揺れる、母心

Category : ハハのキモチ ~’14

自閉症の症状、ありのままの息子


嬉しい時にタコ踊り、 
思い通りに行かないとカンシャクを起こして、 
トミカやプラレールで1人の世界を創造し、 
嬉しい時にも奇声を発し、 
お友だちがたくさんいたら走り回る。 

そんなの、当たり前でしょ? 

バスに乗ったら楽しくて立ち上がり、 
ハシゴや階段を見たら上りたい。 

壁があるまで走りたいし、 
楽しかったらジャンプする。 

気持ちわかるよ、気持ちを全身で表しているんだよね。 

それがどうして特別視されるのか、 
生まれてたったの3年で「遅い」だの「遅れてる」だの言われなきゃいけないの? 

ずっとそう思っていた。 

自閉症という項目の症状を見て…

あ、これ全部あてはまってる!! 
って気づいた時は衝撃だった。 
ちょっと笑っちゃいそうなくらい。 

あ、そうなんだー。 
うちが好きなボンズ、全部自閉症の症状じゃん。 

そんな気持ちは今も変わらないんだけど、 

でも、 

どうして自閉症に生まれてきたんだろう? 

もしも自閉症じゃなかったら…


保険適用!自閉症が完治できますと言われたら?



他の子はもう会話したりしてるんだ…

そんなことが気になって揺れる、揺れる。

「はい!」ってお返事して、 

 お友だちとは仲良く遊び、 

「今日はこんなことがあったよ」って教えてくれるボンズ…

そんなの気持ち悪っ(笑) 

「完治する方法が見つかりました! 
保険も適用になるので、手術しますか?」 

 って言われても、やらないだろうなと(保険のくだりがリアルでしょ・笑) 

返事もしないで、 
独特の世界を持っていて、 
でも愛想がよくって…っていうのがボンズ。 
このボンズだからかわいい。 

だけど…

今後、同年代の健常児を見たら、 
逆の方向に揺れるかも…。

同い年の子どもたちが、 
年少さんで入園式を迎えました…なんて記事読んだら、 
率直にうらやましくって、 
うちとは違う…って思ってしまうもの。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本