好きなことには夢中になる、覚えたい気持ちがあれば覚えられる

Category : 発達支援教室

人まねの苦手な自閉症児、遊びから新しいスキルを得るのが理想的



発達支援教室で、月に一回くらい体育館で遊ぶことができるの。

近くの保育園や幼稚園の同年代の子どもたちと、一緒に走ったり、ゲームをしたり。

それ以外にも、空いてる時は使わせてもらったりするので、
天気が悪い日には、広い体育館を数人で走りたい放題!

自由遊びの時間になると、
いつもボンズはキックボードを出してきてたの。

そして、どこで見たんだか、正しい乗り方するんだよね~~~~。
進みはゆっくりなんだけど、キックボードに正しい乗り方できるのはボンズだけで、
そりゃ~親ばかこじまるは感心してました!


が、
ここ数ヶ月は、もっぱら三輪車!

だけど、足で地面をこいでるだけで、ペダルはこげなかったんだ。

先生に手取り足取り教えてもらい、
なんとか漕ぎ出しだけは押し出してもらえたら、進めるようになったのが2週間くらい前。

上手にこげるようになったら、
今度はプライドがあるのか、先生の押し出しを嫌がるように(^^; 

…でも押してもらえなきゃ動けないんだよ(笑)。 


自閉症児は自転車に乗れる?車の運転は?



先生は、そーっと足で押し出してから知らん振りしてくれたり、
ボンズもその気配を感じて手で先生を振り払ったり(^^;

乗りたい、でも手伝ってもらいたくないボンズ。 

プライドを尊重したい、でも乗れるようになってもらいたい先生。 

ボンズと先生との駆け引き(?)が実って、
先週からとうとう一人で漕ぎ出しもできるようになりました!!
(ありがとう、Y先生!!)

上半身を揺らして反動をつけて動き出したり、
本人もいろいろ工夫をしてたんだよね。
だけど、とうとう足だけですいすい動き出せるようになり、
楽しくて夢中になってるのがよくわかったよ~~~。

…でもね、 また新たな問題が☆ 
方向転換ができない…_| ̄|○

自閉症って、
一度にたくさんのことに気が回らないっていうけど、
こういうことなのかなー?


そこで、こいでこいで壁にぶつかる寸前のボンズはどうするかと言うと、
壁を目の前にしてしばらく固まった後(←笑)
ヾ(--;)おいでおいで、と先生を呼びます(爆)


「でも最後は、私のほうを見ながらなんとな~~~く、ハンドルを動かせるようになったんですよ!」
と、担当の先生。
三輪車に乗って、ボンズと併走までして教えてくれてたんだよ~(。-_-。)ポッ


好きなことには夢中になる。
覚えたいという気持ちがあったら、覚えられる。
そして、1つ身になった!という経験は、ものすごく貴重だな~と、ますます教室の存在に感謝なのでした!  …が、
車の運転は無理なんだろうなぁ… できると言われても、止めようと思った母なのでした。

実際、どうなの? 自閉症者の運転免許証って…あり??


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

我が家の恩人「自閉耳を持つヘルパーさん」との別れ

Category : 療育手帳、移動支援

ケアマネ合格で卒業する恩人ヘルパーOさん、最後の同行



前記事の写真館で撮影の日、
実は自閉耳を持つ、通称ボンズの通訳ヘルパーさんとのお別れの日でもあったんです。

前日にヘルパーさんの事務所の方から電話があって、
「Oさん(そのヘルパーさん)風邪気味だそうでマスクしてるんですが、小さい子いるのに行っていいのかって心配してるようなんですが」
って。
こっちもボンズもチビスケ(弟)もハナタレだったし、

「どこにいっても風邪はもらいますから~♪」

なんて言ってたんだけど、その電話で、聞きました。
ケアマネージャーの試験に受かったそうです。
とても大変で、そして重要な試験に合格したんですから、
とてもおめでたい話なんですが…今月いっぱいでお辞めになるそうです。

