児童デイサービスに申し込んでおきながら、出席しない親子の不思議

Category : 発達支援教室

親子で通う児童デイサービスは、同じ立場のお母さんとのおしゃべりがだいご味



今日は発達支援教室<グループ>の日だったので、
チビスケは一時保育に、
ボンズを教室に連れて行って、他のお母さんたちとおしゃべり満開!
ついボンズたちの様子を覗きに行くのを忘れるほど(笑)

特に、うちのコッコとの話を聞いてもらってすっきり(?)しました。
ブログで気持ちを吐き出して、整理してすっきりしているつもりではいたんですが、
やっぱり実際に口に出して話すのも大事ですよね。

そういう場にめぐり合わせてくれたボンズにも感謝!

で、そのお母さんたちと話していて気づいたんだけど… 一度しか来ていない親子がいるの。

夏休み前に初登場!
メンバー表(?)に名前も加わって、
しかも2人目の女の子だったので(他はみんな男の子、今は紅一点)楽しみにしてたんだー。

動きはボンズに似てる☆だから、自閉っ子かな~と思って見てました。
初回なので、お母さんは一緒にその子と教室の中にいたんだけど、
うちはおしゃべり仲間が増えたと思って、そのお母さんが出てくる日を楽しみにしてたの。

が、来たのはその日限り。
翌週、翌々週と、体調でも崩したのかな?と思ってたんだけど、
あまりに会わないので先生に聞いたら、

「ん~なんだかね、来れる日があったら電話しますっていうことで…今日も電話がないから、こないのかしらね」

という返事。

なんじゃそれ??

ようするに…来たくないのかなぁ~?

「嫌なんじゃない?」
というお母さん、
「なんでだろうね??」
と、不思議なお母さん、
みんな気にはなってたんですが…やっぱりいまだにそれっきり。

どこか他の教室とか、幼稚園に参加してるのならいいけど、
どこかでひっそりと苦しんだり悩んだりしてないといいなぁ。

でもね、
今日気づいて、気になったというのが、
その子が在籍しているおかげで、順番待ちをしている人がいるんじゃないかな?ってこと。

ボンズも申し込みをしてから、参加するまでに間が空いたんだ。
空き待ち、待機児童。
先が見えなくて「どうなってんの?」と思ってた。
もしかしてそういう子がいるなら、ちょっと…ねぇ。 


ボンズのウィークポイント発覚?ピアノは嫌悪刺激?



今日のボンズ君、バスに乗ってお出かけしてきたようです。
行った先ではボールプールに夢中になり、ずっと遊んでたって。
そして、
「さぁそろそろ帰りますよ」
とか、帰る雰囲気を察知すると、慌てて違う遊びに向かうんだって(笑)

前回散歩して公園に行った時も、
ずっと砂場でまったりしてたくせに、「帰りますよ」の合図で遊具に走ったとか(^^;

でも、先生が抱えて玄関に行ったり、場面を変えてやると、その後はすんなり従うんだとか。

母子缶詰じゃ、わからないことはたくさん。
こうして療育施設に通うことで、前に進めることもあるんだよ☆
と、あの女の子親子に伝えたいなぁ(おせっかいだけど)


さて、朝の会や帰りの会で、ずいぶんとイスに座ってられるようになったボンズ。
だけど、どうしても「歌」の場面で崩れちゃうの。

先週は先生と、「歌」じゃないか?って判明させたところだったんだけど、
その後他の先生たちとの話し合いで、
「ピアノの音」じゃないかってことになったそうな。

他の歌や音楽は、いろんな音が混じってるんだけど、
朝の会と帰りの会で流す音楽は、ピアノ伴奏の歌。

来週個別の時間があるので、担任の先生にお願いしようと思ってるんだけど、
試しにピアノ伴奏じゃない音楽に差し替えてもらうか、
伴奏なしで歌ってもらいたいな~。

耳ふさぎもしたことのないボンズ、
何が苦手で、何が得意なんだろうと普段から観察はしてるんだけど… 初めての苦手発見!なのかもしれないのです!!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本