怒ってるボンズ

Category : 卒園までのボンズの様子
先日、夫婦で夜にお出かけしました。
祖母にきてもらって、子どもたち三人はお留守番。

そこで、チビスケがぎゃーぎゃー泣きながらしがみついてきて、
「チビもちゅれてってーーー」
と、大騒動。

・・・感動しました・・・

「普通の子どもの反応って、きっとこうなんだろうね?」
と思いました。

三人目にして、初。母の幸せ至極。



コッコは赤ちゃんの時から、祖父母宅などにおいてかれて母がいなくなっても・・・たぶん、気づいてなかった?感じ。
少し大きくなってからも、逆に喜ぶくらいで。
さらに大きくなってから、ちょっと不満をもらすくらいで、それは「もうばあちゃんち飽きた」と思ってる節と、「ママと買い物に行った方がうまい汁吸える可能性が高い」と考えているであろう計算の高さとかそういう部分であって・・・

いや、小学生になってからようやく「親と離れるのは危険」と本能が示していることを悟ったのかもしれない!!


まぁどっちにしても、最近では、
「ふ~ん・・・楽しんできてね」
と、親を喜ばせてやろうという計算もできるようになったらしいので、
事実どういう成長過程なんだか、もうどうでもいい気もする(笑)



そしてボンズは・・・


無視。



無表情。



無反応。



実は先月も母一人で夜のおでかけ、
「バアバとご飯食べて風呂入って寝て待っててね」
ということがあったんですが、
(*私信、M先生その時にO園の先生とお会いしたんですよ~~~超びっくり!!)


その時も一番心配だったのはボンズだったんですが、
何にも騒がなかったんですよ。
「こっそりでかけよう」と思ってたくらいだったので、それはありがたいと思ってたんですが・・・


今回も、お出かけする朝か前日からボンズの様子が????だったので、
「あー大丈夫ってわけじゃなかったんだ」
と確信を得ましたわ。


今回の場合ですけど、朝からソワソワしてました。
寒いのが苦手なのか、冬になってから、休日でも朝から外に出ようと騒ぐことなかったんです。(夏の間は出っぱなしでしたが)
なのに、
「おそと!」
としつこくアピール。

しかーし、
その前日にボンズが店内で、
コッコが店の外に出てから大パニックを起こして、顔から火が出っ放し!!
ってことがあったので、

「ちょっと待って、パパが帰ってきてからね」

ってずっと引っ張ってたんですよね。


我慢、待って、まだよ・・・のくり返しで、
ボンズもストレスたまってるわぁ・・・と思ってたんですが、
洗面器に水を入れてテレビの前で遊ぶ(しかも床が濡れてて滑って転ぶ)、
金魚の水槽の上で線路を組み立て(プラレール)電車がうまく走らないとか、
線路が水槽に落ちるとか(ってか金魚大迷惑)、
とにかく大騒ぎ。


大人はとにかく止めてましたよ。
金魚の水なんて不衛生で「病気になるよ~~~」と思ってましたし(線路についた水とか飲みまくってましたから)、
金魚死ぬぅぅぅーー、とか、
部屋が水浸しぃぃぃーーーとか。

でも、力づくで止めて、大声で怒鳴っても、なーーーんの解決にもならないことはいい加減理解してましたから(ええ親も成長してます、これでも・笑)

とにかくどうにかして方向転換してもらわないと・・・って必死でした。


その後は「ほーきぇん!」と言いながら行先指示。
しかも保育園とか言いながら、持ってくる写真カードは病院なんです、主治医とOTさんのいるところ。
じぇーんじぇん行く予定ないのに、ここ数ヶ月とにかく行きたがります。
今月に入って主治医の診察はあったんですが、それでも満足しないところを見ると、OTさんのところ(というか部屋?)に行きたいみたいですが、それはまだ来月なんですよぉ。


崩れてパニック尽くしのボンズを連れて買い物に行くのは大変だと考えたのか、
パパが車を出そうとしたので、さすがに止めました。
「ここで車に乗せたら、病院に行けると確信を持ってしまう」
パニック助長ってか、増大させてしまいますぅー。


結局、「おかいもん行ってアイス買って来ようか」で救われたんですよ。
ぎゃおぎゃお泣き叫んで、今にも(路上で)ひっくり返るぞ!というポーズだったボンズが、一瞬泣きやみ、「ん? 今おかんなんつった?」状態。

「おかいもん、アイス、行こう」
というと、
「あいしゅーーーー♪♪♪」
と泣きやみ、

「おんぷ」
とダメ押しされて、
それからはひたすら「あいしゅ♪ あいしゅ♪」と楽しそうに嬉しそうにスーパーに向かい、
平和に平穏に帰宅。
すっきりできました。


今後我が家では「アイス」に要敬称です。(アイス様、とか)


機嫌が直ったかのように見えて、布団一式をリビングの中央に持ってきて、
おもちゃも持ってきて「寝よう!」とか、無茶ブリしてます。。。


けど、これって母がまた夜いなくなるという異常な展開(ボンズにとっては)を本能が察知して、それで脳の中の伝達物質が暴挙に出ているのでは?(←よくわかってませんが)
というくらいの、無茶。
「だけどおまえら俺を止められんだろ」
くらいの自信満々でやってくれて、威張りくさってます。


「通常」の「日常」なら、
「きっとママにダメだって言われるだろう」
くらいの心づもりはあると思うんです。
でも、「今日なら無茶できる」というボンズの計算。

なんて賢いのっ♪
じゃなくて、やっぱ自分の気持ちや、特に不安を確かめて安心しようという術がない分、本能の赴くままに自衛してるんだろうな~~・・・って感覚。


帰宅してからも、翌日も知らんぷり。
いつもなら朝はママチャージするのに、避けてる?
こっちから近づいて行っても、無視?
そんな状態が続くと、あきらかに「おかしい!」と思うので、
早く日常に戻すためにも、こっちから「押し売りチャージ」(笑)

しつこーくやってたら、ようやくボンズが母の目を見てにこにこ笑うようになりました。
やっぱり怒ってたんだね(笑)

玄関まで追いかけてきて、「ママー」と泣けるチビスケの方が、きっとダメージは浅い。。。というか、回復も早い。
夜中に「おみやげあるよ」の一言で、再び入眠できるくらいなんだろう。

だけどボンズ兄ちゃんの場合は、前日からモヤモヤ(なのかイライラなのか謎だけど)。
そして翌日になってもスッキリしないまま過ごしてたんだろうなぁ。
コッコだって、
「いいなー何食べてきたのぉー、今度はコッコも連れてってね」
など自分の気持ちを言葉で伝えたり、ふくれたりできるんだもん、切り替えはボンズより早そう。


そういや、チビスケが生まれるって時、
入院中と、新生児期に母がチビにべったりになること心配してたんだけど・・・


近寄ってこなかったもんなーーー。
入院中病院にきたって、すぐに乳母(こじまる妹)連れて病室から出て行っちゃったし、
抱っこさせてくれなかったし、顔も見なかった。
母のいない祖母宅にいたって、泣いて困らせることなく、ひたすら「トミカプラレールビデオ2007」見てたっていうし。


苦情もないからって安心してたら、今頃ボンズの人相変わってたんだろうね(^^;

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本