自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

入学受付  

保育園時代を恋しがっているボンズ。
だけど一日体験入学の時に、
「これからここがボンズの学校になるんだよ」
とささやいてからというもの、すっかり小学生モード
になってしまったので、
机やらランドセルなどの就学準備のタイミングは、
完全に保育園に行かなくなってから・・・と思っていました。


保育園最終日の翌日に机の配達を頼み、
そしてその後ランドセルを買ってくれたおじいちゃんから、
ボンズに手渡してもらいました。


「これ! ボンズの! 青!」
と指さし選んだランドセル。鮮やかな青です。
見た時の嬉しそう~~~~な顔と言ったら・・・♪
思い出しただけでまだ顔がにやけそうです。
大事に大事に扱って、背負ったり、隠したり(犬かよっ)眺めたり。

あーやっぱり小学校も楽しみなんだねぇ。


で、入学受付に行ってきました。


どうも保育園卒園したことで不安定になっているのか、
ちょっとしたことでここ数年で最大?ってくらいの大パニックになったり、
(きっかけは右折信号で右折したこと・・・歩行者信号は青だからねぃ)

学校まで歩いて行けるか心配でした。
遠いってことも心配ですが(親のスタミナ・笑)
不安定なだけに、どこでどんなスイッチが入ってしまうか、考えるだけで疲れる=3


「学校いくよ~」
と声をかけたら、二階へ駆け上がったボンズ。
まさか? と思ったら、やっぱり、ランドセル背負ってきました。
今日はいらないっていうのに(笑)

でもねぇ、小学校=ランドセル、って認識は正しい! と思って、
「アンタだけだろうね」
と思いつつ、ランドセル背負って行ってきました。


途中で飛び跳ねてる音が変!
と、ランドセル覗いたら、入ってた入ってた・・・トーマス絵本がいっぱい★
「絵本は今日だけだからねーーーー」


受付して、シャツとパンツになって、身長・体重・座高を測ってもらい、
支援学級で面談です。


「先にボンズ君とお話ししますね~」
と言われて教室の中の机を促されると、
張り切ってランドセルを開けて、トーマス絵本を披露(笑)
しっかり椅子に座って机に向かう意識だけは(なぜか)あったようです。


入学式までクラス編成とか担任は秘密だそうですが、
学校の送り迎えさえしたら、親は帰れるそうです・・・

「探検しますよ? し尽さないと教室になって滞在しません」
と言ったんだけど、その辺は「教務と連携を取って、先生が一人ひとりつきますから」
と。
新一年生は、ボンズともう一人の男の子。
今日ちょうどすれ違ったんだけど、どうやら同じ星の出身と見ました!


「逃亡するからついてろと言われたら、そりゃ~ついてるつもりで、
自分も入学ってくらい通う心づもりはあったんですが」

と言うと、
「ご心配ならいらっしゃることは歓迎しますが、
こちらにお任せください♪」
とおっしゃるではないですか!

しかも、チビスケの送迎と思いっきりかぶってるので、
登校指定時間前だけど、行ってもいいことになりました。

開門より早く開けて(しかも先生がついて)もらうか、
遅刻して登校するつもりで行くか・・・悩みどころでした。

ボンズが早く調子をつかむためには、
連日遅刻で人がザワザワしているところに登校するよりは、
静かな学校内で落ち着いて、それからみんなを迎撃したい。

それがあっさり叶いそうで、心配の半分が消えた気分です♪

さらに入学式は、「体育館に入れたら大成功」なくらい、
「参列できる可能性1%以下です」
と言うと、
「毎年そういう子はいますから、体育館前のライブラリーで待機したりしてます」
とおっしゃるではないですか。

そっか。
体育館に並んで入場できる子ばかりじゃないのね。
ほら、なんかこの世でボンズだけって気分になりがちだからさぁ~(笑)


細かいところではまだそろえなくてはいけないものもありそうだけど、
なんか、なんとかなるかな~~~って希望が持てました。
後は本人、頑張れ。

週に3日は、放課後(等)デイサービスに通うのですが、
1か所(1日)は事業所が変わったので、メンツも一新。
今まで年長児で最年長だったのに(未就学児向けのデイだったので)、
今度は1~4年生向けの事業所なので、最年少。
先週見学に行ったんですが、みんなでかいわ、体の動きも声もでかくて、
ボンズがおとなし~~~~く見えました(笑)

そちらも試練ですが、、、
週に2回は慣れたところがあって良かった。
しかし土日の予定がら空き。GWもあるのに、どうすべ(^^;

スポンサーリンク


category: 就学に向けて

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

いきなり解決!  

前記事で、土日祝日ボンズの予定がないことに焦ってましたが、
いきなり解決しました(笑)


卒園した保育園で、退職される先生がいたので、
卒園する前に声をかけてみたんです。
そしたら、児童デイサービスの事業所に転職するというじゃないですか。


そ・こ・が、
新規開業するところで、土日祝日もやってるところだったんですよ。
4月1日開業というので、2日にようやく検索にHitしたので、3日に見学に行き、
今日契約してきました(笑)


今までのデイって、契約している曜日が祝日になるとお休みになっちゃうんですよね。
ですから、土曜日と祝日と、空いてる木曜日もゲット。
火曜日と日曜日は、ボンズスケジュール空いてますが、もうほぼいっぱい!

しかも、土日祝日、就学児は午後、とかじゃなくて、朝から晩までいられるんですよ~~~。
時間数で支給されてるんじゃないから、めいっぱいいても「1日」は「一日」。
これからGWもあるし、持て余すよりずっといい!

しかも、卒園した保育園の先生がいますからね、
ボンズもわかってるようで(混乱なかったみたいです)、何より先生の方が、集団でのボンズの様子をよくわかってくれてるので安心。儲け!って感じです(笑)


で、今日所長さんとお話ししてきたんですが、
子ども三人をスタッフさんにお任せして、応接間で2時間超えの大討論会しちゃいました(笑)
お昼じゃなかったら(しかもその後幼稚園に行く用事と午後の用がなかったらまだいたかも)まだ話していたかったです。

新事業所だし、所長が「地域のつながり」とか「子どもの可能性」とか熱く語る方なので、
「あーしたい、こうしたい」
が盛りだくさんで、しかも魅力的で、
「お母さんたち保護者も集まってお話しする機会も持ちたい」
って考えの方なのです。


「あーーー・・・それいい考えですねぇ。。。
私の情報源は市区町村のお役所じゃなくて、お母さんコネクションですから。
就学に関する情報(どこにまず連絡を取れ、とか)全て知らないお母さんたちです。
お母さんたちの力と情報使ったら強いですよぉ~~」


行政の役員も買って出た所長、情報源はあちこちあった方がいいし、
あーこれはいいかもぉ・・・。
と、期待度高しです。


来月は日曜日に行きたいとか、休みも伝えたら変更可能だそうで、
デイは続々と増えてますので目移りしちゃいますが(?)
土日、祝日とデイサービス使えたらな~って人、きっとたくさんいますよね。
所長は自信なさげでしたが、私が太鼓判押してきました(意味なし・笑)。

スポンサーリンク


category: 児童デイサービス

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

入学式!で、まさかの・・・  

想定外の連続でした・・・
ボンズの入学式。。。こんだけ先を読めないにもほどがあるって。


入り渋ったはずの体育館に真っ先に飛び込んだのも想定外。
毎日のように小学校に通ってみたけど、当日は入れないんだろうと思っていた。
これは嬉しいびっくり。


ってか、本当はまず教室に入って、
合図とともに入場しなきゃいけないんだけどね(笑)
ボンズは「支援級」の席で、入場してくる新入生を待ち受けておりました。

定年退職されたはずのT先生が、ずっとボンズについていてくれました。
パパも一緒にボンズについていました。
時々雄叫びはあげるけど、もしかしてこのまま式の間中座ってられちゃう??


なーんて、甘かったです。
始まってすぐ、「校長先生のあいさつ」で校長先生が新入生の前に歩いてきたら、
下着シャツ姿になったボンズが校長先生の前に、踊りながら飛び出した。


「は? なんでボンズ服脱いでんの??」


一人知らん顔して保護者席で、涼しい顔してたもんだから、
状況がわからず・・・

さらに下着シャツも、踊りながら脱ごうとしたので、
慌ててT先生とパパで抱えて、ボンズを保護者席まで連れてきました。

後から聞いた話によると、暑かったらしくスーツの上着を脱いで、
シャツのボタンを1~2つ開けるところまでは、先生と相談してやってたんだって。
その後、
「暑いですもんねぇ」
なんて、パパとT先生が顔を合わせた瞬間、踊りながらボンズが前へ飛び出してしまったそうです。


いや~まさか第×0回入学式というキリのいい式だからって、
新しく来た校長先生の前でストリップ始めなくてもいいだろうに。

「アンタやっぱりやることが違うね~~~」

なんて、怒ってパニック起こしてるボンズ抱えて教室に戻ったんですが、
(ランドセルを体育館においてきたので、大事なランドセルをよこせって怒ってたらしい)
怒り渋りで教室にいてもパニック治まらず。


担任になったN先生(あ、イニシャルかぶっちゃったな~)が心配そうに、
「学校が嫌いになってしまわないでしょうか」
って言ってたけど、

うちは卒園した保育園の初日を思い出していました。
初日いきなり「自分だけ散歩に行けない」と言われて40分近く大パニックやりましたからねぇ。
翌日からもう行かないって言うんじゃないかと思っていたら、
ぜーんぜんそんなことなかった。

「だから、怒ってはいるけど、だからここはダメ、にはならないと思います」

って言ってました。


その後、一年生の1組から3組と記念撮影が始まり、
それをずーっと待ってた支援級。(先にしてくれや)

支援級の新入生はボンズの他に一人いて、1年生は2人。
2年生2人と4人で1クラスとなりました。


「記念撮影は無理だと思います」
と事前にN先生には告げてありました。
「初めての場所なら探検に忙しいし、ここに立ってあっち向いてじっとしてろって言われても、きっと意味がわからないんじゃないですかね~? 保育園では終盤慣れて一人でも写れるようになったんですけどー」

なんて言ってたら、本番、
ステージに上がって「ボンズ、きょーつけ、ぴ!」って言ったら、
いやいやながらも、ぴ!っと静止してくれたので、
なんと、記念写真に写ることができたんですよ~~~。


たぶん、他の先生たちも、カメラマンもみんな「こりゃ難航するぞ」と覚悟してらしたんですね。
カメラの後ろで教頭はじめ(校長はうちらと並んで写ってる)教諭数名とカメラマンが、
テンションあげたり、バンザイしたりと盛り上がっていて、ステージから見ててもおかしくて、ありがたくって、きっと涙目の笑顔になっていたかも(笑)


終わり良ければすべて良しとはよく言ったもので、
ストリップで入学式が始まった時には目の前が真っ暗になりましたが(笑)
最後は想定外のミラクルで終われました。


・・・来週からの生活が(いろんな意味で)楽しみです。。。

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

ふたつの夢  

コッコ姉ちゃんとボンズを連れて初登校した朝、
歩きながらコッコ姉ちゃんがこう申しました。

「これで2つとも夢が叶った」と。

「ひとつ目は?」

「弟二人に”おねえちゃん”と呼ばれること」

確かに、二人ともしっかりはっきり「おねえちゃん」と発音できるようになりました。
ボンズなんて泣く時に姉に助けを求めるのか、
「おねいじゃーーーん」
って泣くこともあるくらい。

余談だけど、チビスケはコッコを「おねーちゃん」と呼びますが、
ボンズは「ボンズ」。
その都度、コッコ姉ちゃんに、
「チビ! ボンズはチビのお兄ちゃんなんだから、ボンズじゃなくてお兄ちゃんって呼びなさい!!」
と、本気でダメ出しされます。

「英語圏では”お兄ちゃん”とか”お姉ちゃん”って呼ばないで、
上だろうと下だろうと名前で呼ぶところもあるんだよ」
と、ハハが気をきかせてワールドワイドなフォローをしようとも、
姉コッコは聞く耳持ちません。

・・・お家制度、我が家では安泰でございます。


そしてもう一つの夢は、
「ボンズとこうして一緒に学校行きたかったんだー」
だそうです。


5年生になったコッコ。
コッコ自身、クラスメイトから「空気読めないって言われた」とか、
難しい年頃に差し掛かっているというのに、
こんなにやっかいな(笑)実弟を同じ学校に送り込んでいいのか? という心配もあったんですが、
なんともまぁ、親の想像を超えてたくましいコッコ姉ちゃん、そんなこと”へ”でもないようで、


「ボンズ、入学式で裸になってたけど、周りの人何か言ってなかった?」


入学式は全校参列なので、コッコ姉ちゃんもボンズのストリップショー見てたんですねぇ。


(しばし考えて)「誰だ?あれ? って言ってる人がいてムカついた」

そうです。

そして怒りながら、
「ボンズはボンズだ! あれでいいんだ! ボンズだって頑張ってるんだ!」
とこぶしを振り上げておりました。


ボンズの入学式後登校初日、10時半お迎えだったので母が教室に行くと、
そこに姉ちゃんもいました。
「なしたの?」
「中休みだから」
ボンズが気になって、休み時間も様子を見に来てたらしいです。


思春期がはじまってるんですね、と、主治医に言われたくらい、
にくったらしくて、生意気なコッコ。
だけど、このボンズ思いな優しい気質も無敵なほど強い。

2年間、ボンズと一緒に同じ小学校に通うことになって、
コッコの立場やらいろいろ心配ではあったんだけど(年齢的にもね~)、
コッコのたくましさとか正しさって、親の心配はよそに頼もしいし間違ってない。
だから、コッコ本来の正しさとか頼もしさを信頼して任せてしまっていいのかな~
親の心配はいらんことかな~とも思いました。


「また何か言われたら教えてね」
とは言っておいたんだけど。

・・・その2年後、今度は弟チビスケが同じ小学校に入学予定なんすけどね。
その心配は2年後にしますわ。

スポンサーリンク


category: キョウダイ

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 10

ボンズがおとなしい(謎)  

入学式でストリッパーデビューしたくせに、平常の登校になった途端におとなしいんですよ。ボンズ。
おとなしいと言っても、叫ばないとか、ちゃんと歩くだけなんですけどね。
教室についたら、席に着いて座るんです。
それがもう恐ろしくて、恐ろしくて・・・・(笑)

あーた壁にぶつかるまで走る子でしょ!
ってけしかけたくなります(やぶへび)

弟チビスケの幼稚園バス時間との兼ね合いで、歩いて登校の日と、
車で登校の日があるんです。
まず朝そこでくじけないようにと、

「1、ボンズ、ママ、お姉ちゃんと、歩いて(または車で)学校」
「2、上靴に履き替える」
「3、教室」(すぐ体育館に行ってしまうので、ここもスムーズに行けるように)
「4、ランドセルを棚に、座って待つ」

ってスケジュールを作ったんですけどね。

・・・作って見せたけど、
だからってその通りにするわけじゃないのがボンズだったので、


「あーーもうママ行かなきゃっ。
先生探してくるからボンズ待っててねっ」

なんて一人で教室を出て職員室へ行き、
先生と話しながら教室に戻ってきたら、ボンズがまだ椅子に着席してたのを見た日にゃ、
「この子ボンズじゃない!」
って心配になりました。

もしかして、四コマスケジュール理解できるようになっちゃって、
その通りにしなきゃとか思っちゃってる??
で、頑張りすぎてるのなら、ストレスとか反動が怖いし。


行きも帰りも、歩くのスムーズなんですよ。
去年ここに引っ越してきた時、同じルート歩こうと思ったら、
車道に飛び出すわ、廃墟となった敷地に忍び込むわ、もー親がくったくたで、
「二度と散歩には誘わないぞ」
って思ったくらいなんですよ。


初日は10時半、二日目、三日目と11時半下校で、四日目いよいよ給食スタートで下校がいきなりの2時半。
しかもボンズはその後デイに行く予定なんですが、
いきなりハード過ぎ?

でもそれが日常になるので、最初から全部やっちゃった方がいいのかな~?とか、
悩む・・・悩む・・・。


今はとにかく、「時間割」がわかるように、
必死に絵カード作ってます。

今日は図工で自画像描いてる予定・・・
は? 誰が? って感じですけどね(笑)

給食カードはすぐに持たせました。
あと、5日目にいきなり参観日ですよ~~~
絶対「お迎えがきた」と思われそう。。。


五年生の教室とハシゴして、懇談会まで無事にいられるか?!
しかもチビスケ連れて!!
乞うご期待(?)

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

初めてづくし  

初めて学校給食の始まる日。
学校で始めての給食、五時間授業。
そして学校からまっすぐデイに行く・・・
という、まさに初めてづくしの朝。

「今日は、パパと歩いて小学校」
「今日から給食だから、このセットね」
「帰りに○○行くから、これも持ってね」
「これは金曜日に持ち帰りだから・・・」

って、わかるかー!!!状態。
うちだってテンパり過ぎ。


今まで昼前にお迎えがきて、それが突然給食だの、
まだ帰れないだの・・・どう思うんだろうね?
帰り支度をしたらすぐにでも帰りたくて、
「まだ、お迎えきてから」
って、たったそれだけでも待てないっていうのに。


給食は、保育園でも食べていたし(しかも完食)、
バイキング形式だったので、よそうのも平気。
ただ、他の人の分もやれって言われてわかるか不明(^^;

思いつく限りの絵カードを作って持たせたけど・・・
う~ん、どうなんだろ?


そして、デイサービスへの引き継ぎは児童玄関らしい。
その場に顔を出した方が双方にとって親切だと思う。初めてのことだし。

だけど、帰り支度をして玄関に降りてきたところでママがいるのって、どう?
それまで、ただでさえ頑張っていっぱいいっぱいなのに、崩れない?

行く? 行かない?
悩んでいたら、パパ即決。「俺いってくるわ」。

俺行ってくるわ、ってそんな簡単に?

でも行った方がいいだろうし、様子も知りたいし(5時半までボンズの顔見れないなんて異例で異様だもん)、
旦那が行ってくれるっていうなら、それはいいかも・・・


で、結局、デイサービスの迎えが15分遅れたとかで、
担任の先生との顔合わせ果たせず!
ってか、旦那が行ってなかったらどうなってたの??


それが最近決まった新規の事業所で、確かに時間は一番ルーズ。
これは早いうちに一言いってやろうとちょっと怒りモードです。
先生だって6時間目のある日もあるし、そんなにボンズ一人にかかわってられないはず。
家で待たされる分にはなんとかなるけど、ここは問題ですよぉーーー。
新規で不慣れでは済まされないと思うんだけど。


ボンズはウキウキのりのりででかけていって、
待ち構えていたうちの歓迎を素通り。
「おかえり、おかえり、おかえりってばぁ~~~」
と、まとわりつくも、涼しい顔して家のチェックをグルリとしたら、冷蔵庫チェック。

しっかりロールケーキ発見して、
「ケーキ、ね」
とアピールしてから手洗いへ。

ホントはね、こんな時間におやつなんて食べちゃ夕飯に響くし、
寝る時間にも響くし・・・ってところなんだけど、
こんだけ頑張って、
こんだけ頑張っているボンズに、
「しばらくはあまやかしてやろ~♪」
と、大義名分心掛けているのでした。


そして翌日は参観日。
顔出したら帰るっていうべか?
お姉ちゃんのクラスも見たいし、懇談会にも出たい。
ってか、またデイのお迎え来るのよね~。
そっちは知ってる人がお迎えに来るだろうけど、
でも事業所移ったから(就学児向けに)ボンズにとっては初めての場所みたいなものなのよね~。


親もいっぱいいっぱい。
昨日の夕方チビスケの家庭訪問だったのすっかり忘れてました!
「10分ほど遅れます~~」
の連絡に、「へ?」って返事してましたからっ。
慌てて片づけ。
そしてそこへ姉ちゃんの新たな問題勃発。(新たでもないんだけど)

ボンズじゃなくても、頭ン中いっぱいいっぱいです。

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

参観日の報告  

全校参観日だったので、先に姉ちゃんのクラスを見に行きました。
初めての外国語授業(英語)だったので、もうちょっと見ていたい気持ちをこらえて、
気になってたまらないボンズのクラスを見に行きました。
今日は高学年クラスと合わせて10名で、新入生2人と転校生一人の歓迎会をしてくれていました。

ボンズは・・・
やっぱり母の顔を見ると、「うんにゅ~~~」とやってきてママチャージ。
それから全然クラスの流れに戻る気はありませんでした。
ってか、もともと参加してなかったのかもしれませんけどね(笑)

後から先生に、
「お母さんたちいっぱいいるし、教室も違うし落ち着かなかったようで」
って言ってたし。


そして、
「アイス! あいしゅ、ね!」
と、突然のアイスコール。
「は? ほら、あっちで呼んでるよ」
とごまかすも、「あいしゅ、ね! おーちかえってから! じゅんばん、ね!」と粘る。
う~ん、でも、
「この後○○(デイ)だよ」
という日。


教室から出て行こうとして・・・でも別の入口から戻ってきて・・・を何度かくり返し、なんとか授業時間が終わり、ボンズが(本来の)教室に戻った後追いかけて行き、玄関まで誘導して、デイのスタッフに受け渡し。
顔も見ないでついてった・・・あいつ誘拐簡単だなぁと思っていたけど(そんな度胸のある人いるかしら?)、
「歩きだしてから、スタッフの顔をしつこく覗き込んでいました」
そうです(笑)


それからボンズクラスの懇談会で自己紹介をし、姉ちゃんのクラスの懇談会で自己紹介をし、ボンズクラスの懇談会に戻り、姉ちゃんクラスの懇談会に戻り・・・

結局どっちも中途半端で、もったいない気がしました(^^;
今年は姉ちゃんのクラスで役員(の端くれ)やろうと思ってます。
今までなんだかんだでずーっととぼけてましたから。
せっかく毎日学校に通ってることだし(送迎・笑)、
この機会にもっと顔を出して、いろんな先生や保護者ともお近づきになりたい。

ずっと転勤族で、「いつ移動になるかもわからないし」と心の底で思っていたもので、
人と親しくなるのを避けてた気がするんですよね。(もともと人見知りっていうのもあるんですが)

これからは、いけいけゴーゴーで参ります。


ボンズ、張り切って帰ってきて、すぐに冷凍庫チェックしてました。
「教室→デイ→おうち→アイス」とipodで説得してから送り出したの、
ちゃんと通じてたんですね。
帰りにちゃんとコンビニでアイス買っておいて良かったです。


バタバタしましたが、ボンズもこれで参観日が何かわかってくれたかなぁ?
一応カード等で説明はしておいたんですが、
ばったばたの初めてづくしな一週間がこれでやっと終わりました。
終わりよければ・・・でおっきなハナマルなんですが、


チビスケはもう連れて行かないぞ、と強く思いました。。。

午前保育なもんで連れてったんですが、「もう帰ろう」とかうるさいし、気が付いたら校内探検に出ているし、ただでさえ落ち着かないのに、落ち着かなさが倍増。
今度は「預かり」だか「居残り」だか頼みますわっ。

スポンサーリンク


category: 1年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

合言葉は?  

ボンズの小学校の担任の先生に、
大事なことをお伝えし忘れていました。



1~2月頃、ボンズと機関車トーマスの絵本を見ていたら、
その頃大好きだったらしい「ドナルド」を指さしたので、
「ドナルド」
と言いました。

ドナルドって黒い機関車、双子なんですってね~。
知ってました?(どうでもいいですね)

隣にも似たような機関車があるので、「ダグラス」と教えました。

ボンズは見分けがついているのか、いないのか、
ドナルドを指さしたり、ダグラスを指さしたり、
その都度ハハが「ドナルド、ダグラス、ドナルド、ダグラス」と言っていたら、
それがおもしろくなってしまったようで、

「ドナルド、ダグラス、ドナルド、ダグラス・・・」

を、しばらく言わされ続けました・・・orz


それからですね、ボンズが「ドナルド」と言ったら、
言われた人は「ダグラス」と答えなくてはいけないのです!!(笑)


父に挑み、
祖母に挑み、
姉も、弟も「ダグラス」と答えてくれるように。

そしたら、挑む範囲は家の外まで広がり・・・


とうとう児童デイサービスの人にまで、協力を願わなくてはいけなくなりました!
「ドナルド、ダグラス」こだわりが続いたまま入学を迎え・・・

あ、「先生に言ってない」。


こないだ参観日の後に、すいません~~~って謝ったら、

「こないだお父様から聞きまして、
私もドナルドと言われた時にダグラスと返したら、やっとにっこり笑ってくれました。
前にわからなくて、
”・・・・・ミッキー??”
って返したら、ムッとされたんですよね(笑)」



どうやら、ダグラス!と返してもらわないとすっきりしないらしいのよね。
事業所移ったデイサービスの身上書には、備考欄にしっかりと、
「ドナルドと言われたらダグラスと言ってください」
と書いておきました。





話しは変わって、「おめでとう」は禁句な我が家。
入学式を迎えても、
「いや~良かった良かった、嬉しいね。喜ばしいね」
「お疲れさま~」
などとは言って乾杯しても、決して「おめでとう」とは言いませんでした。
どうやらボンズは今欲しいおもちゃがあるようで、
しきりに「おたんぼーびにね! じゅんばん!」とか、「まっくいーんね、あけようね」と心待ちにしているようだし。


そんな気を使ってピリピリしているうちらには関係なく、
入学式当日は、あちこちから「おめでとう」の声がかかりました。
学校の中でも、「おめでとうございます」の嵐。

そっか、めでたいんだから、ありがとうございますと答えなきゃいけないんだろうけど、
心の中では、
「よけーーーなことを言うなぁああああ!!!」
な、気分(^^;

幸い(?)ボンズは平然と見えましたが、
テンパってたんでしょうね、(ストリップしちゃうくらいだったしね)
全然耳に入ってなかったようで、良かった良かったと思っていたら、
入学式が終わって家路についた帰り道、
お散歩中らしい老夫婦が、ニコニコと目を細めてやってきました。

「あらぁ・・・一年生? おめでとう」


「・・・おめっと?」
ボンズの目が輝きました。

うわっ、とうとう気づいたか?!!

とうとう気づかせたかこの「おめでたい」できごとに!
「プレゼントは机とランドセルだーーー」と迎え撃とうと身構えたのですが、
ボンズはそれっきり流してしまったようです。

・・・良かった。


誰かれかまわず、場所もかまわず合言葉を求めるボンズ。

日本語のヒアリング能力向上は喜ばしいのですが、
理解が中途半端な弾丸Boyですから、妙に緊張感のある毎日です。

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 10

疲れが見え始めました  

小学生生活も2週間が過ぎました。
ボンズは給食もほぼ完食。
いやなものが出てスルーしようとも、先生の「いっかい食べよう」の声でパクリ。

「ワンタンスープの時は押しのけていたのに、食べてみたらおいしかったみたいです(笑)」
と、先生。

あはは、「食べてみたらこらいけるわ」と思って、
そのまま食べてくれるボンズの柔軟性に拍手。
ホントはおいしいと思ってるくせに、意地でも食べないやつっているからねーっ(家の中に)。


教室でも落ち着いて過ごしているそうで、
教室から脱走して泣き叫んで母呼び出し・・・の図を想像していたハハとしては、
びっくりでいまだに信じられないくらい順調な小学校生活です。


でも、その分ボンズ頑張ってるんでしょうねぇ。
平日は火曜日だけがフリーで、放課後はずっとデイに行ってます。
土曜日は朝から行ってます。

予定びっしりの方がボンズに負担がない?
家にいたら、「待って、あとでね」のくり返しだし・・・
それに、デイってもたもたしてたらすぐに満杯になってしまうから、
「入れるだけ入れろーーー」って時期と、入学が重なってしまったから、
ボンズ、負担増?


今週は月曜がOTさんの日で、しかも院内異動があったそうで、
初めて会った方。
ボンズは場所が好きなので喜んで行きましたが、全然人の顔を見ていない。
先週のデイのお迎えの時の話もあって、「最近ますます人の顔みないな~」と気になります。

情報過多?

金曜日は主治医の日だったので、お疲れ対策とか、予定詰め過ぎ? とか聞いてきました。
お褒めいただいたのは、
「これでいいのか?」
と常に模索状態であることでした(笑)

確かに、ボンズはこう、とか、自閉症だからこうすべき、って偏りはないと思います。
だっていまだにボンズのことわかりませんから!!(←威張ってる?)
ボンズの取説があるなら、作るどころか欲しいくらい。

でも、
「こうだ! って決めつけないで様子みながら・・・っていうのがいいと思いますよ」
と言われて、また肩の荷がすこぉし降りたような気もします。


ボンズの先生の家庭訪問もあり、我が家が最後だし・・・と家の中に引っ張り込み(ホントは玄関先がお約束な小学校)、一時間半もの長丁場になってしまいました。
忙しいのに先生スイマセン(^^;

でも、近々行われる運動会の話の流れで、
ボンズが保育園で参加した時の運動会のビデオを観てもらったり、
ボンズが平仮名に興味を持ってもらえるようにと作った表を見てもらったり、
壁にあるスケジュールとか、
「こんな子です♪」(っていうか単なる親ばか)
いろいろお見せできてお得でした。


と、ざっと振り返ると順調に過ぎた今週なのですが、
さすがに緊張感もほどけてきた頃なのか、ボンズに疲れが見えてきました。

デイサービスからの送迎で家に着いたボンズ、
車から大号泣で降りてきたので、
「どうしたんですかっ?!」
と、食いつかんばかりに聞いたら、

「右折信号で右折したら怒りだして・・・」

って。
あ、それかぁ。。。


保育園卒園直後にもありました。
普段の機嫌のいい時なら、そこまで崩れないんですが、これは・・・
お疲れストレスですかね。

家の中でも、大事なトーマス絵本を(薄いタイプ)セロテープで机の周りに飾ろうとしていたボンズ、
うまく行かなくて大号泣してました。

机の周りを飾ろうとするのも、机の下に入り込んでまったりするのも、
「自分の居場所」作りをしているんだと好ましく思えるんですが、
うまくいかなくて崩れっぷりがスゴイ。


学校でも、「四時間目くらいになると、床に転がってます」と言われていたし、
(その後給食のワゴンがくると飛んで喜んでるらしいが)
やっぱり・・・くるよね、そろそろ。


ボンズ、一年に1~2回謎の発熱があるので、
ストレスならそろそろかな~と待ち構えて(?)おります。


主治医に相談した答えは、
「学校と連絡を密にして、床に転がるのもしばらくは黙認してもらいましょうか」
ってことでした。

うん、ボンズ、学校では席について勉強をするところだと知ってるらしいから、
体力的に慣れて、生活リズムもできたら、この(床に転がる)状態は改善される気がする。


・・・とはいえ・・・
GW前には運動会の練習始まるらしいですよ、交流学級にも参加するとか・・・
まだまだ、いっぱいいっぱいになりそうだねぇ。

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

やっぱりパニック(笑)  

昨日もろもろが重なり、まずは小学校へ小学生二人を迎えに行き、
その後、チビスケ(弟、4才)の幼稚園にお迎えに。

この幼稚園、ボンズが卒園したところでもあります。

3月に去年まで通っていた保育園に行ったらパニックだった ということもありましたが、
今回は卒園して一ヶ月経ってない。

チビスケが幼稚園に通ってることもわかっているようで、
日曜の夜になると、チビスケのスケジュールを「園」写真に変えます。

・・・写真、ボンズの「保育園」と同じで、全く変えてません!
ボンズ、混乱するかと思ったら、それはそれで「チビスケはまだここ」ってわかってるようで。


なーのーに、やっぱりダメ(笑)
近づくにつれソワソワし、駐車場に入ると奇声を上げたので、パニック?
と思ったら、顔はニコニコしてるし、

「チビのお迎え。チビスケ、おかえりーしに行こう」

で、降りたはいいけど、中に入るのは・・・


でもさぁ、ここまで来たんだし、先生たちに顔見せようよ~~~


でも、パニック(^^;


先生たち、休憩中だったみたいなんだけど、ぞろぞろと出てきてくれたのよね。
そんで、母は大喜びで再会してたんだけどー・・

ボンズ、顔を覆ってました。


「照れてる~~~~」


加配のH先生、この様子見ただけで泣いちゃって(^^;
学校嫌がってないし、母の出動もないし、
教室に居れるんですよ~~~~、ってだけで、先生たちにはいいオミヤゲ話だったみたいです。


「なつかしく還れる場所があるんだからさー、
もっと喜べばぁ~」

帰り際、無駄とは知りつつ、ボンズに一言いってやりたい母でした。

スポンサーリンク


category: 7才

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント