一番の理解者?

Category : 家族の理解

とっても微妙、家族の理解



いくら説明してもとんちんかんだった母。
説明するこっちもとんちんかんだし、
母と子、冷静に話のできない間柄だし、
とにかく、ボンズが自閉症ってことを話そうとすると、

感情的になってむっとして終わるか(どっちか、または両者とも)
変に笑い飛ばそうとして終わらせたり(ちょっとしたハイ)

とにかく、理解してもらえなくて、
自分もうまく説明できなくて、苦痛だったー。


「うまく説明できないし、聞いてもわかんないだろうからネットで調べて」


って言った気がする。



そしたら本当に調べてたみたいで、
やたらと、
「それも症状なんでしょ」
とか、核心ついた発言が出てくるようになったよ。

そこまでは、
「さすが祖母。孫息子がかわいいんだな~」
と思っていたんだけど、

そこでは終わらず、それからもずっといろいろ調べてたんだろうね。

「アンタそんだけあっけらかんと開き直ってていいわぁ~♪
なんか調べてみたら、どこも悲壮感でいっぱいで、
大変なことだって思ってるみたいだよ」



それだけなら美談で終わる話なんだけど…


必死に勉強する家族、ありがたいか、おそろしいか?



「○○だっていうんでしょー」
「××なんだって?」
「ボンズはどうするのさ、△△になったら」

とか、
知恵(?)つけすぎてうるさい!

こっちが軽い気持ちで、
「あの時に◎◎してれば、こうはならなかったかもね(笑)」
なんて、
身内ならではのジョーク!を言ったのに、

「ほんとかいっ!! それでボンズは自閉症になったのかい!!」

って・・・


正直ウザイ・・・・


それで、
母には細かいこと逐一報告はやめました。
それがお互いのためだと思って。



それでも母は母で母なりにボンズの行く末を考えていたようで、

土地の相続うんぬんでこじれている話があって、
その話を聞いた時に、
「今無理をしてその土地を相続しておいて、
将来ボンズが暮らす施設を作るのに役立つかもしれない」
と考えていたんだとか…。 こないだ酔っ払ったついでに話すのを聞いて絶句。


え~っと… ボンズ施設で暮らすんですか?
しかも、そんな遠くの、うちらに縁も所縁もない土地に?  …って、そういうこと考えるの親の役目じゃないですか??

祖母心として、
それはそれでありがたくちょうだいはしますが、

でも、正直カチンときました。

でしゃばりすぎ、っていうか、張り切りすぎ。
ボンズにはまだ生きてる父母がいますから!!


しかもボンズが施設で暮らすなんて、
簡単に(ではないんだろうけど)結論めいたことを考えてもらいたくない。

ボンズは確かに祖母の孫ではあるけど、
その前にうちら夫婦の息子。
うちは母の娘だからまだその話を聞いていたけど、
その場に旦那がいたらどうなったんだか。
(さらにあちらの祖父母が聞いたらどうなったんだか!!)


聞いてるのがつらくなったので、
「施設作るにしたっていろいろ条件があるみたいだし、
しかも法律なんてすぐに変わるんだから、
ボンズが施設を必要とする頃にはどうなってるかわからないよ。
土地の話とボンズのことは切り離しておいて」
と、切り上げました。


熱心でありがたいんだか、
走りすぎてうっとうしいんだか…。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本