自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

個人面談  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

スモールステップを経て保育園入園へ  


療育グループを卒業して、保育園入園に備えます



今日で、ボンズの発達支援教室「グループ」の活動終了しました。

去年の母子グループから1年とちょっと通いましたが、
4月から「分離グループ」になって、お母さんたちとおしゃべりできたり、
ボンズの成長が目に見えたりで、
とても楽しかっただけにすごく淋しいです…。

でも来週からいよいよ保育園。
週に一度の集団じゃなくて、毎日通うんだもん、
きっと次のステップがそこにあるってことですよね。

せっかく流れがわかってきたところで、本人も楽しんで行ってるのに…とか、
保育園なら一日が長いし、子どももたくさんいて先生の目の届き方も今までとは違うし…
とか、
心配になることは多々あるんだけど。 


心配の種に気づいたら?視覚支援は考えつく限り事前に準備



今は、ボンズと先生とのやり取りで引っかかりそうなことの写真カードを用意しています。

「上着を着ないと外で遊べないよ」
ってことがすぐわかるように、ジャンパーの写真カード。

「トイレに行ってから、教室に入るよ」
ってことがわかるように、トイレの絵カード。(保育園のトイレ写真撮ってこないと)

「手を洗ってからお昼ごはんだよ」
ってことがわかるように、手洗いの絵カードとお弁当箱の写真カード。

後は、その都度、先生の話から引っかかったところを聞いて、
うちが無い知恵ひねってく感じですかね。

行き始めてしばらくは体調管理に気をつけないと、
いろいろもらってくるんでしょうね~~~。
うちはチビスケ(弟、2才)と同時入園だし、
コッコ姉ちゃんの問題もあるので、親は体調崩してられないぞ~~~。


スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

自閉症児、保育園初日の様子は?  


ビギナーズラック?心配だった自閉症児、楽しく保育園へ



昨日、入園初日を迎えました。

ずっと一時保育で通って喜んでたチビスケ(弟、2才)が別れ際に泣き(教室も先生も変わって、お友だちも多かったとかでしょうが)、ボンズが喜んで飛び回ってたというサプライズ付きで(笑)


給食もカレーだったので、パクパクと食べてましたよ。
先生が、
「わ~っとした中に後から入っていけないと聞いたので、早めに手を洗ったりして準備万端で待ち構えるようにしました」
と。
先生の配慮がナイスです!!

テスト保育の時に、「上着を着てから外で遊ぶ」とか(とにかく外に出たくて)つまづいたところがあると聞いていたので、
「上着」やら「手洗い」「お弁当」など、ボンズが理解さえすればちゃんとできることの写真カードを作って持たせておいたのですが、それがどうやらうまく伝わったみたいで、ボンズもご機嫌で過ごせたようです。


最初が肝心な自閉症の特性、訂正は難しいのに登園の仕方で引っ掛かりがあった



ただ、最初にチビスケの(1才児さん)部屋に行って準備をしたため、
ボンズもそこが自分の部屋だと思ってしまったようです。
上着を脱いで、靴下を脱いでと自分から準備してしまいました。

その後も、何度も1才児さんの部屋に行ってしまって、
呼び戻してばかりいたので、
「明日から、お兄ちゃん(ボンズ)の方を先に」 と、先生に言われました。
(チビスケが兄ちゃんを押し戻していたそうです・爆)
ハハの配慮が足りなくて、思わぬところでつまづいて、課題ができてしまいました!


5年ぶりのおひとり様時間、母は堪能できた?



で、5年近くなかった、自宅でのお一人様時間を満喫の母!!
と、なるはずでしたが、
郵便局に行ったり、食料の買い出しに行ったり、
ボンズとチビスケ2人分の「パジャマ入れ」「枕カバー」等お昼寝セットを作って、掃除して洗濯干して…だったので、
11時半のお迎えの時には肩で息をするほどの忙しさでした(^^;

普段より忙しかった…

そして今朝も2人とも、張り切って保育園に向かったので、出だしとしてはなかなかスムーズだったのでは?と思っております。
車から降りる時に、ボンズがちょっと渋ったのが気になりますが…。
きっとまだ「発達支援教室のグループ」の方が恋しいんでしょうねぇ。

水曜日から、チビスケがお昼寝開始になります。
ボンズはいつから?なのか、今日のお迎えの時に聞いてきますが、
自宅で一人っ子気分を堪能してしまったら、ますます保育園でのお昼寝とか拒否しそうな気が…
あとで相談してきます。
って、もうこんな時間!!
米買ってこなきゃ~~~~!!

というわけで(?)まだばたばたしてますっ。


スポンサーリンク


category: 保育園生活

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

自閉症児も成長します、自閉っ子の成長  


自閉症でも、教えたらできます。応用もします!



いつからか、意思の疎通が楽になってきたように思う。
なんでだろう?
ただ成長したから、の一言で片付くのかなぁ?
何かきっかけとか、あったのかなぁ…?

一番びっくりしたのは、みかんを食べたくて自分で出してきたボンズに、
「ダメだよ。ご飯が先。みかんしまって」
と言うと、






しまったんですよぉぉぉぉ!!!!!




言ったこっちがびっくりして、腰が抜けるかと思いました。



そうそう、みかんといえば、昨シーズンは自分で剥いてたのに、
今シーズンに入ったら、忘れた??のか、剥いてくれって言ってたの。

そのうちまた思い出したのか、自分で剥けるようになったんだけど、
剥いた皮がそこらじゅうに散乱して、毎回ひどいことに。

「これじゃいかんな」
と、散乱した(しかも細かい)みかんの皮を拾い集めて、

「ゴミ箱、ポイ」

と、握らせ、手首をつかんで強制的にゴミ箱の前へ。
ふたを開けさせて、
「ポイだよ」
と、捨てさせること…2~3回。

とうとう自分からみかんの皮をゴミ箱に捨てに行ってくれるようになりましたv( ̄ー ̄)v
どうやら、無理やりぎゅっと握らされて、しかも手首をつかんで引っ張っていかれるのが嫌だったようで。


さらにその次には、自分で考えたんでしょうね、
ゴミ箱の前に立ってみかんの皮を剥き、捨てて、ゴミ箱を閉めてからゆっくり食べるようになったんですよ!
これは教えたやり方じゃないから、ボンズが自分で考えた、ってことですよね??


そのせいなのか何なのか、おやつの後の皿を流しに「優しく」下げにきたり、
お茶を飲んだコップも台所に下げてくれます。
おやつで出たゴミも、ゴミ箱に。


すごい!! 応用してる??!! 


意思の疎通が難しかった息子とのやり取り、ゆっくりでも進んでいます



 また別のことで感動したのが、
うちが洗面所で髪を乾かしていたら、どうしても来いと引っ張っていかれたの。
「どうしても」っていうのがわかったので、
途中で手を止めて付き合ったら、トミカトーマスの散らばったボンズのお気に入りの場所。

そこに手を引っ張って、トミカトーマスを触らせようとしている…

ははーん。
どうやら何か探して欲しいらしい。

でも何かはわからない、ので、

「何? エミリー? ジェームス?」

といいながら、ボンズのお気に入りを1つ1つピックアップしていくと…

「とびぃ」

と、ボンズが言いました!

「トビー? トビーがいないの?!」

慌ててそこらへんをひっくり返すと、
姉ちゃんが置いたタオルの下から、トミカトビーが。


「あった!! あった!!」
と、ボンズが!!


どうですっ、これが意思の疎通といわずしてなんといいましょうか!!
ばんざぁぁぁ~~~い!!!

(久々にのろけてしまいました・・・(。-_-。)ポッ)


スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

保育園に通ってみたら…  


定型児と自閉症児を同時入園させると起こること



あんなに七転八倒して(←この言葉ってうちのためにあるんじゃ??)
四苦八苦して(←この言葉ってうちのため…)
なんとかこんとか(←この言葉…)
保育園に入れたっていうのに、もうはや五月病? …師走だから12月病か。


毎月のバイオリズムでドーーーンと落ち込む時期であるのと、
前日、自閉っ子母同士夜に集まっておしゃべりする名づけて「夜の茶話会」があって1時過ぎに帰宅して眠いことと、
保育料の決定通知を見たショックと、
朝別れ際とうとうチビスケに泣かれたことと、


そして、チビスケはお昼寝も開始しているのに、
本命ボンズ君はいつになるかの見通しも立たない、
というこの開きと、

保育園に車で三往復しなきゃいけないことと、


なんだかんだいろいろ重なったためでもあるんですが。


保育園…キツイっす(T-T)


まず、保育料、払えません。
うちってこんなに税金(所得税)払ってたんですね…そのせいで、2人分の保育料がとんでもないことに。
払えません。
本当に働かないと、続けられません。

が、

チビスケはともかく、ボンズは12時にはお迎えなの。
これがいつまでかわからないうちは、仕事なんて無理。
これなら、4月から行く予定の幼稚園の方が時間が長い上に、送り迎えまであって母は楽チン。
ガソリン代も助かります。
しかも…
保育料も激安になります(今の保育園に2人通ってる状態に比べて)


だけどね~…
毎日同じことの繰り返しで、身辺自立のために行くようなものだし、
小学校に入る前に集団に所属したいと思って、そのための保育園。
頑張って入れたはいいけど、しんどいっす(T-T)


一番頑張ってるのは、環境の変わったボンズとチビスケなんでしょうが…

春までにボンズがお昼寝できないようなら、
本当に保育園辞めて、手をつけてある幼稚園に通うことになるかも。
チビもプレに入れられるしさ。


今日、実態のない就労証明に判子押してくれた大家さんに挨拶してきました。
いろんな人の力を借りて、やっとここまできたんだけど…


チビにだけ長時間保育園行かせて…っていう気持ちが一番重いかなー。
今はボンズとこうして2人で家でまったりしているわけだしね。


「ママね、チビスケだ~いすき。だーいすき、だからね」
昨日は意味なく、チビに連発しちゃったよ。
「ね、忘れないでね。ね、わかった?」

「うん」(ほんとかよっ)
とチビ。
チビを邪魔にして追い出してるんじゃないからね~~~~(T-T)



すいません、今日は愚痴というか泣き言です。


スポンサーリンク


category: ハハのキモチ ~’14

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

初、登園拒否  


自閉症児の登園拒否にどう対応する?



昨日お迎えの時に先生が、
「外遊びの後、前日と同じような散歩に出たかったらしく…」
と、切り替えがうまくいかなくて、ぐずって大変だったと。
ボンズも怒りが収まらなかったのか、給食に手をつけずに降園となった。

そんなこともあって、
今日はどうかな?と思ったんだけど、すんなりテレビから玄関へ。
車に乗って…ときたので、 

「なんだかんだと楽しんでくれてるのかな?」

と思ってたんですが、

保育園に着いたら、車から降りるのは拒否…

降園時間の違う弟のチビスケのお迎えの時(弟はお昼寝できるので、帰りが遅い)、
絶対降りないんだよね。
ボンズは眠くて降りないんだ。
すぐに戻ってくるのを知ってるから降りないだ。
今日はもう行ったから降りないんだ。

と、思ってたんだけど、

今日はそれを朝からやっちゃって、
「へ?」
って感じ。

ここまでおとなしくついてきたのは、チビスケが保育園に行くと思い込もうとしてた??

「いやだ」って言ったら行かずに済む、とは思われたくないので、
なんとか連れてったんだけど、先生に渡した後も泣き叫んでる声が聞こえてくる。

しかも今日はチビスケの咳がひどかったので、
チビスケはお休みさせて一緒に帰る…そんな姿見られたら?!と思うと、
チビスケの先生と話すのもそこそこに、
「逃げますっ」
って帰ってきたよ。


キョウダイ児の体調不良、予定通りにはいかないお迎え



昨日の担当の先生の疲れた顔がよみがえって、
「登園拒否は誰にでもあること」
とは軽く考えられず、気分も暗い。

しかも、チビスケの咳がみるみるひどくなってきて、
「これは変だぞ」
と、病院に行ってみたら、先生も「これはひどいな」と、
吸入、点滴、アレルギー検査のフルコース(?)
なんと、喘息の疑いが。

点滴は時間かかるもんね~。
つい掃除して洗濯干してから…なんて、のんびりして出てきたのが悔やまれました。
看護師さんたち急かして、急ぎで点滴やってもらいました。


ボンズ、お迎えの時間、今回は一番遅かったかな…。

昨日と同じように、ジャンパー着て、かばんもしょって準備万端、
教室の前でおとなしく立ってました。
今日は他の先生が、ボンズに話しかけてくれてたんだけど、
全く無視だったなー(これはいつものことだけど)


担当の先生は、昨日よりは崩れなかった、給食のみかんも隠しておいて、ご飯終わってから出しましたって、昨日よりはいい話も聞けたんだけど、

昨日はできた、下半身丸出しでトイレに行く…というのは、今日は徹底拒否だったそうです。(まぁこれはうちもいやだな・笑)

まぁ、山あり、谷あり、ってこと?

「お母さん、お昼寝のことは、長い目で。なが~い目でみてくださいね」
と、念押しされました。

あ、うちが結論急いでたの、気づかれました?(笑)

明日は、お待ちかねのお休み。
家でダラダラトーマスたちと遊ぶ?(トミカ)
来週からはどんな風になるかなぁ…。

子どもたち保育園に行ったら、のんびりできるかと思ってたんだけど、
なんだか逆に忙しいんですけど??


スポンサーリンク


category: 保育園生活

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

登園拒否で、母がブルー?  


ハハの五月病?



ボンズが小学校に上がる前に、集団に入れたい。
それには、毎日同じルーティンの保育園が一番いい。

すったもんだの末に入園できて、
飛び上がりながら、半信半疑で大喜びしてたはずなのに、
たった一週間でこのブルーって何??

と、自問自答して気づきました。

きっと、保育園に入園すること、が目標になっちゃってたんだね。
それが叶えば全部うまく行く…みたいに考えてしまってたんだと思う。

なんの、なんの、問題(?)はこれからなのにね。


もしこれが入学だったら…
行かないわけにはいかないのに、ボンズは集団でのイロハがわからない上に、
毎日行くなんてナニゴト?!!と、パニック間違いなしだったと思う。

今がその状態なんでしょう。

それを、加配のつく保育園に入って、「長い目でみましょう」って言われてるんだから、
なんもブルーになる必要ないんだよね。


ボンズ兄ちゃんのために、まだママ独占したこともないチビスケ(弟、2才)まで、
一日フルで保育園に入れちゃうなんて…と落ち込んでたけど、
一番泣いてるのは、チビスケ離れできてない母のようで(^^;

チビスケ本人は、
「しぇんしぇー、行く!」
って喜んでるしね。


ボンズの入園拒否も、登校拒否じゃなかっただけ、ハハは間違ってないぞ、と自分を奮っておかなきゃ…
ついいろんな私情、妄想、欲望で見失ってしまいそうです☆

自分の欲望さえ忘れてしまえば、全ての問題は簡単に解決する。

これは、少ないながらのうちの経験で得た極意です。
これホント( ̄ー ̄)v


スポンサーリンク


category: ハハのキモチ ~’14

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

親子で疲れてしまわないよう、時にはサボってもOK  


2人そろって咳きこみ保育園を欠席



今日は、ボンズも弟チビスケも保育園お休みしました。

チビスケは金曜日からの咳が心配で、
ボンズは、なんと昨夜の夜中から咳をしてるの。
寝れなくなるくらいの咳で、よく泣かないな~と思ってみてました。

朝は2人とも咳をしていて、迷わず欠席にしたんだけど…

なんか2人とも元気(笑)

明日は2人ともいけそうなんだけど、一番楽してラッキーだったのは自分かも?とか考えていて、
思い出しました。


疲れてしまったら、時にはサボりもOK! 親子で共倒れしないために



去年の今頃、発達支援教室の「母子グループ」(週一回)に通い始めて1~2ヶ月が経った頃、

なんとなく…行くのがだるくって、おっくうで…ようするに行きたくなくて、「欠席」したことがありました。
たぶん、大義名分もなく、サボりだったんだけど…。

なんか疲れちゃってね。
行くと、ボンズを遊ばせてるのを黙って見てればいいのかと思ったら、
「はい、お母さんそこで褒める!」
「抱きしめてあげて!」
「それじゃ興奮しちゃうわ」
と、ハハにも飛ぶ先生からの指示。

え、母のための教室だった?(笑)

他の子って、どんな風なんだろう?とか、
どんな親子なんだろうって見たくても見れないし、
第一ボンズ見ているだけで目が回りそうなのに、
自分にもダメだしされて、毎回ヘトヘト。
しかも、まだ乳児だったチビスケ抱えてたしね…。

「消耗しちゃうなら」サボりOK! と、その時悟ったよ。

一度サボったら、それがどうということもなく回復できた気がするし、
たまに息が詰まったらサボることって有益だよな~と思います。

あ、今日はサボりじゃないんですけどねっっっ!!(笑)

でも、それくらい今日は楽で、2人に感謝したいくらいです。
おかげで明日からまた頑張れそうですv( ̄ー ̄)v


スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

やることがわかると、みるみる落ち着いていく自閉症児  


連休明けのやだやだモード、自閉っ子の抵抗



火曜日、三連休となったボンズの休み明け。
保育園に着いたら、「ばいば~い」とボンズ。

「ばいばいじゃなくて、あんたが行くの!」
と言っても、やだやだするボンズ。
車から降ろしても、なんとか逃げ回って、チビを下ろしている間に車に戻ろうとしてる。

…が、手をつないで歩くと、つい?歩いてしまう自閉っ子(笑)

ぎゃーぎゃー言う割には前に進み、止まったりはするけど、ちゃんと教室までたどりつきました。

で、
「ジャンパー脱げるかな? 靴下、脱げるかな?」
ってやってたら(はだしの保育園なのだ)、
ついお利口さんに準備万端(笑)

ホールに連れて行くと、担当の先生は半休だそうで会えなかったんだけど、
他の先生がフォローしてくださいました。

その日は一時保育の部屋で、
「風邪でお休みした後だということで、外には行かずに過ごしました」
そうです。
大好きなミニカーで遊ばせてもらって、満足したのかな?

お昼ごはんの後くらいにお迎えに行って教室を覗いたら、
落ち着いて後片付けをしているボンズ。
先生の促しに反応して、お弁当袋にお弁当箱(主食いれ)をしまい、
おしぼりを袋に入れてそれもしまい、かばんへ…。

その様子がすんごい落ち着いてて意外!
家でもあんなに落ち着いて何かをしてたことあるかな??(遊び以外で)


今日は保育園についても取り乱さず、おとなしく降りて登園。
結局、2回だけの登園拒否?(金曜日と昨日)ならいいんだけど。


保育園でも、ボンズの好きなことを探してやらせてくれようとしているのがわかって、ボンズも前向きになったのかなぁ?
今日も落ち着いて座ってデザートを食べてるところにお迎え。
なんか…いい感じです♪


スポンサーリンク


category: 保育園生活

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

自閉症児を写真館で撮影、準備はしてもダメはダメ  


視覚支援をして、体調の回復を待ってリベンジした写真館



写真館で、七五三撮影、リベンジしてきました。

あらかじめ、

チビスケ(弟)が百日の時に撮った写真を飾って、

その時のビデオも見せて、

これから起こることを手順表(?)を作って見せて、

さらに、前日には下見を済ませて、

自閉耳を持つヘルパーさんも頼んで、


母的には、思いつくことは全部やってから望んだ当日だったのですが…ボンズ、着替え拒否(T-T)


やっぱりねぇ…なんちゃって合成写真作って、「これやろうね」ったって、「はい」とは言わんけどさぁ…

あんだけ泣き叫ばなくても…

写真館のスタッフまでぞろぞろ集まってきて、取り囲まれて、見物?されましたわ。


あきらめも肝心、キョウダイたちの撮影続行で気分の変わるのを待つ



自閉耳を持つヘルパーOさんに、なだめてもらったり、褒めてもらったり、
親がやるとつい「着替えろよ」的なオーラになりそうだったので(笑)
ある程度説得したら一歩引いてみたり…。

でも、
「やめるか」
って気分になったので、

コッコ(七)とチビスケ(三)だけ着物に着替えて撮影開始。

「危険はないらしい」とわかったら、ボンズも参戦してくれるんじゃないか…という淡い期待も込めて♪



「確かにねぇ、子どもにとっては着物って馴染みがない上、コワイかも」
と、Oさんがつぶやくのを聞いて、
旦那の手には、自ら探し出してきたらしいコンブレ。

「ボンズ! ハイパーブルーポリスだ!」

なんとなく、着替えてもいいやという気分になったのか、
パパのテンションに合わせてやっただけなのか、
母がさりげなく(←ここポイント!)うながすと、あっさり袖を通したよ。

ズボンも履かせたかったけど、すぐにあきらめました。
これは、うちでも嫌だなと思うくらいの毛羽立ちと肌触りで、絶対拒否されると思ったから。


さらにボンズには参加強制せず、その場にいてもらうだけで、姉ちゃんの撮影続行。
そのうち、姉ちゃんの着物が気になったようで、隣に座ったので、
さらにチビスケを投入して、見事、念願の3ショットゲットです! 


七五三撮影というより、かぶり物で色物撮影と方向転換?



 そして、コッコ姉ちゃんは自分で選んだドレスにお着替え…
まだやるのかって?

コッコは写真館でドレスを着て撮影なんて、きっとこれが最後のチャンスだろうし、
「ドレスは選んでいいから、着物はママに選ばせて」
って約束もあったし。

ただねぇ…ボンズに着物のお着替えはハードル高いでしょ?
で、前日にサンタとトナカイの衣装を見つけたので、
ドレス姉ちゃんと、
サンタボンズ、
トナカイのチビスケで、完璧!と計画したのだ。

サンタの服なら、普段着の上からさくっと羽織ればOKだし、
なんとかいけるかと。



また、コッコとチビスケで撮影しているところを見せてから、ボンズに羽織らせればいいと言ってるのに、姉ちゃんの着替え中から説得して着せようとしている、父とヘルパーさんと写真館スタッフ。
ほら、拒否られてる★

コッコとチビスケの準備ができて、撮影が始まってから、
母がさりげなく(←ポイント)羽織らせたら、
ボンズ、ニッコリ笑って着た! そして帽子もかぶった!

「かーーーわーーーーーいいぃ~~~~!!」(マジ)

って言って、みんなも褒めたら、直後にあっさり脱ぎ捨てた_| ̄|○

もう、こうなったら、絶対、着ない。

そして気づいた…ボンズ、赤い服は着ないんだった(T-T)


まったく同じ素材の、色違いの服は着るけど、赤いとダメ。
「ボンズは赤が似合う!」
と、一時赤い服ばっかり選んでた旦那。
それらは今、一切NGなので、新たに服を買い足さなければならなかったくらい(T-T)


「ボンズが着れる、トナカイの服ないですか~~~~」


こうなったら、チビとボンズの役を入れ替え!と思ったけど、
サイズがなくてダメ。
その他、着れそうな服もなくて、あきらめました。


このショットは、
ドレス姉ちゃんと、トナカイチビスケの後ろを、
ディスプレイの(空)箱をせっせと運ぶボンズが横切ったカットでアルバムにしてもらうことにしました(笑)


失敗?成功?は、自分の気持ち次第



本当はね、
3人で、着物で、千歳飴の袋持って並んでる写真が夢だったんだけどね。
無理だったー。

だけど、3人並んでの写真、一枚は撮れたからね。
大成功って、言ってもいいんじゃないかな?

最初の着替え拒否されて、号泣された時は、敗北感でいっぱいだったんだけど、

「大失敗」なのか「大成功」だったのか、
自閉っ子の親として、この決め方って結構大事なポイントなのでは?


ちょっと前なら、スタジオから逃走していなくなってただろうボンズ。
着替えは拒否だけど、結局最後までスタジオにいて、
写真も撮らせてくれたんだから、大成功、なのだ!

この日はまだ先があって、書きたいんだけど、
PCがなんだか絶不調なのでまた次回。

スポンサーリンク


category: イベント

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

我が家の恩人「自閉耳を持つヘルパーさん」との別れ  


ケアマネ合格で卒業する恩人ヘルパーOさん、最後の同行



前記事の写真館で撮影の日、
実は自閉耳を持つ、通称ボンズの通訳ヘルパーさんとのお別れの日でもあったんです。

前日にヘルパーさんの事務所の方から電話があって、
「Oさん(そのヘルパーさん)風邪気味だそうでマスクしてるんですが、小さい子いるのに行っていいのかって心配してるようなんですが」
って。
こっちもボンズもチビスケ(弟)もハナタレだったし、

「どこにいっても風邪はもらいますから~♪」

なんて言ってたんだけど、その電話で、聞きました。
ケアマネージャーの試験に受かったそうです。
とても大変で、そして重要な試験に合格したんですから、
とてもおめでたい話なんですが…今月いっぱいでお辞めになるそうです。

事務所の方でも残念がってました。
「うちももう少しいてもらえると思ったのですが」
と。

でもね…ケアマネになれるかなれないかで、
生活が成り立つか成り立たないか、という世界だそうですから、
おめでとうって言わなきゃいけないんですが、

「えーーーーー」

が、先でした(^^;  


重度の自閉症児ボンズが「おしゃべりしている」ことを教えてくれた人



ボンズは今月から保育園に入りましたから、
はっきり言って移動支援が使えなくても、あまり困らなくなったんです。
ボンズのいない間にやればいいや!って、たとえ3時間弱でも、
身ひとつで動けるようになりましたから。  でも、ボンズの言葉を拾ってくれて、
ボンズと意思の疎通のできる他人では唯一のヒトでした。
ボンズも一緒にいると楽しそうだったし、

何より、うちが、Oさんと一緒にいて、もっともっとボンズに対する発見をしたかった…

Oさんと出会わなかったら、ボンズが聞き取れない言葉で、
「ずっとしゃべってたんだ」
ってことに気づかなかったもん!!

ボンズがしゃべってることに気づいてから、
きっとこちらの対応が変わったんでしょうね、
ボンズの言葉はますます増えました。

今日も、
「こっちにきて。その袋貸して」
と、保育園の帰りに買い物に行き、保育園で使用済みオムツ入れに使ってる袋をずっと握ってたボンズに、エコバッグ忘れたので、それを貸してくれって言ったら、貸してくれたんですよ。
そして、ジュースのところで、
「おぉなみんしー」
って言ったんですよ。
指差しでもびっくりなのに、「オロナミンC」が欲しいって言ったんです!!

そんな貴重な恩人だったのでとにかく残念。

写真館で2時間かかりましたが、ずっと付き合ってくれました。


逃げ出す自閉症児、「つらい場所から自らを守るため」なのだから褒めなくちゃ



Oさんとお別れしてからは、旦那がボンズを追いかけまわしてたんですが、
も~~~キレっぱなしで、見てるこっちがうんざりでした。

ボンズはこんなことを言った。
ボンズがこんなことができるようになった。
ボンズがこうした…って、
報告だけ聞いてた旦那。

なんか、ものすごいことができる子、
他の子みたいに付き合えるようになったとか考えちゃったんですかね?>旦那


写真館で2時間も過ごし、フードコートでお昼を食べて、ソフトクリームを食べて、本屋さんで絵本を選んでから写真館で写真を選び、それから食料品を買おうなんて…ずっと何時間も大型スーパーにいたんですから、親も子も疲れていたんです。


食料品売り場から、てくてく歩いてくボンズ。
呼んでも振り返らないボンズ。
踊り狂って、吠えまくってるボンズ。

実はこの時体調が…腰も痛いしお腹も…。
ボンズを負ぶって買い物したり、抱っこしたり、クタクタな上に体に鞭打って頑張ったんですが…


遠ざかってくボンズを見て、

「追いかけなきゃいけないのかなぁ?

親だから?

追いかけなきゃいけないもんかなぁ…」

ってぼんやり見てました。


体の疲れは精神にも影響を与えますな!
精神的な疲れ同様、疲れはためちゃいかんです! 

追う気力なく呆然と立っていたら、
上の子をトイレに連れてっていなかった旦那が戻ってきて、
大型スーパーの売り場の真ん中で、ボンズをがっつり叱ってました。

…昔は、うちがそれをやると「恥ずかしいからやめろ」って言ってた人がねぇ(遠い目)


あ、久々に、大型スーパーに来たボンズ。
昨日(下見の時)は、嬉しさのあまり駆け出して転んで鼻を真っ赤にすりむいたんですよ。
撮影前なのに!!!(オマエがトナカイかって)

でも平日でしたからね。

当日は土曜日。
しかも撮影終わって、ランチして買い物の頃には大混雑。
ボンズはやっぱり、この刺激の多さが不快なのかな~って思いました。

今までずっと行っても嬉しそうだと思ってたから、
嬉しくて歯止めが利かないのかと思っていたけど、
「もしかしたら違うかも?」と思ってしばらくやめてたの。

やっぱりこの刺激の多さが、ボンズに何かを駆り立てるのかな…
人混みと、混雑した雰囲気が不快で、遠くに逃げてたのかな…

だとしたら『自閉症の僕が跳びはねる理由』で東田直樹君が書いてたように、
逃げ出したのなら、褒めなきゃいけないんでしょうけどねぇ…(褒めれるぅ??)


スポンサーリンク


category: 療育手帳、移動支援

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 7

我が家のクリスマス  


キョウダイがトミカをゲット?弟のプレゼントも欲しい自閉症児



パパが休みで家にいる今日、クリスマスパーティーのようなことをするようになって、早…何年だ?

バアバ(こじまる実母)が送ってくれたクリスマスプレゼントを開けて、
からあげディナーを食べて、ケーキを食べる。
毎年そんな感じ。

プレゼントをくれたバアバは、その瞬間の嬉しそうな孫たちの顔を見れないので、
毎回ビデオ撮影もしてますv( ̄ー ̄)v


今回、コッコ姉ちゃん(小2)は「クルミン」だかっていう、包みボタンを作る機械(?)
作り方がシンプルだったのと、最初の1~2回は親がついてたこともあって、
すぐに一人でできるように… おかげで消耗品がもう品薄(^^;


チビスケ(弟、2才)には、トミカタウンの「ガソリンスタンド」。
ボンズには、プラレールトーマスシリーズの「エミリー」。

もちろん、事前にバアバから探りの電話があったので、リクエストしたものだから、
ボンズなんてどんぴしゃ、大喜び…のはずなんですがーーーー!!

どうも、チビスケがトミカタウンをもらったのが気に入らないみたい。

某おもちゃ店での購入だったので、ラッピングなしの袋入りだったので(ラッピング有料だし、有料袋もセンスなくて、後で使い道なくてナンセンス!!)、中身が透けて見えてたんだよね。

コッコ→ボンズ→チビ…と、うちが配って歩いてたのに、
ボンズの目はうちの手にあるトミカタウンに釘付け!

「いいから、そっち開けてみなさいよっ」状態。

まさか、それがチビに??っていう目だったのかな~(笑)


チビスケが夢中になって遊んでいる間、なんともいえない状態でそれを見守るボンズ。

へ~…とりあげないんだ…意外。
これはチビのだってわかってんだ。

とは思いつつも、あまりのボンズのおとなしさに拍子抜け。

ボンズ的には、「チビスケにトミカタウンなんて100年早い!」って気持ちだったんだろうね。
エミリー(大好きなはず)をもらった嬉しさもそこそこ、茫然自失状態に見える。

エミリーは、箱に戻し、毛布に包んでずっと抱っこしてウロウロ。
線路作ってあげたんだし、遊べばいいのにと思っていたら、
その後チビスケがお昼寝しだしたの。

そしたら、トミカタウンも俺のもの、状態で、
箱に戻して二つを積み上げて持って歩いてウロウロ。やっぱりか!
ボンズのジャイアン状態。


だけどね、それがチビのだってわかってるようで、
わかった上で渡したくない!っていう複雑な気持ちがわかって、
あんまり介入しなかったの。
こういうのって、どこの兄弟にもあることじゃないかな~?


見たら欲しい!クリスマスの朝、親が早起きしなければならない理由



さて、
明日の晩、良い子のところにはサンタクロースがプレゼントを持ってくるよね。
サンタ代理の母は、その中身を知ってるわけだけど…

見たら、保育園に行かないんじゃないかと心配!!!

旦那に、
「25日の朝は早起きしないと…開けろ、組み立てろってうるさいよね?」
と相談。
ある程度触る時間がないと、朝からこじれそうなので、そろっていつもより30分は早く起きないと…
せめて暦があと一日ずれてたらねぇ(ため息)


スポンサーリンク


category: 日記

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

自閉症児と年末年始、親戚との平和なご対面のために  


たまに会う親戚だからこそ、対面の仕方に配慮が必要



旦那の実家に、義兄夫婦が泊まりに来るというので、
もう数年兄に会ってない旦那は会いたかろうと、日帰りで会いにいってくることに。
(結局、こじまる実家に一泊することになったのですが)


うちらは、夏にも義兄に会ってるんですが、
旦那はいつも仕事の都合で実家には帰れず。

うちら夫婦は、車で2時間ほどのところに実家があり、
実家同士は車で10分ほどの距離、という環境。

だから久々の義兄とのご対面でも、ボンズはきっと覚えてるだろうね。
前回、旦那の実家で会った時は、座って(何かもらって)食べていられないし、
何しろウロウロうろうろ…で、
結局「落ち着かないんだな」と、ボンズと和室にこもって、そこで座って食べたんですよね(デザートだったかな?)



ところが今回は、

「ボンズ落ち着いたね~」

と、みんなに言われました。
確かに。

みんなで座ってお寿司を食べ、デザートも食べて、
義兄にちょっかいを出したり、からんだり、
義姉にもお世話されたりと、ずっとその場にいて過ごせたの。


そんなに劇的に大人になったって覚えもないから(笑)
なんだろう?と考えてみて、ひとつ思い当たりました。


ボンズ、保育園でも発達支援教室でも、最初に人がたくさんいるところには入っていけないの。
でも、自分が先にいて、あとから大勢が入ってきて大騒ぎになっても大丈夫。


だから、今回も、先に義実家に到着していて、
後から義兄夫婦、義妹一家とやってきて、総勢12名の大所帯になっても、
食事もできたし、最後まで落ち着いて過ごせたのかな?と。

…だとしたら、ごめんボンズ。
まさかそんなことだと思わなかったから、
夏のご対面の時も、きっとそういう居心地の悪さ感じてたんだね。

あの時、義兄の他に義妹一家もきてたもんね。
ほとんど知らない人状態の人がたくさんいる中、落ち着け、なんて無理だったんだね~~~。


スポンサーリンク


category: 卒園までのボンズの様子

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

言葉の顔面キャッチ  

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スポンサーリンク


category: パス付記事

tb: --   cm: --

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント