支援、してください

Category : 療育手帳、移動支援

これという理由もなく気持ちはブルー


ボンズのこととは直接関係ないんだけど、 
いろいろあって気分は最悪、目の前真っ暗。 

全然関係ないことないかも。 

いろんなこと、 
あんなことやこんなことの積み重ねで、
ここまできてしまったという気も。 

実際ドツボにはまってます。 


市役所で申請するにも大騒動



そんな中、戸籍謄本、診断書と書類がそろったので、 
ボンズの特別児童扶養手当の申請に行ってきました。
 
役所についたら、住民票を一通取って…
って、ただそれだけなのに、ぐったり疲れて、くたくたのヘロヘロ。 
ボンズだけにとどまらず、チビスケまでチョロチョロしてくれましたよ。 

そして、まずは特別児童扶養手当の申請書を…
って、その間にもボンズ2人は消えるし、 
テーブルの上に上がるし、 
朱肉でタコみたいな顔になってるし(ボンズ) 
ペンを見つけてテーブルにいたずら書きしてるし(チビスケ) 
ゴミは散らかすし、事務所の中に入っちゃうし。

もう気持ちが乱れっぱなしで、確か2ヶ月かそれ以上待つように言われました

 


支援をしてもらう申請すら大変



そして、「行動援護」をしてもらいたく、 
福祉の窓口へ。 

やっぱり財政危機なためか、 

「何をしてもらいたいのか」 
「何について知りたいのか」 
「何に困ってるのか」 

と、のっけから鉄壁の守り。 

「行動援護」というのをしてもらいたい、と言うと、 
なにやら調べだし、数人で頭を寄せ合いなにやら調べ中(?) 

ここでは移動支援?とか言うらしく、 
「これに当たると思うんですけど…」 
というのが、知的障害やなんちゃらに該当する人のための支援。

ボンズ、知的障害者、でいいんだよね?? 

言葉が重く、 
しかもそうこうしている間に、 
右に左にと走っては消え、そしてどこかに入り込んだりよじ登ったりしているうちの猿たち。 

話をじっくりだの言ってる場合じゃなく、 
うちはただでさえ知識があやふやな上、気持ちが乱れっぱなしで…。 

でも、また「何に困ってるんですか?」質問に、
「……」
と固まっていたんだけど、 
状況を見て役所の人たちも協力的になってくれました(^^;  

1人がボンズの見張りについてくれて、
書類を書いたりすることができました。 


大変さをわかってくれる、一言をもらっただけで感涙



通帳のコピーが必要だったんだけど(支援に対しては一割負担、それの月々の支払額に上限を設定するため)、 

「また来るのが大変だったら・・・」 
と、切手のいらない封筒くれました。
感涙…。←こんなことでもありがたくて涙が出る。 

またまた老眼鏡を手にして離さないボンズ。 
水飲み場に気づいて、役所の人を使って水遊びするボンズ。
逃走して捕獲されひっくり返ってるボンズ…

役所の人も使ってしまいましたよ。 
チビは眠くてグズグズからギャオギャオになってたし、 
ぺこぺこ頭下げながら帰ってきました。 
役所じゃなかったらどうなってたんだろ? 

「買い物とか…大変ですよね」 

まさに、そうなんです!! 
だから助けてください(T-T) 


子育てが大変なのはみんな同じ。支援を受けることは甘え?



でも、なんつーか…

手続きをしながら、 
「こんなたいそうなこと、しちゃっていいんだろうか」 
とか、
「ここで助けを求めるのは甘えなんだろうか」 
「贅沢じゃないだろうか」 
とか、

後ろめたいような、ずるいようなネガティブな気分になり、 
「すいません、すいません」連呼していた気がする。 

使える支援があるなら使いたい。 
もらえるもんがあるなら全部もらいたい。 

そう思って動き出してたんだけど、 
いいのかなぁ?
みたいな、後ろめたい気持ち。 

うちが税金使って、いいんでしょうか。 

買い物手伝ってとか、 
公園に行く時誰か一緒に来てとか、 

「美容室に行きたいとか、使えますよ」
って言われたけど…

そんなこと、みんな困ってることだよね。 

上の子でも困ってたことばかりだから、 
ここにきてそんな「甘えていいの?」って心境。

 いいんだよねぇ…。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本