移動支援を使ってスーパーで買い物と予防接種へ

Category : 療育手帳、移動支援

保育園入園希望中、だけど許可がおりません



まず最初にご報告です。
保育園、ダメでしたぁ~… なかなか連絡ないな~と思っていたら、「定員超過」で2人とも(ボンズとチビスケ)NGだそうで。

昨日チビスケの一時保育だったので迎えに行った時に、
「ダメでしたぁ~」
って、当の保育園で泣き入れたら、
「働きますって早いうちに申し込んで待つのよ~。
私たちも事情がわかるからね~。
一旦入れたら、仕事してないからって追い出されはしないんだし、お母さん真面目すぎたのよ(笑)」
と。

あーーーこんなに話のわかってくれる保育園、入れたかったー。
来年卒園予定の、障害児枠の子はいなくて(最年長が4才だって)、引越しとかそういう事情がなければまず無理だよね。

もうひとつ、障害児枠のある保育園はあるんだけど(実はこっちの方が家からは近い)、
そっちはいつも満杯だそうで。
あーーー絶望的。
このままじゃ来年の春からボンズの行き先がありません。 

それってどうなの?
障害のある子が集団で生活をしたいから保育園、 それに対する受け皿ってもっとあっても… 愚痴ならなんぼでも出そうですが、今はまだ感情でしか語れなさそうなので黙ります(笑)
でも、発達支援教室の先生に泣きの電話は入れました(ちゃっかり)



******************************************
 


移動支援、どうやって使おう?使ってみるうちに、うまくいくように?



 で、今日の話。

ヘルパーさんと買い物にスーパーに行ったら、
ボンズはやっぱりマックのカウンターに張り付いた!
(その前から開店前の、電源の入ってない自動ドアこじ開けて侵入したり大騒ぎ★)


「今日は、買いません」

ゆっくり、大きく、きっぱりと、
ボンズの肩をつかんで、目を合わせてはっきり言いました。

ここはうちが、親であるうちがはっきりと言っておかなきゃと思ったので。

前回みたいな、言葉の行き違いで、「???」な気持ちになりたくないし、
自閉症を知らないヘルパーおじさん(アラフォーの三児の父)だって、
言葉の端々にそんなに気を使わなきゃ…ってまだ思ってないかもしれないし。


それでもボンズは動こうとしなかったので、
ヘルパーおじさんに後は任せて、2階の百円ショップに行きました。
ボンズ追っかけて目を回しながらじゃない買い物、ありがたかったです!


で、マックに戻ってみると、まさかまさか… まだいたので(笑)食料品売り場に行くことに。
2人で、何もないテーブル挟んで語り合ってたみたいだけど(^^;


買い物が終わってまたマックに戻ると、二人の姿はない。
ヘルパーさんの携帯に電話をする。
「オヤツ売り場にいます」
と言うので、早速向かうと… ヘルパーおじさん、商品棚にへばりついてます。

しかも、ボンズのバッグを斜め掛け(苦しそう)しながら(笑)

「なにしてんすか?」
って笑ったら、

「ボンズ君のバッグ、こうして僕にかけろっていうんですよ。
そうしないとダメみたいで。

そして、棚にべったりくっついて、こう立ってなきゃいけないみたいです」


ボンズはその隣で、商品棚の中で、ガムで山を作って喜んでるの。

「これ、こだわりなんですね。
こっちのガムはちょっと触ってやめたんですけど、
こっちのガムは見てるだけで嬉しそうです」

そうなんだよね、こないだパパとこのスーパーに来た時も、
ここでガムいじってたわ。

と、ヘルパーさんと話していたら、
ボンズ、うちの手を引っ張ってその場から離し、うちのお腹を押してきました。

「あっちいけ」

ってことらしいです。 ちょっと離れてみると、
ヘルパーおじさんと2人並んで商品棚にへばりつき、
おじさんがちょっとでも体の向きを変えたら、チェック入ってます。 車から降りた時も、おやつ売り場でも、やたらと手を握ったりひっぱったり、つないだりするボンズ。
なんだかだんだんとおじさんと仲良くなれたみたいで、すごく嬉しかったです。
やっぱり初めての人だと、接触嫌がるもんね。

「帰るよ~」
って言ったらおやつの吟味を始めたボンズ。

「ジュース買ってあるよ」
と、オロナミンC見せたら、とっとと帰りモードになってくれて助かりました。
マックにも30分くらい張り付いたらあきらめたみたいだね。 


多動の自閉症児と病院に行くのは苦難の連続、待ち時間と場所が難しい



 それより、そのお買い物の前、
ヘルパーさんとスーパーに行く前は、チビの予防接種に病院に行ってたの。

ボンズを初めて連れて行くところだったので、
全開の暴走にはならなかったんだけど、

階段があるのさ。

スロープの次に好きな階段。

だけど小さな個人病院で、2階に診察室や、外来患者が出入りするような施設はないだろう!と思えるようなところで。 立ち入り禁止なんだよね~と、札がなくても暗黙の了解みたいな場所。

ボンズはそんなの関係ないしね。 でも、待合室で数人に囲まれているくらいなら、離れていてくれた方がうちも安心なので、
階段にいる限りはいいか…と、内心あきらめてたの。
階段上がりきっても、その先には行かないしさ、上ったり、呼ばれて降りてきたりしてたの。

そしたら、後から看護師さんが、
「上で、高熱の人やインフルの人が待ってるから。
なるべく行かない方がいいわよ」
って。

先に言ってよぉぉぉ(T-T)

コッコ(姉、小2)の学校でもインフルエンザA型が流行り始めてるっていうし、
新型インフルエンザのニュースは聞くだけで怖いし、
もういっそのこと一度かかってしまった方が、精神衛生上いいんじゃないかってくらい、怖いです。
最近ボンズが発熱したばかりだしね。
次はコッコか? チビか?ってビクビクしてるんだからぁー。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本