ボンズが大好きな、日帰り温泉と回転寿司

Category : イベント

温泉大好き自閉症児、人手のある時にしか連れていけない



こじまる実妹が帰国したので、こじまる実母と大人3人、
子ども3人のマンツーマン状態で、日帰り温泉に行ってきました。

ボンズが障害児なんて、ホント4才になる直前まで知らなかったから、
あちこち連れまわしてたんですよね。
日帰り温泉も、ボンズはなんども経験していて、

嬉しすぎて、喜びすぎて、楽しすぎて、
落ち着かないんだと思ってたくらい(笑)

走って転んだとか、まだ上がりたくないとか、確かに言われたっけな~~~
でも、

「お風呂好きなんだから、しょうがないよね」

と思ってました(笑)



今回は、あの悲惨な夏の旅行以来の温泉です。


どうなるかな~?とは思いつつも、
特になんの準備もしないで行きました。(やる気なし)


着いたら、そわそわと走り回るボンズ。
何とか脱衣所に誘導したら、脱げっつってんのに、そわそわ。

「ほら、お風呂」

と、浴場を見せたら、やっとわかってくれて、
ロッカーの前で、自分で服をぬいで、靴下までちゃんとしまってから風呂へ。
(保育園効果!)


「体、じゃーしてからね」
で、浴槽へ。

満足そう~~~に笑ってますよ~。

しばらくはキョロキョロしてましたが、
場所の全景がつかめた頃? やっとこ落ち着きました。


全員追いついたので、みんなで露天へ。

さっぶーーーい、のに、お湯は熱ーーーーーー!!

まぁそれが露天風呂の醍醐味なんだけどね(^^;

ボンズも上半身鳥肌、下半身は、
「あちっ、あちっ」
って言いながら入ってました。


その後は、露天と屋内と行ったりきたり、行ったりきたり…
誰か一人はついてるんだけど、追いつけないほどのせわしなさ!!

大人が追いついた頃には、次行っちゃうのよね。
しまいにはやっぱり転んでました。納得。

とにかく、他人に迷惑かけないように、とは思ってました。
が、奇声とか、はしゃぎっぷりがやっぱり独特だからか、
周囲の視線がきてましたね~~~。  気にしたら凹むけど★

妹に協力してもらって(膝借りて)髪も洗えたし、そろそろ上がりたいって頃に、
気づいてしまいました…

風呂があることに!!


コッコ姉ちゃんが入ってたからね~~。
「あれはなんだ?」
って感じで近寄って、入ったら気に入って、出てこない~~~。

でも、冷たいからか、出たり入ったりをくり返し、
そのうち頭からすってんころりん。

頭を打ったらしくて、
「いたい、いったーーーい」
といいながら、手桶を持ってきたかと思うと、頭から冷水かぶってました(笑)

頭、治ったかい?(^^; 


楽しいことからの切り上げ、切り替えが苦手な自閉症児



前回、先に服を着せてやったらすぐさま逃走してしまったので(妹が先に服を着ててくれたので、追うことができて助かったけど)、今回はうちが先に上がって待ち構えることに。


「出るのやだって言ったら、アイス食べようって言ってね」
と母に「魔法の言葉」を託して。


そしたら、
「喉渇いてんのかい? お水飲む?」
で、上がってきてしまったとかで、
こっちの準備ができる前に上がってきちゃって、大慌て。

でも、休憩所で「何かおいしいものが出てくるらしい」ところを見つけて、そこでおとなしくしてたので、妹が準備できて出てくるまで見張り、その後ソフトクリームタイムにしました。


食べてるとおとなしい3人…

で、食べ終わった直後、また走り出したボンズ。


???どこへ????


と、探すと、なんと、まさかの脱衣所

さっき自分達が着替えていた場所で、また服を脱いでました_| ̄|○


水飲んで、アイスも食べたし、また入ろうと思ったらしいです(笑)


「もう入らないよ、上がったでしょ。これからお寿司、食べに行くんだよ」

で、なんとかあきらめてもらいましたが。



そんな暴走ハイテンションボンズくんをバアバに託して、
トイレによってから帰りたかったのですが、ボンズが付いてきちゃった。
「トイレだよ??」


で、うちがボンズほったらかしで個室に入ったら、
個室の外で大騒動になりまして…

ボンズ、「呼出」ボタンを押してたみたいです(T-T)

他人のフリして帰りたかったけど、
ボンズ連れて出ようとしたら、「自分もおしっこをするんだ」と主張したかったのか、
和式トイレでしゃがみこんだの。


後から考えれば、それはすごくいいことだったんだけど、
なにせ慌てたこじまる、
「何してんの、早く行くよ」
って急かしたもんだから、転んじゃってボンズが不安そうな声。

いや、便器の中には落ちませんでしたが、
「怖い」
と思わせてしまったみたいで、
この記憶が残ったら、外でのトイレに影響するかも(T-T) 


スポンサーリンク

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4063593842632661"
data-ad-slot="2093493037"
data-ad-format="auto">



いつもはお持ち帰りの回転寿司に挑戦



 一旦帰宅して、パパを拾ってから回転寿司へ。
本当は7人連れだったのでボックス席希望だったけど、それなら20~30分待ちだというので、カウンターで一列に並んで(笑)


だけど、端っこだったし、パパ&ママで挟んで座ったので、
落ち着けただろうし、大好きないくらとまぐろがすぐに出てきたしで、おとなしく座って食べてましたよ。


ボンズと回転寿司初体験のパパ、びっくりして大絶賛。
「これならまた来よう」って(笑)

絶対食べれないだろうからって、お持ち帰りしてたもんね。


ある程度食べたら、みんなを待つ間「キッズコーナー」でパパとけん玉遊びしてたようです。
みんなで一緒にできることが増えたら嬉しいねぇ…。

今日のこの回転寿司も、旦那は本当はお持ち帰りか、出前にしたかったみたい。
久々に帰国した妹がいるから寿司っていうのはいいんだけど、
ボンズが…ね。


だけど最近「障害児のキョウダイ」について触れられてる本を読んだりしていて、
もっとコッコやチビスケのことも考えてやらないとな~~~と思っていたの。
(コッコは当事者?とも呼べるから微妙)


障害児がいるからと外食をしたことがない…という一文を読んで、
「あ、うちのことだ」
とギョッとしました。

コッコがしょっちゅう「外食したい」って言うんだけど、
ひたすら、「だめ」「いかない」って拒否してました。

なんで?って…ボンズがいるからだよな~~(そうは言いませんが)。
ボンズがいるから外食しない、っていうのは、
コッコ(や、チビスケ)の人生とは関係ないよな。(無関係ってこともないけどさ)

もうちょっと、コッコやチビスケ優先にってことも、
考えなきゃいけないな~~~としみじみ考えていたところだったので、
妹がくるっていうのは、いいきっかけだったのでした。

…やっぱ夫婦2人で、子ども3人連れて回転寿司は、まだ当分行かないけど(笑)


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本