自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

懐く凶器  

お友だちをどつく行為がなくなったと学校から報告を得てましたが、
月曜日、朝のんびり校内を歩いていたら、本棚の本を眺めていた上級生をいきなりどつきました・・・

一瞬、目が点。

慌てて、
「ドン、だめ! ごめんなさいして」
と言うと、

「ごめね」

相手の男の子、怒ってたけどね。

まさか、直後にその子の母ちゃん飛んできて、「ごめんね、ごめんね」されると、それ以上怒れなかったみたいで、何とも言えない表情でかわしてくれた。

そりゃそうだろうな~。
怒りも表現できず、
「あー支援級の子かぁ」
と、自分を収める”間”も与えられなかったからね(^^;
ホント申し訳ない・・・

とか考えてた次の瞬間、別の子どつきました。

再び飛んでってボンズの手をつかみ「ダメ! ドンしないよっ! ごめんねっ」
と大慌て。

そしてすぐ目の前にいた別の子に手をあげ・・・


なんなの??


ボンズの顔は、「攻撃してやろう」とか「コノヤロー」って感じじゃなく、
誰かがすれ違いざまにボンズに触れたってこともない。

すれ違いざま触ったとか、ちょっと触れちゃっただけでも、「攻撃された!」と勘違いして、やり返す時期もかつてはあった。

でも、今回はあきらかにそれじゃない。
ボンズから近づいてって、「ドン!」って感じ。

・・・そりゃ~相手は怒るよ。
ケガするしないじゃなくて、気分悪いわ。



ボンズよりの見方で言い訳させてもらうなら、



「よぉ! アミーゴ!!」


って感じなんだよね~

・・・こんな言い訳通らないだろうけど☆


「やっほーキョウダイ! また今週も学校始まったな!」みたいな、
「じゃれあい」
・・・にしては、ちょっと乱暴で。

やめさせなきゃいけないことは間違いないんだけど、

・・・まぁ、懐く凶器、って感じ。



あ~・・・懐かしい、「なつく凶器」って昔から言ってたなぁ。

まだ歩けない時のコッコが、甘えながらよじ登ってきたら、恐怖で身も心も凍った・・・

カプ★って噛まれるんだ、肩あたり。


ボンズも体当たりで甘えてくるんだけど、
なんせ、ごつい。
ニコニコ満面の笑みで甘えてくるんだけど、こっちは身構えなきゃ・・・

「なつく凶器」

もしかして、この傾向ってずっと続いてたのかしら(^^;




そして、この時気づいたんですけど、
ボンズ、「お返事」するんですよ。


「ドンだめよ?」

「はい」

「お友だちエイしたら、学校これなくなっちゃうからね!」

「はいっ」


今まで全く返事とは無縁だったボンズ。

だけどこないだ、

「う・・・うなづいてる???」

ってなことがあり、そして今回の「はい」。


ハイって言われちゃうとそれ以上怒れなくてね~・・・


もしかして、そういうところ(返事したら説教が長引かない)も本当は理解してる??(^^;

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 12

泣いて叫んでお怒りで  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

ご縁の不思議を実感。  

先日、市内の支援学級が集まったイベントがありました。
そこで、いろんな学校の支援級の先生を見たんですね~。

ボンズの担任がN先生で、他に2人支援級の先生がいるのですが、
みんな大きな共通点があり、
「支援級の先生とはこういうもの」
というイメージが勝手に作られていたのですが、


この日、それが覆されました・・・( '∇')ウフフフフ



「いい? こうして待つのも! 勉強っ!
おとなしく待ってて! こうしていることもっ!! 勉強だからっ!!!」

徒競走の出走順を待っている列で、
”おとなしく”座って待ってる児童数名に向かって、
語気荒く、表情険しく、高らかに、力強く力説される若い女の先生・・・


みーんなおとなしく座ってるじゃーん。
そんなケンケン言われたら、ボンズなら何一つ(言葉を)拾えないだろうな~

って、それより見ているうちが怖くなるくらい(笑)

ある意味先生たちの博覧会になっちゃうのかしらね。
「うちの子たちはどこよりも立派に!」
と思う気持ちからかもしれない。



ボンズが担任N先生LOVE♪
なのは、若くてかわいい女の先生だから・・・ってことだけじゃなくて、

情報量の少なさが安心感を与えてくれるからだと思うんだ。

常に、小さめの、ささやくような声で、
優しく、短い言葉でボンズの行動を促す。
決して「行動に移すまで言い続ける」ってことをしないの。

これって、誰が聞いてもうっとうしいよね、
「わーったって!」って言ってるのに、同じこと言い続ける人・・・
人のペースってもんを考えてくれない人・・・。


あーこういう接し方をしたら、ボンズもパニック起こさず、話もちゃんと聞けるのかな~と思ってみてました。


ま。
アタクシにはマネしたくても、3秒くらいしかできませんけどね~ヾ(´ー`)ノ


保育園の時の加配のH先生も、物静かで口数の少ないタイプ・・・ではなく、
親と話す時は普通にキャハハと笑ったりするんだけど、
ボンズには、静かに、小さな声で、ゆっくり、少しずつ話しかけてたんだよね。


そっかー。
特別支援とはこういうものなんだーーー
と、先生たちに教えてもらった。


けど、
あれ? こういうテンション高めのがむしゃら先生もいるんだ。。。

支援級の先生といってもいろいろなんですね。
ボンズ、こっちの先生じゃなくて良かった、と思いました(笑)



その後、パパがボンズの付き添いになり、大玉転がしの競技に参加した時。
張り巡らされたロープを、児童が一斉に触りだしたようなのね。

隣にいた学校の先生が、

「ロープに触っちゃだめ! 触らない!」
と怒りまくってたんだって。

ボンズも、当然(?)触ってました。

その様子を見ていたN先生が、

「ボンズ君! ロープ触ってもいいからね!!」

って、大きな声で言ったそうです!(旦那談)


大きな声で言ったら、隣のおばさん先生に聞こえるじゃん。
それをわかった上での宣言だったのだろうと、

「N先生の強さを見た・・・」
と、旦那大感激。


ロープ張ってあったら、触りたいじゃん。。。
そんなの支援級の子じゃなくても、触るんじゃない?
それで列が乱れたり、
ロープがずれちゃったりしたら問題あるだろうけど、

