自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

初笑い(クスリ程度)のお誘い  


自閉症児が苦労した写真館での写真が仕上がりました



こないだ写真館で撮影した七五三写真が、
年末に仕上がりました。

例の写真は、こちらです。










背後にサンタ?


どぉ?
背後のなんちゃってサンタのボンズ君。

膝も柔らかに動く姿が思い起こされるのでは?

これで、くすりと笑ってもらえたら、
うちらは今年もハッピーです♪


今年も、マイペースでいきますっ。
よろしくお願いします♪


スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

かんしゃく、引っ掛かりのくり返し、自閉症児の主張  


保育園に行き出した自閉症児は正月が退屈?朝からパニック連続



30日まで保育園に行ってたので、
ボンズにとっては冬休み(引きこもりのんびり生活)も3日目。

もともと引きこもってましたから(ボンズと外出、大変なんだもん)、
まだまだいけるっしょ?と思ってたんですが、
毎日保育園に行く生活、を始めただけに、退屈感も感じてるのかな??


今日も朝から、カンシャク大魔王。

テレビの映りが悪くなったと(結局は悪天候のせいだったらしい)、
テレビの後ろで工具を出して戦っているパパのそばで、 ぎゃーぎゃー泣いて叫んでひっくり返って…

パパがイライラモードでみんな息をひそめているのに(笑) ボンズ一人おかまいなし!

で、うちが「どれ、どうしたの?」って様子を見に行ったら、

プラレールの貨車セットにあった、平台みたいなところに、
工具の中にあったドライバーとペンチと全部で4本が、
乗らないってカンシャク起こしてんの。

「どれどれ…」
と、貨車をまず二台にして長さを作ろうとしたらそれはダメだそうです。 一瞬乗って喜んだのもつかのま、落ちたと言っては泣き…。
うちもやられる一方じゃイライラするので、

「だーーーかーーーら! こうしないと乗るわけがないんだってば!」

とか、

「ちょっと手を離しなさいよ、揺れるからぁぁ!!!」

とか、
マジギレしっぱなし。

母も時々キレます。するとボンズはびっくりして黙ります。
あ、良いお母さんは真似しないでね(^^;


っていうか、こんなこと真剣にやってるのってくだらね~~~!!
と思う一方、
内心では「おもしれ~~~コイツ!」と思ってるの。
じゃないと、くだらなすぎて付き合ってらんないことばかりで引っかかるんだもん(´ヘ`;)ハァ


あれやだ、これやだの謎とは?本人も言いたいことが伝えられずつらい



昼からは、雪かきのついでに雪遊びさせようと外に連れ出したの。
だけど、「つなぎ」の服を自分で着れたのでべた褒めしてたんだけど直後に脱いで、
ジャンパー着て出かけると頑張るの。

「じゃあアンタは家にいなさい!」

ってキレ出す母…
キレて言うこと聞かせようとしてます…。

パパがなだめて、なだめてなんとかつなぎの服着て出たんだけど、
今日はやけにひっかかるな~と思っていたら、

さきほど、
風呂上りのボンズに服を着せようとしても拒否、拒否、拒否!

オムツも拒否、シャツも拒否!
もう知らん!!と放置してたら、オマルでおしっこしてましたぁ!!!

オムツ拒否したので、
「じゃあこれ履く?」
ってトーマスの布パンツ渡したの。
ずっとパンツ拒否してたんだけど、めずらしく履く気になったみたいで、
それだけでも喜んでたんだけど、

どうやら、おしっこをしたいので服は着たくなかったみたい?!

嬉しいんだけど、思いっきり褒めたんだけど…。

おしっこの度に全裸?
ってこだわりができたらどうしよう???(ありそうでしょ)


スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

父なし子連れで正月帰省、落ち着いて過ごせるか?  


父と母子で別行動のお正月、自閉っ子は帰省を楽しめる?



ただいま実家に寄生虫帰省中。
旦那は仕事なので自宅においてきて(鬼)
自分の実家に滞在しています。

こちらに来る前に、旦那の実家にもよってきたんだけど(ほぼ一週間ぶりの訪問?)、
誰もいなかったせいもあるけど(義父母はおりましたが)、落ち着いてDSのマリオをしていたボンズ。
その後、義妹と義姪(ボンズにしたら従妹)がきたけど、落ち着いてました。

やっぱり、親戚宅でも、
入ったらすでに盛り上がってる状態、だと落ち着けないんですね。 


自閉症児と初詣。ご褒美の先渡しは有効?



今日は、初詣に行ってきました。
境内の前は出店と人で大賑わい。
ちょっと目を離した隙に、振り向きもせずどんどん先に進んでしまったボンズ。

こじまる母と、子どもたち3人と5人できてたんですが、
一瞬も目を離さず…っていうのは無理だし、
手もつないでくれないので(それでもだいぶ手をつないでくれるようになったんですがね~)

先にトーマス柄のわたあめ購入。
持たせてやると、とりあえず一緒に歩ける程度の興奮状態になり、
手を洗って、参拝し、コッコ姉ちゃんたちがお守りを買う間も待っている、ということができました。

大人としては、最後にご褒美!という形で買いたかったんだけどね(っていうか、できれば買いたくない)
ボンズは先にイイコトあった方が、その後の行動が落ち着けるというのもあるので、思いきったんですが、これが吉と出まして、無事に帰ってこれましたよv


スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

義実家にカミングアウト第二弾  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

薬は次回から?  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

自閉症児との旅行準備、不安と期待でいっぱいです  


初めての自閉症児連れ旅行、準備は思いつく限り万端に




むふ♪
ただいま頭の中は、来週のTDR旅行のことでいっぱいなのです♪
旅行の準備って楽しいですよね。

ボンズ対策としては、
DROPLET PROJECTさんから、飛行機とバス(リムジンバスに乗るので)の絵カードをプリントさせてもらい、
ディズニーのサイトでは、リゾートラインとリゾートクルーザーの写真をプリントさせてもらい、

他に、ホテルと食事の絵カードも用意しました。

「これから楽しいことがあるんだよ」

だからついて来て!ってことがわかったら、
なんとかなるんじゃないかと…。

前回行った時の記憶がまだあるんじゃないかと、そこに期待もしています。


前回、初日はエライ目にあって早々に後悔したけど、
日を追うごとに落ち着いて、
「こっちに来いとか言ってるけど、言うこと聞いたらあっちにいいことがあるらしい」
とわかったのか、次第にスムーズになったんですよ。 


思い出してほしいことには、実物を見せるのが一番でした



カードを用意した他は、カレンダーにミッキーシールを貼ったり、ガイドブックを見せて「みっきー」と言わせたり(笑)あとさっきHPで動画も見せました。心の準備に。

昨日からスーツケースを出して準備してるところを見せたし、
ボンズのリュックも出して準備始めたので、何が起こるかはわかってくれた模様。

どうやら、前回買ったポップコーンバケツが一番効果あったようで、
うちがリュックにたたんでしまいこんでも、文句言わずに大事にしまってありますv( ̄ー ̄)v 


多動の自閉症児には、「並んで待つ」が一番の難関



あとは、難関がいくつかあるんだけど…
例えば、飛行機から降りる時!

みんな飛行機が完全に止まる前に降機したがり、列を作りますよね。
ボンズも一刻も早く降りたいって大騒ぎするの。
気持ちはわかるんだけど、ドアが開くまでかなりの時間(気のせい?)があるし、親が頑張ってもどうしようもないところでひっくり返られると、もうなすすべナシ(T-T)  「並んで待つ」が最大の難関ですよ


「並ぶ」の絵カードがなくて、ないまま行くつもりです。
カードがあるかないかの問題じゃない気がするし。

今回はこじまる実母の他に(前回も行った)パパが一緒。
大人3人いたら、二手に分かれて行動も容易な気がするし(携帯ある時代で良かった)、
あとは…覚悟します(汗)


どこかで、「待つ」のが難しい障害のある子向けのサービスがあるって聞いたような気がするんだけど、ただの噂かどうか、聞いてきて報告しますねv( ̄ー ̄)v


あとの問題は、チビスケ…ではなく、コッコ姉ちゃん。

何せ、
「なんか買って」
の、鬼ですから、行く先々で「何か買っていい?」攻撃があるでしょう…

「あれが欲しい」、じゃなくて、何か、買って…。
行く先々で、「何か」買って。

それにいちいちイライラする母との戦いですわ。

「欲しいものがある、じゃなくて、何か買う、っていうのやめようね」
って言い聞かせてはいるんだけど、それができないのがコッコですから、
イライラしても、怒っても無駄なんだってこと、
頭ではわかってるんですが…実は行く前から、それだけが憂鬱だったりします。


スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

アトラクション待ちの悩み編―TDR旅行報告1  


「待てない」障害を持つ子とTDR、並べないならあきらめるべき?



「順番待ち」をしなきゃならない場面は、
普段の生活でもたくさん。

家の中ではおもちゃの遊ぶ順番だったり、
おやつを出してもらう順番だったり、
外に出たら、会計待ちの列や、
場合によってはお店に入ったり出たりする時も。


それが東京ディズニーリゾート(TDRと略)なんて行こうものなら、
アトラクションの乗る順番やら、バスに乗る順番やら、食事の順番待ちなんてものにもぶつかる。

前回行った時は、ハロウィン時期だったので、
田舎モンのうちらは、想像を絶する「待ち」の列ばかり。


せっかく楽しいところに行ってるのに、
何分~何十分も押さえつけたり、抱えたりで順番待ちは酷(親の体がばらばらにもなります・笑)。
だいたい、そんなことする前にあきらめてしまうでしょう。
「うちは待てないから」と。


だけど、どこかで「風の噂」程度に、
「ナニカイイモノ」があるらしいと聞いて、ディズニーランド到着後すぐに総合インフォメーションへ。 


違う場所で待つことができる、ゲストアシスタンスカード




 そしたら、ありましたよ。
ゲストアシスタンスカード
「ゲストアシスタンスカード」というそうです。


アトラクションのみ有効ということで、ショーやその他では使えません。
アトラクションの入り口にいるキャストにまずは相談。

スタンバイ(通常の待ちの列)時間経過後に再び戻ってくると、
ファストパスエントランス(時間予約券、っていうのかな?を持っている人専用の入り口)から案内してもらえるというもの。

このゲストアシスタンスカードは4名まで利用できます。
うちが5人家族と気づいたキャストから、

「ご家族多いようなので、アトラクションごとにキャストと相談してもらう形になります」

と言われました。


ゲストアシスタンスカードを活用してみた



まずは、今回の一番の目的である「モンスターズインク」へいきました。

夕方到着したので、当然ファストパスは発券終了(開園後一時間以内になくなるそうです!)。

さっそく、入り口でキャストに相談すると、
雨模様で、しかもこの時期だったからか、50分待ち程度だったので、
50分後に戻ってきたら、全員で乗せてくれるということでした。

左側に名前(カタカナでOK)と、有効期限(TDR滞在期間)
右側に、アトラクションのキャストに時間を書き入れてもらいます。
欄が足りなくなれば、アトラクションでも追加発行可だそうです。


このおかげで、
一番の目的だったアトラクションにも、もめずに乗れて、幸先よくってとっても幸せでした。
さすが「夢の国」♪ 


待つのが難しい子が二人いる家庭は、これも万能ではない



 夢の国の「鍵」をもらった気分でいたのですが、
「ピーターパン」のアトラクションでは、

「こちらでは4名までしかご利用になれません」
と。 

旦那が、「俺どっかで待ってるから行っておいで」って言ってくれてたんだけど(このメンバーなら当然そうなります)、あきらめました。

うちには口の多動で要求の激しい子と乳児もいるし、暗くて暴れるかもしれない障害児抱えて、他の子たちも乗せるなんて危険を(どんだけ暗いとこかもわからないし)うち一人で対応してどうなるかもわからなかったし。

結局、このカードを使ったのは、1回きりでした。
こんな手法使っていいのかなぁ~?と気が引ける感じもありますが、「待つことがつらい子がいるから」と、行く前からあきらめなきゃいけないと思っている人がいるなら、
こういう方法もありますよと、知ってもらうのは大事かなと思いました。


スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: --

飛行機が怖い?―TDR旅行報告2  


記憶力の強い自閉症児、一度経験があることは万全?



我が家からTDRへ行く時は飛行機に乗ります。
ボンズ、生涯で二度目のフライトになります。

なので、「経験があるから」と心配していませんでした。
「記憶力のいい」「未知の体験に対して恐怖心の強い」ボンズ…と思っていたので、
事前に「何をするか」「どこに行くか」と写真やビデオや、当日実物を見せに行ってから搭乗したので、わかってくれるだろうと…。


そしたら、暴れました(汗)


逃げようとしてたのか、きゃーきゃーわめきながら、ウロウロ。

フライトアテンダントさんのお姉さんたちにはにらまれる、にらまれる…。
「親はどういう教育してんだ??」的な白い目で、ずっと見られていたそうです。 …うちは顔を上げる余裕ありませんでした。 後で後ろの座席に乗っていた旦那と、母の言葉です。

10年近く前、旦那と旅行した時にものすごく嫌な思いをして、「二度と乗るものか」
と、敬遠していた飛行機会社でしたが、今回時間の関係で久々の利用となりました。


もしかして、飛行機が怖い?



はじめてのフライトの時は、乗ってる間はおとなしかったものの、
降りる時に早く降りたくて大変でした。

みんな列を作ってドアが開くのを待ってますが、ボンズにはそれがわからなくて「とにかく早く降りたい」
って暴れました。
今回もそうなるだろうと、着陸してからの心配しかしていませんでした。

ところが乗ってからずっとじっとしていることがなく、しかもベルトの外し方もあっという間にわかったみたいで、

トイレ前の空きスペースに連れ出してもダメ。 
DSや絵本を渡しても気がそれず、
ジュースも飲んだら逃げようって感じ。

ボンズ、コワイのかな??と気づいたのが、着陸の頃。

この暴れっぷりは怯えでは?と、後ろの席の旦那が言い出して、
「え? そうなのかな?」と思った次の瞬間、着陸。

タイヤが地面に接触したのがわかった途端に、
ボンズの暴れっぷりが止まり、
「今暴れてた子はどこへ行ったの?!!」
ってくらい、おとなしくなったんですよ。

それから、機体が完全に止まるまでのドライブ(?)中は、おとなしく座り、
機体が完全に静止した頃、やっぱり「早く降りたい」と暴れました。


う~~~ん…
飛行機が怖かったのかぁ…

そうなると、もう飛行機を使っての旅行は無理ってこと?


帰りも乗らなきゃ帰れない飛行機、またつらい思いをさせるのか



帰りのフライト、それも恐怖でした。


が、



超~リラックス♪


なんで????



行きとの違いは、フライトキャリア(笑)

行きで激怒していた旦那と母は、あんな客室乗務員だったからだといってましたが(居眠りしてたそうです)、ボンズにそこまでの違いをチェックできたかなぁ?それはきっと大人の理由(笑)

ボンズ目線でいくと、まず乗り込み方が違ったんですよね。

行きは、すでに一般の搭乗が始まっていて、大行列になってたので、「並べないだろう」と判断して一番最後の方に乗り込んだの。
すでに機内は満席状態で、しかも座席が中央のスクリーン前。
ボンズの目には、大勢の人の中に飛び込んだ感じに見えたでしょうね。


帰りは、2才のチビスケがいることだし…と、優先搭乗時間に乗り込んだので、
機内は空っぽ状態。
しかも座席が、2人掛けの一番後ろの席で、窓際にボンズを投入。
これが落ち着けた原因かな??


後から人混みになるのはOKでも、
人混みに入ってくのが苦痛のボンズ…。
いや~~親の考えが甘かったっすね、ごめんねボンズ。 


療育の担任に聞く、飛行機が怖いのか、もう飛行機は乗れないのか



帰宅後、翌日が発達支援教室の個別の日だったので、
ボンズの担当の先生にこれらの話をしたんです。


「一回目(のフライト)と二回目の間が二日しか離れてなかったら、記憶力のあんまり強くなさそうなボンズでも、あ、あれか!とわかって落ち着いていられたんでしょうか?」

と聞くと、

「う~ん…」
と、先生。

「いくら経験があっても、嫌なことだとわかると二回目はもっと暴れたでしょうから、今回は一度乗ってみて怖くないとわかったからうまくいったというケースでは?」

そっかー。

なんでも覚えている、経験があるなら大丈夫と簡単に考えすぎていたけど、
そんな単純なことじゃなかったんだね(^^;
事前に「何をするか」「どこに行くか」と写真やビデオを見せて、当日実物を見せたって嫌なものは嫌だし、覚えてないものは覚えてないんだよね。
当たり前って言えば当たり前だよね。


ボンズを連れてTDRに行ったのが評されたのか(?)
「いろんな経験させてもらってるねー!」
と、感嘆(あきれて?)の先生。

はい、無知は力。
考えなしの母ですから、ボンズに負担はかけますが、世界が広がってる…こともあるかもしれません(笑)


スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

アトラクションはお好き?―TDR旅行報告3  


自閉症児とTDR、アトラクションは楽しめる?



TDLに着いた夕刻、まずは一番に「モンスターズインク」へ。 
中に入ると、ボンズが逃げの体勢。

ほら、サリーのいる受付だ!
この音楽!
ポップコーン…!!

と、ご機嫌を取っていると、なんとか先に進むことができ、
乗車の番が来ると、また抵抗…が、座った。

そして発車した…暗い…そして速い(^^;

乗車中、ずっと手をつないでいた。
こんだけ長くボンズと手をつないだのって、初めて?(笑)


ボンズも、すぐ後ろに乗ってたチビスケ(弟、2才)も、固まっていた。あ、やばい、怖がってる?


このままでは、「TDL=怖いところ」になりそうなので、
次は絶対に怖くないのに乗ろう!

と、次はウェスタンリバー鉄道へ。

「じょーききかんしゃー!」

と、乗り物好きボンズも大喜び♪
ワンクッション入れたつもりが…

最後に恐竜出てくるのね(汗)


ボンズ、あきらかにびびってたので、
「見ない方がいいんじゃないの?」
と、目を覆ってやったら、その手をはねのけられました(笑)

怖いもの見たさ?
見えなきゃもっと怖い?? 


アトラクションがどのタイプか、入る前に確認が必須?



 次に入る予定のなかった、スティッチのショーを見に… 全然チェックしてないので、
「どんなショーですか?」
とキャストに聞いたら、鳥が歌うというので、まぁいいかと入ったら(コッコ姉ちゃんが入りたがってたので)

暗いじゃん(^^;

またまた「何が出てくるのか?!」と、手を握りっぱなしだったボンズ。
終わって「外に出るよ」とわかったらホッとしてました。



初日はそれで外も暗くなったし、撤収。



翌日は、コッコがカルーセル(メリーゴーランド)に乗ったり、
チビスケがコーヒーカップに乗ったりするのを眺めつつ(無理に誘いませんでした)、
プーさんのハニーハントへ。


モンスターズインクに乗れたくらいだもん、これは前回来た時も乗ったし楽勝でしょう♪
と思っていたのに、本人は逃げ出そうとしてる。

次第に周囲は明るく楽しげな雰囲気になり、
ボンズも落ち着いた。


ボンズの好きなキラキラのイルミネーションが光ると、
「(きれいだ)ね!」と発したのですが、
その後は、

「いやだーいやだー」
と、泣き出したの。

これにはびっくり。


行動を制されて嫌なのか、アトラクションに乗るのが嫌なのか微妙ではあったんだけど、
これは母ちゃんはっきりわかったよ。
アトラクションが、嫌だったんだね。


初めてのものは何でも怖い、でも本人なりに挑戦したい気持ちが見えたアトラクション



ホテルに戻り、一旦休憩した後、
コッコリクエストのゴーカートへ。

「これは車、くるまだよ、くーるーま。ほら、見えてるでしょ?」
と説得しても、やっぱり嫌がるボンズ。

が、見切り発車の母(笑)

ヒンヒンと鼻を鳴らしていたボンズも、
三秒後には歓喜の雄叫びに!!


きゃぁきゃぁ喜んで、流れ去る地面を見ていたボンズ。
終点がきたら動けと怒っていたよ(笑)

だけど、母が降りたのであきらめて降りた…んだけど、
他のメンバーがそろうと、再び乗車口へ!

二回目、行くのね(^^;

そして、運転席に飛び込むボンズ。
ご機嫌でアトラクションを降りて、
ご機嫌すぎて三周目に入りそうだったので、

「じょーききかんしゃー! 行こう!」
と、テンション上げ上げでなんとか移動。
二日目はこれにて終了。


最終日はTDS(シー)へ。
大きな移動のためにトランジットスチーマーラインと、
キャラバンカルーセル(メリーゴーランド)にしか乗りませんでした。

カルーセルも、
「馬は絶対無理だよね」
と、パパと相談。
ボンズはパパと、上下に動くこともない馬車に乗りました。

ボンズも、「ん? これならいいか」って感じで座っていたそう。
…というのも、この時初めてうちはチビスケ(弟)とアトラクション体験中♪


結果的にボンズは泣かせてしまったんだけど、
怖いと思う気持ちが芽生えていたこと(知らんかったし)、
「いやだ」と泣くことができたことが、うちとしては嬉しくてたまらなくて、
この旅一番の収穫だとも思えるのでした♪


スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

外泊・外食―TDR旅行報告4  


小さいころから外泊は経験値高い自閉症児



ボンズに障害があるなんて夢にも思っていない、おでかけ好きの母は、
ボンズが赤ちゃんの頃から、実家にちょくちょく連れ帰って何日も泊まったり、
義理の実家や、ホテルなどにも泊まってました。

だから今回も、眠れないなんてことはなく、
遊び疲れて(泣き疲れや興奮疲れも)3秒で撃沈コース。

それどころか、うちを引っ張っていって「寝よう」とアピール(超かわいい)


が、
お食事はねぇ…
昼はいいとして(いいのか?)
朝、夕のバイキングでは、好きなものだけでもいいからちゃんと座って食べて欲しい。


バイキングは立ち歩きができてOKだけど、行列があると待てなくてNG



今回ラッキーだったのは、プレイコーナーが超お気に入りで、
チェックインの時に初めて放牧したのに、きゃあきゃあ言いながら走り回ってた。

しかも、見知らぬ子にちょっかいかけに行って、嫌がられてたとか(笑)

いつからそんなフレンドリーボンズに??
TDR行って一番楽しかったのは、ホテルのプレイコーナー!とか言うタイプ?(笑)


バイキング会場に入るにも、列を作っていることがあって、
そういう時は、ボンズとコッコと遊ばせておいて(パパやバアバが見張りに残る)、
席に案内されて、ボンズの好きそうなものを取りに行ってから迎えに行く、
という方法を取っていたの。

これで、待たせる、座らせる…がなんとかうまく行ったかな。

初日の夜は、初めてお寿司をお寿司として食べたよ。
いつも「さしみ」状態にして、シャリは親が食べる羽目になるのに(^^;

絶対好きだろうローストビーフも、ずっと手を出さなかったんだけど、
二日目にとうとう食べましたv( ̄ー ̄)v
しかも気に入ったみたい! 


どんな味かわからない出先の外食にも挑戦できた!



 二日目のTDL(ランド)では、お昼にピザまで食べたんだよ~~。
これがおでかけ効果なのかはわからないけど、
食べれるもの、挑戦してみること、が、どんどん増えてくれたら嬉しいな~~~♪


ホテル内のバイキング会場から部屋に戻るボンズと姉コッコ。
よっぱらいのようにじゃれあいながら、コッコがボンズの肩に手を回すと、
ボンズもそれに応えるように、コッコに手を…

美しきキョウダイのじゃれあう姿!!
っていうか、やっぱりよっぱらいぽかったけど(笑)

お風呂は今回ユニットで、洗い場がなくて危険だったんだけど、
眠くてぐずぐずのところを、ササッと洗って出す!ようなもんだったから、
何とか乗り切りました。

寝る場所を自分で吟味したり、荷物をおいて巣作りしてはいたんだけど、
最終的には母の隣で寝る、という感じでした。

冷蔵庫にあるジュースにも何度も手を伸ばしたんだけど、
ダメだとわかってるのか、あきらめては、また手を伸ばし…。
結局無事でしたよ。

部屋から見える夜景は、ボンズも大喜びでした。
都会だね~~♪


スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

着ぐるみが怖い?―TDR旅行報告5  


自閉症は着ぐるみが苦手?



高機能自閉症児を持つ子の母に、
「TDR行ってみたいんだけど、着ぐるみ怖がるからダメかと思って」
って聞かれたの。

前回TDRに行った時…
ボンズどうだったかなぁ?

覚えてないし、
「四六時中うろうろしているわけじゃないから大丈夫だよ」
なんて適当に答えましたが、

今回はしっかり観察してみました。


自閉っ子にとって、着ぐるみはあり得ないジャンルの生き物?



TDL到着後すぐ、ラッキーなことに「プーさん」がいたの!

うちとコッコは喜んで駆け寄り、
一応ボンズも誘ってみたら、

「ありえない…」

って目をしていたので、誘うのはやめたの。

やっぱりボンズも着ぐるみ嫌い系?


旅行から帰宅後、すぐに発達支援教室の「個別」の日だったので、
先生に「なんで怖いんだろう?」って聞いたら、

「う~ん、やっぱり、ありえないんじゃないですか?」 と。

人間、動物ってカテゴリーに含まれない、とか?
ぬいぐるみが動いているとか?
どう考えてるのかな~…

うちはボンズの苦手が1つわかってワクワクしてます!!



遠くから見る分にはいいらしくて、
TDS(シー)で噴水にはまっている時、ドナルドやチップ&デール、プルート、グーフィー、そしてミッキーが挨拶に出てたんだ。

コッコはサインもらいにキャラクターを駆け回り、
ボンズはひたすら水(^^;

でもせっかくだから、ミッキーの姿くらい確認してもらおうと、

「ボンズ、あれ、ミッキー」

と、指差すと、

「…みっきー♪」

と、ニッコリ♪

ボンズの保育園の教室にミッキーの絵が飾ってあって、 教室の目印になっています。
知っているから、知っているものを見つけて、嬉しい♪って顔でしたよ。
母、これで満足(笑)


なーのーに!!


たまぁにサービス精神旺盛なキャラがいて、

ボンズが水にはまってまったりしているところに、
挨拶にきてくれたんですよね、
「やぁ!」
って感じで(笑)


「…(3秒後)…ひぃぃぃーーーー」


固まった後、ひぃぃーーーですよ(^^;

このオオカミ? コヨーテ?君、すぐにしまった!って感じでひいてくれましたが、
ボンズは水にはまってまったりしてたのに(この話、次書きますね)、
しばらく警戒してました(笑)



どこかで偶然キャラクターに出会えても、
駆け寄りたいコッコと、
逃げ出したいボンズとの間で、母も焦ります(^^;
(本当は母も駆け寄りたい)


スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

TDRの歩き方―旅行報告ラスト  


自閉症児との旅行の楽しみ方、オンとオフをしっかりがお勧め



おでかけをするとすぐに、
「手をつないで!」
と、ボンズに迫る旦那。

エレベーターが開く時、どこかに入った時、必ず言うんだけど…

「無理だって・・……(-。-) ボソッ」

と、母こじまる。

確かに危険を顧みず常に全力ダッシュのボンズ。
危険極まりない。

歩道の狭い時や、横断歩道を渡る時など、
どう考えても無事でいられない時は手をつなぎますが…

ってか、手首捕まえますね、じゃないとほどかれますから(汗)

最近は、見える範囲でちょろちょろ走るボンズ。
割と親の動向を見るようには、なった?? ので、

「離せるところでは離す、捕まえるところでは掴まえる」

と言う風にしないと、
例え夕飯の食材を買いに行っただけでも、どっぷり疲れます。

たまにしか一緒にお出かけしない父としては、
「外を歩く時は手をつないで」
と定着させたい気持ちになるのもわかるんだけど、

普段一緒に生活をしている母としては、
「それでは双方疲れるだけ」
と、ある程度あきらめてもらいたい。
(疲れてイライラしている相方を見ると、疲労度10倍ですから!)


楽しいTDR! 自閉症児だってワクワク走り出す!



空港に入った時、ホテルの中に入った時、
あんまりに混んでて他人に迷惑をかけそうな時は、しっかりそばについてガードしながら歩かせますが、空いていたら放牧します。

行きたい方向に行ってる時は走らせて、
曲がりたい箇所にボンズが差し掛かったら、ゆっくりと、
「右、曲がりまぁ~~す!」
と言う。

するとなぜか、言ったとおり右に曲がるんですよねぇ(謎)
今のところ、8割方誘導可。
ボンズが右・左、わかってるとは思えないんだけど(笑)
でも、これで覚えてくれたらいいなと思って、ずっと続けています。


TDL(ランド)でもそう。
走り出したら、なるべくボンズのルートで歩き、コースを変えて欲しい時にだけ、
「ひだりぃー、曲がりまぁ~~~~~す!」
と、おだやかに、大きく、ゆっくりと。  …なんかね、こっちが興奮して指示を出したり、
連呼したり、明らかな命令口調だと、ボンズに入っていかない気がする。



トゥーンタウンのトゥーンパークで放牧してから、
コッコが向かったドナルドのボートというアトラクションへ。

いきなり出口に突進したので、「だめぇーーー」と押さえに行ったら、
出口から入場しようとしたのではなくて、水にはまったの。

そう…水。
今回のTDR旅行は水に支配されていました…。


「入り口こっちだよ」
って教えてやっても、叫んで逃げて・・・この位置に戻る。 …ただ、水を見ているだけ。

「あ、そうか…水かぁ…」

他の人にはアトラクションを楽しんでもらい、(子ども3人、大人3人でマンツーマンできて、こういう時は本当に良かった!)その間、うちは水に張り付くボンズに張り付いてました。

しばらくして、ちょっと誘ってみたら、
抵抗はしたけど、ついて来て、
「こっちもおもしろいじゃん!」
と、遊び始めた。

うちも動きたかったから良かった!
そして、空いてたので、順路(?)を逆走しても、気に入った場所で動かなくてもOKだったので、本当に良かった。
冬のディズニー万歳!!


が、そんなボンズに付き合ってるのもやがて飽きるので、
「パートナーチェンジしよう」
と、うちはチビスケとチップ&デールのツリーハウス(すぐ隣)へ。
旦那がボンズに付き合ってたのですが、

出てこない…
待っても、待っても、出てこない…

どうやらはまって動かなくなったらしいと、
すぐそばのワゴンで、エサ購入(笑)


ボンズを抱えて場所移動するのは簡単だけど、
できればお互いに納得して場面を切り替えたい。
「他にも楽しいところがあるよ」
と伝えたいし、
ボンズが何に喜んでいるのか、こちらもわかりたい。

…という気持ちで、旦那は「とことん付き合う!」決心でいたそうです。

しばらく、気が済むまでしたいようにさせてやると、ボンズもやがて聞く耳を持つんですよね。
ただその「ボンズ時間」がこちらに「見通し」立てられなくて、イライラしたり(^^;


一日、または何かをする時の「最初」が肝心なボンズ。
出だしが好スタートなら、その後も割りとすんなり進むんですよ。(みんなそうなのかな?)

だからこそ、最初のうちはボンズペースを大事にしたい。


ホテルでも、ある程度プレイコーナーで走らせてから、
「コンビニ行くよ」
とか、
「お部屋帰ろう」
というと、しぶったり、考えたりしながらも妥協してついて来てくれました。


自閉っ子は水が好き?TDS(シー)ではドはまりポイントだらけで動けない



ただ…

TDSではそうも行かなかった…

まずは、入ってすぐの水!


ここが好きなのはわかってたけど、
どんだけ動かない気ーーー??ってくらい、動きませんでした。

「俺が付き合ってるから、おまえたち、行っていいぞ」
とパパが付き合ってくれたので、うちらは買い物したり、キャラクターと写真を撮ったり動きました。
が、そうしている間にも、1時間経過…。

シーは最終日だったので、夕刻には飛行機に乗らないといけなかったの!
コッコはダッフィー(クマのぬいぐるみ)が欲しいというし、
お昼は食べなきゃいけないし、
パークは広いし、今日はタイムリミットがある…と、ツアコン母はイライラ。


ここから何とか動かせても、TDSっていたるところに水がぁぁぁああ!!(T-T) 

運河(川?)があることはわかってたし、
テーマが海だってこともわかってるんですが(笑)
それにしても、あんなに泉や噴水が多いなんて、気づきませんでしたよ。

ボンズには「水センサー」がついているに違いないです。

とにかく、ちょっと動けば水、で止まり、
結局カルーセル(メリーゴーランド)しかアトラクションは体験してないのですが、
(別行動とった時に、コッコとチビスケはくらげのアトラクションに乗ったそうです…いいなぁ…)
時間めいっぱいでした。
ほとんどは、ボンズが水見てたんですがね。


暗いところが嫌い?音がうるさい?自閉症児がテーマパークを楽しむには?



アトラクションが苦手とわかったんですが、
問題は明るさだったのかも?
プーさんに乗った後は、売店すら入るのを拒否してました。

「今度はお買い物だってば、乗らないから」
って連れてったんですが、お店も外から入ったら暗く感じますよね。

シーに着いても、
「ボンズはマーメイドラグーンには入ることもできないかも?」
と、別行動にしたのですが、やっぱりダメでした。

後からちょっと誘ってみたのですが、中を見渡せるところまでは入ったものの、そこから先は拒否。
そして、入り口の水場でまったり…(水鳥か)


ボンズが嫌いだから、というより、財政的な問題で当分訪れることのないTDRですが(笑)
次に行く時は、シーを外すかも、です(^^;


今回の旅行では、ボンズが暗いところが苦手で、水に強いこだわりを持つ…
っていうか、こんなに特徴がはっきりしてたっけ?
と思った連続でした。


あ、写真で振り返ると、ボンズがよくフードをかぶってるのですが、
着いてすぐ雨が降ったので、うちがかぶせました。

翌日からは晴れていたので、かぶらなくて良かったんですが、
本人が好んでかぶってました。

周囲の刺激をカットする効果でもあるのかな~…。

まぁ誰に迷惑かけるでもないし、好きにさせておきましたン♪
いや、ただ単に、ここにきてすぐ帽子をかぶせられたから、
「ここでは帽子をかぶるものらしい」
と思っちゃったのかも??(笑)


スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 8

自閉っ子、長い連休、旅行で保育園の経験がリセットされる?  

TDR旅行記がやっとこ終わったので、
やっとリアルタイムな話ができます(笑)


旅行のために、正月明けも保育園をお休みしていました。
その間、実家に帰ってお泊まりしてきたり、
旅行のために、なるべく隔離した状態で!

旅の準備で一番必要なのは、健康体のコドモたちですからね! 


連休、旅行の後で後退せず、成長を見せた自閉っ子!



2週間ほどの冬休みとなったボンズとチビスケ(2才)、
チビスケは二日ほど、行きたがるくせに行ったら泣く…という状態だったのですが、 一方ボンズの方はというと、張り切って飛び込んでいき、

しかも、
いつも入れないホールに飛び込んでった月曜日。

「は、入ったー??」

我が目を疑いつつ去る母。


ボンズはホール、それもたくさん人のいる状態のところに入るのが苦手で、
(自分が先にいて、後から人混みになるのはOK)
ずっと入ろうとしても入れず、先生を誘い出して人気のない教室に入って遊ぶ、
という感じだったんです。

なんでー?

TDRでアトラクション体験してから、
「この世にはもっと怖いものがある」
なんて学習しちゃったのかな?って自虐的に笑ってたんですが、

水曜からはまたダメになりました。
なんで??


しかも、母の目からは改善された一日のスタートと見えたボンズですが(あんなに盛り上がってたホールに入れたくらいだから)、
その後は暴れん坊将軍になってたそうです。

最近、家でもやってたのですが、
気に入らないと、目に付いたものを放り投げる・・・
そりゃ~~~もう怒りのパフォーマンスです。

DSまでぶん投げるものですから、母激怒。
「壊れるよっ! 壊れてももう買わないし直さないからね~~~」(言われてもわかんないと思うけど)

それを、保育園でもやってたみたいです。
しかも壊れてたかごを、高い棚の上から放り投げようとして、
自分の首筋に傷作ったくらい(^^;


記憶の混乱?保育園生活を一からやり直し?



2週間のお休みで記憶がリセットされちゃったのか、
保育園の隅から隅まで入り込もうとしてたんですって。

でも、0才児さんの部屋に入ろうとした時が、
ちょうど赤ちゃんの寝ている時間帯とかで、制止され、ひっくり返って泣く…

タイミング悪く制止されることが何度かあり、
「今日は泣きっぱなしでした」
と言われた月曜日。


火曜日も、モノの放り投げがありましたが、
水曜日くらいから落ち着いて、
木曜日、金曜日は「落ち着いてましたよ」と。
やっぱり長くお休みしたせいで、調子が出なかったんですかね。
(って入園したの12月だし) 

…って考えると、
ボンズの環境は変えない方がいいんだろうなぁ…

実はまだ「春から幼稚園」という選択肢をあきらめきれてなくて。


春から幼稚園?保育園継続?迷うのは誰のためか



幼稚園なら、お昼寝しなくてOKだし、
今みたいに送り、ボンズ迎え、チビスケ迎えって三往復しなくて済むし、
それどころか園バスあるし。
チビスケとの時間も持てるし、
金銭的にもずっとずっと楽になる…

でもこれ全て母の都合ですからね。


春まで通った保育園をやめて、
またイチから新しい環境になって、
しかも4月入園ってことは、他にも慣れてない子がたくさんいて、
先生たちの手も目も、今みたいにボンズに行き届くわけじゃないかもしれない…

結論は、もう出ているようなもの。 

母が頑張ればいい話(あ、父も)。
保育園「継続」の用紙も出さなきゃ…。

 母の精神的負担を軽くするため、
実態のない「就労証明」を添付するのはやめようかと先生に相談したところ、
「園長先生に相談してみますね」
って言われてたんですが、やっぱり、
「また、もらえます? 就労証明…」
って言われました。

就労証明付きで入園して、すぐ「求職中」になるのはマズイってことですかね(^^;
実際ボンズが昼に帰ってきてるんで、
仕事するなんて無理なんですけどーーーっっっ。


スポンサーリンク


category: 保育園生活

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

自閉っ子、『おいでよ どうぶつの森』ひハマる  


スーパーマリオでDSの操作に慣れた自閉っ子、新境地へ



コッコ姉ちゃんのDSソフト「おいでよどうぶつのもり」。
最近、ボンズが操作できるようになったんです。


マリオ一本やりだったボンズ。
姉ちゃんが夢中になってるので気になってたんでしょうね。
スイッチを入れるも、何がおもしろいんだかわからず?
で、すぐに電源を切る。

お持ちの方はすぐにお分かりかと思いますが…

セーブしないでゲームを終えると、
次回ONした時に、リセットさんっていうモグラが出てきて激怒。
ものすごい激怒&説教されるんです!!

ボンズ、これにはまってしまいまして、
しかも、どうやったら出てくるかわかった(?)のか、しつこいしつこい…

モグラに「くぉらーーー!!」って言われるたびに、大爆笑のボンズ。


うちもコッコも非常ーーに迷惑してたんですが、
でも言っても聞かないし。
たかがゲームだし…こういう楽しみ方もあるかと思えば、
ゲームを有効利用しているとも言える。(←?)


が、最近、母が操作しているのを覗き込んで、
お店から出る時に「まったね~~」、
お友だちに会ってたら、「じゃーねー」とか、声を出して参加しはじめたボンズ。

ゲームの中に、いろんな場所があるのがわかって、
キャラを動かし始めたんですね。

マリオも勝手に操作を覚えてしまったので、
ゲーム機の操作自体はわかってるようです。

 

「おい森」の世界を堪能する自閉っ子、彼なりの楽しみ方は?



時々、「おい森」やってるボンズの手元を覗いてみたら…笑った~。


博物館の中にある、水族館にいたんです(笑)


「あんたゲームでもそこ(水)か!!」


釣った魚はすべてたぬきちさんに売りつけてたんですが、
それからはせっせと博物館に寄贈を続けている母です(ゲームの中に話ですけど・笑)


ONするとやっぱり、

「あんが! あんが!」(さかな、と言ってるらしい)

と言ってるボンズ。
見せてもらうと、やっぱり水族館。

「また魚増やしておくからね~~~♪♪♪」(あほ?)


そのままゲーム機を放置するようになったので、
母がそそっとセーブして片付けるようにしたので、
リセットさんに怒られることは少なくなりましたv( ̄ー ̄)v 


ゲームは発達障害児にはよくありません。わかっているけど…



ところで…

このゲーム機なんですが…
小学校教諭の義妹が、
めずらしく、
わざわざ、
家に電話をしてきて、
実の兄である旦那ご指名で、「ゲームは良くないよ、コッコも。特にボンズは」と御注進を…。


正月に義実家へ参った時、
旦那はいないし、
また夏のように脱走されても困るしと、

あ・え・て、ボンズにだけDSを持たせたの。

コッコはゲームに夢中になってしまいそうなので、
「せっかくじいちゃんちに行くんだから、みんなとお話しなさい」
と、持たせないで。


その時、ボンズがDSしているのを見ての忠告だと思うんだけどさ。


ゲームで自閉症治そうとは思ってませんが。


でも、一時間やるごとに、一ミリ脳が縮むとか言われるのなら速攻捨てるけど、
これでキョウダイ間のコミュニケーション取れてるところあるし、
隠してしまえばやらないし、
寝る時は「マリオばいばいだよ」で片付けて寝るし…

とか言いつつも、「現役」教諭の義妹に言われたことが、
ずっと暗く心に陰を落としたまま…。
そうなの、ゲームってよくないんだけどねー。



スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

ボンズ熱愛発覚!  


自閉っ子の初恋?初めての人への執着にびっくり!



昨日、ボンズ担当の先生に、ボンズに意中の先生がいると聞きびっくり。

「もうその先生が目に入ると、私なんて手を払いのけられちゃって」
「お母さんにするように、べったり甘えて、体中べと~~~っと」
「昨日もくっついて離れられなくて、××組にいたんですよ」


聞く話、聞く話、
「えぇ~~~??!!」な感じのオンパレード。


それが先週の金曜日からの話だそうで、
ボンズがここまで誰かに執着したことなんてないから、もうびっくりで嬉しい驚き。
自閉症って、人に執着しないのが問題にされたりしますよね???


一瞬だけ、熱烈ラブコールしたこともあった



ボンズが2才くらいだったかな、
こじまる実妹に、突如、もう本当に突然ぶっちゅ~~~~として、
ベタベタくっついて離れない「瞬間」があったんだけど、

その「瞬間」以来、今なんて会っても普通だし。

それどころか、その次の朝にはもう知らん振りだったので、

「アンタ(実妹)の化粧、昨夜濃かったんじゃない?
すっぴんだから見向きされないのでは??」

と、ボンズに会う時は「厚化粧指令」が出たくらい、謎…
結局厚化粧で会ったからと言って、妹にベタベタすることはなかったんですが。本当になんだったんだろう? あの一瞬は??


強いて上げれば、その一回があったくらいで、
母こじまる以外の人はほぼ同一線上。

パパとおねえちゃんはやっぱり特別かもしれないけど、いなきゃいないで平気だし。


自閉症児に突然好かれる理由があるなら、ぜひとも知りたい



そこへやってきた、このボンズの「初」人執着。


今朝保育園に送っていったら、早速その××組の先生を発見して、べったりしがみついて、自分の教室に連行してました。
その先生は、××組の担任の先生だから、いつまでもボンズにかまってるわけにはいかないんですがね~~。


「先生、ボンズに何したんですか?(笑)」
と言うと、

「なんにもしてないですよぉ~~~、突然好かれちゃって…」


「マタタビとか持ってません?」

「持ってません!」


まぁ、ボンズも猫じゃないし、それか、魔法かな?

それとも、ラブストーリーは突然に?!


スポンサーリンク


category: 保育園生活

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント