自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

転園先の保護者への理解と新生活その後  

物置が設置できただけで、こんだけ喜んでる家もないと思う。。。
が、以前書いた「引っ越しごっこ」?状態なのか、スコップやおもちゃ、自転車などありとあらゆるものをトランクルームに詰め込まれ、超~燃費の悪い走りをしていた愛車(12年目~♪)が開放されると思ったら嬉しい!

月に一度しか収集のないゴミをおいておけるスペースができるのも嬉しい!

物置が組み立てられているのを、そばで見たくてしょうがないボンズ…
を、なんとかごまかし、おびきよせ、完成を待つと、早速荷物の移動開始。

…ちょっと考えただろうボンズ。
だけど、「ここにおもちゃ入れておこうね」と三段のプラスチック引き出しケースを見せると、張り切ってお片づけしてくれたよ。

自転車も三輪車も、車の中から物置へ…うれひぃ(T_T)


すっかり住みつきそうな勢いですが(笑)
自分で自転車を出して、遊んだら片付けて…としてくれるので、
このままいい習慣になってくれればと思いますっ。



転園先の保育園で、ボンズ入園のお知らせ



そうそう、保育園の保護者会で、ボンズが入園するだろうこと、卒園までいるだろうことをお話してくれていたそうなんですが、先日その時の様子を欠席者向けにプリントされたものが配布され、うちもいただきました。

「ADHDの子が入園してくることがほぼ決まっています」。

これ、たぶん、ボンズのことだと思うんだけどーーー…

障害名が違っても、書いてある内容「運動会は状況を見て参加するだろうけど、卒園式は何らかの工夫が必要かと思われる」とか、「お互い負担のないように一緒に過ごす」とか、「保護者のみなさまに理解していただきたいこと」と題されたそのお手紙の内容はバッチリなんだけど…

「ADHDじゃなく自閉症です~~」

って突っ込んでもいいかなぁ(^^;

行動観察の一週間の様子で、したいことを止められてパニック。
身体能力的には問題がなくてリズムは参加してた…とか、
どう考えても他に誰かいるんじゃなくて、ボンズのことだと思うんだけどー。


保護者のみなさんがどう思われてるのか、想像もできませんが、
子どもたちの中ではすっかり「ボンズ」の存在が定着している様子。

「どうせチビしか行けないところでしょ」
とふてくされボンズは、めったに保育園の中まで入っていきません。

でも、チビを迎えに行ったり連れてったりしているうちに外に出て行ってしまうので、
おんぶして無理やり中に入ってくこともあります。

そうすると年長児たちが、
「あ、ボンズだ」
「ボンズ~」
「ボンズくーーん」
と声をかけてくれます。

中には、
「いつまでお休み?」
と聞いてくれる子も♪

まぁ…初対面で、生涯最大級の大パニック起こしましたから、嫌でも記憶に残ってしまったんでしょうけど(笑)

こうして保育園側も、加配の先生はもちろん子どもたちまで待ちかまえてくれているというのに、市の手続きを待つためだけに時間の浪費をしている(と、あえて言わせてください)うちとしては常に焦っている日々。

こういう子どもたちの声を聞くと、ひとりひとり頬ずりしたいくらい嬉しくてたまりませんっ。


ボンズ、新しい家には慣れたみたいです。
週に二回ですが、児童デイにも張り切って通っております。

車の送迎に一人で乗って行くのも問題ないみたいで、スケジュールも一応飲み込みつつある様子。

どうしても外に早く出たい気持ちと戦いながらみたいですが(笑)

新しい病院でOTさんのリハビリにも参加。
来週はいよいよ児童相談所にもいきます。

こうして新居に長くいる時間ができたこと、家に慣れるための時間だったんだ…と、後からなら、思えそうな気がします(笑)


スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tag: 自閉症  転園  保護者の理解  カミングアウト 
tb: --   cm: 10

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク