自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

もってて、おいといて  

あけまして、おめでとうございます。
今年はとうとう小学生になるボンズ。
母も早々に退職することとなったので(この話はいずれ)、
このブログももう少し普段のボンズの様子など更新できる予定です!
とはいえ、マメではありませんが、どうぞよろしくお願いします。


最近、ジャストミートな言葉を発するようになったボンズ。
昨日は風呂に入っていたら、後からボンズがトミカ持参でやってきて、
湯船に入っている母に向かって、

「もってて、もってて」

まさか?と思いつつ、手を出してみると、
ボンズの持っていたトミカ二台を母の手に乗せた。

「持ってる! 持ってるから、ジャー(かけ湯)しておいで!!」



そして風呂から上がる時は、鏡の前にトミカを並べておいて、

「おいといて、おいといて」(なぜか二度以上くり返す。。。)

というとので、またもや「まさか?」と思いつつ、
「おいとくからね」
と、そのまま風呂場においてきたら・・・

時々、
本当に風呂場においてあるか(風呂場に)確認に行ってました(笑)

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

甘えたい  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

新たな一歩!  

この春、小学校入学!という節目を意識して、
このブログのテンプレートを「桜」にしたっていうのに、
まさか、まーだ「トイレトレーニング」カテゴリを更新することになろうとは・・・

いやぁ、障害児育児、パターン読めなさすぎて愉快すぎ(^^;



昨日、ボンズが下半身露出して鏡の前でお尻を気にしていたの。

「ん? うんちかな? トイレに行って座ってみようか」

と軽く声をかけた母。



ボンズ、まだウンチはトイレでできず、便意をもよおすと、「おむちゅ!」と言って、
「オムツはトイレにあるよ」
とか、
「オムツはいといで~」
なんて返事を待ってから、自分で履いて、出たらそのまままた遊びだすか、
「うんこった」(ウンコした)
と教えてくれます。


保育園や児童デイ、外出先ではしたことがないので、
きっと小学校でもしないで帰宅後にすることになるでしょう・・・


なーんて思ってたんだけどね。


そしたら昨日は「じゃあ行ってみようか」と思ったのか、
あっさりトイレについてきて、

補助便座どうしようかな~。
体の大きさ的にはいらないんだけど(チビスケが使うのでおいてあります)、
不安定で嫌な思い残すくらいなら(成功するとは思ってないところがミソ☆)補助便座セットするべき??

と思っていたら、自分から補助便座をセット。

「あ、座る気あるんだ」
ってだけで嬉しかった・・・が、
興奮して怖がらせては元も子もないので(トイレは声が響くし、母の声はでかい)、

「はい座ったね~、上手ねーー。じゃあウーンってここ(腹)に力入れてー」
なーんて落ち着いてるふりして実は興奮状態。

パパとチビと姉ちゃんがお風呂に入っている今、もしかしてスゴイチャンスかもーーー♪♪♪


「ボンズは、トイレでうんちですっ♪」
と、パンツぱんくろう(わからない人はスルーして)の真似したりしてたら、
ボンズも「う~ん」と母の真似をして・・・



「ぷすっ」


とオナラが、出たーーー♪♪♪



すごいよ、本当に便意があるんだよ。
そして、トイレに座ったんだ。
もしかしたらお腹に力を入れたからこそ、オナラが出たのかもしれないし、
何より、便意=トイレに座る、ということが理解できているっていうのが確認できたんだ。


「もしかしたら足がふらふらしていて踏ん張れないから、ウンコの時はトイレに行かないのかも」説を聞いたことがあったので、足がどうなってるか見たら、
両足の先を踏み台にちょんとおいている状態。
本当はこれをちゃんと踏ん張れるように直してやった方がいいのかもしれないけど、
下手に触って降りてしまうのが(無駄になりそうで)怖くてできない。


結局その後おしっこが出て、ボンズもそれで降りようとしたので、
こりゃ「今日はここまで」ってことだなと、

「えらかったねー、トイレで座ったね~~~。オナラ出たね~~~。また来ようね~~~」
と終わったの。


その後、お風呂に入ってご飯を食べて、寝るまでの間好きに遊んでてもらったんだけど・・・
ふと見ると、またもや下半身露出状態で遊んでる。

う~ん。時間的に漏らしたかぁ?
どこだぁ? 爆心地は・・・と夫婦でウロウロ。

そしたらパパが、嬉しそう~~~~に、

「大変だ! でもすごいんだ。けど、大変だ」

とニタニタしながら呼びに来た。


なんと、トイレの前に、脱糞のあと。

コロンと見事に転がっておりますがな、ウンコが。


「これ、さくら(犬)のじゃないよね?」
とも一応警戒したけど(室内犬がおりますゆえ・・・)、
太さが違うな★


きっと「ウンチだ」ってズボンとパンツを脱いでここまできたけど、
間に合わなかったのか、
途中でテレビとか他のモノに気を取られたか・・・
とにかく間に合わなくて、ここでしちゃったんでしょ。

ボンズがオムツ以外のところにウンコしたのは初めてかも。
いつも崩れて形のないウンコしか見てないので、
もしかしてお腹の弱い子なのかなぁ? とか心配してたこともあったけど、
それってオムツにしているから(崩れている)ってだけだったのかも。
立派な、立派な、健康そうなウンコでした。


いや~~~久々に目の前が明るく、未来が輝きだしました(笑)
「ウンコがトイレでできるようになったら、ボンズこれで完成なのに」
ってくらい重要で、それでいて、
「まぁおしっこができるようになっただけでいいか」
と忘れた振りをしていたトイレ問題。

ここは、また、久々にきたチャンスかもしれません。
明日もまた素振りが見えたら、嫌がられない程度に誘ってみよう。
本人にやる気がある(しかも理解もしている)とわかったことだし!


あとは、うっさい姉ちゃんとチビスケの追求から逃れ、
静かに集中できる環境があれば・・・(これが結構難しい★)

スポンサーリンク


category: トイレトレーニング

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

6才のトイレトレーニング  

あははー。
昨日も、「おむちゅ!」コールがあったんで、
「ウンチ? ならトイレに座ってみようよ!」
と、誘ってみました。


コッコ姉ちゃんとチビスケ姉ちゃんに乱入され、
心乱されることがないよう、こっそりボンズと2人で個室に入り、
「ほれほれ、座ってみ、ね、ね、ね」
と補助便座もセット。


個室に入った途端、オムツを握りしめたボンズは、
「え? 何、座るの?」
って感じで、母が補助便座を指すのを見、おもむろにズボンを脱ごうとする・・・

母、ちゃっちゃか手伝って、「さささ・・・」と揉み手で悪代官をもてなす越後谷のよう。

まんまと座ってくれたので、

「お腹に力入れてね、ここにう~~~~んと・・・」
とかテンションあげながら、ボンズの両足をさりげなく踏み台の上にしっかり固定。
ボンズも、
「あ、足ね、忘れてた・・・」
って感じで体制を整え、自分でもウンコが出てくるのを心待ちにしているのか、股間を覗きこむ。

待つ、
待つ・・・
待っていると・・・


「ぱすっ」

と、またもやオナラが(笑)
そして、オシッコが出たら、
「もういいでしょ!」
とでも言いたげに、いそいそと降りておしっこを流し、手を洗って出て行ってしまわれました・・・

しっかりとオムツを握りしめて。

その後、鏡の影に隠れて、「う~ん」。


やっぱ昨日の今日で成功!!とは行かなかったけど、
ここで焦ってもしょうがないので、長丁場と心しておきますわ。

また喜ばしい進化が見られるまでは、この「トイレトレーニング」カテゴリもシーンとしているはず(笑)
ボンズは要求されてることがわかってるみたいだし、
うちも無理しちゃいけないことはわかっているので、今後も静かに戦い(?)ますっ。

スポンサーリンク


category: トイレトレーニング

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

怒ってるボンズ  

先日、夫婦で夜にお出かけしました。
祖母にきてもらって、子どもたち三人はお留守番。

そこで、チビスケがぎゃーぎゃー泣きながらしがみついてきて、
「チビもちゅれてってーーー」
と、大騒動。

・・・感動しました・・・

「普通の子どもの反応って、きっとこうなんだろうね?」
と思いました。

三人目にして、初。母の幸せ至極。



コッコは赤ちゃんの時から、祖父母宅などにおいてかれて母がいなくなっても・・・たぶん、気づいてなかった?感じ。
少し大きくなってからも、逆に喜ぶくらいで。
さらに大きくなってから、ちょっと不満をもらすくらいで、それは「もうばあちゃんち飽きた」と思ってる節と、「ママと買い物に行った方がうまい汁吸える可能性が高い」と考えているであろう計算の高さとかそういう部分であって・・・

いや、小学生になってからようやく「親と離れるのは危険」と本能が示していることを悟ったのかもしれない!!


まぁどっちにしても、最近では、
「ふ~ん・・・楽しんできてね」
と、親を喜ばせてやろうという計算もできるようになったらしいので、
事実どういう成長過程なんだか、もうどうでもいい気もする(笑)



そしてボンズは・・・


無視。



無表情。



無反応。



実は先月も母一人で夜のおでかけ、
「バアバとご飯食べて風呂入って寝て待っててね」
ということがあったんですが、
(*私信、M先生その時にO園の先生とお会いしたんですよ~~~超びっくり!!)


その時も一番心配だったのはボンズだったんですが、
何にも騒がなかったんですよ。
「こっそりでかけよう」と思ってたくらいだったので、それはありがたいと思ってたんですが・・・


今回も、お出かけする朝か前日からボンズの様子が????だったので、
「あー大丈夫ってわけじゃなかったんだ」
と確信を得ましたわ。


今回の場合ですけど、朝からソワソワしてました。
寒いのが苦手なのか、冬になってから、休日でも朝から外に出ようと騒ぐことなかったんです。(夏の間は出っぱなしでしたが)
なのに、
「おそと!」
としつこくアピール。

しかーし、
その前日にボンズが店内で、
コッコが店の外に出てから大パニックを起こして、顔から火が出っ放し!!
ってことがあったので、

「ちょっと待って、パパが帰ってきてからね」

ってずっと引っ張ってたんですよね。


我慢、待って、まだよ・・・のくり返しで、
ボンズもストレスたまってるわぁ・・・と思ってたんですが、
洗面器に水を入れてテレビの前で遊ぶ(しかも床が濡れてて滑って転ぶ)、
金魚の水槽の上で線路を組み立て(プラレール)電車がうまく走らないとか、
線路が水槽に落ちるとか(ってか金魚大迷惑)、
とにかく大騒ぎ。


大人はとにかく止めてましたよ。
金魚の水なんて不衛生で「病気になるよ~~~」と思ってましたし(線路についた水とか飲みまくってましたから)、
金魚死ぬぅぅぅーー、とか、
部屋が水浸しぃぃぃーーーとか。

でも、力づくで止めて、大声で怒鳴っても、なーーーんの解決にもならないことはいい加減理解してましたから(ええ親も成長してます、これでも・笑)

とにかくどうにかして方向転換してもらわないと・・・って必死でした。


その後は「ほーきぇん!」と言いながら行先指示。
しかも保育園とか言いながら、持ってくる写真カードは病院なんです、主治医とOTさんのいるところ。
じぇーんじぇん行く予定ないのに、ここ数ヶ月とにかく行きたがります。
今月に入って主治医の診察はあったんですが、それでも満足しないところを見ると、OTさんのところ(というか部屋?)に行きたいみたいですが、それはまだ来月なんですよぉ。


崩れてパニック尽くしのボンズを連れて買い物に行くのは大変だと考えたのか、
パパが車を出そうとしたので、さすがに止めました。
「ここで車に乗せたら、病院に行けると確信を持ってしまう」
パニック助長ってか、増大させてしまいますぅー。


結局、「おかいもん行ってアイス買って来ようか」で救われたんですよ。
ぎゃおぎゃお泣き叫んで、今にも(路上で)ひっくり返るぞ!というポーズだったボンズが、一瞬泣きやみ、「ん? 今おかんなんつった?」状態。

「おかいもん、アイス、行こう」
というと、
「あいしゅーーーー♪♪♪」
と泣きやみ、

「おんぷ」
とダメ押しされて、
それからはひたすら「あいしゅ♪ あいしゅ♪」と楽しそうに嬉しそうにスーパーに向かい、
平和に平穏に帰宅。
すっきりできました。


今後我が家では「アイス」に要敬称です。(アイス様、とか)


機嫌が直ったかのように見えて、布団一式をリビングの中央に持ってきて、
おもちゃも持ってきて「寝よう!」とか、無茶ブリしてます。。。


けど、これって母がまた夜いなくなるという異常な展開(ボンズにとっては)を本能が察知して、それで脳の中の伝達物質が暴挙に出ているのでは?(←よくわかってませんが)
というくらいの、無茶。
「だけどおまえら俺を止められんだろ」
くらいの自信満々でやってくれて、威張りくさってます。


「通常」の「日常」なら、
「きっとママにダメだって言われるだろう」
くらいの心づもりはあると思うんです。
でも、「今日なら無茶できる」というボンズの計算。

なんて賢いのっ♪
じゃなくて、やっぱ自分の気持ちや、特に不安を確かめて安心しようという術がない分、本能の赴くままに自衛してるんだろうな~~・・・って感覚。


帰宅してからも、翌日も知らんぷり。
いつもなら朝はママチャージするのに、避けてる?
こっちから近づいて行っても、無視?
そんな状態が続くと、あきらかに「おかしい!」と思うので、
早く日常に戻すためにも、こっちから「押し売りチャージ」(笑)

しつこーくやってたら、ようやくボンズが母の目を見てにこにこ笑うようになりました。
やっぱり怒ってたんだね(笑)

玄関まで追いかけてきて、「ママー」と泣けるチビスケの方が、きっとダメージは浅い。。。というか、回復も早い。
夜中に「おみやげあるよ」の一言で、再び入眠できるくらいなんだろう。

だけどボンズ兄ちゃんの場合は、前日からモヤモヤ(なのかイライラなのか謎だけど)。
そして翌日になってもスッキリしないまま過ごしてたんだろうなぁ。
コッコだって、
「いいなー何食べてきたのぉー、今度はコッコも連れてってね」
など自分の気持ちを言葉で伝えたり、ふくれたりできるんだもん、切り替えはボンズより早そう。


そういや、チビスケが生まれるって時、
入院中と、新生児期に母がチビにべったりになること心配してたんだけど・・・


近寄ってこなかったもんなーーー。
入院中病院にきたって、すぐに乳母(こじまる妹)連れて病室から出て行っちゃったし、
抱っこさせてくれなかったし、顔も見なかった。
母のいない祖母宅にいたって、泣いて困らせることなく、ひたすら「トミカプラレールビデオ2007」見てたっていうし。


苦情もないからって安心してたら、今頃ボンズの人相変わってたんだろうね(^^;

スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

おべんとん  

姉ちゃんは明日お弁当~~~~、と、
弁当箱を前の晩に用意していたら、ボンズが張り切りだした。

「おべんとん!」
と指さし、自分の(きかんしゃ)トーマスの弁当箱も出せとのたまう。

しょうがない、明日の朝ごはんはボンズたちも弁当箱か。
お弁当を三人分作って、二人は朝食にしてもらおう、
と、

「じゃ、あしたね」

というと、
一瞬不満そうに文句を言うと思ったんだけど、
自分もすでに眠いことに気が付いたのか(?)

「おべんとん! あしたね!」


最近、「明日ね」が通用するようになってきたので、すごく助かります。
わかってもらえるように、「あしたね」と言ったことに関しては、
翌朝絶対叶えるようにも気を付けてます。



で、翌朝、さっそく「おべんとん! おににり!!」と張り切るので、
姉ちゃんの準備と同時進行で作成。

姉ちゃんのお弁当を巾着に入れ、
ボンズのは食卓に出したら、「ぎゃーーーー」と走り出した。


「ハイハイ巾着ね・・・」


と、トーマスの巾着に入れてやったら、
さっきの絶叫はどこから? ってくらい、静かーににこにこになるボンズ。


・・・比べるの間違ってると思うけど・・・
うちならあんだけ大騒ぎした後、こんなにへらへらニコニコ天使のように笑えないわ。
恥ずかしいって思わないんだろうか(笑)



さらに「食べなさい」って促しても抵抗。
大事に抱えてどうやら保育園に持って行きたい様子。
「保育園は給食でしょう。今日は遠足じゃない」
「ぎやーーー」
「おうちで食べる」
「ぎゃーーー」

しばらく抵抗してたんですが、「しんかんせんのおべんと」に入れた同じものを、チビスケが食べ始めているのを見ると、空腹も手伝ってか素直に食べだしたよ。

完食して、「すごいすごい」と思っていたら、
「パン!」
と、まさかの朝食要求(^^;

「パンーー? まだ食べるの? ホントに?」
半信半疑で準備をしたら、さすがにイラナイと思ったんだろう「・・・・(・・;」状態。

「食べるんでしょ、焼いたよ。食べな」
というと、「しょうがなく」半分平らげましたわ(笑)


それで平穏に保育園に行けるかと思ったら、
今度は水筒要求。
「おみじゅ」
というので、本当に水を入れてそっけなく渡したら(遠足とかなら麦茶を入れる)、
嬉しそう~~に「通常の」通園バッグとともに水筒持参で車に乗り込む。


「そういや前の保育園でも水筒持参で何日か登園したっけなー」
(すぐに先生が見えないところに隠してくれて、そのうち忘れたらしい)
とかなつかしく思いつつ、
「また何日か続くんだろうか?」と心配しながらも、
到着したので、
「さ、水筒はおいてってね、待っててね、してね」
と、車に置いておくよう伝えたら、一瞬考えたけど、素直においてったんだよ。


ここまでは付き合う。
ここまでは勘弁ならない。

この線引きと、お互いの譲り合いと・・・
加減がうまく行ったら平和な疎通となるのね。
今更だけど。


保育園から立ち去る際、
「いってきます」
というと、いつもなら「いってらっしゃい!」と言ってくれるんだけど、
「あとでね!」
と、ボンズ。
「そうだね、あとで、ね」

今日は放課後児童デイの日なのです♪

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

あまやかす・・・  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

インフルでした!  

のんびりしていた週末、「おむちゅ」コールがあったので、
「ふんばっといで~」とカーテンの陰に行くのを見送り、台所の片づけをしていたら、

「ママー! ボンズが!! うんこまみれ!!」

と、姉ちゃんの絶叫。

久々ですねぇ。
窓がウンコだらけで、カーテンも・・・
部屋中ウンコくさい。。。

ぎゃおーーー!!
って怒ったってどうしようもないのはわかってますが、

「なんでこんなことするのー?!
 くさいしょーーー!!
汚いってーーー」

と、叫んで、まさかこんな時間にカーテン外して洗濯・・・(ToT)


この家にきてから3回目かなぁ。
春先にも窓の外側でやってるんですよね~。
玄関脇の壁と、リビングに面した窓と壁。。。
気づいてすぐに洗い流しましたが、すぐに気付けなかったこと1回。
ご近所は何事かと思ったでしょうねぇ。。。


どういう時にコレやるのかなぁ??
と考えたけどわからず。
だけどこれが不調の兆しだったのかも。


翌日、ボンズは児童デイサービスに元気に出発。
機嫌よく帰ってきたんですが・・・

なんか顔が変だな?

ほっぺが赤くてかわいいの(のろけかよっ)。


う~ん・・・熱を測っても平熱。
だけど、夜には37.7℃。
あちゃー。


夜中、吐いちゃったみたいで、翌日はぐったり。
とろとろ寝たり、起きて「おちゃー」と水分要求して、飲んでは吐く。
夕方には39.3℃。

とろとろ寝たり・・・で、夜になってから座薬投入。
おかげで吐かずにすやすや眠れたようで、朝には元気だったんですが、
まだ38.1℃。


病院行ったら、39℃超えの高熱をやっぱり問題視されて、
インフル検査(もっと暴れるかと思ったら、頑張りました)。
陽性反応だったんですよ~~~。
インフルエンザAです(>_<)


「キョウダイいるんですがー・・・
移りますよね?」


「お姉ちゃんは大丈夫かも。かかっても軽く済むだろうけど(実際Aやったことあります)、
弟はねぇ・・・移るだろうね」

と言われてガーン。


今週いっぱい保育園はダメだし、
その後チビスケ発症したら??

今週はコッコの病院(弟たちと同じところに転院、初の診察)、
コッコの参観&懇談、
そしてボンズの1日体験入学(親は説明会)と、行事目白押しだったのにぃぃー。
どうしましょ(汗)


あ、今はボンズ元気で、ようやく遊びだしたり、ごにょごにょピーチクパーチクとおしゃべりしてます。
昨日は声聞けなかったからねぇ。
しゃべりだすと(人間の言葉ではないです、ボンズ語ですけど)、
「あー回復したんだなぁ」
と思うけど。


タミフルと風邪薬もらってきました。
「タミフル、使ったことありますか?
問題行動が話題になりましたが、あれはタミフルの作用ではなくインフルエンザですから」
と、
「安心してタミフル使って」
と言いたかったんでしょう、説明されましたが、大丈夫です。

タミフルうんぬんじゃなく、普段から問題行動あるやつですから!(*^^)v

ちなみに、姉ちゃんがインフルやった時もタミフルもらって、しっかり飲ませました。
こっちも普段からギャオギャオ星人だったので、問題行動は見られませんでした。
(ってか気づきませんでした)

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 11

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク