自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

見たかったのか!  

体調が悪くなると、「おもらし」という失敗が多くなることがわかった最近。
風邪を引いたとか体調不良があるとわかったんだ。

その失敗も回数がすごい、帰宅した夕刻から寝るまでに3~4回とか。

たまの失敗ならありそうだけど、
「わざとか!」
ってくらいやる時は、その後熱を出したり・・・という体調不良があるとわかった。


が、


最近のは違った。(たぶん)


堂々と、ズボンとパンツを脱ぎ、茶の間で放尿の構え。

え?

と思った直後、ジャージャーと放尿。
それも鏡の前で。

「おーい!!」


そのさらに翌日は、鏡の前で座って、
パンツもズボンもそのままで、おしっこ・・・

・・・じわじわと広がっていくおしっこの水たまり。

「お~い・・・」


どうも、おしっこの出るところ? おしっこしている姿? を見たかったようなのよね~・・・


視覚優位っていうからわかるんだけどさ~・・・(^^;

スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

かわいい!!  

3連休中、昼時だったんだけど、旦那から駅まで迎えにきてほしいと電話があったので、
ボンズたちがスポーツドリンクを飲もうと大騒ぎをしている間に、
「パパのお迎え行ってくるね」
とさらりと言って、バアバに任せて一人で車ででかけたのね。


それから旦那の買い物に付き合い、結局帰ったら3時過ぎ。
途中でバアバに状況を確認してはいたんだけど、大丈夫だな~と思ってたんだけど・・・


車が家の前に着くと、今まさに「一人で」公園(というか空地)に行こうとしていたボンズ発見。

「お~い、ただいまーーー」
と声をかけると、喜んで駆け戻ってきた・・・んだけど、半分ほどきたところでスピードダウン。

うちが車から降りて、
「ただいま!」
と言っても、うにゅうにゅと文句たれ。


しつこく、「ただいま~~~」と両手を広げていたら、しぶしぶやってきて、
ぐずぐずとよじのぼってきては、文句たれたれ。

首にしがみついて、でかい体をなんとか小さく丸めてうにゅうにゅ文句を言いつつ、顔をすりつけてきたり、口をへの字にして顔をなでたり・・・。


なんともまーーーおいて行かれたこと、淋しかったとふくれているようなのです!!


それから甘ったれで、なかなか(抱っこを)降りようとしないし、
チビスケ(弟、3才)なんて知らん顔なのに、(コッコ姉ちゃんも)ボンズはかわいらしいこと♪
母冥利につきます!!(パパはノーチェックだし・笑)


ママがいなくて淋しい。
そんな気持ち、育ってるんですね~~~♪♪♪



*話はそれますが、コッコの医療費控除の申請と、ボンズの移動支援の申請(ゴネに)行ってきました。
医療費(薬代)の方は診断書が先だというし、移動支援の方も「う~ん」「あちゃ~」と言われながらも、やっぱり回答は保留。
あんな逃走ボンズなのに、こちらの市の福祉もなかなか鉄壁の守りです(汗)

スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 18

喜び、踊る  

保育園の先生たちは忙しい、
が、うちはもっと余裕なくバタバタしているので、
あんまり先生方とゆっくり話すこともなかったんですが、
ようやく、生活のリズムができたっていうか、仕事しながら・・・という生活に慣れてきたようで、少し落ち着いた気がします>自分が


最近聞いた、ボンズの保育園での様子。

体を使って遊んでくれる「幼稚園の」男の先生は前から好きだったんですが、
最近は女の先生にも甘えてますよ。

とか、

幼稚園の子供たちも、ボンズの存在を理解してくれたようで、
かつてのような「徒党を組んで対峙する」ような空気はなく、

ボンズが外で遊んでいたら、
「あ、ボンズだ~~~」
と寄ってきて、ハイと泥団子を、壊すために渡してくれたりするんだそうです。
すごいな~、子どもの順応力♪
ありがたいな~~~。