事務所の方でも残念がってました。
「うちももう少しいてもらえると思ったのですが」
と。

でもね…ケアマネになれるかなれないかで、
生活が成り立つか成り立たないか、という世界だそうですから、
おめでとうって言わなきゃいけないんですが、

「えーーーーー」

が、先でした(^^;  


重度の自閉症児ボンズが「おしゃべりしている」ことを教えてくれた人



ボンズは今月から保育園に入りましたから、
はっきり言って移動支援が使えなくても、あまり困らなくなったんです。
ボンズのいない間にやればいいや!って、たとえ3時間弱でも、
身ひとつで動けるようになりましたから。  でも、ボンズの言葉を拾ってくれて、
ボンズと意思の疎通のできる他人では唯一のヒトでした。
ボンズも一緒にいると楽しそうだったし、

何より、うちが、Oさんと一緒にいて、もっともっとボンズに対する発見をしたかった…

Oさんと出会わなかったら、ボンズが聞き取れない言葉で、
「ずっとしゃべってたんだ」
ってことに気づかなかったもん!!

ボンズがしゃべってることに気づいてから、
きっとこちらの対応が変わったんでしょうね、
ボンズの言葉はますます増えました。

今日も、
「こっちにきて。その袋貸して」
と、保育園の帰りに買い物に行き、保育園で使用済みオムツ入れに使ってる袋をずっと握ってたボンズに、エコバッグ忘れたので、それを貸してくれって言ったら、貸してくれたんですよ。
そして、ジュースのところで、
「おぉなみんしー」
って言ったんですよ。
指差しでもびっくりなのに、「オロナミンC」が欲しいって言ったんです!!

そんな貴重な恩人だったのでとにかく残念。

写真館で2時間かかりましたが、ずっと付き合ってくれました。


逃げ出す自閉症児、「つらい場所から自らを守るため」なのだから褒めなくちゃ



Oさんとお別れしてからは、旦那がボンズを追いかけまわしてたんですが、
も~~~キレっぱなしで、見てるこっちがうんざりでした。

ボンズはこんなことを言った。
ボンズがこんなことができるようになった。
ボンズがこうした…って、
報告だけ聞いてた旦那。

なんか、ものすごいことができる子、
他の子みたいに付き合えるようになったとか考えちゃったんですかね?>旦那


写真館で2時間も過ごし、フードコートでお昼を食べて、ソフトクリームを食べて、本屋さんで絵本を選んでから写真館で写真を選び、それから食料品を買おうなんて…ずっと何時間も大型スーパーにいたんですから、親も子も疲れていたんです。


食料品売り場から、てくてく歩いてくボンズ。
呼んでも振り返らないボンズ。
踊り狂って、吠えまくってるボンズ。

実はこの時体調が…腰も痛いしお腹も…。
ボンズを負ぶって買い物したり、抱っこしたり、クタクタな上に体に鞭打って頑張ったんですが…


遠ざかってくボンズを見て、

「追いかけなきゃいけないのかなぁ?

親だから?

追いかけなきゃいけないもんかなぁ…」

ってぼんやり見てました。


体の疲れは精神にも影響を与えますな!
精神的な疲れ同様、疲れはためちゃいかんです! 

追う気力なく呆然と立っていたら、
上の子をトイレに連れてっていなかった旦那が戻ってきて、
大型スーパーの売り場の真ん中で、ボンズをがっつり叱ってました。

…昔は、うちがそれをやると「恥ずかしいからやめろ」って言ってた人がねぇ(遠い目)


あ、久々に、大型スーパーに来たボンズ。
昨日(下見の時)は、嬉しさのあまり駆け出して転んで鼻を真っ赤にすりむいたんですよ。
撮影前なのに!!!(オマエがトナカイかって)

でも平日でしたからね。

当日は土曜日。
しかも撮影終わって、ランチして買い物の頃には大混雑。
ボンズはやっぱり、この刺激の多さが不快なのかな~って思いました。

今までずっと行っても嬉しそうだと思ってたから、
嬉しくて歯止めが利かないのかと思っていたけど、
「もしかしたら違うかも?」と思ってしばらくやめてたの。

やっぱりこの刺激の多さが、ボンズに何かを駆り立てるのかな…
人混みと、混雑した雰囲気が不快で、遠くに逃げてたのかな…

だとしたら『自閉症の僕が跳びはねる理由』で東田直樹君が書いてたように、
逃げ出したのなら、褒めなきゃいけないんでしょうけどねぇ…(褒めれるぅ??)


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

素肌に触りたい自閉症児、問題行動としてすぐ止めるべき?

Category : 発達支援教室
今日は1ヶ月ぶりの発達支援教室「個別」の日。
先月は、朝1で教室に行った後、保育園に戻ってもいいものなんだろうか? 混乱しないか? とか悩んだけど、

今回は、チビスケ発病中につき、まっすぐ帰ります(^^; 


問題行動は初動が大事、すぐに止めなきゃいけない行動とは?



教室で、とてもとても聞きたかったこと、

ボンズが先生(若い、お気に入りの先生限定)の素肌にぺたぺた触ること。


それはうちによくやることで、寝る時やお迎えのご対面の時は、できるだけ素肌に触りたくて胸元に手を入れたりしてたんだけど、
限りなくそれに近いことを、飛びついて抱っこしてもらった先生に…。


こないだは、すれ違い様? 先生の背中に手をもぐらせていたような気がして、

「今、手を入れました?」

って聞いたら、

「う~ん、かすめていっただけ、かな」
だって!

そういうことって、すれ違い様していいもん??(すれ違い様かどうかが問題じゃないけど・笑)

個別の先生は、ボンズのその変身っぷりにびっくり。

「せっかくお母さん以外の人に甘えるという段階にきているので、
今はその時期、ってことでいいんじゃないか」

って聞いてホッとしました。 人肌に触れるのがこだわりとかなら、大人になってからやったら大事件だと思って、それならすぐに止めなきゃいけないのにと焦っていました。

そっか、その先の心配は、まだ先か。


他人に興味のない自閉症? 成長っぷりにしみじみ



春休み中の発達支援教室ってことで、
キョウダイ児がたくさん!

ボンズが年上の子たち三人がトランポリンをしているのを見て、狂喜乱舞。
すべり台に行けばおっかけて、ボール遊びをしたら紛れて、木馬に乗ったりと、
まるで一緒に遊んでるみたいで、楽しそう。

しかもその子たち、心得たもので(?)誘ってくれるし、
かまってくれるんだーーー。

ボンズ、にっこにこで追い回してました。

その姿を先生と見ながら、「成長したね~~」。

保育園でも、クラスの子が外に出なかったら、
自分も出ないで工作をしてたとか、ずいぶん他の人、それも子どもを見るようになったな~~~。
全くの無関心だったからね。


体調不良時は、子どもからの言葉が特に欲しくなる



ところで、弟のチビスケ、嘔吐下痢症で日曜からゲロゲロ。
ボンズには全く手をかけられません。

ボンズも心得たもんなのか、近寄ってもこない…。
ほっといたらダメなんだろうけど、実際ほっとかれっぱなし。

しかもうちまでダウンして、2日間ほど地獄絵図な今週。

チビスケはまだ復活してませんが、

痛い、とか、「うん」とか「嫌」を答えられるとか、
「意思を示してくれるのってありがたいな~~~」
と涙がちょちょぎれる思いでした。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

視覚支援は絶対必要!まずはスケジューリングで見通しを立てる

Category : 視覚支援、写真カード

手探りの視覚支援、まずは一週間の流れを見てわかるように



保育園に入って規則正しい生活をするようになったおかげで、
今まで見えてこなかったいろんな問題に気づき始めました。


例えば、今まで決まった場所に決まった通り行く、なんて経験なかったので、
保育園の行き帰りの道を、いつもと違った風にするとボンズが警戒音(笑)を発するなんてこともなかったし、ボンズは「行き当たりばったりの行動」(by母)に強いんだと思ってました。


