自閉症児と年末年始、親戚との平和なご対面のために

Category : 卒園までのボンズの様子

たまに会う親戚だからこそ、対面の仕方に配慮が必要



旦那の実家に、義兄夫婦が泊まりに来るというので、
もう数年兄に会ってない旦那は会いたかろうと、日帰りで会いにいってくることに。
(結局、こじまる実家に一泊することになったのですが)


うちらは、夏にも義兄に会ってるんですが、
旦那はいつも仕事の都合で実家には帰れず。

うちら夫婦は、車で2時間ほどのところに実家があり、
実家同士は車で10分ほどの距離、という環境。

だから久々の義兄とのご対面でも、ボンズはきっと覚えてるだろうね。
前回、旦那の実家で会った時は、座って(何かもらって)食べていられないし、
何しろウロウロうろうろ…で、
結局「落ち着かないんだな」と、ボンズと和室にこもって、そこで座って食べたんですよね(デザートだったかな?)



ところが今回は、

「ボンズ落ち着いたね~」

と、みんなに言われました。
確かに。

みんなで座ってお寿司を食べ、デザートも食べて、
義兄にちょっかいを出したり、からんだり、
義姉にもお世話されたりと、ずっとその場にいて過ごせたの。


そんなに劇的に大人になったって覚えもないから(笑)
なんだろう?と考えてみて、ひとつ思い当たりました。


ボンズ、保育園でも発達支援教室でも、最初に人がたくさんいるところには入っていけないの。
でも、自分が先にいて、あとから大勢が入ってきて大騒ぎになっても大丈夫。


だから、今回も、先に義実家に到着していて、
後から義兄夫婦、義妹一家とやってきて、総勢12名の大所帯になっても、
食事もできたし、最後まで落ち着いて過ごせたのかな?と。

…だとしたら、ごめんボンズ。
まさかそんなことだと思わなかったから、
夏のご対面の時も、きっとそういう居心地の悪さ感じてたんだね。

あの時、義兄の他に義妹一家もきてたもんね。
ほとんど知らない人状態の人がたくさんいる中、落ち着け、なんて無理だったんだね~~~。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本