その大好きな泥団子(お迎え行くといつも泥だらけなボンズ)、
なんとこないだは、自ら作り、ハイと保育園の(好きな)お友だち(女の子)に渡したら、
その子も、
「ありがとう」
と受け取ってくれたそう。

いつもは、「ハイ、ボンズ」と渡される一方だった泥団子。
もらって、喜んで、壊すんだけど、
それをわかっていながら、みんなが泥団子くれるようになったんだよね。

それも嬉しかったと思うけど、
今度は自分が泥団子を渡し、「ありがとう」と受け取ってもらえたことも嬉しいよね!!


受け取ってもらえたとなると、ボンズは声も出さずに飛び跳ねながらその場で踊り狂ってたそうです!!(笑)


お友だちの気持ちもうれしい!
そして、そんな様子を一緒になって喜んでくれた先生たちの見守る視線もうれしい!!

スポンサーリンク


category: 保育園生活2

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

探し物はなんですか~~~  

一昨日の夜、久々に「まりお?」とDSのマリオを要求したボンズ。
しかししばら~~~く触ってなかったし、どこへ行ったかな?

こちらで管理しているわけでもないし、
前回は確か本体の充電が切れてて大騒ぎになったけど(充電器差したまま遊んでくれればいいのに、すぐに抜いちゃうからDSが消えてしまうと怒る! じゃあ差し込めっていうのに、そこがNGなので)、

あれから触ってないし、充電さえあれば遊べると思ったんだけど・・・
なんと、カードが差さってない!!

どこだどこだと夫婦で必死で(まさに、必死)探しても見つからない。

ボンズは泣く、わめく、せっつく、転がる、哀願する・・・
と、とにかくうるさい!
なのでこっちも必死だけど、ないものは、ない。


しかも、散らかし好きのボンズ。
ありとあらゆるものを広げている子ども部屋のままになっているので、探し物も容易ではない。

考えられるところは全て探して、それでもない。

いつもは8時には眠くて、眠くて、「寝よ、寝よ」とうるさいボンズ。
もう9時過ぎてるし、このままなんとかごまかして今日はもう寝ようよ。

だけどこの「なんとかごまかして」がうまくいかないボンズ。
わかるよ~~すっきりしないんだよねーー。
ここで気持ちの切り替えができるんだったら、いちいちこんな大騒ぎしないんだよねー。


が、親も寝る準備をしているのを見て「眠気」が勝ったのか、とりあえず寝てくれた。


朝が怖いな~~~と思っていたら、
今度は違う探し物!!

「○っひー」
って聞こえるんだけど、何て言ってるかわからないの。

「何? ダッフィー?(姉ちゃんのぬいぐるみ、だけどボンズが要求するなんてありえない)
ミッキー?(じゃないよね)
ラッキー?(これも姉ちゃんのおもちゃ)
ミッフィー・・・じゃないだろうし・・・」

ぶつぶつと聞き返しても、
「はい」と探すことを催促されたり、
「くーま!」(車? だと言いたいのか・・・??)
「あったーって!」(あったー、と言え。要するに見つけてくれ)
「どっち?」(だいぶ錯乱してきた?)
「いーよ」

思いつく限りの単語を出してくるだけで、
こちらは何を探しているかわからないし、
しかも仕事行く準備やら、朝ごはんの片づけやら、何もできずにイライラ・・・


ボンズはボンズで怒ってるし、しかも「またかよ」みたいな感じでイライラ感もつのってるのがわかるし、お互いドツボ。

ボンズとの付き合いで一番困るところが、焦り感を伴ってすごくパワーアップしている感じ。
仕事に行ってしまえば、とりあえず逃れられる~~~なんて考えてました。
喜んで行ってる仕事ではなかったはずなのに、逃げ場にしようと思ってるなんて、ヒトって変わるんですね(^^;


