ボンズダウン

Category : 日記
昨日、ボンズの個人懇談で小学校へ行ったんですが、
つい話に夢中になってしまい、気づけばボンズの帰宅時間。

慌てて留守番していたコッコ姉ちゃんに電話をすると、
「もう来てるよ」
と言われ、大慌てで帰りました。

「ママー」と言ってたそうで、
コッコいわく、「怒ってたよ!」と。

用意しておいたお菓子に加え、
コッコ姉ちゃんがミルクチョコを作って飲ませてくれていました。

が、ボンズ、やっぱり気分悪かったようで、
しばらくくすぶってました(^^;


だって、ボンズの二学期の伸びは驚異的だって、
支援級の先生たちだけじゃなく、「学校全体の教員が喜んでいます」なんて話もあるし、
教えたいネタ(ネタ?)、聞きたいこと、信じられない話いっぱいで、
時間なんてあっという間だったんですよ。

一番信じられなかったのは、
「ボンズ君、もうサラダは克服しました」
というもの。

今日の献立をスケジュール表に(メニュー写真を)貼っていると、
今まではボンズ、「サラダ」を「おにく!」とか、
好きな物にいつの間にか変えてしまっていたんだって!(笑)

「希望を聞いてるんじゃないっつーの」
って爆笑してました。


が、最近はぺろっと・・・

「ただ、シチューだけはまだ克服できてませんね~。
それだけです」

と断言され、

「それは誰の話ですか?」

って感じ。



ま、ボンズの自慢話はまだあるのですが、
もーこっちも慌てて帰ってきたし、
ボンズはくすぶってるしで、頭の中大パニックでした。

翌日の予定、とかね。。。


で、今朝。

予定では、ボンズと歩いて学校へ行き、戻ってきたら、
車でチビスケを幼稚園に送って行く。


が、ボンズ起きてこないし、
起きてきても動かないし、

「何となく、熱い??」
と、熱を測ってみたら、37.5℃。

ビミョー。


でもあきらかに様子がおかしいよなぁとボンズを休ませ、
慌てて幼稚園に電話をして、やっぱり幼稚園バス今日はきてくれーとかやって、

吐くかなー?と思っていたら、やっぱり吐いた。


今日は主治医の診察日だったのにー。。。
3~4か月に一度しか入れない上、
コッコ姉ちゃんのこともついでに相談しようと思ってたし、

何よりボンズ本人が一番楽しみにしてたのに・・・


連れて行っていいもんだか、
それとも・・・もしかして流行りの・・・

と、心配になり、
ボンズに、
「病院行く?」
と聞いたら、「びょーいん・・・」と小さくつぶやいた。


幸い空いてたようですぐに行けたし(迷って予約制のところ初挑戦)、
ボンズも落ち着いていたので、思い切って良かったです。

喉はなんともないし、「ウィルス性胃腸炎でしょうね」と言われ、
「ウィルス性胃腸炎」と言われちゃー、児童精神科とはいえ、他の病院いけないですよねぇ。


「ボンズ今日○○○は行けないわー」
というと、しばらく不満そうでしたが、どうやら状況がわかったようで、
パニック起こすことなくあきらめました。


が、
病院に行った途端安心したのか、

「アイス!」
「ジュース!」
と言い出し、

「ダメ」
「買わない」
「お腹壊したでしょ」

と言っても、しばらくあきらめませんでした(^^;


小児科医には、しばらく何も飲ますな食わすなと言われたんですが・・・


ボンズのこの元気っぷり。

もしかして、ウィルス性胃腸炎じゃなくて、例のアレでは?

年に数回夜中から熱を出して、朝には吐き、
丸一日グッタリした後は、翌日何事もなかったかのように復活する、というアレ。


そのことを主治医に伝えたら、「てんかん発作かも」と言われて、
ボンズ初のMRI、脳波検査・・・となったんですよね。


今回熱は37.5℃で、
吐いてお腹が空になったら復活したっぽいので、
アレのライト版?
・・・ということにはならないかなぁ?


明日、唯一予定のない平日だったのになぁ。
明後日からチビスケ午前保育だし、
いよいよ魔の冬休みがやってくるというのにぃー。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

負の行動の強化

Category : ハハのキモチ ~’14
先日、なぜ「一番近しい身内」というボンズと愛犬さくらの話を、
過去記事の「引っ越すって大変よねぇ」を引っ張り出してまで書いたのか。
その一番のきっかけだった話を書き忘れていました。



「負の行動の強化」について思うことがあったんです。


ボンズは、「ダメ」と言われるのがわかっててくり返す行動があります。

食器棚をたたくとか、
テレビ画面をたたくとか、
おもちゃを床に落とすとか。


やると必ずドヤ顔で(笑)、
自分で「ダメよ~」とか、「壊れちゃうよ!」って言いながら、
オトナの反応を待ってます。


対パパにいたっては、お絵かきノートを探してきて、
パパが絵に描いて説明したページを開いて、

「ここを提示してセリフを言え」
とばかりに、

「ぶっぶー♪」

と、嬉しそうにしてます。


相手が、「俺の思った通りだ!」なセリフを言うと、
すっごく満足そう。。。


・・・どうなの。
この教育法って合ってるの? 間違ってるの?!!

と、複雑な気持ちで見てました。



ここ2ヶ月、平日は一人で子どもたちみてます。
みんながそれぞれ元気で順調ならいいのですが、
時期的に、チビスケダウンだったり、ボンズダウンなんてされると、
もーーー気力体力が息切れです。

最近は激しい雪かきの毎日で、
体はボロボロです。
階段から落ちたのもあるし(三段くらいですけど)、
お尻は痛いし、腰も痛い。


そんな時に、癇癪で食器棚叩いてたって、ハハはスルーします。


またあのやりとりをしてくれったって、
めんどくさくって、怒る体力もなくって、放置です。


ボンズは、「変だな?」と思ってるのか、
ハハがいる方向を見ながら、食器棚を叩いて、
まるでハハをあぶりだしているようです・・・。


その脇を、
「歯磨きするよ~~~」
と、通り過ぎてみました。

ボンズスルーで。


そうすると・・・


ボンズの家庭内の問題行動である、
食器棚をビシバシ叩く、を、やめました。

やっぱり注目されたい、
かまわれたい、でやってたんですね。


うちの食器棚、天井まである高さのもので、
あれが割れたらと思うと、本当に危ないんですよ。


「あ、やっぱり無視が一番なのか」
と思った瞬間でした。


危ない、やめさせたい、うるさい、ドキドキしてイライラする・・・から、
怒鳴って止めさせたいんですけどね。

でもそうすると結果として、負の行動強化となってました。



そんなことをいろいろ考えているうちに思い出したんですよ。


我が家の愛犬さくらさん(柴犬♀11才)がまだパピーだった頃。

トイレトレーニングはうまく行かないわ、
噛みつきが激しくって、育児ノイローゼになりかかってました。(いや、なってたのかも)

職場で先輩主婦さんに相談するのは、
犬のしつけ。


「あー犬でこんなに参ってたらダメですよねぇ。
人間の子どもならもっと大変なんでしょうねー」(当時子なし)


と、犬と人間一緒にしたら失礼だったかな? と思いながら愚痴ったら、


「あら~♪ おんなじよぉ~」
と、軽やかに笑ってらした二児の母パートさん。

「そ・・・そうなんスか?」



うん。今思えば「おんなじよぉ~♪」ですね。



トイレトレは怒っちゃダメだし(ほら同じだ)、
くり返し、くり返し、失敗してもトイレに連れて行くことでなんとか習得(同じっしょ)。


ただ問題は、噛みつき行動。

パピーだから、嬉しくって嬉しくって~~な時に、
かまってくれた人の手を、傷だらけにするくらいかじってました。


友だちや犬好きな人ならあらかじめお断りして、
その上で触ってもらったりしてました。

「いずれ落ち着くよ」(多動か?)

と言われて、ホントかよ!!って泣きそうな時期。


家の中では、ティッシュなどをかじってぼろぼろにして困ってました。
なので、手の届かないところ(口か)においてましたよ。

だけど、にんげんだもの(みつを)ついうっかりってこともあるんですよね。


そうすると・・・・


リビング一面ティッシュ屑の海。


怒るなってか?
これで怒るなってか?!!
な、連続。


手の届くところ(だから口と足だって)におかない。
いたずらするものに、犬の嫌いな匂いをスプレーする。
現場を押さえて叱る。


聞いた方法、調べた方法はとにかく試しました。


でも、効果なし。


そんな時に出会った方法。





試したら、一発で噛みつくいたずらが消えました。



ティッシュを箱ごと床においといても、
もう噛み散らかしません。



魔法?!



いえ、魔法じゃありません。



その問題行動を消した方法。



聞いた時は、



「人間やめなきゃいけない」



と、覚悟しました。



いや、冗談じゃなくて、

「これできる?」
って旦那に聞いたら、苦笑されました(若かりし過去の2人・・・)。




でも、



わらにもすがる思いで、やりました。



さくらの問題行動が消えました。




その方法とは!!






・・・来週くらいまで引っ張ろうかな。





そしたら苦情がきそうなので書きます(笑)






問題行動の相手を思いっきり罵倒する。




うちの場合、ティッシュです・・・・



さくらがティッシュのいたずらをはじめたら、

もーーーこれでもかーーーってくらい、思いっきり、

全身全霊で、ティッシュを叱るんです。。。。



できますか?



ンなアホな、ですよね。



すぐには試しませんよね。



でもやりました。



人間かなぐり捨てました。



これでもかーーーってくらい、ティッシュに向かって怒りました。

床に這いつくばって、大声で、怒りギレしているの全面に出して、やりました。




さくらのいたずらはなくなりました。




この時の記憶は封印してたんですけどね。



ボンズに出会って、



封印は解けたのだ(byムスカ)。



ボンズ、チビスケをぺチンと殴る行動が最近増えてました。



以前(1~2年前の時)気に入らないことがあった時、
家じゅう駆け回ってチビスケを探し、
チビスケが風呂に入っていたら、風呂まで探し出して叩いてました。


チビスケにやつあたり、うっぷん晴らし、が定着していたようでした。


最近、それがまた復活してたので、


あえてボンズは見もしないで、
「かわいそうに~~~チビなんにもしてないのにね~~~、
兄ちゃん痛いことしてダメね~~」
と、
これでもか! ってくらい激アマにチビスケを抱っこして慰めてました。


これって、あのバージョン、
負の行動をしている本人(犬だけど)を無視バージョンの、
進化系にならないかな? って。


でも、どうやら今回チビスケを叩いていたのは、
チビが風邪を引いていたので、咳をするたびに叩く、だったようです。

・・・って、それだって意味わからないし、
チビにしたらたまったもんじゃないんですけどね!



今度、食器棚やテレビを叩いたら、
ボンズを無視して、食器棚とテレビに向かって、

これでもか!! ってくらい激怒してみよう。


と、

そう決心してはいるんですが・・・



なかなか行動に移せません。


心も年をとってしまったに違いありません。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

デビルの魔王と言われてる

Category : パス付記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ボンズ復活

Category : 日記
火曜の朝なんだか様子が変だなと休ませたのですが、
やっぱり嘔吐したので(熱は37,5℃)病院に行ったら「ウィルス性胃腸炎」。

病院に行って安心したのか、
途端に元気になったので、「いつものアレかぁ?」と思いなおす。

今回行った病院は初めてのところだし、
ボンズが年に1~2回謎の発熱&嘔吐の1日を過ごす・・・なんて知らないしなー。


と思ってたら、その日の夕方からまたグダグダになっちゃったんですね。
あーお昼食べさせなければ良かった~~~と、
雪かきしつつ、くり返し吐くボンズ見てたら、こっちまでグッタリきちゃいました。

しかしねー。
食べるっていうのに、食べさせないなんて、
定型の子相手でも大変ですよね。


夜は「お茶を飲んでも吐くんだってば!」というハハの権幕に押されたのか、
それとも自分で「お茶もダメなんだ」と反省したのか(?)
おとなしく寝ました。


翌朝(水曜日)も休ませるのは決定してたけど、
吐き気も熱もなく本人も嬉しかったんでしょうね。

朝から雪かきしてたら、自分でジャンパー着て出てきました。

「家に入ってなさい」


はい、言っても聞きゃ~しませんけどね。

雪かきもしないと車を出そうと思ったって出せない状態だし、
周囲の人も歩けないだろうし、やらないわけにはいかないので、
ボンズを見つつ汗だくで雪かき。


家に入ったらボンズも安心して家に入ってきたので、
家に一人でいたくなかったのかもしれません。


昼まで家の中で好きな遊びをした後・・・
ソファーでゴロゴロ。

あれ? と思ってるうちに寝たので、
そうだそうだ、寝てくれ。寝て回復してくれと思ったら、39.6℃。


げ!!
慌てて座薬。
ボンズ抵抗しましたが、「いいからお尻だしな!」と・・・


いや~、うちも座薬うまくなりました(笑)


熱が下がったらすっかり元気になった気分。
・・・薬が効いてるだけなんですけどね。

担任の先生から電話をもらいましたが、
「明日も休ませます」宣言。

元気にご飯を食べて寝たのですが、
夜中にまた火だるまになった気配。

「ひや~(冷えピタ)する?」
と、真夜中に話しかけると、「する」と即答。

それで気持ちよく朝まで眠れたみたいで、
朝には平熱。


あー今度こそ治ったかな、と思いました。
また朝から雪かき(夜もやっといたのにー)。
ボンズも当然のように一緒になって出てきて、

また昼にはグッタリコースかな? と思っていたら、
ボンズパワーとどまることなし。

あれしろこれしろ、、、うるさい。

グッタリしてるとつらいけど、
元気になっても手のかかるやつです(^^;

でもどうやら一緒に遊んでもらいたい様子。


そういや、ボンズとこんなに長いこと二人っきりで家で過ごすの久しぶりです!!


昼ご飯も食べ、待望の○ンコも普通便が出て、やーーーっとホッとしました。


「あるくいくよ~」

「明日ねー」


「○○○ー!」(デイ)


あー今日本当は○○○の日だったんだよねー。
昨日のうちに行かないって電話したんだけど・・・


「○○○に聞いてみようか」

というとおとなしくなり、無事OKが出ると、


「2時半、○○○お迎えきてくれるってー」
とカードを見せました。


予定を告げると「今すぐ!」になってしまうボンズ。
今回はなりませんでしたねー。

それこそボンズの体内時計ができていて、
平日は2時半に○○○、
って理解できてるんでしょうか?(まさかね)


お迎えがきたら、当然のように乗り込んだボンズ。
大好きなNちゃんにご対面できたら、
ますます元気に戻ってくるかも。


さて、
明日はますます忙しい一日に・・・


朝ボンズと登校して戻ってきたら、
車でチビスケを幼稚園に送り、買い物に行って、ラッピングシート買ってきます。

サンタ代理を先週ネットで済ませたんだけど、

「ラッピングしろっつったのに、されてねーじゃねーか!」
が、一件ありまして、
明日中にやらないと、やる暇なさそうなのです。

せっかく子どもたちにラッピングで「近所のスーパーのだ!」とばれないよう、
ネットで頼んだのに。
平日午前指定で到着したのも、今回は無意味でした(笑)
幸いボンズには見られずに段ボールごと隠してあります!!


そして、ボンズのクリスマス会が見学可なので、
チビスケを預かりにして、ボンズのクラスに行ってきます~。

その後チビスケを迎えに行き(午前保育なのでおにぎり持たせなきゃ)、
チビスケのご機嫌をとりながらお昼を食べて、
姉ちゃんを迎えに行って皮膚科なのです。


あー来週からはいよいよ・・・
魔の冬休み(p_-)

ハハおひとり様時間は来年までお預けですぅ~(号泣)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ボンズのクリスマス会

Category : 1年生
ボンズ、胃腸炎から復活して、
無事、支援級のクリスマス会に参加できました。


朝からバタバタと用事を済ませ、ちょっと遅れて教室に到着。
ほとんどのお母さんたちが教室の後ろに並んで参観する中、
ボンズを探すと・・・


おとなしーく座ってました!
微動だにしません。
驚きました・・・

おかげで、ハハ到着を知りません^m^


そのうちバレまして、
妙なテンションで踊り出す、走り出す、
みんなが歌ってても、「オレは踊り役」?
と、ばかりに駆け回ってました。


クリスマス会だからなのか、楽しむことも大事な役目?
出番以外は、自由にさせてもらってたボンズです。


そしてハンドベル演奏。


・・・鳴らしてましたけどね・・・曲関係なく。。。


懇談会では、「この色と音を出すというのが一致したみたいで・・・」
と、楽譜(色譜?)を理解したようだと聞いていましたが、
今日は全然見てません。

ま、しょうがないよね。


ハンドベルにはまって手から離せなくなるのでは?
と思っていましたが、
順番に回収しているのを横目に、ベルを鳴らして喜んだあとは、
先生の手を払って、自分でしまいこんでました。
びっくり


本日司会も子どもたちが分担しています。
やがて、「だしもの」を紹介するボンズの番がきました。

「つぎは・・・」
「おわらいです」
「お笑いグループさん」
「お願いします」

と、先生の言葉にならって、お役目を果たそうとするボンズ。

を、仲間たちが静かに見守ってました。

そして、
「がんばれ」
とか、
「ボンズかわいい~~~」
なんて声があがり、


あーーーボンズも仲間として受け入れてもらってるなー。
かわいがってもらってるなー、と感動しました。

並んでる間も、隣の子がちょっかいかけてきたり、
さりげなくボンズのフォローをしていたり、

ボンズもやりかえしたり(←笑)、
フォローをすんなり受け入れてたり、
なじんでるなじんでる~~~って感じなんですよ。

普段は2クラスに分かれているのですが、
いつも一緒の3人は、

「もう名前覚えてます! 日直さんの時、
私が言わなくても自分で”○○君、元気ですか?”って、
聞けていますから」

と、先生に言われた通り、しっかり覚えてるんでしょうね。





そして今回は新たなボンズの性格がわかりましたよ。


途中で中だるみというか、飽きちゃったんでしょうね。
窓の外を見てぼーーーっとしていたところへ、
ボンズの出番で呼び戻されました。


「次はマジックです」
と、言わなくてはいけないところ、


「これで、終わります」


勝手に終了宣言?


「まだだってー!」
「え~?」
「終わらないー」

みんなが一斉に声を上げて、笑ったり、こけたり。


それでニンマリしたボンズ、
しつこく、

「おわりま~す」
をくり返してたんですよ!


ウケたら、嬉しい! ってやつですよね??


その後も、クイズを出題する大役がやってきたボンズ。


クイズは全部で5門あり、クラスメイトK君と2人で担当します(してたか?)。

K君は自作の絵で、
「アルマジロはどちらでしょう?」
など出題。

他の子どもたちと、担当しなかった2人の先生が回答者。
みんな真剣に考え、回答を聞いて、表に正答の数を入れていきます。


3問目が終わったところで、

「ボンズ君の番だよ」」

と、司会が変わったので、


ボンズにクイズの出題ができるか???


とカメラ抱えて見ていたら、


「ボンズの、好きな、ラーメンは、どっちでしょう?」
と、言うよう促されているボンズ。

どうやら手には、醤油ラーメンと味噌ラーメンの写真(笑)


ボンズは妙なテンションのまま、笑い飛んだり、体をくねくねさせて先生にまとわりついたり、
嬉しくて、照れくさくて、誇らしくて(?)楽しくて、全然出題者になれていません!


早くも問題を理解した子どもたちが、
「A(醤油ラーメン)だよね~」
なんて回答し始めているのを見ると、

あーーこないだみんなで外食したから、
その時のこと覚えてくれているんだな~と思いました。


先生に促され、「A醤油ラーメン、B味噌ラーメン、どっち?」と、
言わせようとしているのに、

「こっち」

と、A醤油ラーメンの写真をタッチしてしまう出題者・・・orz

ボーナス問題かよっ!!


もちろん、みんな正解です。

そして最終問題。


「ボンズの、好きな、色は、どちらでしょう」

と言わせようとしている先生・・・にクネクネげたげたのボンズ。


「Aみどり、Bあお」


またもや、出題された途端に、

「緑だよね~」
と回答し始めるお友だち。

感涙。。。

みんなボンズのこと、よく見ててくれてるねーっ。


「うん、今日も緑の服着てるしねっ」


あ! そうだ(笑)
休み明けで、テンションあげあげで行ってもらいたくて、
お気に入りのTシャツを着せたのでした。


「それじゃあ、ボンズ君、正解を教えて」
と、グダグダになったボンズに「緑」と「青」のカードを見せると、


何を思ったか、

「あお」

と、ボンズ。

「え~~~?!!」

先生も思わず「えぇー?」みんなも「えー!!!」。


そしたら、ボンズ、またもニヤリ。

「あお、あおー、あーお~~~♪」
と、テンションUP!!


それからも何かっていうと、
「今のウケた?」
と、反応を見ているようで、

本人も思いがけなくウケると、しつこく繰り返していました。
そういう気持ちも、育つもんなんですねー。


その後、サプライズでサンタさん登場。
サプライズっつーくらいですから、何が起こるかは知らされてないのです。


ボンズは、サンタの登場に一瞬かたまり、
そして思わず逃げ・・・ましたが、

「あ、N先生だ」

と、わかったのかどうかは定かじゃありませんが(笑)

逃げた位置のままかたまってみてました。

そのうち、プレゼントが配られるとわかって、
自分から席に戻り、受け取って、大事に抱えてました。

配り終えられると、落ち着いたのか、もらったプレゼントで、
サンタさんがみんなにしゃべってる後ろでツンツンつついてみたり。


最後はみんなで(親も一緒になり)ゲームをして、
みんなのお手製ケーキを食べて終わりました。


スペシャルケーキ


いや~、ボンズ見たさで行ったクリスマス会ですが(一人でビデオとカメラと両方で撮影しようと奮闘してました、笑)、
他の子たちのかわいいこと!
仲良しなこと!
そして成長!!

ものすごく、楽しかったです!!

おかげでこの日のスケジュールしんどかったんですが、
ンなことぶっ飛びました。
(疲れはぶっ飛びませんでした・・・orz)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

サンタを信じてる?

Category : パス付記事
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

頑張りすぎ?

Category : 1年生
先日スポーツショップで、ボンズのスキーを購入してきました。

ボンズがスキーですってよ。
有り得ます??

「へ? ボンズもやるんですか?」
って、
小学校の担任の先生に素で聞き返してしまいました。

やる、そうです。。。


で、一式そろえにスポーツショップ。


デイサービスの送迎をキャンセルして迎えに行き、
予告なしでスポーツショップ。


幸い、どちらもイレギュラーですが、OKでした。
サプライズの好きな自閉症児かも(おおげさ?)。


ところが。


時期的にすごい混雑。
特に、スキー売場はすごかった。(他見てないけど)


板を選び、
金具を選び(ってそんなもんなんでもいいわ!)、
ストック(って言わないのよね、今は、ポール?)
ブーツを選び、
ケースを選び、
グローブを選び(グローブて・・・手袋でいいじゃん)


ボンズはなぜか、22センチの靴(ブーツね)にこだわり、

「ジャストサイズ21センチ」
と言われたブーツを頑なに拒否。

なんで?

全く同じ物のサイズ違いってだけ。
履いたわけでもないうちから、
「絶対こっち」
ってギャオギャオ開始。


いやー。
ここまでよく頑張ったから、パニック起こしても全然不思議じゃなかったんだけどね。

「最初に見せたからかなぁ?」
とかいろいろ考えたんだけど、
結局は疲れて「八つ当たり」に近かったのかなぁ? とも思う。


しかし・・・


その後、手続き上の待ち時間で、
静かに座ってたので、隣に座って、

「お店暑いね。疲れたね。人いっぱいだね。よく頑張ったね」
っていちゃいちゃしてたら、もたれかかってきたボンズ。

やっぱお疲れなんだね~。

ボンズ、店内暑いのに「つなぎ」着てるしね。


上半身だけ脱がしてやって、
首元から「ふーふー」と空気を送ってやっていたら、
どうやら気持ち良かったみたいで、

「やって」

と。
一旦やめたら、再度やれと要求されました。


ハハ、貧血起こしそうなくらい「ふーふー」。


そのうち、袖をまくってポリポリとひじの内側をかきはじめた。

「かゆい?」

・・・って、なんかジンマシンぽい。。。


よくこんな混雑した店内で、

「こっち来い」
「どっちがいい?」
「持ってみろ」
「履いてみろ」

って、何度も言われ続けて、
パニック起こすどころか、言われた通りにしていたことがびっくりで、びっくりで。


でも、、、、

これってもしかして「頑張り過ぎじんましん」?


頑張らなくていいのに・・・
って思ってしまう。

パニック起こされたら、こっちも困るし、ぐったり来るんだけどね。

でも、頑張ることで、こんな風に体に不調が出るなら切ないなぁ。


「頑張ったねぇ。。。」


頑張らなくていいのにね。

ハハみたいに「イヤなもんイヤだ!」ってすぐにキレてしまえばいいんだよ・・・


実はこの日、順調にお買いものは進まなかったんですよ。
担当した店員が、のっけから態度悪くて、
二言目くらいにキレました。

瞬間湯沸かし器?

久々にキレて、「おまえじゃダメだーー担当変えろ!」と暴れてきました。


だけど、ボンズはパニック起こしたら抑えられるし、
連れ出されたり・・・
誰も気持ち聞いてくれないもんねぇ。

つらいねぇ。


ところで、2年くらい前に、おもちゃのスキーを見つけたボンズ。
やりたいやりたいとすごい張り切ったんだけど、
履いた瞬間激怒しました。


「動かないーーー」
って感じ。


ピングーのビデオとか見てるから(ピングーがスキーを履いてた)、
乗ったら「スーーーっと動くもの」と思ってたみたい(笑)


それが体育の授業で・・・なんて、、、
できるのぉ??

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ボンズのクリスマス&冬休み突入!

Category : 7才
我が家のクリスマス、ごちそう&ケーキを食べる日、サンタが来る日、それぞれ別でした(^^;

23日、ボンズが休みだったので、チビ(弟)と三人で手をつないでケーキを買いにケーキ屋さんへ。
予約してなかったので、「店頭に並んでるだけ」と言われたこともあり、
店内に入るやいなや、他のお客さんが迷っている横で「コレください」と、
イチゴとクリームのデコレーションケーキの一番でかいやつを即決。

その後、会計をして待ってたら、
ボンズ的には「空白の時間」と思ったんだろうね。

実際には店員さんがケーキを箱に詰めてくれてたんだけど。


「・・・・すいませぇ~ん」


と、店員さんに向かって声をかけていました(笑)

その「すいませ~ん」の言い方が、
本当に申し訳なさそうで、でも「ものいい」って感じで、
店員さんにも聞こえていて、ちょっとほのぼの笑えました。


ろうそくに火をつけて「せーの」で「ふー」をしたかったんだけど、
ボンズは「せーの」で、

「はっぱってーちゅーちゅうー」

と、歌いだしてしまいました(笑)

確かに(^^;



そして翌日の夜、

コッコ姉ちゃんとチビスケは、

「サンタさんがく~る♪ サンタさんがくーる♪」

と踊りながら寝室へ。

ボンズはどう思ってたんだろうね?

あまりに姉と弟が「サンタさんがくるー!」と騒ぐもんで、
犬まで「誰かくるのか?」と玄関でスフィンクス座りで待ち構えていたよ(笑)


夜中はコッコ姉ちゃんがおもしろかった・・・
が、
その話はチャンスがあればいずれ。


朝、コッコ姉ちゃんが、

「ボンズ! プレゼントだよ!」

の声で、がばっと起き上がり、
一目散にラッピングされたプレゼントを見つけて駆け寄った動きを見ていると・・・


ボンズも「サンタからのプレゼントが届く」ってわかってるのかなぁ?
とも思えました。


そしてプレゼントは、
例年のごとく何が欲しいかわからないので、
サンタ代理であるハハの独断。

今年はドンピシャでした(*^^)v

プラレール トーマス トーマスとパーシーのナップフォードステーションプラレール トーマス トーマスとパーシーのナップフォードステーション
(2012/11/08)
タカラトミー

商品詳細を見る



プラレールトーマスシリーズの新作おもちゃで、
近所のスーパーでも山積みにされてたのを目撃したことあるんだよね(ボンズが)。

そして、学校行事で地下鉄に乗ったこともあり、
地下鉄ブームも来てるし、「駅でしょう!」と決めたんだけど、


これ、小さな踏切(?)もついていて、
そこを通過すると、チンチ~ン♪ と音がするの。

それで踊り狂ってました。
いやー、良かった良かった。


朝、まだ暗くてカーテンも開けられない中(ハハの目も開いてない)、
電気つけて遊んだあと、学校へ・・・


そう、25日はまだ学校があったんです。


「遊び切り上げられるかな~?」
って心配もあったんですが、そこは早起きして一通りおもちゃを確認できたことと、
学校に行くことが大好きなのでクリアでした。


さっぶーい中登校、ハハとチビスケ、犬を連れて戻ってすぐ買い物、
雪かき、掃除!

そして昼にすぐお迎えに・・・


今日はボンズにとって「初めての終業式」だったのです。

一学期は病欠したので、
本人にとっては全く自覚のないまま長期休暇に入ったんですよねー。


「しょーがっこう!!」
「らんどせる!!」

と、連日怒られ続けましたよ・・・orz

だから今回は先生に、
「学校いーっぱいお休みだよ! ってこと、伝えてくださいね」
ってお願いもしてたし、


前回(夏休み)の経験もあるだろうし、


一日の流れを知らせるスケジュールも作りました(この話もいずれ)。


だからこそ、
先週胃腸炎で休まれた時はびびりました・・・

「このまま冬休みに突入したらどうしよう??」
って(笑)


迎えに行ったら、

「ボンズ君初めての終業日だから、
教室の掲示物をはがすたびに大泣きしてました」


と言われて、
初めてハハも「初めての終業式」に気づいたくらい(^^;


でもだからこそ、

「明日から冬休み!!」

が、理解しやすいかな~と期待もしているんですが。



冬休み初日の昨日は午前中ゴロゴロしたり、
お友だち家族がやってきて狂喜乱舞♪

午後からデイがあり、無難に過ごしています。

そして今日は朝からデイの日。
明日は午後からデイ・・・

で、そこからしばらくお正月休み。
ボンズにとっては本当に休日が続くのですが・・・


混乱なく過ごせるといいなぁ(^^;

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ハハもADHDかも

Category : 診断・診察(病院)
こないだ「告知には早いが周囲が限界の時は?」で、コッコ姉ちゃんの話を書きました。

その時もガーン・・・だったのですが、
さらに翌日もガ~ンなことがあり

翌週、ボンズ診察日があるけど、コッコの相談もしたい!
と、病院に打診してました。

幸いOKをもらい、これらの話をして、

「本人の心がけが必要という意味で、告知はどうか」

と相談しようと思ってました。


幸い(?)ボンズがダウンして病院には行けず、
さらに年末差し迫った昨日に無理やり予約を入れてもらいました。


昨日、ボンズがデイに行ってる間だったので、行ってきました。


言いたいことは山ほどある! とばかりに、
これらの話をしたら、


「ちょ、ちょ、ちょっと待った・・・

お母さん、コッコちゃん待てないんだよね。

でも、これ、お母さんも同じだよ?」

と、キツク言われました。


ほへ?


「他の人は2~3ヶ月に1度しか会えないんだよ。

確かに、子どもがいじめにあうかも? なんて、担任に言われたら穏やかじゃない。

でも、お母さんもコッコちゃんと同じ状態に見えたなぁ~」


告知なんてとんでもない、
コッコに悪いところなんて何にもない。

むしろ、先生の姿勢が問題。
必要ならば、僕が間に入って話してもいい。

クラスの空気なんて、
先生次第でどうにでもなる。


というのが、医師の答えでした。


ハイ。
耳が痛いです。
ついでに恥ずかしいです。(穴掘って隠れたいくらいです)


例えばコッコが「おまえが言うか?」的な発言をしたり、
キャパを超えた立候補があって、

周囲がドン引きしたとしても、

「え? みんなは身に覚えがない?」

なんて担任の声かけで、流れはいくらでも変えられると思う、
と言われました。

その考えも納得なんですが、

あの先生は、今の、特別支援教育の流れが起こる前からたぶん「ベテラン」と呼ばれ、
たぶん、教師の使命は学力向上と信じて疑ってないのでは?
と思える人なので、


・・・早い話、新学期に担任変わるかもしれないし~♪
って考える方が、こちらとしては楽なのです(^^;



続いてボンズの話。

学校へ行くのが楽しくて、嬉しくて、
学校ぐるみでボンズの成長を楽しんでもらっていて、
これ以上望めないほどの状況であることを伝えました。


ただ、

女の子を見つけると手をつなぎに行く行動が、
親や教師にはほほえましく、「成長」を感じさせられることでも、


「もしかして中には本当に嫌がってる子がいるかも」

ということを心配していることを伝えました。


医師は、教師の反応を確認しました。


え~っと、N先生は、報告を聞いたら、
「そうですか~」
と、目じりを下げていらっしゃいました(笑)

なので、ほほえましい成長の一つであることは理解されてます。

ならば・・・

「お母さんはその場で、ごめんねーって(相手の子に)言ってればいいんじゃないですか」

と言われました。


でも、相手にごめんねと言うことは、
ボンズにしてみたら、「親が謝らなきゃいけないことをしているのか?」って勘違いさせてしまうことにはならないか? と心配なのです。


医師の答えは、学校に任せておくべき。
何かあったらその時は考える。

もし逃げられてボンズが傷ついているのなら、
もう追わなくなるのでは?

ということでした。


ハハは心配性?


う~ん、

なんか、一人空回りしてることを突き付けられて、
なんかどよ~~~ん・・・です。

医師から見たら、コッコは何にも悪くないし、
「自己中で空気読めないオトナなんていっぱいいるでしょ」
ってことだし。

そりゃわかるんだけど、

「だけど打てる手があるのなら・・・」

って思ってしまうんだよねぇ。



さらに最後に、

「先生、やっぱりこの人ももう一回診て(診断して)もらえませんか?」

と、一緒に来ていたチビスケを指しました。


苦笑する医師。

「去年一度診てもらってるんですけど、幼稚園から言われたことがやっぱり気がかりなんです」


幼稚園からは、
「一度の声かけで行動に移れることが皆無、常に全体に声掛けした後に個別の声かけが必要。
ピアニカの運指ができない」
等、言われてました。


それだけなら・・・まだほっとくんですが、

いまだにエスカレーターを怖がり、
トイレにある手を乾かす「ぶぉーーー」ってやつにおびえるんです。


その話をしても、医師は、

「ぜ~んぜん、気にならないじゃないですか」

と、おっしゃる。

さっきから何度も、話の最中に「ねぇねぇ」って割り込んでるのに?
コッコ姉ちゃんと全く同じことやってるんですけど・・・


「お母さん、傷つけないで育ててくださいね」


ボンズの時にはさ~、

「なんで気づかないの? 2人目なのに?」

って言われたし(別の医師です)、

その後コッコ姉ちゃんもナニか持ってて、

その弟だもん、

「もしやコイツもナニか??」

って思っても不思議じゃないじゃんねー。


ホントに何でもないんならいいんだよ。
おかーちゃんは心配性、で済ませられるなら。

だけど、

「あの時もっと手を打っておけば・・・」になるのがイヤだから、
こうして過敏になっているのです。


「せっかくお母さんに甘えるようになってるんだし、
成長がゆっくりなだけ」

という医師の言葉は、コッコの立場にしたら救いですけど、
だからと言って、このままほっといていいのかな~? って気が焦るんですけど・・・


まぁね。

うちもコッコ見てて思い当ること山ほどあるので、
もしかしたら、診断受けたらADHDと出るのかもしれません。
自閉よりこっち(ADHD)かな~と思ってたし。

だとしたら、うちにももっとひらめきとか才能とか眠ってると思ってもいいかな?(笑)
そろそろその才能にも目覚めてもらいたいんですけど・・・

眠ったまま本体が朽ち果てるのが先か・・・orz

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ボンズ、空気の読める男?

Category : 7才
いよいよ恐怖の長期休暇に突入しました。

今まで子どもたちのいなくなった時間に、
家の中を一斉に片づけ(一階部分だけですけど)、掃除をして、

「あーーー気持ちいー!!」

と、広くキレイな部屋で深呼吸。。。
してましたが、
今はそうもいかないので、しょうがなく、

「片づけるよ~~!」
と一声あげてから、問答無用でガーーーっとやります。


あ、クリスマスツリーを片づける時は、
もうちょっと慎重にやりました。

ボンズが大好きなクリスマスツリー・・・なので、
絶対抵抗は予想されます。


「明日、クリスマスツリーお片付けしようね」

前日から予告開始です。

「やだー」

「だってクリスマス終わったもん。また来年ね」

「やだー」


やだったって、なんだって、27日だもん、もういいしょ。

と、ボンズがいない時間に片づけました。
デイから帰ってきたら怒られるかな~と、帰宅した直後はちょっと緊張しましたが、
予告のおかげか、「クリスマスは終わった」が理解できたのか、
全く無反応。

(さらにその翌日、子どもたち三人でかくれんぼしている時にツリーを発見してしまい、「かえってきたらね!(あとで出せ)」連呼されてそうきたか・・・って感じでしたが)


思い返してみると・・・
ハハが掃除をしている姿を、ボンズは久々に見たのかもしれません。
(掃除が久々なんじゃなくて、ボンズいない時間にやってたからね!)

そして、その姿を見せるのは、非常に良い意味があったのかも。
と、後から思いました。

ボンズが、一生懸命片づけるようになったんですよ。


例えば、ソファーの上にコッコ姉ちゃんのモノが散乱していると、
食事も中断して飛んで行き、テーブルの下の収納に入れたり、

おきっぱなしのバスタオル(風呂上りにまっすぐリビングに来るコッコ・・・(-_-メ))を洗面所に片づけたり、
脱ぎっぱなしの靴下を見つけては洗濯かごへ(これもコッコの靴下)。
お菓子の包み紙があると、「赤(ゴミの仕分けマーク)ポイ!」と言いつつゴミ箱へ・・・


もーその都度大絶賛。
だってブラボーですよ!!
こんな几帳面な戦力がいたなんて、気づきませんでした(笑)


っていうか、
リビング一面にプラレールトーマスの世界を広げて、
一番ちらかしてるのはボンズ本人なんですがね(^^;


キレイ好きというのとはちょっと違うかも??
でも、きれいな状態を気に入ってキープしてくれるなら、そりゃ使えるかも。


でも、

実際のところは・・・


ハハがキレる姿を見たくない(怒鳴り声を聞きたくない)だけかも。。。


コッコ、何度言っても片づけませんからね。
最後はキレる、これ毎日くり返されてることなんですよ。

バスタオルをソファーに置きっぱなしとか、
脱いだ靴下、あちこちに散乱してるとか。

ボンズが靴下を見つけると、
自分がテレビを観ている時でも拾いに行き、

さらにもう片方を探して、

片づけに行きます。

これは、コッコが「靴下を片付けなさい」と言われると、
見えてる方だけ片づけて、後からもう片方が現れる・・・をくり返していたので、

「靴下片づけて。靴下は必ず2つだからね!!」

って、毎回言われてたんですよ。

言うこっちもクタクタなんですが、
聞かされる外野もたまったもんじゃない、ってことですよね。


「ハハがキレる前になんとかしよう」
という、ボンズの対処法だったのでは?


おもちゃをリビング一面に広げても、
毎日寝る前には全部片づけて、
セロテープが出しっぱなしであれば、それも収納棚に収納して・・・のボンズなので、
日中広げるくらい我慢しようと思ってるんですけど・・・。


年末のこの時期に掃除もできない、
歩きにくい・・・のは困りますけどねぇ。


とにかく、知能の(平均値が)高いコッコより、
自閉のボンズの方がよっぽど空気読めます!

ハハがキレだすと、チビスケと2人で気配殺してますからね。
ハハがキレてても関係なくどうでもいいことを話しかけてくるのがコッコ・・・


っつーか、
うちにはさらに空気を読む能力に長けたヤツがいます。
犬ですけど(笑)

ハハがキレそう・・・になったら、
そーーーっと逃げ出します。

犬の爪垢、誰かさんに煎じて飲ませてみたいものです。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

冬休みスケジュール

Category : 1年生
以前ちらっとお話した、
ボンズ冬休み用のスケジュール、これです。


冬休みスケジュール


いつになったら「しょーがっこー」行くんだよーーーと言われるのも問題だけど、
ほとんどのデイが、学校行ってる時と同じく午後からというのが最大の難関。

また、朝から迎えにきてくれるところもあるし、

「今日一日の流れ」
がわかったらいいかな~と。


それと、夏休みは「自由研究」だの「作品」はおろか、
宿題すら一ページもやらずに登校したので、
(こんだけスルーな小学生もいなかろうに・・・)


「家でも勉強するよ」

ってことで、それっぽい画像用意しました。


幸い、文字なぞりの鬼と化しているので、
嫌がることなく、

「えーやるの~?」的なノリではありましたが、
とりあえずスタートはできました。


ボンズの生活のお手伝いは「ゴミだし」なので、

今日は「赤マークのゴミ」「青マークのゴミ」というのがわかるように、
それも入ってます。これがポイントかな~。


幸い、終業式の意味がわかったのか、
前回の夏休みの経験が生きているのか、

「ま、たまにのんびりもいいもんだ」と思っているのか。

先週の金曜日で年内のデイは全て終了して、
完全オフな休日を二日続けてますが、

今のところは平和です♪


年内の更新はこれが最後かな?

いろいろ発見があって、意外と楽しい年末を過ごしてます(←戦々恐々としてましたから・・・)。


みなさまも良いお年を♪

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本