「触るくらいいんじゃね??」
って思うよね。

どうやらそれがN先生も同じ気持ちだったんでしょう。
しかも、いっぱいいっぱいでやっとこ参加しているボンズも「怒られてる」ことになるから、
おっきな声でそれを否定してあげたんだろうね。


そっかー。
ボンズはまたいい先生とのご縁をたぐりよせたんだな~。。。(゚ーÅ)


なーんにも(やめなきゃいけないこと)する前から、ケンケン怒る先生だったら、
ボンズ萎縮しちゃって、こんなに学校大好きになれなかったかも。
一年生の1学期のうちから、ボンズ学校大好きになれたのは、
絶対に先生たちのあったかいフォローだもんね。


そう、そのイベント中。ボンズ大荒れ、大崩れ、大変お怒りでした。
朝から「長靴で行きたい」「会場内を探索したい」と主張され、

そりゃ初めての場所だもん、ウロウロさせなきゃ落ち着かないだろうとウロウロする時間は持てたんだけど、「まだ足りなかった」そうで。。。

でも決められた時間にはじめ、決められた場所に集まり、と、
やらなきゃいけないこともあり、その綱引きが大変でした。

しかもタイミング悪くハハ体調絶不調で、立ってるのがやっと。
旦那が休んで朝から参加できたので、
ボンズの付き添いは途中で代わってもらえたので、何とかなりました。


そして、泣いてわめいてお怒りだった割には、
ボンズ、全ての競技に参加して、楽しそうに帰ってこれたんですよ(笑)


ボンズはもちろん、親もどんなイベントだかわからないままの参加だったので、
N先生が言われたように、
「初めての経験、初めての場所で、全部参加できただけでもすごいですよね。
よくがんばりました」
ってことです!


そして、ヒトって会うべくして出会うんだね。

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 14

キーンコーンカーン・・・  

保育園時代からくり返し教えてもらってきた、

「貸して」

の、一言。
ちょっとずつ、少しずつ発せられるようになり・・・
でも、相手がちゃんと「貸してくれるまで」待てるかは微妙だったボンズ。

「貸して」って言ったら、
その後奪っちゃうこともあり。

でも今は、「かしてーかしてーー」と言いながら迫って、迫って、
相手にプレッシャー与えてしまってるんだろうけど、
力づくで奪うことが減ってきたんですよ(なくなったとは言いませんケド)。


家の中でも、姉ちゃんとDSの奪い合いだったり、
「かして~」
「かえしてー」
がくり返されています。


マリオブームは一段落していた我が家。
が、
昨日コッコ姉ちゃん(小5)が遊びに行った時に、お友だちに「我が家ではたどり着けなかったステージ」に行かせてもらったおかげで、
ボンズに再び火がついてしまいました。。。


姉ちゃんだってやりたいし、
見たことのない場面を見たら、ボンズもやりたい。

DSを抱え込んだ姉ちゃんのとなりで、
「かしてーかしてー」
「かえして~かえして~」
を連呼していたボンズ。

コッコ姉ちゃんはうるさがり、
でも、ボンズもあきらめつかない。

そんなやりとりを放っておいたら、

「かして~かえして~」連呼していたボンズが、


「きーんこーんかーんこ~~~ん・・・♪」


と歌いだしました。



ん?



一学期最後の個人懇談の時だったか、

「ボンズ君、中休みに外で遊んでいても、チャイムの音で教室に戻ってくるんですよ」

という先生の言葉に、びっくりしました。

「え? ボンズ放し飼い・・・いやフリーにしてるの? 校外逃亡しないんですか?!」

地元小学校と特別支援学校と見学している時、
「地元小学校って校門も敷地を囲う柵もないんだよね~」
っていうのが心配のタネだったハハとしては、意外な展開にびっくりしたものです。


先生の都合で、ボンズが普段と違う教室で授業を受けることになっても、
チャイムとともに自分の所属する教室に戻るんだそうです。


「すばらしい習慣が身に付いた! これを何とか家でも使えないか?
家でもチャイム流そうかな・・・」

なんて言ってたんですが、

応用は先にボンズがやりました。


「キーンコーン、ほら時間だから代わって!」
と、姉ちゃんに訴えてたんでしょうね。

こういうところ、賢いな~と思いますっ(笑)

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

ホッとした? ガッカリした?  

先月の脳波検査MRI検査の時にやった血液検査の結果を聞きにいってきました。


結果は、染色体も代謝もまーーーーったく問題なし!
なーーーんの異常もありませんでした。

だから今後、熱の有無にかかわらずひきつけなどの発作を出さない限り、
定期的に脳波を取る必要はないでしょう。

PDD(広汎性発達障害)の子はその他の子よりもてんかんになる確率が○倍~20倍なので、
思春期に入ると言われる中学生になった頃前後にもう一度やりましょうと言われただけ。


最初の説明の時に「ネガティブデータをとる」ために骨を折る、
と、思ってたくださいねって言われてたくらいだから、
「あーやっぱりね」
っていう結果なんだけどさ。


なんつーか・・・

「原因」があった方が対処法があるんじゃないか、とか、
例えば「この菌がボンズ君に生きづらさを起こしています!!」ってものがあれば、
「じゃーそいつやっつけちゃいましょう!」という展開になり、
未来はますます楽? って思えるじゃん。


だからと言って、ボンズが自閉症じゃなくなっちゃったら、それはもうボンズじゃなくなっちゃう気がして、それはそれで困る気もするんだけどね(^^;


何の異常もなくて、安心なんだか、結局ボンズの突然の嘔吐&発熱は原因不明ってことだし、振り出しに戻っただけ? って気がしないでもない。

だけど、次回の脳波とMRIは初回よりも気が楽に受けられるのかな? って気はします。
先週もOTでこの病院にボンズ連れてきたんだけど、
エレベーターに乗るや否や、

「三番!!」連呼。

どうやら三階に行きたいらしいのよね。
三階とは、病棟。

「アンタあんなひどい目にあったのに、まだ行きたいの?」

って思ったんだけど(笑)

OTは二階なので、二階を自転車に乗ってウロウロさせてもらったんだけどさ、
ボンズ的には頭の中にできた地図の確認をしたいだけなんだろうけどね。


ま、てんかんがありました、投薬で治療しますと言われても、
ボンズに薬を飲ませるのが大変なので、助かったとも言えます。

・・・が、気分的に微妙ーなのは何故?!(笑)

スポンサーリンク


category: 診断・診察(病院)

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

突然の予定変更に弱いハハ!!  

今朝!
突然!!
ボンズ、自立登校し(てしまい)ましたーーー!!!

もーーーびっくりで、
ハハ心の準備も、出かける準備もできてなくて、
姉ちゃんと2人で歩いて学校へ行っちゃったんですよっ。


この春、ボンズが入学して、弟のチビスケ(4才)は兄ちゃんとともに保育園を退園したので、幼稚園に入園しました。

入園前から、幼稚園バスの送迎時間を気にしてたんだけど、
ちょうど兄ちゃん(ボンズ)の登校時間とかぶっちゃうの。

幼稚園バスの送迎時間は今後もほとんど変わらないだろうと言うことで、
だったら違う時間に来てくれる幼稚園に変えようかと思ったくらい(笑)
・・・でも聞いてみたら、この辺ほとんど同時で大差ないのよね。


幼稚園バスを見送ってから学校に連れて行けば、
ボンズが遅刻ギリギリの時間。
ザワザワと騒がしい学校に登校するよりは(入学したての慣れない時期だし)、

いっちばーん♪ に静かな学校に登校して、
ボンズがペースをつかんでから授業開始、になった方が絶対いい。

幸い学校側も、登校指定時間前に登校することを認めてくださったので、
車でボンズを学校まで送って行き、教室まで付き添って、
チビスケに「走れ~~~」って車で家に戻って、幼稚園バスに乗せてたの。


でも毎朝車で登校ってどうなんだろ。
朝は絶対歩かせた方がいい。
入学当初は、パパがいる時やバアバが来ている時は、ボンズを連れて歩いて登校しようとしていたものの、ある時からボンズが、

「くーまいこっ」(車で行こう)

って主張するようになっちゃって、
「あーー楽覚えてしまったか。いつこのパターン崩したらいいんだ?」
って考えてました。


ま、最悪、ボンズが三年生になるまで。と腹くくったところでした。
ボンズが三年生になったら、チビスケが入学ですから、二人を連れて歩いていけば、時間気にしなくていいんだもん、とことん付き合おう~~~。



な・の・に、今朝。


「あるくいこー」

と、言い出したボンズ。


「今準備しているからね、ちょっと待ってね」
と、洗面所陣取っていたハハ。

「早く行こう」

って言われたと思ってたんですよね。


「あるく、いこー」

「・・・もしかして? 歩いて行こうって言ってる?」

まさかと思って聞き返したら、
すぐさま振り返って玄関に向かうボンズ。

ハイ、とか、そうだよとか言ってから去って欲しい・・・

ボンズ、「あたり」だったら即行動に移る。
「はずれ」だったら、しつこく繰り返す・・・
その法則があるから、こっちは理解できるけど、万人に理解されないよね。
だからこそ、「はい」「いいえ」の意思表示して欲しい~~。
最近、児童デイサービスに個別支援計画でお願いしていることって、このYes,Noの出し方なんですよぉ。


今日歩いて行こうったって、無理だよ。


そしたら、コッコ(姉ちゃん、小5)が張り切った。
「お姉ちゃんが連れてくよ」

えーーーでもぉーーー。
しばらく通学路歩く練習してないよ?

あ、でも登校時間だから、他の子たちが歩いていると、
その中に紛れ込みたがるかも・・・

でも、絶対車道に飛び出さないとも言い切れない。
いざって時に姉ちゃんの負担になるのも避けたいし・・・


「大丈夫だって! ボンズ、おねーちゃんと行こう」

と、ボンズを促すと、ついて行っちゃた。

でも、家の前の角を曲がると不安になったのか、二人が戻ってきて、

「やっぱダメだよね」
と思いつつ、再びどうしたもんだか頭の中ぐるぐる・・・


「ボンズ、ママ今日は歩いて行けないよ、間に合わないもん。車で行く?」

「あるく、いこ」

「ママ、大丈夫だよ。ボンズ、ママ待っててね、しなさい。いってきまーすは?」

「いってきます」

ホントか? ホントに行くんか? おまぃらだけで??
と思いつつ、

「いってらっしゃい」
と手を振ると、振り返りつつ2人で手をつないで歩いていきました・・・


みんなで歩いて行ったら、バスの時間までに戻って来れない。
かと言って、チビスケをまだ一人で留守番させたことがないので、短時間とは言え家に残しておきたくない。

チビスケを車に乗せて、車で追いかけるか?
しかし、どこで車を止めて見守る? この朝のラッシュ・・・(^^;
しかも、せっかく歩いて登校しようっていうのに、車でなんか追いかけて、見つかったら絶対乗りたがる。それは避けたい気もする。

じゃあ自転車で追いかけるか? チビ乗せて?


通学路で一ヶ所だけ、幹線道路を交差する信号を渡る箇所があるんだけど、
そこを通り過ぎたら、同じ小学校に登校する流れに乗って学校まで行ける気がする。
しかもそこまで行っちゃったら、「もう学校に行くしかない」ってポイントになりそう。
そこまで行く前に戻ってくるなら、途中で出会えるだろうし、
交差点超えるところだけチェックしたら後は行けるかも!


チビスケは家で遊んでるというので、自転車で単身追いかけました。

まだ近所にいるなら、見つからない方がいいので、曲がり角は慎重に。
一本ずれた通りにも気を付けながら、幹線道路に。

・・・姿が見えない。

え? そんな順調にちゃっちゃか歩いてる??

信号のところまで進むと・・・いた!

もう二人は手をつないでおらず、並んで登校する児童の流れに紛れ込んでるよ。


ボンズ、実は、新一年生のシンボルでもある黄色いカバーをランドセルにつけてません。

ボンズが自分で選んだ青いランドセルだし、
いつも親が一緒に登下校だし、と、なんだかんだと理由をつけて。

だけどこうして姿を探す時には、「つけときゃよかった」と思いました(笑)

「うわ~・・・これは行けそうだなぁ・・・ほっといていいのかなぁ・・・」

悩んで、迷って、学校に電話しました。
教頭先生に事情を話すと、

「わかりました~、じゃ、学校についたら電話しましょうか?」

とおっしゃっていただけたので、お言葉に甘えてお願いしました。

それから、学校からの電話がかかってくるまでの15分間・・・長かった・・・
長くて、待てなくて、思わず庭の草むしりしてました(笑)


支援級の先生(ボンズの担任ではない)から「ボンズ君きましたよ~」の電話があり、ホッとしたのと同時に、学校にいきなり任せっぱなしになったことが申し訳なくて、

「すいません~~~いきなりだったので、どうしたもんだかと思ってるうちに行かせてしまいました~~~また対策考えますので~~~」
と平謝り。

「お姉ちゃんに話を聞いたところ、いつも車で曲がるところを曲がると頑張って、そこを通学路に引き戻すのに大変だったようですけど、これからボンズ君を思いっきり褒めてあげようと思います」

そう、通学路は、渡る信号も曲がり角も全部指定されてるの。
車の時は、一本手前の道路を曲がって学校の裏に車をつけているので、ボンズはそこを行こうとしたんだね。

入学直後、歩く練習の時は、
「車はこっち、歩く時はあっち」
ってやってたのに、忘れちゃった?

姉ちゃんが疲れてたようですが(おそらく心労だな)、
ボンズが一人で(姉ちゃんと、だけど)学校に歩いていくなんて、何年先になるんだ??と思ってたところだから、いきなりすぎてこっちが変化についていけません!!!


しかしなんで突然「歩いて行こう」と思ったんだろう?

「ボンズ、次は二年生だもんねー」って言ったから?
周囲に目が行って、「みんな歩いている」と思ったから?

あ、暑い日が終わって、歩き日和になったから??


結果として、ハハ登校に付き添わなかったので、ものすごい楽をしたんですが、気持ちの変化についていけなくてまだドキドキしてます。
しかしチャンスだ、明日からどうしよ。。。

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

徒歩通学、復活二日目  

いきなり自主登校した昨日は、週に一度のデイのない放課後。
「帰りも歩くっていうかなぁ?」
「いや、コンビニっていうかなぁ。。。それならランドセル背負ってコンビニは避けたいなぁ」

迷いましたが、旦那が帰宅していたので、全員(チビも降園してたので)で車で行き、
校内にはハハ(と、チビ)が迎えにいきました。
そのまま歩いて帰りそうなら、パパにはそのまま車で帰ってもらおうと思って。

夫婦二人で教室まで行ったら、「病院いこ!(OTとか主治医とか耳鼻科とか)」って言われそうだしね(^^;


そしたらいきなり「病院いこ!」

・・・なんでやねん(-_-メ)

と思ったら、本人も「間違った」と思ったのか、
「コンビニいこ!」
と、言い直し(訂正の得意な自閉症児ここにあり)。



そして夜。

「学校いこ」と、ランドセル背負うボンズ。

なんでやねん(-_-メ)

「明日ね、明日また学校だね♪」

「あるく、いこ」

明日は旦那が休み! チビスケの心配なく、ボンズと行けます!

「うん♪ 明日も歩いて学校行こうね~~~♪」

「あるく、いこ、こっち!」

ボンズ、「こっち」でハハを指さし。

「おぉ~~っと、ご指名ですか♪」

そこですかさずパパ現る。

「ボンズパパと行こう~、パパ、ママ、どっち?」

「こっち」

すかさずハハを指さし。

どうです~~~意思の疎通できてますよね~~~。
そこが一番感動。

そして、
「あーやっぱり今日もハハと一緒に行きたかったんだなー」
と思うと、申し訳ない気持ち。


コッコ姉ちゃんはと言えば、
「明日もボンズ、お姉ちゃんと学校いこうね~~~」
と、ラブラブ。



そして今朝、コッコとボンズと三人で「いってきまーす」と玄関を出る。
三人で盛り上がり過ぎたのか、
「チビも行きたい~~~」
と、チビスケに泣かれてしまいました(もともと超ママっ子)。


「昨日はコッコ姉ちゃんが一人で連れてってえらかったね~。大変だったでしょー。先生たちも姉ちゃんが疲れてたって言ってたよー」
と、労をねぎらいつつ、昨日の様子を聞いていたら・・


背筋が凍るところがありました。


家を出てからしばらく、振り返っては足を止めたりしていたボンズ。
そのたびに姉ちゃんは、ボンズを説得したり、脅かしたり(←こっちの方が多かった様子)して先に進んだんだって。

信号を渡った後、

「風で帽子が車道に飛んでっちゃってさー」


( ̄□ ̄;)!!


さらっと言うけど、それ最悪のパターンじゃん!


入学直後、一番先に問題になったのもそこ。
ボンズ、帽子と上着をつなぐ(100円ショップの)クリップつけてくれなくなっちゃって。

保育園時代はずっとつけてたんだよっ?


紅白帽子じゃなく、自前の帽子をかぶりたがるとか担任の先生に聞いたこともあり、
「帽子つながせてくれない~~」
ってことを担任にも話しておきました。


「もしかして小学生の自覚なんでしょうか?
しばらくはボンズ君の気持ちを尊重しましょうか」


っておっしゃっていただけたこともあり、
そのうち学校の授業や行事では紅白帽をかぶってくれるようになったし、
通学はほとんど車だったし、チェック怠ってました。


「ボンズ、よく帽子追いかけなかったね・・・アンタも・・・」


コッコ姉ちゃんが慌てて車道に飛び出す心配も大アリなんだよね。
責任感があるというのもあるけど、気質的にも・・・(汗)


「そこに通りかかった車がねー○○先生だったから、拾ってもらった!」


その話を聞いてからと言うもの、風が吹くたびに、

「ボンズ、帽子押さえる!」

と、後頭部押さえてました。

こうやってボンズ覚えてくれないかなーと思ったら、
姉ちゃんも昨日からやってたみたいで、

「ツバの部分だと逆に帽子を飛ばすかもしれないから、
後頭部押さえるようにしよう」

と、姉ちゃんと作戦を練れるなんて・・・(゚ーÅ) ホロリ


昨日は曲がろうとしてもめた曲がり角。
車だとここを曲がるんだけど、

「歩くはこっち」

と直前に言うだけであっさりクリア。


「昨日はねー、もう姉ちゃん知らないからね! こっち行っちゃうよ!」
と、ボンズに背中を向けて歩きだしたら、
ボンズが慌てて追いかけてきたんだって。。。


・・・あんた、それってものすごい危険な賭けなんだよ。

確かに母ちゃんよくやってるけどさー。
最近あわてて付いてくるようにはなったけど、
ちょっと前まで、

「あっそ。じゃオレはこっちで・・・」

って、全然効き目なかったんだからー!


まぁ普段からボンズは姉ちゃんの言うこと聞くし(やっぱり姉の存在は理解してるみたい)、
学校でも休み時間は、ボンズと一緒に外にいたりしてるんだって。

体育館で顔を合わせたとか、すれちがったとか、
顔を見るたびニタニタして笑いながらよってくるらしいし、
「お姉ちゃんのいる学校にいる、っていうのは大きいなー」
って思ってたところでした。


今日は玄関でバイバイした姉ちゃん。
昨日はボンズを教室まで送っていって、それから自分の教室へ。
その後また友だち引き連れて、ボンズのクラスに戻っていたそうな。


今日もボンズの教室に友だち引き連れてきたので、
その隙にハハ引き上げ。
そしてチェックポイントの写真を撮りつつ帰ってきました。

今日は良かったけど、明日からどうしよ。

パパに頼むには、パパの出る時間が早すぎ。
コッコ姉ちゃんはボンズと2人で行きたいみたいだけど、
ボンズはママと一緒がいいみたい。


チビスケの見送りの時間まで一緒に歩いて、
「じゃ、ママはこの地点で戻るからねっ。後は姉ちゃんと」
っていうの、アリかなぁ?
危険かなぁ?


最近、かなりのことを理解している気がするので、
言えばわかってくれる気もするんだけど、
なるべく負担はかけたくないしなぁ。

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 10

実は不調なボンズ  

最近、「おしまい!して」と、帰宅後すぐにスケジュールのところに行きます。

「今日」に斜線を引いて、明日のところに赤い枠をずらしながら、「明日は学校行ってデイです」とか、「日曜日、お休みです」とか確認をすると、


スケジュール変更
画像使い回し・・・汚くてすんません・・・


月刊スケジュールの下にある個人の一日スケジュールポケットに、
ボンズ自ら写真を入れて完成させます。


スケジュール


一連の流れを、ボンズの要求に合わせてやると、すごく満足そう。
毎日スケジュールが決まってることや、「明日の予定」が理解できてるのってものすごく使えるありがたい!


大好きな病院が月刊スケジュールにあるのを見ると、
ついそこに赤枠をずらしてしまうのはずっとあるんだけど、

最近は、放課後デイのない火曜日に赤枠をずらしてしまうことが続き、

「もしかして、放課後はまっすぐ家に帰りたいのかな?」
と思い、木曜日に行くはずのところを月曜か水曜にずらせないか問い合わせたりしてました。
(そしたら月、水、金とデイで火、木は放課後予定なしに)


が、
一昨日の火曜日、唯一の放課後デイのない日の様子を見ていると・・・

どうだろ? コイツ、コンビニに寄ってアイスと肉まんとか、
好きな物買って帰れるところが気に入ってるだけでは?
って気もしてきました(笑)


デイは満杯で移動は無理とのことで、様子を見て時々お休みを入れることでこのまま行こうかな~と思ってます。
やめちゃうと、また戻るのは難しいしね。


その、お楽しみ火曜日の放課後も、コンビニにいってアイスと肉まんを買って帰ったんですが、
その前に車の中で大号泣。

原因は、信号か? って気もするんですが(右折の時に歩行者信号が変わっていると騒ぐ。特に不調の時は)、
その前に先生に怒られてぐずぐずしてて、教室でも同級生に八つ当たりしたり、
不調ではあったんですよね。

せっかくコンビニに行っても、商品を選べる楽しさを味わうどころか、
しゃくりあげて止まらなくて、つらそうなくらい。

家に帰ってアイスを食べながら肉まんを食べてても、
まだ治まらなくて、味わうどころじゃない。

なんだろなー? とは思ってました、が、


昨日、水曜日のいつもご機嫌で通ってるデイから、
またもや号泣しながら帰ってきました。

「信号ですか?」

と迎えに出ると、どうもそうじゃない。
来る時は機嫌が良かったのに、どういうわけだかだんだんと妙なテンションになって、
そのうち一緒にいた子に当たり出し、反撃され、さらに興奮したところを止められて、さらに号泣という悪循環へ突入。


「お母さんが以前に不調のサインと言ってた、エアにぎりとか、エア拾い、エア食べの動きが増えてきたな~と思ってたところなんですけど」


と言われ、
今まで考えてもいませんでしたが、

「もしかしたら・・・今、学習発表会の練習が入っていて、毎回参加しているようなのですが、それが負担になっているのかも」

それを聞いたら、デイのスタッフも納得!って顔をされてました。


ボンズは一年生の劇で、きつね役として出演します。
「ありがとう」と言うセリフもあります。
出るのは嫌がらず、それどころか下がりたがらずに困るくらいだとか。


でも・・・キャパオーバーなのかもしれませんねぇ。


大騒ぎで帰ってきた割には、家では落ち着いてました。

落ち着き、家あそびのお供は、最近はこちら・・・


トーマスカーズランド

カーズのレジャーシートをあげたら、そこでカーズトミカとプラレールトーマス集めて、ボンズワールドの完成です。
広げた綿は、「ゆき!」だそうです。




今朝も、ボンズご指名で学校まで「あるくいこー」してきました。
このまま学校へは徒歩で、を、定着させたいです。

早めに出発して、学校の前でチビスケを自転車に乗せて爆チャリして帰宅。
幼稚園バスにも間に合い、朝は、いい感じ♪

だけど、体中がいたーーーい(ToT)

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

良い先生の条件  

最近考えごとをしていて、突如明確になったことがあります。


良い先生に恵まれてきた・・・
と、常々感謝していますが、


発達支援教室で初めて出会ったM先生。
最初の保育園の加配N先生。
転園先の保育園の加配H先生。
小学校の担任N先生。


みんなタイプは違います。


それに発達支援教室や放課後(等)デイサービスのスタッフ。
担任以外の先生方を含めて、

「良い先生たちに巡り合えた!!」

と思う瞬間が多々ありました。


それがなんなのか、端的に表す明確な言葉に思い当ったのです。





みんな、ボンズをおもしろがってました(笑)



知識や経験が豊富で、実績(どんな??)を積んでこられた、
「なんでも相談してください」タイプの方よりも、


「ボンズ君が今日~~~して泣いてましたよーーーあっはっはーーー」な人の方が、愛情の深さを感じられるんですよ。
一歩間違えば感情の行き違いになりそうな行為ではありますが(笑)


あ、「アタシ(オレ)は知識、経験が豊富。なんでも相談しちゃってください♪」的な人と出会ったことがないことも関係しているのかもしれません。

もちろん、相談、解明を求めて先生に尋ねたことは多々あります。
専門家である発達支援教室のM先生でさえ、決して断定的なことはおっしゃいませんでした。

何を聞いても、何を相談しても、即座に語り出すくらい経験も知識もおありなんですが、

「こういう子はいます」
「そういう場合もあるらしいです」

と、一例であることを強調されてたように思いました。

それは、ご自身の知識や経験が、「ボンズにとっての」正解であるかどうかわからないからだと思います。

自閉症と言っても千差万別。
今までに出会った自閉症児の常識が、ボンズにも当てはまるとは言えませんよね。


「自閉症児のボンズ」でありながら、
ボンズをボンズ個人として向き合って、考えようとしてくれているから、断定はしない。
でも、母親の問いに答えるべく、例を挙げながら「一緒に」謎解きに取り組む。

・・・この姿勢が、絶対の信頼を寄せられた根本だった気がするんです。



もちろん、個人的に合う合わないはあると思います。



保育園、小学校の先生は、もしかしたら発達障害の知識のエキスパートなのかもしれません。
普段そんな影も見せずに、ものすごく勉強されてたのか?

と、ある時期は考えていました。
が、どうもそうとも思えなくて(失礼!!)


でも、とにかく、ボンズを観察していました。
「問題行動」と言われて終わるような問題があっても、
ボンズの行動や、普段の様子を見ていたら、その理由がわかることもあります。
ボンズなりの行動の理由がわかると、解決するヒントが見つかることもあります。

とにかく観察してなきゃわからない。
先生個人の知識、経験の量だけじゃ、ボンズははかれないんです。


そして、ボンズに愛情を持ってないと、ボンズをひたすら観察できません。
ボンズの行動を見て笑えません。
「ダメなものダメよ」で切り上げることもできるのに、
「どうしてボンズはこう行動するのか?」を突き止めようとしてくれる。


親の私でも、ボンズを見ていて笑っちゃうことばかり。
「なるほどね~、そうきたか」の連続です。


ボンズかわいい~~~。
と、他人である先生たちに言われるたびに、

「ホントか? そうか?
確かにボンズはスーパーかわいい、この世のモノじゃないくらいかわいい!
が、他人が見ても果たして本当にそう思うか?」
と疑ってました(笑)


でもやっぱりあんなにおもしろがれるっていうのは、
ボンズがかわいいからなんだろう。

ボンズをおもしろがるっていうのは、「愛」がなきゃできない。


こんなわけわからない弾丸ボンズを、かわいい、おもしろいと思える人は、それだけでボンズの支持者と思えます。

これって、ボンズがかわいいから、周りの人がついボンズに夢中になっちゃうのかな?(←ただの親ばか?)
だったら、ボンズはこの先支援者にことかかないんじゃないかとも思えるんですけどー♪


あんなに弾丸ハイパーで、自閉症児の標本のようでありながら、ハハに気づかれず野生児としての道を進んでいたボンズ。が、この数年でこんなにも成長してこれたのは、周囲の大人の「愛」に恵まれていたからだと思います。

スポンサーリンク


category: ハハのキモチ ~’14

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 10

グチのハキダメ  

ちょっと吐き出してストレス解消させてください。
先週、児童デイサービスのイベントで、同じ利用者のお母さんと会いました。
いろんな話をして楽しかったんだけどね。その時聞いたエピソードがこびりついて離れない。

そこはボンズと同じ一年生で、違う小学校にいるんだけど、
どうやらコミュニケーションが最大の問題であって(まぁ、発達障害ってだいたいそうでしょうけど)、
普通学級にいるの。
ボンズと違って、言葉は問題ないみたい。

だけど、やっぱりボンズと同じ惑星出身のためか、
嬉しい時って奇声をあげて飛び跳ねたりするよね。
三才頃の話ならきっとなおのこと。

お母さんとその子が三歳くらいの時にあるスーパーに行った時、
お菓子売り場でその子が興奮して奇声をあげていたら、そばにいた、小さな女の子を連れた若いお父さんが、

「そんなやつ放し飼いにするな!」

って言ったんだって。
彼は、飛んでただけ、奇声をあげてただけ。
三才の男の子だよ?

そばにいた女の子に危害を加えたわけでも、
触れたわけでもない。
ただ、その場に居合わせただけ。

このセリフがショックでね~。
ガツーンっていうか・・・

そんなキツイ言葉、今まで浴びたことない。


「ナンダコイツ?」的な視線はしょっちゅう。
あからさまに避けられたり、「男の子なんだから泣くな」ってボンズが怒られたり、
でも、三才って確かに微妙だから、こういう反応、知らなかったらあるよな~って。
確かに滅入るけどね、思ってた。

「そんなやつ放し飼いにするな」

って、一般的な感情なのかなーと思うと、がっくりきちゃうよね。
どっか閉じ込めておけ、買い物に連れてくるな。
そういう意見って、実際にあるんだー。

しかも、会話の中ではしっかりとスーパーの実名も聞いたから、
なおのことリアル。
うちの中では、ボンズを連れた自分がそのスーパーのお菓子売り場に立たされているような気分になったよ。


奇声はうるさいよ。
ボンズ、毎朝歩いて学校に行く時も、嬉しくて突然声をあげるもんね。

前を歩いていた子なんて、たいていびっくりして振り返るもん。
ま、当然だよね。

ちょっとでも付き合ってくれると、それは「ボンズが喜んでる」ってことわかってもらえるんだけど、通りすがりの大人には理解されないだろうな。

わかるんだけどさ・・・
そのセリフのリアルさにグッタリ。


ボンズは最近、ようやく自分の意思を言葉にできつつあり、
昨日も、

「しゃっきんしよ~~」

ってしつこくて、

「借金しよう??」

ハハの物欲ザウルスに対する声援か!!
ってくらいぎょっとしてしまったんだけど、
どうやら、

「ちょっきんしよう」
ようするに、ハサミでどこか切ってくれってことだったらしんだけど、
(その後、おもちゃを入れてる段ボールに窓を開けることで満足)

ちゃんと、相手が理解できる言葉じゃないから、
ボンズ自身よけいにストレスになったりしょっちゅう。


だから、その子のように「学校で何があったか」話してくれることや、
運動会のお遊戯を家でリクエストしたら踊ってくれることとか、
「いいな~」と素直に思えるんだけど、

話せたら話せたことで、また問題がややこしくなり、理解も得ずらいことはわかってるつもり。


だけどさー、こないだの千人規模の支援級のイベントでも、
ボンズのようにぎゃおぎゃおで、見るからに、あきらかに・・・って子、数えるほどなんだよ。
「なのになんで支援級?」
みたいな子が多数派で、ホントにしんどい子ってボンズくらいなのか? って思える。


これからどんどん体が大きくなって、外で奇声をあげたり、飛び跳ねるたびに、
ボンズ自身が怖がられたり、奇異な視線に耐えなきゃいけないのかと思うと切ないね。



その他にもいろいろあって、いろいろたまり中。
物欲に走りそうで、でも先立つものがなく我慢の連続。
だけど、反動で買いに走りそうになったり、そうするとゼロどころかマイナスの世界に足を踏み入れそうで。
ってなことを考えるとさらにストレスなので、近々友だち誘ってカラオケに行く予定。

自分のためにカラオケ行くなんて、
前回はいつだった?? 思い出せない!!ってくらい昔なので、
行っても、気合入れた分発散できるか謎なんだけど(笑)


今、ボンズもちょっとしたことで号泣したり(信号振り返って「赤になった」と泣いたり)、楽しそうにトミカで遊んでるように見えて「過集中?」だったり、不安定。

順調なのは姉ちゃんの思春期の進行、ってだけなので、毎日家の中では嵐が吹き荒んでます(^^;


どうか、カラオケで大声出すことで、すっきりできますように!


あ、今のうちに業務連絡。
来月から年末までは、しょーもないことでもこのブログ更新予定です。

スポンサーリンク


category: ハハのキモチ ~’14

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 12

本番はいつだ?!  

いよいよ週末にボンズの学習発表会があります。
その前に総練習があったので、こっそり見に行きました。


ボンズ、保育園時代から、総練習で完結タイプだったのです!

今日の総練習、参加できて、ボンズ君上手にできたんですよ!

お母さん、本番当日楽しみにしていてくださいねっ

って言われて、楽しみにしてたら・・・


出てこない( ̄Д ̄;)


転園先の保育園でも、本番当日は観覧席から動かず、
ステージに上げようものなら絶叫、号泣。

「はじまるよっ!!(怒)」

決められたセリフ(初めのあいさつ)はしっかり言えたものの、

そりゃ捨てゼリフじゃん!!状態(笑)で、駆け降りたorz


小学校に入っても、きっと総練習で燃え尽き、
当日は、
「もう終わったじゃん!」
と抵抗されるだろう。


「総練習は練習であり、その後に本番があるんだよ!」
ってことを知って欲しい。

過去の惨敗記録とこのことは担任の先生にもお話しておきました。
(先生笑っとりました)


でも。
「総練習覗きに行こうかな~・・・
ボンズのイイトコ親だけでも見れたら、親は満足なんだけど」
と言うと、先生も「ぜひに」とおっしゃるので、観に行けたんです。


当日来られない親御さんも他に来るらしく、親が見に行くことは問題ないそうです。

た・だ・し・・・撮影禁止(号泣)。

なんだーーーせっかくゆっくりビデオ撮って、当日は写真撮ってってしようと思ったのにぃorz


で、
その日はどうだったかと言いますと・・・
「う~ん、ボンズのピークはここじゃないよね?」
って感じでした。

出番の前から文句言ってて、
出番は先生に引きずられて取りあえずステージには上がったけど、
セリフ言えてないし(聞こえなかっただけで、ステージ上では聞こえたそうです)。


ボンズが言ってた文句というのは、どうやら保護者席に座りたかったらしく、
出番が終わってから先生が保護者席に座らせてくれたら、おとなしく鑑賞。


鑑賞・・・って、キミの出し物でしょ!!って感じなんだけどね。
でも、

「こうして全体像(仕上がり)を見たかったのかも」(キミ監督か?)

って気もしました。


「あ、あそこにキツネさんたちいるね、

本番はボンズもあそこに並んで歌おうね!!」

そう、こっそり観に行ってたハハ、隠れてましたが、
出番の後に見つかってしまったので、一緒に保護者席で並んでみてました。


こうして全体像を離れて見れたことで、
「当日」うまくいくといいんだけど・・・


この期に及んで(?)まだ希望をつないでます。


帰宅後も、
「ボンズ、今日の練習上手だったねー、発表会も頑張ってね」
連呼。


わかってんだか、わかってないんだか・・・(何せ表情に出ませんからね)。


そしたら翌朝、ご機嫌に登校したボンズ、
体育館の前で、真っ暗な内部(暗幕引いたままですから)を凝視。


まいっか・・・と歩きだしたら、キツネさんの格好をした同じく一年生とすれ違って、ぎょっとして固まってました(笑)

「アンタなんでまだその恰好してんの?」
と思ったのかも!!ヾ(≧▽≦)

一時間目からさっそく「練習」だったそうですが、
どんな顔して参加してるのかなー。


当日が、楽しみです♪(怖いもの見たさ)
-- 続きを読む --

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

お兄ちゃんのプライド  

最近、お風呂に一番乗りするボンズ。
「お風呂が入りました」とアナウンスが入ると(便利!)、
トミカを持ったり、手ぶらだったりでお風呂に向かう。
その様子を見て、パパ、ママどちらかが慌てて後を追う!

・・・一人で入ることもあるんだけどさ。
入るだけで洗わないから(^^;


で、たいていチビスケ(弟)も「ママと入るー♪」なので三人なんだけど、
「持って入りたいものがある」と、チビスケが入ってくるまでに、
ボンズと二人きりの時間ができたりするんですよ。


膝に座って(でか! とか思いながら)
「今日も一日頑張ったねー、カッコいい小学生だね~」
って言いながらイチャイチャしたいんだけど・・・


ボンズがなかなか乗ってこないのよねーっ。


これって、大人になった証拠なのかしら(p_-)
とか思っていたら、どうやらチビスケを警戒していた模様。


だんだんと、「チビはトミカを取りに二階に行って、トイレでオシッコしてから・・・さらにはお姉ちゃんが見ているテレビにつられて一緒に見ちゃうこともあるから、チビスケが風呂に来るまで大分時間がかかる」と、読めるようになったのか(?)

「うんにゅ~~~~」
と甘えてくれるようになったんですよ!


その証拠に、脱衣所に気配があると、慌てて膝から降ります(笑)



今朝も、玄関の外でデイのお迎えを待っていたら、寒かったのでボンズを後ろから抱えてベタベタしてたの。
背後で玄関が開く音がしたら、慌てて離れて振り返り・・・

出てきたのが姉ちゃんだとわかったら、にっこり笑って、姉ちゃんにもベタベタしてました。


姉の前なら僕は弟、
チビの前では、僕はお兄ちゃん! ってとこですかねー。

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

学習発表会終わりました!  

小学校の二大イベントともいえる学習発表会が終わりました。

前日に「明日は発表会、キツネさんやるよ~。日曜日だけど学校行くよ~~~」と、
スケジュールの前で「今日」に斜線を引いて、赤枠をずらそうとしたら、
「いやーーー」
と、代休である月曜日にずらそうとしたんだけど・・・


嫌と言ってもダメなのだ!
と、あきらめたのかは定かじゃないけど、
赤枠を日曜日に戻して、自分のスケジュールに学校のカードを入れてました。

嫌なんだけど、学校でも「日曜日に発表会」と言われてるんだろうし、
・・・やっぱりあきらめたんだろうね。


当日はウキウキで歩いて登校。
体育館を覗いて中に入りたがったり、教室に着くやいなや速攻でお着替え⇒キツネ

やる気満々??


さて、どのタイミングでボンズから離れたらいいんだろう・・・と悩みつつ、
やっぱり前の方で見たいし・・・と体育館へ。


この場所選びも難しい。

見えないところで隠れていたら、ボンズは探すだろうし、
見えるところにいたら、絶対こっちに来ちゃう。

どっちが周囲に迷惑をかけず、
そしてボンズの出演シーンにも影響を与えないか?


結局最前列の、ボンズの出待ちするところ辺りにいたんですけど、
ボンズも当然のようにハハのところへやってきて、ずっと膝の上にいました(爆)

おいおい、兄のプライドはどうした?パート1、ってとこですよ(パート2は別記事で)。
隣ではチビスケ(弟)が一人でちゃんと座ってるのにさ=3


ボンズがステージに上がる番になると、担任N先生がさりげなく誘いに来て、
黒子になって立ち位置へ。
セリフの番になると、口元をつんつんして誘導。
何となく、言ったっぽいです。

それより、周囲を見渡して「たくさんお客さん入ってるな~」って感じで満足げなのが、余裕に感じました。
去年の姉ちゃんの発表会見に来ても、体育館に入ることすらできなくて、ぎゃーーーって逃げてったのにね。


最後のそろって合唱の時も、本番では行けました!
やっぱり本番に強いオトコ決定です。

・・・その本番がどこかわかれば、ね(^^;


その後、他の学年の後に行われる姉ちゃんの番を見てから帰りたかったのですが、
ボンズ、終わった途端に帰り支度を開始。
「おかいもんいこ!」
「かえってからね!!」
と、全然待つ気なし・・・orz

他にもキョウダイの出番が終わるのを待つ一年生がいるので、
一緒に待つよう申し込みをし、絵本をたくさん持たせるなど先生と相談して、いろいろ考えてはいたんですけどね~。

一緒にいたバアバが諦めてボンズを連れて帰ってくれたので、
(ちゃんとコッコのビデオ撮っておきなさいよ! と脅しながら)

チビスケと2人で姉ちゃん見て帰ってきました。


帰宅して休んだ後に、「キツネさん頑張ったから」とトミカを一つ買いました。
「どーれ?」
ってカーズシリーズのところを見せたら、
喜んで大型玩具の方へ移動・・・

「違うよ、トミカ、ひとつ、ね」

というと、「ちぇ、やっぱりか」とわかったのか、
マックィーン選んでました。


・・・来年は、「頑張ったらトミカ」ってあらかじめ視覚支援しておかないとダメですね。
本当は今日買うつもりなかったんですよ。
でも、チビスケの誕生日プレゼントに買ってくれと頼まれていた、ハイパーシリーズの悪役(トミカとプラキッズ一体・・・ってわからない人スイマセン)。

今日買ってやりたいんだけど、ボンズたちいるのにそれは・・・
ってことで、急きょ、「キツネさん頑張ったからトミカ」ってこじつけ。
姉ちゃんにはカードホルダー(っていうか、トミカより高いよっ!!)。


嬉しそう~~に大事そう~~~に持って歩いてます、ニューマックイーン。
家にあるやつはもうハゲハゲだったからねー。


ホントは「日曜だから」?
マックでハッピーセットもしたかったらしいんだけど、
ボンズが言いだした時にはすでに夜。
本人も、「無理だろうな」と思いながらアピールしてるのがわかって笑えました。


「明日ね」
であきらめられたしね。

思ったほどの混乱も崩れもなく済んで、
拍子抜け、な感じもします♪

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 11

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク