)ハハの容量をガバーーーーっと奪い去ってまして、


あの、弾丸ボンズに正論で打ち負かそうとしたために、
自分がキャパオーバー。


二階の寝室に避難して、布団かぶっていたら、
ボンズ本当にハハを見つけられなかったようで、
パニックに輪をかけてしまいました(笑)←笑うとこじゃないし・・・


「ぷっちょでしょ? 買ってくーわ」

と言ってもおさまらず、

かと言ってデイを休ませたり、
買い物行ってからデイに送ってく? のも違う気がして。


そのうち、用意しておいたお昼(そうめん)を自分からちゅるちゅると食べだし、
ボンズとしては「買ってくるわ」で妥協したつもりが、
まだくすぶってるんでしょうね。
(ハイハイ、ハハの対応が悪かったのでございますー)


「おかわり!」するくらいそうめんを食べて、
ピンポーンとデイのお迎えがやってきて、

まだおかいもーんと言っていたので、

「どうする? デイ行かないかい?」等その場でスタッフと協議してたのですが、
どうやらデイに行く気になったようで、

「ぷっちょん、かってくーわ」(訳; ぷっちょ買っておいてね)

と、出動されました。



どっと疲れましたわ。



でも、ボンズの方がもっとお疲れなんですよね。

昨日の参観日の話ですが、

ハハが現れると、また膝の上に上がってきたんですよ。
入学当時からずっとコレですが、

だんだんと自分の席に戻ることができ、
二学期にはかなり自分の席にいて、最初と最後ハハのところに来る・・・くらいで、
「ずいぶん大人になったなー」
って状態だったんです。


三学期になりまたハハの膝から動けなくなり、退行か? と思ってたのですが、

今回はほぼハハから離れられず、
しかも膝の上に頭を乗せて、
ハハが手にしていた上着をかぶってたんです。


ボンズの耳ふさぎは見たことありません。
なので、聴覚過敏対策はしたことありません。

でもこれって、周囲と遮断してる状態ですよね??


担任が着任してそうそう病欠で、
入れ替わり立ち代わりいろんな先生にフォローされてたらしい支援級。

そのおかげで、ボンズだけじゃなく他の子みんな不安定になってるようです。
「あれ?」
と思ったことが何回かありました。

「この子ちゃんと座って参加できてたのに」
とか、
「安心グッズ持ってる子だったっけ?」
とか。


さらに、その後の懇談会で保護者の方が指摘しているのを聞いて気づいたのですが、
隣の通常級との壁がいつもよりさらになかったんですよね。

先生の数が足りなくて、目が届かなくなるので・・・というのが理由だったのですが、
そのおかげで隣のクラスでのざわめきとか、普段以上に入って来てたんです(全校参観日でした)。


そしてその日初めて会った先生が、代行先生らしくて、
ボンズの担任は着任式にきていた若い女の先生になりました。
今日初めていらした先生は、二クラス行き来するそうです。


ようやく、「誰に連絡ノート書いてるんだろ・・・」状態からの脱却です。ハハとしては。


だけど、ボンズもようやく、
「困った時はこの先生のところへ行けばいいんだよ」
と言ってもらえる状態になったということですね。


ボンズはサヨナラの挨拶もせず教室から消えてデイに行こうとしていたので、
ハハが玄関まで迎えに行って、
「まだ挨拶してないし、連絡ノート持ってないでしょ」
と、
泣くボンズを引っ張って教室に戻しました。

「ここまですることないかな」
と思いつつ、でも、今までちゃんとできていたのにな、と思いつつ。


後で、去年から(唯一)いるY先生に、

「すいません、私が終わる時間にちゃんと終われなくて、
ボンズ君崩れてしまって」

と言われて思い出しました。

ボンズ、隣の通常級より後に終わるの嫌がるんですよね。
この日も隣がざわめくたびに何度も様子を見に行ってました。


その日のデイでは荒れて大変だったのでは? と、思って、
帰ってきた時にすぐ「すいません、行く前に泣かせてしまってー」と、
報告がてらスタッフに話すと、

「いえ、落ち着いてましたよ。
いつもより若干おとなしかったのは、お疲れだったのでしょうか?」
と。


その後家でも普通だったので、
ついハハも通常モードだったんですが、

今朝のやりとりは失敗したなー、と、今なら思います。


コッコが体調復調なのか、
あれしろ、これしろ、あれ買ってくれ、レンタルしてきてくれ、と注文、苦情がすごくて(つまり、通常モードなんですけど)、
さらにボンズとチビスケへの口撃がものすごくて、
ボンズも落ち着く暇ないようです。


もーコッコの話は聞き流すしか手段がないのですが、
「なんで無視すんのよ」
「聞いてんの?」
とか言われると、カチーンとくるんですよね。


コッコも何か感じて荒れてるっていうのなら、
「今だけ」と対処も違ってくるのですが。

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

クラスメイトとトラブった時  

昨日担任の先生から電話がありまして、
ボンズのこだわりである「忍玉」の絵本を、
Hちゃん、K君と三人で取り合いになったそうです。


去年からそういうことはありまして、
学校の本なので、
いくらボンズのこだわりであろうと、
「みんなのものだから順番ね」
っていうのをくり返していたんです。


今日は、
「みんなが欲しがるので、これはなくしますと隠すことにしました」
と言われ・・・


正直、え? と思ってしまいました。(え?とか思っちゃダメかな?)


で、去年も何度かそういうことがあり、
ボンズが独占したがるのがもちろん間違いなんですけど
順番ね、で、対処できていたはず。。。


それに、
「忍玉、モンスターズインク、あっちゃんの本を朝読書の時間に机に置いて・・・っていうのが一日の流れ(の、こだわり)になってしまっているので、完全にないとなると、ボンズはずっと落ち着かないと思うんですけど」

と、言ったら、

「そうですか、また対処を考えます。
今日はずっと一時間くらい泣いてたので、
おうちに帰ってからも、まだ落ち着かないかもしれませんのでご報告しておきます」
ということだったのですが。


うちがまず考えたのは、クラスメイトの写真の横に、
忍玉の本の写真を一枚用意して、この順番ね・・・って視覚支援するボードを作る? かなぁと思ったんですが・・・

それくらいしかハハとして取る手段がないっていうか。


でも、ンなことみんな実はわかってるんですよね。
HちゃんもK君もどうしても忍玉を独占したいわけじゃなく、
「あーまたボンズ忍玉だ」
って、ボンズのこだわりを知っていて、

日直さんの時は、日直さんが選んだ本を朝先生が読んでくれる、
というのがあるのですが、

「ボンズが今日選ぶのは、忍玉かモンスターズインクかあっちゃんか、
みんなで予想したりしてるんですよ(笑)」

っていうくらい、「忍玉等はボンズのお気に入り」なことを知ってるんです。


だから譲れ、ってことじゃないですよ?


みんな落ち着かないし、
だからトラぶっちゃう(時期的な)だけ、って思ってるんですけど・・・


実際対応されるのは先生なので、
母はこれ以上口出しをするべきじゃないとは思うんですが、

とは言え、いらんトラブルでみんなが(さらに)消耗しちゃうのは避けたいので、
何か考えなきゃな~とは思うんですが・・・


きっと本がどうこうというより、
「落ち着いたら」問題じゃなくなるんですよね。


いつ、どうやったら落ち着くの? っていうのがわかんないですけど(笑)



この数日ボンズのギャオギャオ続いてますが、
帰宅後はボンズ落ち着いてましたよ♪

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

児童精神科医の診断  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

ボンズの家庭訪問  

ボンズのことで電話をくれるんだけど、
何を言ってるのかわからないほど緊張している新担任のK先生。
昨日、家庭訪問で、本来担任のハズだった(休職中の)M♂先生の臨時代行先生と2人できてくれました。


が、M♂先生なんてボンズと会ってまだ一週間だし、
担任K先生も似たようなもの。

これと言って話すことも、相談することもなかったのですが、

まずは先日の絵本「忍玉」のことから始まりました。

この件は、本そのものを隠してしまうのではなく、

「絵本を読みたい人は先生に言ってから、先生から受け取る」
というルールを作って、それで全員が納得し、定着(っていうか1~2日のことですが)し、


「そのうち落ち着いたら、元通り本棚に戻しておこうかと思います」

とのことでした。


K先生、自信がないのかもともとなのか、
台所で話している旦那とチビスケの声にかき消されて消え入りそうなほどの小声。


運動会で踊る曲は去年と同じですか?
今年は綱引きじゃなくて玉入れ?
縦割りのクラスはどこですか?

何を聞いても答えられなくてしどろもどろ。

さらに「個別支援計画」を記入してくれと用紙を出しつつ、

「去年のを参考にされて記入しますか?」

と聞かれたので、

「はい、見ます」(自分で何て書いたか見たくて)

と言ったら、

「でも今日は忘れたので後日お手紙と一緒に持たせます」


ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!


コケさせようとして言ってるの?!!


一緒にいた臨時代行先生、
来月の運動会前には任期切れらしく・・・
でもM♂先生の復帰が遅れれば、まだいらっしゃるという可能性もあり、
どっちにしろ落ち着かないのですが、

なんとなくこちらの先生の方が自信ありそうに見えるんですよね。


家庭訪問が先に終わっている支援級ママからのメールにもあったように・・・
そして、この後家庭訪問がある支援級ママからもメールがきたように・・・


みんな不安がってます。。。


どうやら前任N先生より前に先生が、
「厳しかったけど、適切なアドバイスももらえた」
先生だったらしく、
どうしてもそこと比べてしまうんだろうね。


「今までは低学年だしとゆるくてもいいかと思ってたけど、
中学年になったんだし、びしっと厳しくしてもらいたい」

と願うママたちから見たら、
確かに新任K先生のびくつきっぷりは不安になると思います(^^;


ボンズのハハとしては、
ボンズは「がーーー」っと押しの強い人だと引きそうなので、
おっかなびっくりの女の子、っていう先生の方が、
ボンズが興味を引くと思うのでいい環境なんですけど(笑)


ってか、
うちも他のママさんのように危機感を持ち、

「うちの子をびしっと指導してもらいたい!」
と志を高く持たなきゃいけないのかも・・・とも思いましたが。


来月、支援級ママたちとランチの計画立てているので、
そこでがーーーっと発散される予定です(笑)

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント