自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

今週の夕食  

今週は学校へ行く予定が多くて(ついでに幼稚園にも・・・)、
余所行き顔で「おほほトーク」しなきゃいけないかと思ったら、
ハハも結構大変なんですよねぇ。

基本人見知りな上、
去年きたばかりの土地で、知り合いもいないですしねー。


帰ってきたらグッタリ・・・なのは想像ついていたので、
夕飯のネタには悩みました。

が、

ひらめいたもんねー。

水曜日にカレーライスを作る。
当然、たっぷり残るので、
木曜日もカレーψ( ̄▽ ̄)ψケケケ


木曜日は姉ちゃんの参観、懇談の後、
幼稚園に行き、チビの個人懇談があります。
帰りは5時くらいになるので、(ボンズはデイなので5時過ぎに帰還)
スーパーでエビフライでも買って、二日目のカレーはエビフライカレー!

どうです? 完璧でしょう~ψ( ̄▽ ̄)ψウケケケ


と、そこで今週の夕飯のメニューを思い返してみたら・・・


月曜日、回転寿司。
火曜日、ラーメン。
水曜日、カレーライス。
木曜日、エビフライカレー。


どうよ? お子様の人気メニュー制覇してないか?

と、コッコに自慢してみたら、

「じゃ、明日はから揚げね」
と切り返され沈黙。


もーそろそろ、ご飯とみそ汁メインの食事をしたいものです(^^;

却下された姉ちゃん、

「じゃ、餃子」

とか、手間のかかるものばっか言ってきましたが、
そうですね~、ここにハンバーグでも持ってきたら完璧ですかねぇ。


ボンズも、全部好きなメニューばかりだったので、
きっと(何にも言いませんが)大喜びだったハズ。

カレーライスを見たら、

「かれーらいしゅー♪」
と、小躍りしてたんですが、
今回はしませんでしたねぇ。。。

最近、カレー頻発しているから?

しかも、二日目のカレー鍋を覗きに来た時には、


「・・・・・・・・」


なんとも言えない顔をしてました(笑)


「毎日カレーがいい!」
というチビスケ(弟)とは違って、
ボンズは同じメニューが二日続くと嫌なタイプのようですね(^^;

カレーを作ると、翌日も残ったカレーを食べる!
と、張り切るチビスケを横目に、
全然欲しがるそぶりも見せませんしね。


エビフライには喜んでましたが、
カレーは全然進みませんでしたorz


金曜日は、ご飯とみそ汁(ボンズの好きなエノキとアゲ)。
牛肉の安売りしてたので、それと白滝、豆腐の入ったなんちゃってすき焼きにしました。

「なっと」
と、納豆リクエストされまして、
ご飯とみそ汁にがっついてました。


味噌汁は、具によってですが、大好きメニューなんですよ。
その割には久々だったもんねぇ(^^;

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

降り過ぎー!  

朝、起きてびっくりー!
降りすぎー!
いきなり真冬ー! 聞いてなぁ~い!!


激怒しながら雪かきしてたんだけど、
ボンズは大喜び!
コッコ姉ちゃんも大喜び!
ついでに犬まで雪に飛び込み、まるで泳ぐように・・・

・・・チビスケ、ずっと雪が降るのを楽しみにしてたのに、
こんな日に限って発熱、お留守番(^^;



雪のベッド?



去年はあんまり喜ばなかったんだけどね~、雪。
寒いからかなぁ? と思ってたんだけど。

シーズン初だからかもしれないね。
それとも、遊び方がわかったから?


一気に大雪が降ったので、親は激怒ですが、
子どもたちは前にバフっと倒れたり、
後ろにバフッと倒れたり、ふかふかの新雪を楽しんでます。


そして、ボンズは食いまくり。。。


いいのさ、いいのさ。
春先に泥雪(っていうか、泥のかたまり元雪って感じの)を食われるよりは。



日曜恒例スーパーへの買い出しの前後に、あちこちの公園に寄り、

バフッと倒れてヒト型を作るのを(?)
めいっぱい楽しんでました。


撮られる人


夕方にはパパと雪かき。
ボンズも一応スコップ持って城壁(?)を作ってたんだけど・・・
そこ歩道(^^;

パパが開通させようとしたら籠城されて困ってたんだけど、
最後に開通させたら、「やったー!」って喜んでたんだって(笑)


去年はかまくら作ってもちょっと入ってまったり楽しんだら、
すぐに破壊しはじめてチビスケに泣かれてたんだけど・・・

だんだんと雪遊びも楽しめるようになるのかしらねぇ。
(それはそれで親は面倒なんだけど)


後は、帽子と手袋身に付けてくれたら文句ないかな。。。


コイツ、ずっと手袋つけてないのー!!

学校行く時とか、ちゃんと帽子もかぶり、手袋もはめるんだけど、
すぐに取っちゃうんだよね。

手はまっかっかで冷たい~~~。

しかも毛糸の手袋ならいいけど、スキー用みたいなのは雪遊びに最適なのに、
嫌がるんだよねー。

きっと手の感覚が鈍るからだよね。
これも慣れるんだろうか??

手、冷たいの、わかってる???

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 10

鼻歌ボンズ♪  

ご機嫌なのか、日曜の夜から歌ってます、ボンズ♪

最初に気づいた時は、

「ぴーひゃらぴーひゃら、たったたらた~~~♪」
と歌ってました。

気づいた人は、その場で息を殺して見守り・・・


「かーーーわーーーーいぃ~~~~」(byハハ&姉コッコ)


「ボンズは歌上手だねぇ~、将来は歌手だね」(親ばか)

って言ってたら、
照れてやめちゃって。


でもまたしばらくすると、
また何か歌ってる・・・



何の歌だろう・・・と息を殺して見守っていると・・・




「ちーーーよーーーーにぃーーーーー・・・」




国歌でしたぁあ!!!!!(爆)




最近、学校行事で練習が続いてたから、覚えたんでしょうね。

考えてみたら、曲調もスローだし、
歌詞も言葉ひとつひとつを伸ばす感じだし、
覚えやすいのかも?

一曲まるまる覚えられるのは、「君が代」が初になるのかも。


今まで「国歌、地味っ」と興味薄だったハハも、
途端に親しみがわいてきました(笑)



そして昨日も何か歌いだしたので、
黙って聞いていたら・・・


「事故はー起こるもーのーさ~~~~」


YouTubeで見たトーマス動画の曲でした!

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

いつものコンビニ  

昨日は火曜日。お迎えに行って、「コンビニ!」と要求された通り、
いつものコンビニに寄ってきました。

今日は「Sにする? Lにする?」なんて、いろいろ選ばせようと思ってたんだけど、
ボンズにとって「コンビニ」は「コンビニ」であって、
どこでもいいようです(^^;

うちもこだわりがないし、
ボンズは「しゅわわ!」「チョコまん!」というだけで、
(リボンちゃんの白いサワーかナポリン、それとチョコまんが今のブーム)
それが買えるのなら、どこでもいいのでしょう。


結局、ここしばらくは、
通学路から見えるLにばっかり行ってます。




そしたら・・・
ある時、気づいたんですよね。


そこの店員さんが、ボンズがボンズであるが所以・・・スペシャルなところ・・・


は、とっくに気づいていると思われますがー(笑)


「あ、またきた」
「今日もあれかな」
「買い物完了かな?」

って、見守ってくれている空気に、ハハが気づいたんです。


学校のそばだし、
毎週、同じような時間にきて、
同じようなものを買って買える客の一人、

であるボンズを、
「だからどうにかしてくれ」って気持ちはないんですが、


「見守ってくれる人」
が、一人でも増えてくれたら、それってすごいことなんじゃないか、と。


深い意味は全くなく、ずっと同じコンビニに同じ曜日、同じ時間に通い続けましたが、

ほら、誰かを口説く時に、同じ時間にラブコールすると有効って言うし、
(店員さん口説く予定はありませんが)
このボンズの習慣を、建設的に動機づけすることも可能ではないかと・・・。
(いや、だからコンビニさんに何かしてくれって気持ちがあるわけじゃないんですが)


何か、いい空気が定着しているような気がして、
ものすごく通いやすくなっていることに気が付きました。


そして昨日は、学校にいる段階から、

「しゅわわ! ちょこまん!」宣言をし、
いつものコンビニに行きました・・・ら、

なんと、いつもの「しゅわわ」(リボンちゃんの白いサワー)がない!

「しゅわわ!」
と、一緒に探すよう言われましたが・・・

「ないねぇ。じゃあこっちにする?」
とかいろいろ提案するも、どれも却下。


「しゅわわ・・・」
と、残念そうに探しています。


「しゅわわ、なくなっちゃったんだねぇ。残念だねぇ」

というと、しばらく探しましたが・・・

「みかんー!!」

と、100%に近いオレンジジュースを見つけて、嬉しそうに抱きしめました(超ーラブリィ♪)
その後、チョコまんゲットで、会計中も店内で待ち(外が寒くなったから?)、

帰ろうか~~~と外に出た瞬間・・・


コケまして★

なぜか、小指の腹がざっくり切れて大流血。

ボンズのブームになるのが嫌で、傷テープの買い置きがなかったので、
再びコンビニに戻って傷テープを買おうと思ったんですが、

「オレは痛いって言ってるのに、なんでまたコンビニに戻るんだ?」
って軽くパニックで(そりゃそうでしょうけど)、

なんとか連れて戻り、

「ほら、これを買って貼ろう」
と商品を見せたら、ちょっと落ち着きました。
(しかし高くて一瞬・・・いや、かなりひるんだ・・・)


せっかくご機嫌でコンビニ出たのに、かなり残念。
傷口に着いてただろう小石などはハハが吸い取りましたので、
取りあえず車に乗ったらテープを貼ってやったのですが・・・


家についたら即はがしました。


なんで?


前は傷テープ貼りがブームになって困ったくらいなのに・・・

テープを貼ったらようやく落ち着いてご機嫌に戻ったのに・・・

なんですぐはがしたんだろう?


やっぱ安い傷テープじゃないと落ち着かないのかしら(笑)

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

2日間にわたる攻防  

一昨日、電話台にしている4つの引き出しがあるチェストがあるんだけど、
ボンズにその中身を引っ張り出されて、
それを押しとどめるハハとの攻防がありました。


電話台の一番上の引き出しには、カード。
ボンズスケジュールの行先カードオンリーです。
キレイに整頓してても、ボンズにぐちゃぐちゃにされるので、
カードだけを、ぐちゃぐちゃに入れてます。


2段目は、学校、幼稚園、デイ関連の書類やノートを、
ファイルでまとめて入れてます。


3段目は電話帳、住所録、ゴミ出しや市のお知らせなど、
保存版のモノが入ってます。


4段目、ここは子どものものが入ってます。
本当は子どものモノは全部2階の自室に持って行ってもらいたいけど、
お絵かきノートやら、ごちゃごちゃ系を入れる場所もあった方が、
結局は片付くかな、と、一つは子どもたち用に空けておきました。
(ってか、すでに何が入ってる? 状態で満杯でしたけど★)


ボンズ、気が付いたら、4段目を全て引っ張り出し、
ソファーの前のテーブルに積み上げてました。

そして、

「オレ、たぶんやっちゃいけないことやってますオーラ」を出しながら、
ちら、ちらっとこっちを見ながら、
何やらブツブツ言いながら・・・3段目を出し始めていました。


「ダメーーそこはママの!」

「キー」

「出さないで」

「キー」


寝る間際に侵略を始めたボンズと、
とっとと片づけて寝せたいハハとの仁義なき戦いですよ。


ここで油断して見せたら絶対負ける、と、
ハハも気迫を持って押しました。


ボンズも早く寝たかったんでしょう。

「あしたね! おはよーしたらね!」

と言いながら、とりあえず侵略の手を止めました。


「明日の朝からまた始める気?!」
と不安を覚えながらも・・・

聞かなかったことにしてー(笑)

その夜は平和に寝ました。



ら、


朝からやっぱりまた始めましたorz

4段目のおもちゃ、せめてここに入れてくれと渡した紙袋に、
3段目のモノを詰め込んでます。


「ダメーーーここはママの。
こっち(4段目)ならいいよ」


って、4段目の引き出し開けてびっくり。
もうすでに線路(プラレールの)で満杯(笑)


学校に行く時間になったので、ボンズの侵略行為も途中で登校することになりました。


誰もいなくなったところで・・・
ハハ、必死で片づけ(笑)

4段目のこちゃこちゃ系、紙袋にまとめられたソレは2階の子ども部屋へ。

テーブルに積み上げられていた、書類系は引き出しへ。

リビングに面した和室(もどき)の部屋も、
この際キレイに片づけて、おもちゃの下敷きになってたところも掃除機をかけてキレイにしました。


ボンズ、この部屋を占拠して、自分の大事なおもちゃを広げてまったり過ごしていたのですが、
時々「キレイにしたい!」と思うみたいで、

「おかたっけ!」
と、片づけの手伝いを要求するんですよ(笑)


帰宅後、チェストのことで文句は言いませんでした。
あちこちチェックして、自分の大事なものをどこかにしまわれたわけじゃなく、
和室ともども片づけられただけだと思ったら、
キレイになったその一角で、


「線路!」
と言いながら(手伝えってことね・・・)、遊び始めました。


俺の世界拡張中


どうやらこのチェストの下を有効利用したいがために、
和室からリビングの一角に進出してきた模様。

それで、引き出しに自分の大事なものをしまいこみたかったみたいなのね。


でもハハはこの中のもの出されたら、困ることもあるし、
だいたい片付かないし、どうしても譲りたくなかったのー。

その気迫はボンズに伝わってたみたいで、
なんとか、白いケース(写真手前)一つと、カゴ一つを電話台の前に置いておくことで決着しました。


大変な戦いでありました!
写真右手に白い器がちらっと見えてると思うんだけど、
それ、うちの犬のえさ場なの・・・

一番困ってたのは、犬かも(笑)

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

久々にトリハダ!!  

昨日記事にした、



俺の世界拡張中
どうやらこのチェストの下を有効利用したいがために、
和室からリビングの一角に進出してきた模様。



という話ですが、

謎が解けました!!


地下鉄駅


チェストの下に駅を作り始めたので、


「あ!! 地下鉄??」


と、聞いたら、


「ちかてつーーーー♪」


と、言われましたよ!


月曜日、ボンズは学校のみんなと地下鉄に乗ってお出かけしてるんですよ。

久々・・・っていうか、ボンズにとっては「初」みたいなもんだから、
相当嬉しかった様子。

それを再現してたんだね。
気づかなくてごめんよ(笑)

でも、気づいた瞬間、ちょっとした興奮状態でトリハダ♪



++++++++++++++++++++++++++++++++



ところで、昨日のアンビリーバボー観ましたぁ?

あれこれしながら途中から見始めたんですが、

「心を閉ざした娘」が「父親に虐待され」あーそれで心を閉ざしてしまったのね。
と思って観てたら、違う(虐待はされてない)って話ですけどね。

自閉症だったんですね(娘が)。

確かに、コミュニケーションが取れずにつらい思いはしてるでしょうけど、
「心を閉ざした」って言っちゃダメじゃん!!
心を閉ざしてコミュニケーションを取らないわけじゃないと思うんだけど。

どうにか娘の気持ちを知りたい親としては、
そういう見方になる?

いや、これは表現方法(番組を作った人)の発想だよなぁ。


ボンズはぼちぼち要求は出てくるようになったけど、
言いたいことは常に山ほどあるのに、言えないってツライだろうなぁ。


・・・でも心は閉ざしてないよねン♪

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

女好きも度が過ぎてナンパ師に  

最近どこのデイサービスの人にも、

「ボンズ君、○○ちゃんが大好きで、ずっとベタベタしてます~」

「常に隣にいて、何をするにも隣」

「他の子が○○ちゃんに遊ぼうってくると、ボンズ君がやめて~~ってその子を追い払うんですよ」


とか、
3ヶ所のデイサービス利用しているのですが、
どこでも言われるようになりました(笑)


学校の交流学級にも、
「ボンズ君、特別お気に入りの子がいるんですよ」
って、ボンズの担任から聞いていたし、


行く先々でお気に入りがいるって・・・
どうなの?
フツーのことなの?(^^;


学校で、交流学級にお気に入りの子がいるって聞いた時は、

「あー交流学級に行く楽しみができたらいいなー」

って単純にありがたく思いました。

普段は4人しかいない支援級にいて、
いきなり30人以上いるところ(学年になったら×3!)で、
あれしろこれしろ要求される(ボンズにとって)のは、
きっとしんどいだろうしねぇ。
(でも定型の子たちと集団生活してもらいたくて地域の小学校入れたんですけど)


その子も、「そっとフォローしてくれる」「甘えることを許してくれる」子だって聞いていたので、
同じ一年生に申し訳ないけど、
「ボンズのことよろしくね~~~」
って気持ちでいっぱいでした。


が、ここ最近、あっちのデイでもこっちのデイでも、
送ってきてくれた先生たちがまず、「すっごいベタベタ」「すっごい好きみたいで」「もーすごいんですよ~」なんて報告をしてくると・・・


ホットイテイイノカ???


と、ちょっと疑問に感じるほどになりました(^^;

オトナにしか目が向いてなかったボンズ、
ここにきてようやく同世代に注意が向いてきたんだと思います。
ここまで長かった・・・


けど、


ボンズの大好きな女の子たち、
みんな共通点がありました。


まず、


美形であること。
なんだアンタただのチャラ男だったんかいな=3

顔の造作がとにかくかわいいのだそうです。



そして、ボンズがベタベタしてきても、激しい拒絶をしない。
「ボンズくん~~・・うふふ」
と、許容してくれるタイプ。


ボンズは「ほら、こっちだよ!」「あーしなさい!」「ボンズっ、おいでっ!!」的な、
ちゃきちゃき系はスルーです。
(コッコがこのタイプだからか?笑)


さりげなく自分をフォローしてくれて、
甘えさせてくれて、
かわいい子。


「ボンズ君、メンクイですね」
って言われちゃったくらい・・・


そして、ターゲットの名前は即、覚えたようです!!(びっくり)
ハハの名前知ってるかなー? ママともあんまり呼ばれないんだけどー・・・


相手の子が本当に嫌がってないのなら、
こちらとしてはありがたい限り。

Aというデイサービスのお気に入りの子は同じ利用者さんなんですが、
Bというデイサービスのお気に入りの子は、学童で利用しているというのでたぶん定型の子。
嫌なら嫌って言ってくれるよね。


あ、もう一つ共通点があった。
みんな3~4年生と、年上♪

ボンズ、シスコン? 年上好み?
ってか、ボンズが一年生だもん、年下と出会わないだけかな?(笑)


Aというデイサービスで、今までずっと大好きだったお友だちは、
高校生の男の子だったんですよ!

体が大きくて、穏やかで、とっても優しい・・・
ボンズがとびかかっていっても、受け入れて(我慢して?)くれるお兄さん。

「もー大好きで、大好きで、いっつもくっついてました」

って聞いてたのに、ターゲット変更?(^^;


女好きかと思ったら・・・
そうでもないのかなぁ?


昨日、先生から電話があり、その流れで、

「最近、R君の膝に座るんですよ」

と聞いて、目が点・・・

R君て、ボンズと同じ一年生の男の子なんですけど・・・

「え? ボンズがR君の膝に座る??
た・・・体格的にほとんど差がないですよね??」

と聞くと、やっぱりずっと座っていられると苦しくなって、よけてって言うんですけど、
K君だったら座らせてくれないし、R君なら我慢して受け入れてくれるんだって(^^;


そっかー。

「かわいい」女の子だけじゃなくて、
いろんな子にちょっかいかけてくなんて、
やっぱり「子どもに興味」が(やっと)湧いてきたってことなんだ!!


と、思っていたら、
一緒に登校しているお姉ちゃんから苦情が。


「ママー!
今日ね、ボンズ4年生の女の子ナンパしたんだよ!!」


は?


「朝歩いていたらね、その子の手をつないでひっぱって、
”一緒に行こう♪”って感じで連れて行こうとしたの!!
うち超ーー恥ずかしかった!!」


ほうほう、そりゃ5年生の姉としては恥ずかしかっただろうねぇ。。。
念のため聞くけど、

その子、かわいかった?


「うん、かわいかった。
ボンズもデレデレしてたしっ」


やっぱり、基本はメンクイなチャラ男ってことで、いいですかね。

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

告知には早いが周囲が限界の時は?  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

お友だちがいなくなるよぉー・・・  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

地獄~は続く~よー♪  

コッコについて暗~くなってましたが、
ボンズについても暗~い話題が。


祖母に留守番してもらい、
ボンズについて2日間一緒に登校することができました。


小学生の登校の列が一段と増えるある地点に来たら、
ボンズが突然、笑顔で駆け出し、
横一列に3人並んだ女の子と並んで歩こうとしました。


ボンズ、嬉しそう~~~に満面の笑み。


が、女の子たち・・・硬直した顔。
凍りついた空気。


手をつなごうにも、うまく手をつなげません。
つい、袖口をつかんでしまいます。

これって、どうよ?
と、思って、


「ボンズ、おはよ~だね、オハヨーは?」


と、声をかけましたが、
女の子たちの空気が「お呼びでない」。

だけどボンズは嬉しそうで、
とても「ダメだよ」なんて言えるわけがない。

だいたい、「ダメなこと」じゃないしね。。。
相手の気持ちから見るとダメなんだけどね。。。

行動自体は、ボンズが子どもに意識が向いた証拠。
これは否定したくない。


こっちの子がダメなら、あっち・・・と、
両脇攻めてみましたが、誰も、ダメ。



ボンズの、異学年との交流や、
担任の「ボンズ君は学校のアイドルですよ~」
という言葉だけが全てだったハハ。

現実を知りましたorz


翌日も、女の子見つけて嬉しそう~に顔を覗き込み、
手をつなごうとするも、硬直する女の子たち。

何度もトライしつつ・・・
でも空気が昨日よりかたいぞ! と思ったハハは、
思い切って、

「ボンズ、ダメだよ。いやだって」

と、ボンズを止めました。


ら、


「おまぃもう帰れ」
と思ったのか、ハハ押し返されましたorz


その後も、逃げられてるのに、追いかけて女の子たちと登校しようとするボンズ。
「ダメだよ~~~」
なんていうと、満面の笑みのまま、ボンズに腹を押し返されます。


ボンズに興味がある子は、
お願いしなくてもボンズに関心をよせてくれる。

興味がなくて、
ボンズが遠い存在だと思っている人は、
いくら同じ小学校にいたって、無関心。

そして、「なんだこりゃ?」な存在なんですよね。

つい、居心地のいい、感触のいいとこばかり見ていましたから、
現実から遠ざかってたようです。


そうだ。
障害者なんて、自分だって遠い存在だった。
興味、関心なんてなくて、全く知らない世界だった。


選べば、望めば、ボンズを認めてくれる、認めようとしてくれる人ばっかりの中で生きられるのかもしれない。
だけど、
それじゃ世界がうんと狭くなりそうだ。

なんとか、
制限のない世界で折り合いつけて、
心地よく過ごせないものかな。


とにかく、ボンズがオトナにしか関心をよせなかったのに、
今は子どもに興味が向いてます!
これは成長の証なんだ。

・・・それにつれて、悩みもまた変化している・・・

ただそれだけのことなんだと、
思おうとしてます。

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

クリスマスツリーは・・・  

先日、
「明日クリスマスツリーを出そうね」
と予告しつつ、出しました。


いざ、そろそろ出そうかって時にもう一度、

「お部屋お片付けしたら、クリスマスツリー出そうね」

というと、


「きらきらしよ~」

と。

おぉ! イルミネーションのことかな?
ちゃんと通じてるんだ! ってことに感動。


もー大喜びで、せっせと飾り付け。

そこ飾りが固まってる~~~とか、
バランス悪い~とか、この際ナシです!


しばらく踊ってましたが、
夕方落ち着いた頃・・・


「ぶどー、ねっ」


と、言い出したボンズ。


「ぶどー?」


きょとんとしていると、手を引いて、クリスマスツリーのところまで連れて行かれました。


「ぶどー、ね!」


あぁ!! ブドウなんだね!!


クリスマスツリー


この丸い飾りのカタマリ具合が「葡萄だね」ってところでしょうか。

ボンズってば超ラブリィ♪

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

お姉ちゃんと登校  

「あるくいこー、あるくいこー」
と、夜のうちからしつこいです!

「うん、明日ね、歩いて学校行こうね」
と、同意しても全く黙らず、

「あるくいこー」
を、くり返しています。


・・・もしかして?
と、思い当る点があります。


昨日、久々に姉ちゃんと2人で登校したボンズ。

朝のうちから、
「ほら! 着替えなさい!」
「早く靴下はいて!」
「おしっこ行ったの?」
と、ちんたらしているわけでもないのに、
のっけから怒鳴り続けている姉、コッコ。


きっと道中も、
「早くしなさい!」
「こっちに来なさい」
「そっちはダメ!」
と、しつこく怒鳴られ続けていたのかも。。。


悪いことする前から「ダメ、ダメ」は苦痛だし、

「ダメ! なら、どうすればいいのか?」
を、提示してくれないと困るばっかりのボンズですから。


「姉ちゃんと2人だと、姉ちゃんうるさいからさー。
ママ一緒に行ってよ」
って意味だったのかも(^^;


口うるさい存在お母さん状態であるコッコですが、
ボンズが大好きで、かわいくてたまらない、いいところもあるんですよ。


「ボンズまた女の子と手をつなごうとしてなかった?」

と、おそるおそる聞いたら、

「してたよ、でも逃げられてた」

やはり・・・


「嫌がられてるんだよねー、困ったねぇ。
ボンズ止められないでしょ?」


と聞いたら、


「いや、おもしろがって逃げてるんだよ」
と、コッコ。

「逃げる遊びになってるってこと?」

それならいいんだけど(ボンズにとっては良くはないけど)
追いかけてくるのがおもしろくて逃げているのと、
本当に嫌がって逃げているのと、全然意味は違うよな、と思って。

ハハがいる時と、他の子どもたちの様子は違うんだろうか?


「それより、その様子を見ていた6年生(コッコ談)が、
”ストーカーだ”って笑ってたのがムカついた!!」

と。


確かに。

「冗談かもしれないけど、聞いて気持ちのいい言葉じゃないよね」


それより・・・

「やっぱり、コッコちゃん、ボンズと2人で学校行くのイヤじゃない?」

ってことが心配。
コッコに背負わせる問題になるのは、違うよなぁ。。。


「イヤじゃないよ」
と、即答したコッコ。

これはボンズかわいさのあまり、なのですね。


だから、多少(?)口うるさくても、
ボンズも我慢しなきゃね(笑)


ボンズが小学校に入ってから、
コッコ姉ちゃんに「うんにゅ~~~」と甘えることが格段に増えてます。
きっと、ボンズも心底姉ちゃんを頼っているんだと思います。

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

とうとう言われた  

昨夜寝る時に姉ちゃんから。


「ボンズと一緒に学校行くのもうイヤだな~」


ぅわ、いきなり来た!!
と思いつつも、まずは、


「また何かあった? 何か言われた?」

と、聞きましたら、


「ううん、何にもないんだけど、
みんなが”そういう目で見る”のがイヤだ」


と。



そうでしょう、そうでしょう。
そりゃそうだと思うよ。
そりゃ当然だ。



「そっか。そうだよね。
ママもそこが一番心配だったんだ」



しかし冬休みに入るまで後一週間。
旦那はいないし、
バアバは使えない頼れないし、
ボンズは歩いて登校したいし、それは叶えたい。


相当早く登校してダッシュで戻ってくる・・・?

そしたら学校に迷惑よねぇ。

チビスケ(弟)の幼稚園バス見送ってから、
ボンズと2人で歩いて行って毎回遅刻させる?


う~ん、どうすべ。。。


チビスケ一人で幼稚園バス乗っちゃダメかなぁ(笑)
そうはいかないでしょうから、
来週は送迎バスをあきらめて、ハハが後からチビスケを車で送っていけばいいんでしょうね。

いや、わかっちゃいるんだけど、
そこを避けたいがためにいろいろ知恵を練ってたのよね。


「いや・・・もう一回考えてみるわ」

と言って眠った姉ちゃん。


いやいや、気持ちだけで十分だわ。
もともとキミに背負わせるには重すぎる負担だったのだよ。

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

一番近しい身内  

以前、引っ越しを控えていろいろ算段を練ってる時に、


「引っ越すって大変よねぇ」という記事で書いたんですが、
(まだの人、読んでみてください!^m^)


我が家のスーパー自閉症児ボンズ!
と、
愛犬さくらの境遇ってすごく似ていると思います。


言ってることはわかってる。
だけど、それに対して言葉で返せない。
(うちの犬は、おしゃべりワンコじゃないので本当に声を出さないのですが、目で訴えかけてきます・・・強烈に!笑)



・わかるように動いて見せてくれたら、理解が早い。

・それでも、くり返しくり返し教えて欲しい。

・できたらすぐに褒める、じゃないと覚えられない。

・言葉で長々言われると要点がつかめない。

・ダメ!で言いっぱなしにしないで、それじゃあどうしたらいいのか? を提示してくれないとわからない。

・一度身に付いた生活習慣は、きっちり守ります。

・スキンシップがご褒美になる(あ、これは他の子もか)


とにかく、見てたら共通点が多く、
しかも実際この2人(一人と一匹)、とても仲良しです。


昨日も、ソファーの陰で、2人(だから一人と一匹)でひそひそ何やら相談(?)してました。
2人で(いやだから・・・)寄り添ってることもあるし、

犬はチビスケ(弟)がよってくと逃げますが、
ボンズが近寄っても決して慌てません!

思いがけず、ボンズがさくら(犬)の耳をつかんだり、しっぽを持ったりすると、
ワタタタタタっと慌てて、心底びっくりしてます。

ボンズを叱りますが、
ボンズはボンズなりに何やら考えたことがある様子。決していじめてやろうという気持ちじゃないようです。

耳を触ろうとしたのがチビスケだったら、
さくらは手を伸ばしてきた段階で逃げると思います。

が、ボンズにはずーーーっと触らせておいてます。


きっと、この2人(・・・・)には、この2人にしか通じない言語があるんだと確信してます。
以心伝心とか、テレパシーとか、モールス信号とか(そんなわけはない)、
そういう名前をつけてもいいんですが、そういうんじゃなく、
「分かり合える2人」なんじゃないかと。


今朝、さくらを連れてボンズと登校しました。
ボンズもちゃっちゃか歩くわけじゃないから、途中でさくらが○ンコしても大丈夫(拾う時間)なんじゃないかと思って、初。


そしたら、出てすぐはさくらの○ンコ&○ッコタイムばっかりだから、
他人(犬)のペースで待たされるのは不満だったらしく、
さくらが○ッコしているのをじーーーっと見て、


「・・・しゅっぱーつ」


と、急かしてました(笑)



そして不思議なんですが、
さくら(犬)、ボンズの隣を歩きたがるんですよねー。


おいおいご主人様はこっちでしょ(-_-メ)
とか思いつつ、
「ボンズと歩きたいんだ~♪」
と見えて、なかなかほほえましい。


さくら、コッコが生まれる前から家にいる主ですから、
さらにその後に生まれたボンズ、しかも異性♪ に甘いのかもしれませんねー。


そして、笑えたのが、

信号を見て走り出したボンズ。
今、点字ブロックが見えにくくなっているので(雪で)、
交差点に進入前に停止するポイントがわかりにくいんですよねー。


危ない~と思って、

「ストップ!!」

って声をかけたら、
後ろの方で犬まで止まってしまって、ちょっと引っ張られました(笑)


あ、そうか。

「ストップ」「おいで」「よし」
って、単語でわかりやすい声かけされてるのって、
ボンズとさくらだもんね~。


お互いの苦労を分かり合える仲間が、
ひとつ屋根の下にいるのっていいねぇ(?)

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 7

あ~この振り回され感!!!  

いろいろ書きたいことがあって、
頭の中でまとめられないので、
今回は、ハハのボヤキとしていっちゃいます!


なんか、バタバタバタバタと・・・落ち着かないんです。
「師走だから」
というのではナッシングです。
だって、季節性のものじゃないしぃ。


このバタバタ感、懐かしいんです。

思い返してみたら、ボンズが自閉症? と気づいて(気づかされて)から、


どどどどどーーーー


の、怒涛の日々。


さらに、一息ついたかな? と思ったところに転居。


引っ越しって、ただでさえ大変ですよね。
ただでさえ大変なところに、
とんでもなく面倒なやつら引き連れているもんだし、


「一刻も無駄にしない!!」


と、転居前から、ボンズの集団生活と療育生活に空白期間を作らない! と、がむしゃらに動いたもんですから・・・

それも一息ついたかと思ったら、
就学問題(問題があったわけじゃないんですが)がありました。


という風に思い返してみたら、この4年間は、まるで洗濯機の脱水に入れられたようなものでした。(それがどんなか経験ありませんが)


特に引っ越し決まってから、ボンズが転園先の保育園に入るまでの8ヵ月間・・・
さらにしぼると、引っ越し前後の3ヶ月は地獄でした。
もー思い出すのも嫌なくらい、悲惨でした。
二度と経験したくない。



そういう流れに飲みこまれる直前のザワワ感があります。(サトウキビ畑ではない)


ボンズが入学して、大変だった時期(夏休み)があって(そっちかい)、
2学期のボンズの理解の伸びは驚異的だと、昨日個人懇談でも言われました。


あ、久しぶりの平穏な日々を堪能してる、と、実感してました。

「去年の今頃は、仕事もあったからヒーヒー言ってたな~」
とか、
「こんなに雪かきに一生懸命じゃなかったな・・・あ、それどころじゃなかったもんな」
と、振り返れる余裕があったんです。


ボンズの進路、という意味で、ボンズはある意味一段落です。
(問題も、困ることもあるでしょうが)
大きく生活が変わることは、しばらくないかな、と思うと、
ここ10年で初めて「平和」という言葉を我が家の辞書に書き加えてもいいかな、ってなもんです。


ところがそんなに甘くはないんですよね。

乳児だったチビスケほったらかしでボンズのことで頭がいっぱい。
そんなところへきて姉ちゃんも障害が?
でもボンズの方が、「生活そのもの」が大変になってしまう状態だったので、
やっぱりボンズ中心。


そこへ、とうとう我が家の大物、
ある意味一番の難関である姉ちゃんのことに「全身全霊で取り組め」という時期がきたのでしょう。
今まで、
「コッコだって放ってはおけない」
ということはわかってはいたものの、見て見ぬふりしてました。

とうとうシンガリ登場です。(とか言っててチビだったりして)



ピンチはチャンス。


は?

ピンチはピンチでしょ~!
そんな時に「これはチャンス」なんて思える人の方がおかしい!
と思ってました。

言ってる意味はわかります。
どういう具体例があるかもわかります。

だけど、凹んでる時に本当に心底そう思えるー??

と思ってました。


他人のこと、自分のことならほっとくかも。
だけど、これが子どものこととなると、
張ってでも動き出すもんなんですね、親は。


凹みながらも老体にむちを打って、
「そのやり方ってどうなの?」
と動いた方向が、なんだかいい感じに動きそうです。

途端に光がさしてきて、
大きな流れがやってくる前の微風を感じた気がしました。


「ピンチはチャンス」ってこういうことかぁ!


そこまで前向き?? って斜に構えてた言葉ですが(アマノジャクな体質なもので)、
身を持って体感しちゃったかもです。


座右の銘、
「ダメ元」(←こんなんでいいのか?)
が、今度もうまいこと転がるかもです。

「転んでもタダで起きない」というモットーを(←だからこんなんでいいのか?)、
貫いて良さそうです。


詳細はもう少しまとまってから書きますが、
なんか最近の振り回され感とか、嵐の前の微風をワクワクして受け止めていることだけお伝えしておきます!


「明けない夜はない」!のです!(お、やっとキレイな座右の銘が)

スポンサーリンク


category: ハハのキモチ ~’14

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント