大好きなおねいちゃん

Category : 日記
先週末から発熱中だったコッコ(姉、小2)。
昨日熱は下がったようなんだけど、いきなり登校は無理かな~…と、
今日はボンズの発達支援教室だったので、連れて行きました。
母子分離なんで、親が隠れていられる和室があるんですよね。
そこで、お絵かきと絵本持込で。

咳してるな~とは思ってたんだけど、どんどん悪化して、もうしゃべることもままならないくらい(だったら黙ってればいいのに、それでもやめようとしないコッコ…)。

午後から病院に連れて行ってみたら、
マイコプラズマ肺炎(T-T)

あっちゃ~~~★

熱の段階で病院に連れてきていれば、ここまでならなかったかもしれない… だけど、
元気なボンズとチビスケ(弟、1才)を連れていかなきゃならないし、
病院に行ったら病気をもらってくる!と思い込んでる、病院嫌いこじまる… だけど、甘かった★ 


元気な多動の自閉症児を連れて、キョウダイの通院は至難の業



今日は幸い病院が空いてたんだけど、
個人の小児科医院の中を、我が物顔に動き回るボンズ…と、それに刺激されてはしゃいでいるチビスケは迷惑千万。
これから姉ちゃんは点滴40分!だけど、
ここにボンズとチビ連れて待ってはいられない!

ので、

「お姉ちゃん、ボンズとチビうるさいからさ、車でうろうろして、
終わる頃迎えに来るから、いい?」

と聞くと、具合悪くて心細いだろうに、コッコも了承してくれました。
すでに汗だくこじまる、チビを抱えて、ボンズを呼び寄せると…拒否。

姉ちゃんのそばにいって、動かない。

さっきまで、あっち行ったりこっち行ったりすき放題してたくせに、

姉ちゃんが寝ているベッドに上がっていって、いやだいやだと首を振るボンズ。



なんと美しい姉弟愛!!

というより、

「マジで? いられないっしょ? 車乗ろうよ、あんたも眠いっしょ?」

って感じ(^^;

だけど、
「ミニカーがおいてあるところ」
とか、
「なんだか知らないけど楽しいところ」
って認識なんだろうなぁと思ってたんだけど、

お姉ちゃんが具合悪くて、ずっと家にいて、
そしてお姉ちゃんがナニゴトかあって、病院に残る。 お姉ちゃんが心配、ってことなんだろうなぁ…と思ったら感動でした。

その後、隣のベッドに座り込み、とびはね、叫び、奇声を上げては、
うちも嫌な汗かきまくりだったんだけど、姉ちゃんの点滴が終わるまではいて、終わったらあっさり引き上げました。


今日は、
「チビのお迎えに(保育園の中)行くよ、だからジュースは(車に)おいてこうね」
とか、
チビのお迎えに入った保育園でミニカー広げて遊び始めたボンズに、
「遊ばないよ、帰る。家に帰ってジュースでしょ」
って説得に、ちょっと考えてから応じたんだよ。

ボンズと交渉できる日がくるとは思いませんでした(T-T)

成長は山あり谷ありなんだけど、今日はボンズにハナマルあげたいくらいです!!


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本