障害児の無理解?親としての姿勢を問われている?

Category : イベント

銭湯好きの自閉症児を連れてスーパー銭湯へ行った時



ただいま実家に寄生虫(←ある意味合ってる)帰省中。
こういう時にこそ…と、
子どもたちの好きな温泉(スーパー銭湯)へ。


ボンズも何度も来ていて、大好き。
今回も久々だし、嬉しそう~にウロウロしてました。

水風呂のヘリに立ってたからか、
それまで迷惑さいっぱいの顔でうちらを白い目で見てたおば(あ)さんが、


「おかあさんー危ないって教えてあげないとーーーー」


と、嫌味200%で言ってきたのがカチンときた。


「言葉のコミュニケーションのとれない子で…」

と返したんだけど、

「それでも言わないと、ねぇ~~~~」

と、周囲に同意を求めるその言い方にまた…

風呂のヘリで飛び跳ねてたわけでも、雄たけびあげて暴れてたわけでもないのよ、
ただ、入ろうと水面見て立ってたの。

水しぶきを上げようとしたり、暴れてたら止めたし、
浴室内を走ろうとしたら止めてたし。



それからは、もう突っ込まれないようにと、風呂にも入らず仁王立ちのまま、
ボンズをひたすら追いかけて、そばで見張ってたの。
うちは全然楽しくなかった。

ボンズはあまりにしつこく付いてくるのが鬱陶しいのか、
もうついてくるなって言ってた、椅子に座ってろって(笑)



あーーーやっぱり現実ってこういうものなんだなーーー
ボンズみたいなのが、世の中に出るって言うのは、こういう人たちと付き合ってくってことなんだな~…と、暗く、重たい気持ちで帰ってきました。

今でも、その気分引きずってて、重い。


叱らない親に対しての怒りだった?



だけど、少し冷静になって考えてみると、
あの人は、ボンズに対してというより、「叱らない親」であるうちに対して指摘したかっただけ?

ボンズの行く末を暗く考えることもないのかな?


確かに、風呂ではしゃぐ子どもがいたら、
「親はどこだ?」
「せっかくくつろいでる他の客がいるんだから静かにさせろ」
って思うのが普通。


うちはその前に、ボンズの動きを白い目で見てたその人にイラッときてたので、
ついケンカ腰で返してしまったけどね。

ハイハイって、「ボンズ~ダメよぉー」って言ってれば、
とりあえずその場はつくろえたのでは???


だけどね、全般的に目線がきつかったよ。

ボンズ奇声あげたしね、飛び跳ねるように歩いてたし、
5才の男の子ともなれば、目立つかもね。
こういうお出かけ、もうそろそろできなくなるんだろうな…。
すごく淋しい。


あ、そんな親の心の葛藤とは別に、
ボンズは楽しそうでした。

なかなか上がりたがらないので(想定内ですが)、
バアバに見ててもらう間に、コッコ(ボンズの姉)とチビスケ(弟)と三人で着替えをして、
それから浴室内に戻り、

「次、アイス食べに行くよ」

と、ソフトクリームのカード見せたら、さっさと上がってきてくれたんだ。

で、服を着てからお店の前で、
「どっち?」
と、ソフトクリームとかき氷(メロン味)の絵カード見せたら、

なんと、

初めての、両手で、両カードタッチ(笑)


「ダメ(笑)どっちか」


って再度聞き返しても、同じ。
両方のカードを、同時にタッチ、しかも飛び跳ねながら。


三回目くらいでようやく、ちょっと考えてから「かき氷」タッチ。

満足そうにメロン味のかき氷を食べたら、
「次はソフトクリーム~~~」
とばかりにお店の前に戻りましたが、そうはいきませんて(笑)


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本