自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

とうとう言われた  

昨夜寝る時に姉ちゃんから。


「ボンズと一緒に学校行くのもうイヤだな~」


ぅわ、いきなり来た!!
と思いつつも、まずは、


「また何かあった? 何か言われた?」

と、聞きましたら、


「ううん、何にもないんだけど、
みんなが”そういう目で見る”のがイヤだ」


と。



そうでしょう、そうでしょう。
そりゃそうだと思うよ。
そりゃ当然だ。



「そっか。そうだよね。
ママもそこが一番心配だったんだ」



しかし冬休みに入るまで後一週間。
旦那はいないし、
バアバは使えない頼れないし、
ボンズは歩いて登校したいし、それは叶えたい。


相当早く登校してダッシュで戻ってくる・・・?

そしたら学校に迷惑よねぇ。

チビスケ(弟)の幼稚園バス見送ってから、
ボンズと2人で歩いて行って毎回遅刻させる?


う~ん、どうすべ。。。


チビスケ一人で幼稚園バス乗っちゃダメかなぁ(笑)
そうはいかないでしょうから、
来週は送迎バスをあきらめて、ハハが後からチビスケを車で送っていけばいいんでしょうね。

いや、わかっちゃいるんだけど、
そこを避けたいがためにいろいろ知恵を練ってたのよね。


「いや・・・もう一回考えてみるわ」

と言って眠った姉ちゃん。


いやいや、気持ちだけで十分だわ。
もともとキミに背負わせるには重すぎる負担だったのだよ。

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク