転機の三才児健診

Category : 自閉症に気づくまで


三歳児検診はスルーのつもりでした



ボンズは全く言葉が出てきていなかった。
単語がちらほら、二語文なんてとんでもない。 

 でも、上の子が女の子だったし、 
「男の子は遅い」
って言うし、

しかも、
「俺も遅かった」
 という旦那の話も何度も聞いていたし。 

姑から聞いたのは、 
「1人で外へ遊びに行くような年齢になっても、全然しゃべらないし、
近所の奥さんたちが”ちょっと変だから調べてみたら?”って言うくらい」 
らしい。 

遅いは遅いけど、心配はしてない。 
だってボンズはしゃべる必要ないんだもん。 

要求は全て体を使って伝えてくるし(クレーンって言うんですよね)、 
うちは全てわかってしまうから、必要ないんだ。 


それに、上の子がおしゃべりで「うるっさ~~~い」って言われていたから、 
「口は災いの元」
とか思っちゃったのかもしれない(これは反省)。 

心配はしてない。 
だけど…

やっぱり、思い切って行ってみることにしました…三才児健診。


思い切って、三歳児検診へ



 そしたらびっくり。 
「言葉だけの問題じゃない」
って。 

おもちゃを一列に並べる、とか、 
1人の世界で遊んでる、とか、 
誰でも通る道なんだけど、そこで止まっちゃってるんだって。

そして、「発達支援」の教室を勧められました。

それまで集団健診では嫌な思いしかしてなかったので、
 何を言われても鼻から流してやる!
という気持ちで行ったのに、 

言われる内容にも納得だし、 
遠まわしなネチこい、腫れ物に触るような、そんな言い方ではなく、 
すごく親身になってくれてるのがわかって、とても気持ちよく聞けました。 


 「そっか~、じゃあ別の幼稚園を探すんじゃなくて(プレをやめたいきさつも話しました)、 
そういう教室に通うっていうのも手かなぁー」 

 すると、 

 「お母さん、えらいね~。
できないことにキーーーってならなくて」
 
 と、褒められた(?) 


でも、違うんだ。 
エライんじゃないんだ。 

全然心配してなかったの。 


息子の行動は個性?障害特性?



ボンズはこういう人。 

しゃべらないのも、
返事をしないのも、
1人で遊ぶのも、 
団体行動できないのも、 
部屋の隅っこに入って行ったり、登って行ったり、 
飛び跳ねたり、タコ踊りしたり、 

それらは全部ボンズの性格、個性。 

と、そう信じて疑いもしなかった。 

だから幼稚園からそのことを指摘されると、 
まるで「ケチをつけられている」「ボンズがいると迷惑と苦情を言われている」
としか思えなくて。 

 でも、 
 「まだ生まれて3年。
それで遅いって言われてもね~」
 と言うと、 

担当の保健師さんは、

 「ううん、もう3年」 

 と、優しく諭されて黙っちゃった。

このままだと間違いなく、小学校は特別学級。 
と、まで言われても、
まだボンズに障害があるなんて夢にも思っていませんでした。 

が、このことがきっかけで、「発達支援教室」に通うようになりました。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

『人間が好きになる名言』


presented by 地球の名言
スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学2年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、公立小学校の特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校に転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス併用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、高3の姉コッコ、小6の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本