結局見つからない(ってか、わからない)まま登園となり、
でも探し物は保育園にはないことはわかってるから、わけのわからない要求を先生にすることはないにしても、
「気持ち悪さ引きずってますので、よろしく」
しました(笑)


お迎えに行き、家についたら朝の続きかな~~~と思うと正直気が重かったです。
そして、やっぱりその時間が・・・


朝より落ち着いて、「よし、付き合ってやろうじゃん」と隅から隅まで「これ? これ?」とやってみましたが、違うそうで、しかもあまりに聞きすぎるとだんだん怒っちゃうしさ~~~。

「わからん!」
というと、
「わかった!!」
と逆ギレされるしー(わかれ!ってことなんでしょ)。


風呂に入る頃、うまく切り替えできたのか? あきらめたのか?? もう親はあてにしないと決めたのか(笑)
だいぶ落ち着いてくれました。


食後には、自分が探してた物とはたぶん違うもので妥協したのか、
二階で遊んだり、おもちゃ両手に抱えて降りてきたり、機嫌よく過ごしてくれるようになったのでホッとしました。


そう、ようやく子どもたちだけで二階で過ごす時間ができたりしてきたんですよ。
コッコは必要に迫られて、もしくは隠れて漫画を読むために二階にいることもあります。
チビスケは、パパが作ってくれたプラレールの線路があるので、それで遊ぶために一人ででも二階で遊びます。
ボンズはどうしても親についてきてもらいたいらしく、必ず誘うんですよね。
しぶしぶ一人で行くこともありましたが、だんだんと二階滞在時間も伸びてきたところ。

あーーそのうち「食後は二階へ」ってなってくれたらなー。
ママは一人の時間が好き(笑)

スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 9

それぞれのいろいろ  

コッコ姉ちゃん(小4)、
以前からかかっていたお医者様が開業されて、今住んでる新居から電車に乗ってはるばる月に一度通い続けてストラテラ処方されていますが・・・

薬の効果、はっきりいってわかりません。
でも、お医者さんに向かって家族の悪口(?)を言えたり、
「薬は飲みたくない」
と言えるようになったり、ようやくカウンセリングも効果が出てきたところ。

なのですがーーー

これまた親の都合で、ボンズと同じ、家から車で5分の病院に転院したいと考えております。


薬の都合で、4週間に一度は通院しなくてはいけない。
が、小学四年にもなると、その都度学校は休ませたくない・・・ので、
土曜日に連れて行ってたんですが、
職場で土曜休みを毎月主張したりするのがきつくなってきまして・・・(年末年始控えているのもあるしね)。

近くの病院なら、こちら土日はやってない代わりに、学校帰りに行くことも可能かなーと。
平日休みなら、あまりうるさいこと言われずに取れそうだし。


でもでも・・・と悩むところでもあるんですがね☆


癇癪の頻度は下がったと思っていたんですが、
一時期治まったものの、最近また両親そろって頭抱えるほどの無理難題&癇癪がすごくって。
どうしたもんかなーーーと思っていたところ本人から、
「ママ、あの、お手伝いとかしたらポイントためて・・・っていうやつ、またやろう」
と。


引っ越しのごたごたやら、景品がやたらと豪華になってしまって行き詰ったままになっていたんですが、本人から言い出したこともあるし、それもいいかも・・・と、またまた準備しましたよ。


小遣いゲットー


今回は景品ではなく現金。
そして結果もわかりやすいよう、「土曜日までためて、日曜日に使っていい」お小遣い制。
ええ、うちお小遣いまだやってませんでしたから(笑)

そして、○シールや10円と記入、ではなく、
これまたドロップさんの画像を使って、ちゃんとシールを作りました。
本人も効果が目に見えて、そして、「十円がいくつでいくら?」という話題も振りやすいし、
今までの、「ねえママ100円でこれ買える?」というあまりの金銭感覚のなさにも終止符が打てるかも?!!と期待しております・・・

なぜか100-50の計算はできても、
50円のものが100円で買えるかどうかがわからない様子のコッコ。
慣れなんですかねぇ。


風呂洗い10円、ゴミだし10円、洗濯畳んで10円・・・
「家の手伝いするのに金払うってどうよ?」
という持論をなんとか吹っ飛ばして、本人が「何かお手伝いすることなーい?」という状態が、どうかいつまでも続きますように・・・と祈る(企む)母です。


続いてボンズ。

こないだコッコとチビスケ(弟)を連れて冬物のパジャマを買いに行ったんですが(ボンズはデイに行ってる時間)、チビスケが「コレ欲しいーーー」と頑張ったのが、兄ちゃん(ボンズ)と全く同じ柄のパジャマ。
電車がついてるからかなー。

でもこれを買うと、ボンズが混乱するかも??と、
「こっちにしない? これ兄ちゃんと一緒だよ」
といくら説得、代替品を探してもダメ。
う~ん、この微妙なサイズの違い、ボンズにわかるはずないしなーーーー。とか悩みましたが、
あまりないチビスケのリクエストだったので買っちゃいました。


パジャマ
掃除機をスタンドマイク代わりに歌い踊る三人・・・


その、おそろいパジャマを見たボンズの反応は・・・というと、特になし(笑)
「俺のパジャマを着るな」
とか、
「なんで二つ??」
と混乱することもなく。

ただ、色落ち具合がまるで違うので、比べると一目瞭然でしたがね!!


一度、ボンズがチビのパジャマを取り出し自分で着ていたことがあって、
「きつくない? これチビのだよ」
と、替えてもらったことがあったせいか、
その後、自分で出してきて着ても、
「チビの」
と確認しにくるようになりました!
すごいじゃん、高度!!



話は変わりますが、またボンズの話。


スケジュール

突然、OTさんや主治医のいる病院の写真カードを持ち出し、
「あした! あした!」
とアピールするように。

これ、先週までは児童デイでした。
「やっぱり保育園よりデイの方がいいのかーー」
と、ちょっと淋しく思ってたんですが(やっぱり毎日行くのは保育園ですからね)、
それが、デイから病院へ変化。


う~ん、これは病院とか、OTの先生というより、OTの部屋のボールプールやらブランコなんだろうな~~~と思いつつも、
「今度ね、耳掃除に行くよ」
と言っても、おさまることなく、
「あした! あした!」
とさらに迫ってきて、こちらの鼓膜が破けそう(笑)


「○○(病院)ね、耳掃除、金曜日」
というと、
「きんよーび! あした! 金曜日!」
と、行けることがわかって大喜び。
ちょうど一週間後だったので、一週間近く、このやり取りをくり返してました(笑)


で・・・いざ当日。
保育園に迎えに行き、病院の写真カードを見せると、わが目を疑いつつ狂喜乱舞。
一緒に「耳の診察である」カード等も見せて説明してるんだけど・・・
どうも抜け落ちてるっぽいなぁ(^^;


案の定、耳鼻科の部屋には大抵抗。
大暴れの号泣、脱走魔と化し、
「耳掃除は・・・(無理ですよね)」という医師の言葉に、
「しばりつけてやっちゃってくださ~い♪」
という母。
今までだって、耳鼻科でぐるぐる巻きにしてもらってやってもらってましたからね。
おかげでものすごい(よく今まで耳聞こえていたね??というような大きさの)耳垢ざくざく取れました。
今後は定期的に通います。


「カルテを見たんですが・・・耳や鼻に異物を入れた経験が?」
と耳鼻科医。
「いえ、耳は上の子で、この子は鼻です」
ときっぱり!
って、どういう子なの・・・うちの子たちって・・・。


来月OTさんがあるんだけど、
今度は行くのが大変になるかなぁ(笑)
おかげで、一番行きたい行先は「保育園」になったようで、
スケジュールのところに、自ら保育園カードをいれて、「あした! あした!」というようになりました(^^;

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント