自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

一コマ動かしてみた  

ボンズの就学先、地元の小学校の支援学級と夫婦で意見がまとまったので、
「就学相談」なるものの予約の電話をしました。
10月には入れるかな?と思ったら、11月でした。


もともと地元の小学校の支援学級しか頭になかったのだけど、
絶対にボンズは養護学校を勧められるだろうと思うので、
「どうして支援学級なのか」
を説明するために、両方2回ずつ訪問し、いろいろ聞いてきたように思います。


ボンズはまだまだ大人への関わりが重要な時期。
対子どもなんてまだまだ。


だから、「養護学校」が適しているんだと思います。


だけど、対子どもで得られる経験はどうしても捨てがたい。
そんな気持ちを養護学校のコーディネーターに話してみたんですが、
その答えが、
「なるほど。それなら養護学校では難しいかもしれません。
ここでは常に大人が介入しての接触になりますから、
純粋に子どもたちの間で・・・という経験は得難いかも」
と。


どちらを選んでも不足と感じる部分は出てくるかもしれない。
それならば、
「どちらが、その”足りない部分を学校以外で得る”ことがしやすいか」
と考えるのも一案だと聞いて(M先生ご無沙汰しておりますっ)、

やっぱり支援級に通い、デイサービスを併用する、
というのが、今の一番希望するパターンかなと。



どちらの学校の先生も、
「途中から移ることは可能」
とおっしゃいますが、養護学校の先生に実情をお聞きしたところ、
「可能ではありますが、過去に例はありません」
とおっしゃってました。

「どうしてでしょう?」
と聞いたら、答えにくかったようですが、
「その必要に迫られないからでは」
ということらしいです。

それだけ、足りてるってことですよね。サポートが。


それでも、ボンズに、子ども同士もまれる経験をさせたい。
それが親のエゴだったとしても。

今、この年齢でしかできない経験。



自分なら、養護学校から「やっぱり地元小学校へ」って希望も言えるだろうし、
実際に行動もできると思います。

だけど、学年が上がってから地元の小学校に登場しても、
同級生たちが成長してしまっていて、今の保育園のように「ボンズ、ボンズ」とかまってもらえなくなるのでは?と思うんです。


幼いからこそ、「ボンズなんでしゃべんないのー」とか、
「遠足にどうしてボンズだけお母さんついてくるのー」とか、
無邪気に聞いてくれる子どもたちの間で、
今しかできない「子ども時代」を経験して欲しい。


実際、通ったら難しいこと、大変なことが連続すると思います。
「無理じゃないですか?」
って、学校側から言われるかもしれません。


今の保育園でも、ボンズは自分のクラスを認識して、
並んで歩き、みんなが移動したらあわてて付いてくようになりました。
こういう「伸び」を、まだ続けさせてみたい・・・

支援級は保育園とは違う環境になるでしょうが。


本人がつらそうだったら、いつでも転校はできると思うし、
自分もそのつもりでおります。


「今の決断が、ボンズ君の一生を左右するわけじゃないですから、
もっと気楽でいいんじゃないですか?」

そうほんわかおっしゃった地元の小学校に、ボンズを入学させたいです。

スポンサーリンク


category: 就学に向けて

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 10

バス遠足  

先週、バス遠足があり、保育園のみんなと動物園に行きました。

ボンズは、母付で(^^;
ついでに父も仕事が休みで一緒に・・・
チビスケ(弟)ももちろん一緒なので、姉ちゃんだけいない家族行事みたいです(^^;


ボンズはみんなで動物園に行くと言っても、一人でちょろちょろするだろうし、
チビスケは園行事で母が登場すると、母べったりでみんなとは全然行動できなくなるし、
パパがいてくれて(マンツーマンできるし)良かった良かったと思ってたんですがー。


うちら登園が遅れて、みんなが今まさに玄関から出発→バスに乗ろうとしているところに合流。


ボンズ、みんなが並んで玄関出てくる姿を見て、園児スイッチON!


「大きい子から先にバスに乗りますから、
ボンズ君はチビスケ君と一緒に後から来ますか?」
なんて先生はおっしゃってたんですが(その方がバスで待ってる時間が短くて済む)、

「あー、じゃあボンズとチビのクラスの時に一緒に行きますーーーー」

なんて言ってたら、ボンズ、とっとと○○組さんと行っちゃったよ!!


先生は前を歩いているから、後ろからボンズがついてきていることに気づいていない(笑)


うちはチビスケをパパに任せて(チビはママー、ママーとぐずりだしてましたが)、
慌ててボンズ追いかけましたが、

先に乗って座ってるもんねー、ボンズ。


隣にクラスメイトが座ってたので、うちはその横の補助席にでも座ろうかと思ってたんですが、
ボンズたちの後ろにいたクラスメイト達が何やら相談を始め、
ボンズの隣にいた子をどけて、ボンズの隣に「ボンズのママ座って!」と。


はぁ~~~~・・・
ボンズクラスになると、こんなこと考えて、そして行動できるんだーーー。
と、衝撃。
ありがたく、座らせていただきました。
みんな大人やねぇ~。


バスの中では何やら嬉しそうに指さししながら、
そしてママの腕にすりすりしながら、とにかく嬉しそう!!


以前の保育園では、長々ホールで加配のN先生とおしゃべりしてようものなら、
つまみ出されて「はよ帰れ」と言わんばかりに押し出されてましたからねー。

「保育園はママのいないところ」
になってしまっていたら、

「参加しても追い返されるかもしれません」
なんて笑ってたんですが、
この時は歓迎してくれてたようでホッとしました(笑)


動物園に着いてからも、○○組さんが並んで歩けばその後ろからついて歩き、
猿山をみんなで見ていたら、自分もサル見物。


集合場所に荷物をおいていくことは拒否でしたが、
「みんなと同じ」を意識するようになったんだなーと感激。


動物園に行ったって、どうせ動物なんて見ないのに(^^;
と思ってたんだけど、見てるじゃん!!

「ボンズ~~~サルだねぇ~」
ってよってったら、「やっぱり☆」

ボンズ、サルじゃなくて、サルの水浴び用の水と流れてくる水を見てましたよ。

動物園に行くと、アヒル、ペンギン、アザラシなどにはまるボンズ。
「へ~海獣と鳥が好きなんだー!」
ってボンズのことがわかってうれしく思ってたんだけど、違う、水だ☆と気づいてガッカリした話を先生にも伝えました。


今回もやっぱりペンギンとワニは(?)しっかり見てました。


みんなにおいて行かれたよと言うと、あわてて追いかけだし、
他に気を取られすぎてみんなが遠くに行ってしまったのを見ると、泣いてひっくり返ってました(笑)←笑ってる親。

転がってる暇があったら走ろうよ、ってのがどうしてわからんっ。

でも、
「おいていかれたー」
ってショックなんだな~と思うと、
「みんなと一緒」
という意識が育ってることに感動的・・・でもある。


みんなが立ち止まる度に弁当を開こうとするボンズ。
みんなは動物を見てるんだけどね、ボンズは興味ないらしくて、
早くお弁当を食べたいボンズは、
列が止まる度にリュックを下して荷物を広げだすから、おかしくてしょうがありませんでした。


意外と大きな崩れもなく、ボンズの「集団」への意識の高まりを感じられて、心地よい疲れとともに帰宅。
チビスケも、お昼まではクラス行動できました。
時々すれ違ったんだけどね、
ボンズクラスとは動きの速さに差があって、一緒にはいられなかったのでした(母はボンズ対策に参加しているわけだし)。

お昼になったら当然母と一緒に食べる~~~とやってきて、
その後、
「ママとチビとサル見に行こう」とか「ペンギンいこう」とか言われて切なかったです。

サルはお弁当食べてた所のすぐそばだったので、
先生に断って二人だけで猿山見物できたんですが、ペンギンまでは遠くていけません。
「いつも兄ちゃんと一緒」で、チビと一緒にいられなくてごめんねぇ~・・・と思ったのでした。

スポンサーリンク


category: 保育園生活2

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

先生の使い分け!  

ボンズは普通ーに保育園に通ってます。
基本的には児童デイの方が好きなようで、
「ほら行くよ~」
なんて声をかけたら、あわててデイの写真カード探したり、
道端に立って「せんせっ」とアピールしたり。

保育園はマイカーで向かいますからねー。
「車乗ってー」
というと、「ちぇ」って感じで車に乗ります。
保育園か~、っていう気持ちもあるけど、車に乗るのが好きみたいです。

行ったら行ったで、割と堪能している様子。
いやならきっと拒否してますよね。

ほっとかれてるのかなー?
デイの方が支援が適切だから行きたいのかなー?
とも思ってたんですが、
ボンズ、保育園でもいろんな先生に甘えてるんですよ。

保育園のいろんな先生になつきつつ、
ついには幼稚園の先生まで!(幼保一体のところ)

幼稚園の先生は、たくさんの園児を一人でまとめなきゃいけないから忙しいのにー!
ボンズは抱っこを要求して、首にしがみついて離れなかったり・・・おいおい!!

やっぱり好きなタイプの先生がいるみたいで、
「若くてかわいい女の先生が好き?」
と思ってたんですが、男の先生にもはまったりしてるんですよねー。
体使って遊んでくれるから、男の人も好きみたいです。
広がってるな~(対大人ばっかりですけどね)と思っていたら、

最近、加配のH先生から聞いた話。

前から加配の先生より、クラス担任の先生の方が飛びついて行くなーなんて思ってたんですが、
困った時や、要求がある時は加配のH先生らしいです。


雨が降っているから園庭には出られないっていうのに、
加配の先生と一緒じゃない時は、ちょっとの隙を見て園庭に飛び出し、
「ほら~つかまえにおいで~~~」
的なへらへら顔をしていたり、

ある時は先生たちの事務所にフラフラと遊びに行き、
そこに思いがけなくH先生の顔を見つけると、びっくりして一瞬固まった後、
きゃっと目を覆い(←笑)、えへへ笑いをしながら回れ右をして出て行ったとか。


「きっとその時にH先生がいなければ、先生たちの部屋で遊ぼうと思ってたんでしょうね」
と聞くと、
「そうです」
って。



今までは、若い(二年目の)H先生、ボンズの傍若無人っぷりに腰が引けていて、
ボンズの言いなりなのかなー?と内心思っていたのですが、
ボンズの「使い分け」っぷりを見ていると、
「この人は自分のために使える人」と、その他の先生は「これから攻略していく人」って分けているのかなーとも思います。
これって、H先生への信頼感が生まれたと思っていいですよね~?

そしてさらに他の先生へも甘えようとするボンズ!
「人好き」バンザイ!!

スポンサーリンク


category: 保育園生活2

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

久々OTさん  

久々で二回目のOT(作業療法士)さんの予約日でした。
保育園に迎えに行くと、加配のH先生が、
「私も行っていいですかー」
と。
もちろん、大歓迎です!

ボンズとH先生を乗せて一路かかりつけの病院へ。

「前回からどうですかー」
と、OTのT先生に聞かれてまず口をついて出たのが、

「髪をおとなしく切らせてくれるようになりました!」
ってこと。


前回、
「ヘアカットとなると虐待まがいの大騒動になるのをなんとかしてー」
と泣きついたんですが、
「鋏を持たせて紙を切らせるとか、怖いかもしれないから、何が起こってるかわかるようにしては?」
というアドバイスを受けて、ボンズ用の子ども鋏を用意したんですが、
興味イマイチ。
ちょっと遊んでおしまい、そしてそれっきり。

だけど、どうしても食べたいおやつがあって、誰も開けてくれない!となると、
自分でキッチンバサミを出してきて、なんとか(使い方はおっそろしーけど)開けて食べてたこともあるから、「切る」ことは理解してたのかも。


「あれから、”明日髪切ろうね”とか”後で髪切ろうね”と予告をしたら、自分から定位置について、髪を切らせてくれるようになりました!!」
というと、アドバイスしてくれたT先生の方がびっくりしてました(笑)


ボンズの場合は髪を切るのが恐ろしいとかというよりも、
カットした髪の毛が背中に入ったりして不快なことの方が問題だったようで、
自分から頭を傾けて、切った髪が自分にかからないように協力してくれるようになってわかったんですよっ。

・・・だったらケープつけさせてくれたらいいんですけどね・・・
それは拒否なんです。

5分ほどでちゃちゃちゃっと切って終わらせなきゃいけないので、
こっちは自分の手を切りそうになるわ、汗だくで大変なんですが、
間隔を短く、こまめにヘアカットすればなんとか!
これでまた一つクリアと言っていいかも。



「トイレはどうですか?」
と聞かれたので、おしっこはOKだけど、うんちの時は、
「おむちゅ」とオムツ宣言をして自ら履き替え、
「お向かいのお宅のブロック塀のところで・・・」
というと、T先生大爆笑。
「わ、笑っちゃいけないんだけど・・・外で落ち着けるってことですよね」
と。
そうなんですよね~、どうして我が家の前ではダメなのか、
見える空の角度なのか、
ブロック塀の高さなのか、
花壇がきれいだからなのか・・・
うちのはもう枯れてますからねorz



指先が不器用になってきている気がするので、家でできる課題を探すのが母の課題・・・って話をしたり、時間はあっという間でした。

あとはボンズの逃走ですねー。
逃走と言っても走って逃げるわけじゃなく、お散歩してるだけなんでしょうが、
朝からふらっと家を出て、見えないところまで行っちゃうのが困る。


昨日の朝は、道二本隔てた小さな空地まで・・・
今朝は、そこからさらに電柱5~6本分くらい先まで行っちゃってました。

呼んでも戻ってきませんが、立ち止まってくれました。
そして迎えに行っても逃げないので、説得して連れ帰ってきましたが。


そういう話を、保育園の加配の先生も聞いてもらえたのは、ありがたいです。
先生も、
「そういえば・・・」
って感じで、園での話を思い出して聞かせてくれるし、お互いに一石二鳥?!


ボンズと先生たちではかなりいい感じなのはわかってましたけど、
「子どもたちとはどうですか? まだかな・・・」
と聞くと、どうやら子どもたちの方から、ボンズとの遊び方を模索してくれている様子。


みんながレゴで遊んでいるところにボンズがくると、
ボンズに長くつなげたレゴを「はいっ」と渡してくれて、
ボンズがそれを壊す(^^;
そしたらそれをまた園児がつなげてくれて、ボンズに「はいっ」。

園庭で泥団子をボンズに渡すと、ボンズは嬉しそう~~~に眺めてから、「ぐちゃ☆」。
すると、他の子がまたボンズに泥団子を・・・
「せっかくあげたのに!」
ってやり取りが過去にあったかわからないけど(きっとあるよね)、
「ボンズとの遊び方」をみんなが会得してくれたみたいで、母ちゃん泣けてくるよ。。。


ボンズとの暮らし、課題は絶え間なく山積みだけど、
それにくじけないで済むのは、こういうほほえましいエピソードが生まれてくるからなんだよね。

スポンサーリンク


category: 診断・診察(病院)

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

命がいくつあっても足りない(T-T) *追記あり   

土曜日、うちは仕事中だったんだけど、その間にまたボンズが逃走。
家の周辺道3本どころか、さらにその先の幹線道路の向こうに渡って、流れる車を見て喜んで飛び跳ねてたそうです。
歩きじゃ探せなくて、ママチャリに乗って出動した旦那。
連れ戻してからひっぱたいてガッツリ起こったら、わかったらしくてそれからおとなしいとか・・・


あの信号・・・どうやって渡ったんだろう・・・
ちゃんと青信号を待って渡ったんだろうか・・・
それとも車の流れを止めて・・・?


考えれば考えるほどぞっとします。
片側二車線の道路なんだけど、車の量が一段減ったところで、しかもゆるい坂でカーブになってるその先・・・なので、車のスピードはいつも飛ばし気味。
考えれば考えるほど・・・


前日、主治医の診察の日だったので、朝から一人でどこまでも行ってしまうという話をして、

「移動支援とか使ってみてはどうですか?」

と言われたんですが、うち、それ春先に役所にお願いした時断られたんですよね。
なんだか要件に該当しないとか。


「本人が一人でおでかけする年頃になったらまた申請してください」

なんて言われたのと、

その頃「いつ保育園に入園できるのか」とか、転居したばかりの家のことやキョウダイたちの新生活、そして自分の就労問題とか、先に考えなきゃいけないことがいっぱいあって、「あ、そうですか」って流したんですが。


「そうですかー。でもこれじゃあ休まる暇ないでしょう。
また役所に行って、ちょっとゴネた方がいいですよ


と(笑)



診断書が必要なら電話一本ですぐ準備できます。

お父さんお母さんがちょっと大変ですけど・・・
ここにきた時はいくらでも困った話してください!
応援してますから!!


との主治医からの心強いエールも得て、

転居して半年、一応生活は起動に乗ったし、

そろそろ役所に乗り込んで、

いっちょゴネますか!!(笑)


《追記》

こういうの作ってみました。

一人で行っちゃダメ

伝わるかわからないけど…

スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 12

久々工作タイム!  

どうしても保育園より児童デイの方へ行きたがるボンズ。
なんでかなー?

人数も違うし、助けてくれる大人の数が全然違うから、
やっぱりデイの方が過ごしやすいんだろうねぇ。

デイの活動の方が見通し付きやすいんだろうな~・・・

と、考えていて、ハッと気づきました!
今の保育園に「一日の流れ」なるものを何にも見せたことがなかった!


先週完全に休みの日があったので、
ボンズとチビを保育園に送って行き、そのことを話したら、
「一応あるんですけどねー」
とおっしゃるので、スケジュールを見せてもらったんですが、
写真で示すスペースはあるものの、
「あんまり・・・見ないし・・・」
効果もない感じ?(^^;


以前の保育園でも、登園→遊んで→お昼→昼寝→お迎え、という簡単な固定スケジュールを一枚にプリントして貼らせてもらってたんですが、
あんなのでもあったらまだいいかな~・・・


その帰り、百円ショップによって、バインダーとカード入れと両面テープ購入。

遅ればせながら、こんなの用意してみました。

スケジュール
*写真は一例ということで!
それと一応終わってから外して入れる袋も用意しました。


二つに折って3コマでも使えるし、伸ばして一日の流れを示してもらうっていうのもいいかな~と。
何より、薄くて軽いので、持ち運びOKです(*^^)v

「午後になったら外に出られるけど、午前はホールで(または教室で)活動だよ」
とか、
「いつになったら外に出られるのか」
など示してもらったら、ボンズも我慢できるかもしれない。
そしたら、先生たちの苦労も少しは減りますよね!


ということで、いろいろ使えそうなカードをわさわさ~っと作成。



土砂降りだと外へ出るのをあきらめてくれるボンズ。
小雨程度だと、目を盗んで園庭に出てしまったり。
でも、「ダメ、ダメ」と止められるよりも、
「いつなら出られるのか」を示してもらった方が、頑張れることも多いと思うので、

↓こういうのも作って持って行きました↓

晴れたら&雨なら


以前、「雨だから窓を閉めて」「晴れたら(開けても)いいよ」という2パターン準備して見せたら納得してくれたこともあるので、わかってもらえるといいんだけど。


あと、発表会の練習も入るそうなので、「歌う」「踊る」カードも用意しました。
保育園で最後の発表会、今度はどうなるかなぁ~。


後日、
「お母さんに作ってもらったカード、ボンズ君すごい食い入るように見てます!」
とのことです!

先生たちは写真などを自分たちで準備してボンズに伝えてくださってはいたのですが、やっぱりDropさんのは、ボンズも見慣れているから、入りやすいのかも?!

スポンサーリンク


category: 視覚支援、写真カード

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

我流視覚支援の限界  

連休が続きましたね。

我が家では温泉一泊旅行と、公園めぐりツアーをしました。
どちらもどっぷりお疲れで、頭抱えてしまうことだらけでした。

温泉の帰りは、ボンズが「まさかもう帰るとは!!」と思ったのか、
「こっち、こっち」と、戻る道を要求して号泣。

言ってることはわかったけど、聞くわけにもいかない要求で、
「どうやって気分を変えてもらうか」
で、道中知恵熱が出そうでした。


公園めぐりは、どんぐり拾いをしたい姉ちゃんのリクエスト。
しかも児童デイサービスでめずらしく、「制止の連続で不機嫌」なままの帰宅となったので、どうにかして気持ちを入れ替えてもらいたくて、ボンズ対策をかねた公園めぐり。

が、思わぬところで落とし穴だらけで、
「どうしてーーーー???」
な連続で、どっぷり、たっぷり疲れて、泣きそうで投げ出したくなることばかりでした。


どうにかボンズと意思の疎通がしたくて、あの手この手を考えてはいるけど、
「こちらからの指示」はできても、「ボンズのどうして」を説明してもらうことは皆無な現状。


あーーーボンズと意思の疎通がしたい。
うちの今の望みはそれだけなんだけどなぁ・・・

スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント