もう限界!誰か代わりに育ててくれないかな

Category : ハハのキモチ ~’14

怒ってばかりで限界です



もうコッコに怒鳴ってばかりで限界です。

いくら「それがコッコだから」って言われたって、
こっちもムカつくし。

やっぱ言葉の有無かな…ボンズにこういう気持ち、めったにならないもんな。


「だから○○なんだってば!」

って、どうしても伝えたいことがあるのに、
それがボンズにとってプラスのことで、嬉しいことで、
だから泣き止んで聞け!!
って思ってる時は、、、なるかな、似たような気持ち。



だけどコッコに対しては、もっとハードル高く、
「わかれ!!」
と思ってんだろうな。


落ち着いた時に聞いてみた、
「どうしたらいいんだと思う?
自分でもわかってんでしょ?
わかってるけど、あ!って思った時には遅いの?
しまった!って、自分でも思ってるの?」

コッコ、頷いた。
けど、わかってんだかわかってないんだか。


毎日旦那が遅いのも不満なのかな>自分


「コッコ、誰か育ててくれないかな?
うちにいるより幸せなんじゃないか?」


このままじゃ自分がコッコをつぶしてしまいそうで、
旦那に今朝(朝じゃないと話す暇ない)言ったら、

「な~んも」

って軽く流された。


普段家にいないってこういうことなんだよね。
全然、現状見えてない。
だから、理想とか、感情だけで「大丈夫」って軽く言えてしまうんだわ。


「コッコ一人ならな、もっと向き合えたかもしれないけど」


とも言われたけど、気持ちは同じだけど、でも違う。


チビも「2才めどにオムツ外ししてるんですよ、チビスケ君もお昼寝の後、時間かからずトイレで出せるようになったし、とれるよ、もう。2才だしね」って言われてるし、
最近ギャオギャオ期で、数十分泣き喚いて治まらなくなることがある。


やることは山積み、子どももつらいんだろうけど、親もつらい!



ボンズ兄ちゃんのオムツも取り組まないと…。
たまに本人一人でトイレ行ってるんだよね。
ただ脱がないでしているらしく、ここでちょっと手伝ったり、手順を教えてやったら飲み込める時期なのかもしれないよね。


おもちゃ広げるこだわりとか、白米を食べないとか、こだわり症状が強く出ているっていうのは、
そういう時期なのか、
それともストレスを感じている表れなのか…。


コッコ姉ちゃん、忘れ物やなくし物があまりにひどくて、
先生から最後通告出されているらしいんだけど、それを知ったのが昨夜だった。

返事より先に言い訳で、
行き先も言わずに出かけちゃうこともあるし、
気に入らないと弟たちに手が出るのも気になるし。



なんかもうホントぐったり。
怒って、怒鳴って、自分が疲れて。
本人はもっとぐったりなんだろうと思うと、気持ちは重いまま。


今日はチビたち保育園に送ってから、コンビニスィーツ買って自分のために!!
ってやってるけど、全然気は晴れない。




コッコ、怒鳴られてると、そばにいるボンズが、

「ぁいっ! ぁい!」

って返事するんだよね~…健気。


そういやボンズが1才代の時からそうだったな~~~~……


コッコ、返事しないんだよ。
ここで「はい」って言えば終わるっていうのに、しない。
いつも、しない。
だから怒りに拍車がかかる。


それ、そういう空気を読んでるんじゃないだろうか?
赤ちゃんボンズが、そばで「あい、あい」って言い出した時はびっくりしたーーー。

同時に、コッコの空気読めない度にもびっくり。


最近また、ボンズが返事をするようになった。

怪我の功名?(使い方違うか)


テーマ : 障害児と生きる毎日。
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本