古巣に還る

Category : イベント
保育園生活も残すところあと一週間。
「もうここまできたら、混乱しちゃってもいいよね」
と、
ちょうど一年前までお世話になっていた保育園と療育施設に遊びに行ってきました。


「もうちょっとだもん混乱してもいいよね」
とか言いつつ、
「ボンズは喜ぶ」
と信じて疑わなかったハハ。


出かけに、
「N先生ーって行こうか」
とボンズに告知すると、横にいたチビスケが「R先生もいる?」と目を輝かせた。
「うん、いるってー」
って話してたら・・・ボンズ、無表情。
っていつもか。


高速降りた頃からボンズがキョロキョロしつつ、「ヒンヒン」と警戒音。
そして、

「おいわってーおいわってー」
と半泣き。

おいわって、ってなんだ?


「おいわってー」
半泣きから、本格的なグズリになり、暴れそうになるのを見て、

「あー風景見て思い出してきてるから?」
とは思ったんだけど、時々ニヤリとも笑う。
あー混乱してるのかぁ。


「おいわってー」
が意味不明なんだけど、トイザらスを過ぎたあたりで一段と激しく泣いたので、
「お祝いして」?

「お祝いとしておもちゃを買え」
とか、そんな高度な言葉で要求してる??


「もしかしたら高速降りたところ辺りにトイザらスの看板があったのかもね」
ってことで一応決着して、泣いてるのは無視してまずは保育園へ。


一応降りて中にも入ったんだけど、園長先生やN先生が「ボンズ~~~♪」って歓迎してくれてるのに、混乱は最大級に。


「しゃよーなな~~!!」

と、玄関を開けて出て行こうとする。
逃走?(^^;


「まぁそう言わんで入ろうよ」
とチビと中に入ると、園外逃亡はあきらめ、
でも再会を懐かしむでもなく「しょうがなく」園内へ。

クラスメイトや、いろんな先生に声を掛けられて喜ぶどころか半泣きのままホールへ。
ボンズの好きだった遊びを用意してもらったんだけど、気になりつつも、どうしていいんだかわかんない様子。


そっかー、やっぱパニックになるんだー。
記憶がよみがえるっていうか、最近の記憶とねじれる感じ?


久々、朝晩以外のママチャージ、それもチャージが必要でした(笑)


だんだんと水になれた魚のように、遊びだし、笑いだし・・・で一安心。
立ち直りに時間がかからなかったのは、
もともと好きな場所だったってこともあるんだろうね。


「N先生にチューは?」
って言ったら、チューっていうか舐めってたので、ちゃんとN先生をわかってはいるんだけどね。
もっとデレデレするかと思ったとか、懐かしそうにするかと思ったんだけど、
ボンズにとってはエライ目にあった!っていう経験させてしまったんでしょうかね。


すっかり前市モードになったのがわかったので、
次に向かった療育施設では泣かないだろうと安心してました・・・

が、M先生に会ったとたんに先導して別館の教室へ。
着いてから、
「あーそういえば職員室でサインしたら、この教室にM先生ときてお勉強してたっけねー」
と思い出す始末。

まぁ・・・ハハはもともと記憶力が弱く、さらに年齢もありますからね(^^;

中に入ったら、空っぽの棚を指さし「トーマス!」と要求。
何か要求してるのはハハでもわかったけど、なんだっけ??

幸いM先生が、「あーわかった!」とあちこち駆けずり回って見つけて、そして借りてきてくれたのでボンズはようやく満足できたみたい。
・・・母は実物見て、さらに遊びだしたのを見て(ようするにしばらく経ってから)、
「あーやってたね!」
と思い出しましたが、

「ボンズと付き合うには記憶力の良さが要求されますね・・・(-_-;)」
と、ちょっとばかしプレッシャーになりましたよ。


普段からN先生もM先生もボンズの生活を見守ってくれてるので、
細かい説明は必要なかったんだけど(笑)
それでもハハ話し足りなかったっすー。
今度はぜひともボンズホームにいらしていただきたいわ♪


帰りは、「おいわってー」の謎を解明すべく(?)
トイザらスに寄って、ボンズとチビと好きなものを一つずつ買いました。
確かに、あれから「おいわってー」とは言わなくなったので、トイザらスの看板でも見たか?説が有力なんだけど・・・
どうもハハ的にはまだすっきりしません。

その後さらにモスに寄ってランチして帰りました。

トイザらス行ってモス行って・・・
ボンズ、ますますこのマチ大好きになって、来るたびに同じコース要求されたら(財布が)困るなぁ(^^;



私信;
姉ちゃんに内緒の今回のお出かけ、チビスケがバラすだろうとハラハラしてましたが、(口止めまではしたくないしぃ)

そしたら後からやっぱり姉ちゃんに、
「ママ、今日○○保育園行ったの?」
とか、
「ココス行ったの?」
って聞かれました。
「ココスは行ってない!!」
と断言できたけどね、姉ちゃんも怪しいほどチビスケが報告してたらしく・・・
でも、チビスケの言葉の説明もあやしいので、姉ちゃんも完全に鵜呑みにはしてなかったようなので、このままさら~っと流してくれたらいいなと思います(笑)

チビスケはR先生顔が変わった、と言い張ってます。
なんかよくわかってない顔してましたよね。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本