初、登園拒否

Category : 保育園生活

自閉症児の登園拒否にどう対応する?



昨日お迎えの時に先生が、
「外遊びの後、前日と同じような散歩に出たかったらしく…」
と、切り替えがうまくいかなくて、ぐずって大変だったと。
ボンズも怒りが収まらなかったのか、給食に手をつけずに降園となった。

そんなこともあって、
今日はどうかな?と思ったんだけど、すんなりテレビから玄関へ。
車に乗って…ときたので、 

「なんだかんだと楽しんでくれてるのかな?」

と思ってたんですが、

保育園に着いたら、車から降りるのは拒否…

降園時間の違う弟のチビスケのお迎えの時(弟はお昼寝できるので、帰りが遅い)、
絶対降りないんだよね。
ボンズは眠くて降りないんだ。
すぐに戻ってくるのを知ってるから降りないだ。
今日はもう行ったから降りないんだ。

と、思ってたんだけど、

今日はそれを朝からやっちゃって、
「へ?」
って感じ。

ここまでおとなしくついてきたのは、チビスケが保育園に行くと思い込もうとしてた??

「いやだ」って言ったら行かずに済む、とは思われたくないので、
なんとか連れてったんだけど、先生に渡した後も泣き叫んでる声が聞こえてくる。

しかも今日はチビスケの咳がひどかったので、
チビスケはお休みさせて一緒に帰る…そんな姿見られたら?!と思うと、
チビスケの先生と話すのもそこそこに、
「逃げますっ」
って帰ってきたよ。


キョウダイ児の体調不良、予定通りにはいかないお迎え



昨日の担当の先生の疲れた顔がよみがえって、
「登園拒否は誰にでもあること」
とは軽く考えられず、気分も暗い。

しかも、チビスケの咳がみるみるひどくなってきて、
「これは変だぞ」
と、病院に行ってみたら、先生も「これはひどいな」と、
吸入、点滴、アレルギー検査のフルコース(?)
なんと、喘息の疑いが。

点滴は時間かかるもんね~。
つい掃除して洗濯干してから…なんて、のんびりして出てきたのが悔やまれました。
看護師さんたち急かして、急ぎで点滴やってもらいました。


ボンズ、お迎えの時間、今回は一番遅かったかな…。

昨日と同じように、ジャンパー着て、かばんもしょって準備万端、
教室の前でおとなしく立ってました。
今日は他の先生が、ボンズに話しかけてくれてたんだけど、
全く無視だったなー(これはいつものことだけど)


担当の先生は、昨日よりは崩れなかった、給食のみかんも隠しておいて、ご飯終わってから出しましたって、昨日よりはいい話も聞けたんだけど、

昨日はできた、下半身丸出しでトイレに行く…というのは、今日は徹底拒否だったそうです。(まぁこれはうちもいやだな・笑)

まぁ、山あり、谷あり、ってこと?

「お母さん、お昼寝のことは、長い目で。なが~い目でみてくださいね」
と、念押しされました。

あ、うちが結論急いでたの、気づかれました?(笑)

明日は、お待ちかねのお休み。
家でダラダラトーマスたちと遊ぶ?(トミカ)
来週からはどんな風になるかなぁ…。

子どもたち保育園に行ったら、のんびりできるかと思ってたんだけど、
なんだか逆に忙しいんですけど??


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本