頑張りすぎ?

Category : 1年生
先日スポーツショップで、ボンズのスキーを購入してきました。

ボンズがスキーですってよ。
有り得ます??

「へ? ボンズもやるんですか?」
って、
小学校の担任の先生に素で聞き返してしまいました。

やる、そうです。。。


で、一式そろえにスポーツショップ。


デイサービスの送迎をキャンセルして迎えに行き、
予告なしでスポーツショップ。


幸い、どちらもイレギュラーですが、OKでした。
サプライズの好きな自閉症児かも(おおげさ?)。


ところが。


時期的にすごい混雑。
特に、スキー売場はすごかった。(他見てないけど)


板を選び、
金具を選び(ってそんなもんなんでもいいわ!)、
ストック(って言わないのよね、今は、ポール?)
ブーツを選び、
ケースを選び、
グローブを選び(グローブて・・・手袋でいいじゃん)


ボンズはなぜか、22センチの靴(ブーツね)にこだわり、

「ジャストサイズ21センチ」
と言われたブーツを頑なに拒否。

なんで?

全く同じ物のサイズ違いってだけ。
履いたわけでもないうちから、
「絶対こっち」
ってギャオギャオ開始。


いやー。
ここまでよく頑張ったから、パニック起こしても全然不思議じゃなかったんだけどね。

「最初に見せたからかなぁ?」
とかいろいろ考えたんだけど、
結局は疲れて「八つ当たり」に近かったのかなぁ? とも思う。


しかし・・・


その後、手続き上の待ち時間で、
静かに座ってたので、隣に座って、

「お店暑いね。疲れたね。人いっぱいだね。よく頑張ったね」
っていちゃいちゃしてたら、もたれかかってきたボンズ。

やっぱお疲れなんだね~。

ボンズ、店内暑いのに「つなぎ」着てるしね。


上半身だけ脱がしてやって、
首元から「ふーふー」と空気を送ってやっていたら、
どうやら気持ち良かったみたいで、

「やって」

と。
一旦やめたら、再度やれと要求されました。


ハハ、貧血起こしそうなくらい「ふーふー」。


そのうち、袖をまくってポリポリとひじの内側をかきはじめた。

「かゆい?」

・・・って、なんかジンマシンぽい。。。


よくこんな混雑した店内で、

「こっち来い」
「どっちがいい?」
「持ってみろ」
「履いてみろ」

って、何度も言われ続けて、
パニック起こすどころか、言われた通りにしていたことがびっくりで、びっくりで。


でも、、、、

これってもしかして「頑張り過ぎじんましん」?


頑張らなくていいのに・・・
って思ってしまう。

パニック起こされたら、こっちも困るし、ぐったり来るんだけどね。

でも、頑張ることで、こんな風に体に不調が出るなら切ないなぁ。


「頑張ったねぇ。。。」


頑張らなくていいのにね。

ハハみたいに「イヤなもんイヤだ!」ってすぐにキレてしまえばいいんだよ・・・


実はこの日、順調にお買いものは進まなかったんですよ。
担当した店員が、のっけから態度悪くて、
二言目くらいにキレました。

瞬間湯沸かし器?

久々にキレて、「おまえじゃダメだーー担当変えろ!」と暴れてきました。


だけど、ボンズはパニック起こしたら抑えられるし、
連れ出されたり・・・
誰も気持ち聞いてくれないもんねぇ。

つらいねぇ。


ところで、2年くらい前に、おもちゃのスキーを見つけたボンズ。
やりたいやりたいとすごい張り切ったんだけど、
履いた瞬間激怒しました。


「動かないーーー」
って感じ。


ピングーのビデオとか見てるから(ピングーがスキーを履いてた)、
乗ったら「スーーーっと動くもの」と思ってたみたい(笑)


それが体育の授業で・・・なんて、、、
できるのぉ??

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本