先の見通しをつけてやりたい…

と考えても、平日は保育園に行って、土日はパパ次第…だとか、
一日の流れも、大体は食事とおやつの時間くらいしか決まってない。
平日の一日の流れは決まってても、土日はパパ次第。


臨機応変に教えてやるには、やっぱり時間を教えたい。

その前に、大きな流れとして四季を…じゃ大きすぎて逆にわかりづらいだろうから(笑)
一週間の予定を…と、作ってみましたが、
土日の予定がないし、雑なのでしょぼい(^^;


今月から発達支援教室で、個別指導の日の他にグループ活動も入ってくるので、 ●「保育園」⇒帰宅⇒「発達支援(グループ)」 ●「発達支援(個別)」⇒「保育園」⇒帰宅

という日があるんだよってことを、伝えるのに利用したいと思います。


後は、時計の針の形と「おやつ」とか…かな。 


本人の意思を聞きつつ、こちらの指示も受け入れてほしいから



あと、とっても大事で、どうしてもわかって欲しい、教えて欲しいのが、
体の不調。

というわけで、体の部位表と、「あつい」「さむい」「いたい」「かゆい」「おいしい」等の一覧を印刷しておきました。
まずは絵本を見る感覚で見ておいてもらおうv( ̄ー ̄)v



保育園用には、今後雨で外遊びができない日が増えてくるだろう…と、
雨の日カードと、晴れの日カード、「○」と「×」を急きょ追加してきました。

前に、「風雨」カードと「×」でベランダに出られないことを理解してくれたので。


やっぱり「理解できたら納得していうことを聞く」ってこともあると実感。
お互い叫んでたら、何を言われてるのか、何を言いたいのかわからなくなるもんね。

そのためにも、視覚支援はやっぱり大事だとわかりました!


実は最近なんにもしてなかったんですよね。

ボンズの経験値が上がったおかげで、
家の中では、ある程度見通しがつくし、ある程度意思の疎通がとれてなくてもやっていけちゃうんです。

だけど、ボンズはこれからどんどん外に出て行かなくちゃならない身。
そのための支援なら、ボンズが楽になるのかわからないし、うまくいくかわからないけどやってみよう!と思います。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

一年ぶりの発達検査、成長と課題に気づく

Category : 診断・診察(病院)
あれからまた半年振りに、ボンズの診断を受けた病院に行って来ました。


行く前に大きな問題にぶち当たり、母ひとり四苦八苦してました。


自閉症児に事前告知は大切、だけどそのやり方は?



ボンズが保育園に通うようになる前までは、
どこでも母の行くところに黙ってついてくる感じではあったのですが(それでもなるべく事前に知らせるようにはしてましたが)、

今は規則正しい生活のおかげで、
「そこを曲がるのはなぜ?」
「そっちは家じゃない」
と思うと、警告音?みたいに、ヒンヒンと鼻を鳴らすようになったんですよね。

「いつもと違う」と気持ち悪いんだろうと、
「コンビニ寄ってから帰るよ」
とか、
「今日は発達支援の日だよ」
と、写真を使って告知してたんですが…


今回、まさに規則正しい生活をして、ノリに乗っている真っ最中!

しかも、チビスケ(弟)を送って一度は保育園に行くのに、
ボンズだけ降ろさないで(降ろしてしまうと朝の身支度スイッチ入ってしまって、もう止めようがなくなると思って)、
「今日は○○(地名)、××病院、△△先生、ね」
と、写真でも見せてお知らせしないと、朝から崩れそう!!


それで、病院の画像を探したんですけど…

ないんですよねー。みごとにない。

地図ならあるんだけど、地図見せたって…(^^;

ならば!と思って△△先生の顔写真がネット上にないか?と探したんですが、
ない。 

う~ん…自分でも撮っておけば良かったーーー。


で、結局写真はあきらめて、
しつこく「○○行くよ、××病院、△△先生の日ね、△△先生、あんた好きでしょ?」
と、しつこく告知。

理解できるかどうかは別としてでも、
「何かいつもと違うんだな?」
ってことだけでもわかってもらえたらと思って。

最後は苦し紛れに、○○市の地図(のパッケージ)を見せて、

「ボンズ、今日は○○! チビだけ保育園だから、ちょっと待ってて!」
と、ボンズを車に残し、チビを先生に託して、
ドキドキしながら車にトンボ帰りすると、

言い放ちつつ渡したハイチューが功を奏したのか(?)
ご機嫌でおとなしく待ってました。

○○っていうのは、実家のある市なので、なんとなくドライブするってことはわかったのかもしれません。

途中高速を使ったりしつつ時間調整をして、楽しく到着。
高速の料金所では、(←ETCつけてない人)
「ばいばーい」と後部座席からご機嫌に愛想をしておりました(聞こえてないと思うけど)。


親からの聞き取りのみだった一年前、今回は本人で発達検査をしたい



そして病院ではまず一年ぶりに発達検査をしたい、
しかも前回は全てハハからの聞き取りだったので、
今回は初めて本人で検査の結果を知りたい。

ということだったんですがー、
全然検査になりませんでした。やっぱり。


できるとは思えなかったんですけど…。

でも、そう考えてるのは親だけで、実はボンズはちゃんとできるってこともあるだろうし…と、先生が「検査するよ~」と言うのを黙ってみてたんですが、

今回は、「ボンズに検査を受けさせられるか」どうかの前に、
場所がダメでした。


初めて2階に上がらせてもらったのですが、
そこで療育しているようなんですよね。

ボンズの好きなスロープやらブランコやらボールやら、
「あそびたーい!!」
ものがまず目に飛び込んできてしまって、
もうその後は何をしてもダメ。
気持ちは個室の外に向いてしまって落ち着かないし、だんだんと不機嫌に。


それでも、「ボンズ天才!!」と思えるフシや(スイマセン親ばかです)、
あ、進歩してる!と思える箇所がありました。


赤と黄色のコマを、2つの小箱に分類させたいのであろうテストでは、

「ボンズくーん、これ、おかたづけしてくれるかなー?」

という若い女の先生の声を、ひたすら無視?

で、うちがつい口を出してしまったんですよね。

「ボンズ、これお片付けして、って」


はい、そこでボンズ君みごとにスイッチ入ってしまいました。


ちらばっていた赤と黄色のコマをガーーーーッと集めて一気に箱に入れ、
フタを閉めてハハに渡しました…。


「お、、、おかたづけ・・・だね、ありがと(汗)」


ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ ボンズ、ナイス!!


長時間待つことができた!成長を確認できた通院



その後、いつもの△△先生と半年振りにご対面。
12月から保育園に通って、規則正しくなったために、いつもと違う道順を使うと警告音を出すようになったこと。
4月から担当になった先生に会うと、朝から飛びついていっていちゃいちゃしてるし、他の子ども達の間で遊ぶようになったこと、

そして何より、「ガマン」と「待つこと」ができるようになったこと。

「以前こちらにきた時には、診察室に飛び込んだり、受付に入り込んだり、階段上がったり、床に寝転んだりと、とにかく座ってる暇がなかったんですが、今回は絵本(しばらく隠しておいた)やお菓子も使いましたが、座ってる時間がたくさんありました」

自慢報告。

「テストはできませんでしたが、以前ならミニカーが出てきた時にしか注意を向けなかったのに、今回は一応注意が向いてました」

とアピール。

だって、すごいもん、ボンズ。
よくあんな何もない(大好きなトーマスなんて影も形もなし)待合室で長い時間待てたもんだよ。

最後に先生が、
「今日はこれでおしましです」
と言ったのでまたスイッチ入っちゃって、
個室を出てすぐ玄関を出て行ってしまってからは、「もうおしまい」モードになってしまったのか、会計を待てなくて苦労しましたが(^^;

10時過ぎに着いて、1時までよく頑張りました!


エスカレーターがこだわり?でも指差しが出た



その後ショッピングセンターに行き、
フードコートでランチして、食材を買って帰りたかったのですが、
そんなことはやっぱりダメでした。

混雑だから、とか、大型ショッピングセンターだから、というより、
エスカレーターにはまってしまったようでΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

見かけるたびに乗るので、前に進まない…_| ̄|○

「ジュース飲みに行こう!」
って言っても聞かないなんて、おそるべし、マイブーム(こだわり)!!

でも、せっかく指差しして主張してるんだから、聞いてやりたいと、
空腹の母も、上がって下りてに付き合ったんですが、
終始それだし、通路で突然宇宙と交信しはじめるし(天井見てクルクル回り始めた)買い物はあきらめました。


帰り道はたっぷりお昼寝していたボンズ君。
母もクタクタですが、
コッコ(姉)、
連れていかなくて良かったーーー!!とつくづく思いました(笑)

ボンズがどう出るのか、どう動くのか、いつ崩れるのか・・・と思いながら行動しているところに、
コッコの猛口撃が加わったら、人間でいられなくなりそう(^^;

四六時中しゃべりっぱなしのコッコを聞き流していられるようになるまで(そして要所、要所で返答もする)、
2人連れて病院(待ち時間の長いおでかけ)は無理だろうなぁー。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

視覚支援で、靴の着脱をフォローしよう

Category : 視覚支援、写真カード

「わかればできる」んだから、「わかる」をもっと増やすための視覚支援



心療内科の医師や、発達支援教室の先生、市役所の担当の人…
と、先週立て続けにボンズについて話すことがありました。

その中で、やっぱり保育園に通うようになって、
ボンズ自身で感じて成長したものもあるし、
「納得さえすれば」予定変更やガマンを強いられることも乗り越えられると再確認。

そのためにも、ボンズに伝わりやすい方法、ボンズのわかりやすい手段で伝えることを最重要課題に!
というわけで、ずいぶんと適当になっていた「視覚支援」をもう一度考え直すことに。


以前は、場所を写真にしたカードで行き先を告知したり、
「お風呂入ろう」
「トイレにいこう」
と、遊びの中断をさせる理由を伝えるためだけに使ってたんだけど、

今度は保育園の先生が積極的に使って、
ボンズとコミュニケーションをとることに頑張ってくれているので、
最近は保育園生活で必要なものを作ったり、
以前と変ったものを作り直して持っていったりしてました。


「雨だから窓を閉めよう」
「天気が悪いので、外へはいけません」
カードを使ってボンズにあきらめさせ、

「晴れたら、行こうね」
と、「晴れ」+「○」のカードをつけて折り合いをつけようと頑張るボンズの力になってくれている先生。

そういう話を聞いたら、俄然こちらもやる気がでますっ。


靴を脱いでから、一段上がる!土間に足をつけない視覚支援



保育園の先生に任せっぱなしになっていた感もあったので、
母も重い腰を上げて、
「なんとかならんかな」と思っていた、靴を脱ぐ時の悩みに取り組むことにしました。

玄関で、靴を出して履くのはOKなんだけど、
脱ぐ時がめちゃくちゃ。

ドロドロでもびしゃびしゃでも、適当に靴を脱いでその場に足を下ろしてしまうので、
常に足の裏が汚く、保育園で掃除をしてくれている方に申し訳なくて(うちの汚れはいいんです・笑)。

で、心の師匠宅(ブログ)で見かけた、靴の裏マーク。
あれを真似して、玄関の一段上がったところに足の裏マークをおいて、
そこにボンズが足を置いてくれるように誘導できないかなー?

という単純な試みなんですが、

足の裏マーク…案外ないですねぇ。

この画像(素材)を探すのに一番苦労しました(^^;
絵心があれば、ささっと描くんでしょうが、うちにはとても無理で。

早速プリントして、ラミネートもせず折りたたんでポケットに入れて、
チビスケのお迎え時(ボンズも保育園についていきます)使ってみることに。


いつも、靴を脱いだ足をつかんで、足を置いて欲しいところに誘導してたんですが、
これだと危ないし、ボンズも気分良くないですよね。


でも今日は初回だし、どういうものだかわかって欲しいので、
ボンズの脇にしゃがんで、脱いだ足をマークの紙の上に、つかんでおいてやりました。

一瞬固まったボンズ。
そして、その横にもう片方の足型があるのを見ると、

( ̄ー ̄)ニヤリッ

と笑って、もう片方の足を置いてくれましたv( ̄ー ̄)vv( ̄ー ̄)vv( ̄ー ̄)v


ほほほ~~~ぃ、
反応があると楽しいですね~~~視覚支援!


先生に話すと、早速一緒にやってくれるそうで。


「なんだか要求ばかりしてしまってスイマセン」
と言うと、

「ボンズ君とのやり取りが楽になると、
私達も楽になりますから」

と、さらっと♪

ステキな先生に出会えたなぁ…と思うと、
母もますますやる気がわきますっ。

しばらくは、このままポケットに入れっぱなしにして、
使って様子みま~す。

A4サイズなので、この方が持ち運びやすいし(ボンズの足くらい大きくしたかったし)。
家のはラミネートして、玄関先に固定しちゃおうかな。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

療育手帳の更新結果、さらに進んでAランクな男

Category : 発達支援教室

初めての経験にパニックな自閉症児、いつもの場所でも展開が違うと混乱します



昨日、初めて発達支援教室の「運動グループ」に参加してきました。
先月から月に一回参加の予定が、先月はチビスケ発熱中でいけなかったの。
ボンズは元気だったし、自閉っ子の親仲間が同じグループにいるから、会えるのを楽しみにしてたんだけど。


で、
昨日はお昼寝終わったかな~~と迎えに行ったら、
「今日は寝ませんでしたー」
と、お昼寝初めてからの初黒星(黒星??)


「そっかー。さりげなく告知してきたんだけど、
気になって眠れなかったかな」


なんていいつつ、教室へ。


ここ、前日に児童相談所の人に発達検査されたのと同じ建物なの。
地元に児童相談所がないので、月に一度くらい発達支援教室の場所を一部借りて、
児童相談所の人がやってきてくれるの。


だからボンズにとっては、
「個別」でH先生と遊ぶ場所であり、
保育園に入るまでは母子分離グループで通ってた場所でもあり、
昨日は知らない人とボール遊び(発達検査のうちの1つ)をした上に、
今日は体育館に行けとは、どういうこと???

って思ってたんだと思う。


最近、あれこれスケジュール提示したらOKだったり、
保育園で長時間頑張ったりと、
いろいろうまくこなしてたから、
「通いなれた場所だし、体育館で走るんだとわかったらよろこぶだろう」
と、軽く考えてたんだよね。。。


そしたら、
まずは脱走、逃走(っていうか、探検に行きたかった)企んでばっかりで、
しかも止められて、さらにはH先生見かけたのにいなくなっちゃうし、
こっちにきてこの向きで走れとか、座れとか、水を飲めとか、
先の見通しのつかないことばかりの一時間で、
泣くわ、暴れるわ、叫ぶは、走るわ、逆走して止められるし、
しかも眠いし!
で、筋肉痛になりそうでした←これは母が(^^;


ルーティンを飲み込めると強い自閉症児、だから「初めてのことは」怖がることを忘れてしまう



そうだ、そうだ…
初めて「グループ」に参加した時、ボンズこんな感じだった…

おととしの秋、母子グループで、
他の子は難なくできている(ように見えた)活動に、
ボンズは参加するどころか、暴れて泣き叫んで逃げ回ってたっけ。

ボンズはこんなこと(集団行動)一生できないんだろうな。
それにこの子たち(他の子)は、どうしてここ(発達支援教室)に来てるの?
(ボンズのこの暴れっぷりに比べて)何が問題あるの?
ってずっと考えてたっけ。

それが、
春から母子分離となり、保育園が決まる冬まで、
ちょっとずつできることが増え(シール帳を所定の位置に持っていくとか)、
一年以上通ってここまできた。

そして保育園に行くようになっても、半年かけてここまできたんだ…
ってことを、つい忘れてたんだねぇ。



先の見通しがつかないこと、初めての経験(同じ意味か)が、
ボンズにとっては恐怖で、とんでもなくストレスなんだってこと、
わかったつもりでいて、忘れてたんだ。。。


療育手帳の更新結果、覚悟はできているので早く知りたい



前日の療育手帳の更新で、この一年のボンズの生育状況を話し、
ボンズは発達検査を受け…ても、やっぱり検査にならなかったらしく、
判定員さんたちがまた膝をあわせてしどろもどろと結果を告知しようという時、
またまた時間がかかりそうだったので、こう言いました。


「ボンズの成長は、日々見て実感してるんです。
だけど、
並みの5才児(来月5才なので)と比べたら、どんどんと差が開いているんだろうことも理解しています。
ですから、どうぞはっきり、すっぱりおっしゃってください。
そのつもりできてますから」



先手必勝?v( ̄ー ̄)v


とか思って言ったんですけどね、
やっぱり言いにくいんですかね。

判定が重くなるから。


去年は「まだ若いしBということで」と意味のわからない(ほんと、どういう意味だったのかよくわからないんですが・笑)おっしゃり方でBといわれたんですが、

今回は、

「ええっと…、A…と思ってはいるんですが、
あ、でも微妙ーーーなところではあるんですよ、実際。
なので、ずばっと言いたいところではあるんですが、
一旦持ち帰らせていただいて、後日連絡、ということに…」


なかなかズバッとは聞けない宿命なんですかね(笑)



というわけで、後日電話にて「Aで(手帳を)出そうと思っております」とご連絡をいただきました。
更新はまたまた一年後だそうです。(みんな違うので聞いたら、ケースバイケースで決めてるそうです)


覚悟はしてたけど、「重度」でした。

重度って言われようと、
軽度って言われようと、
ボンズ自身は何一つ変らないし、うちらだって変らない。

「重度になったら特別児童扶養手当の額上がるんじゃない?
うちでNo2の稼ぎ頭だ!」
なんて喜ぼうと(覚悟のために)思ってたんですが。

重度。
言葉通り、重いですね。


ボンズは目に見えて成長してます。
毎日すごく頑張って、
いろんなことを乗り越えようとしていることが、この母にもわかるくらい、頑張ってます。
きっとこれからどんどんできることも増えてくるだろうし、
何より楽しそうに笑っているボンズでいてくれることが一番。

なんだけど、もうちょっとだけ、
沈んでおります。
きっかけがあったら、浮上します。
そんなに時間はかからないはずです。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

自閉症児のIQ検査は本当?療育手帳の更新で成長が見えた

Category : 療育手帳、移動支援

児童相談所で療育手帳の更新



児童相談所から正式に連絡がきたので、
市役所に手続きに行って来ました。
前後して、「移動支援」を使ってた受給者証も期限切れを迎えることとなり、
そちらの申請も。

程度が変るので(中度→重度)、新しい手帳がくるのにまた1ヶ月ほどかかるんだって。
連絡がきたらまた取りに行かないと。
それまでは、訂正された以前の手帳を持ちます。(自治体によって取り扱いは違うかもしれません)
いろいろめんどくさいんだけど、一年経ったかと思うと感慨深い。 


検査で出た数値が本当のIQではない



先週末、発達支援教室の個別があったので、
(知的)障害の程度が「重度」になったこととか、
翌日の「運動グループ」でボンズが泣き喚いて暴れてどんなだったかとか、
先生はすでに知ってることでしょうが、ぐちぐちと言って来ました。


そこで、
「ボンズ君は、相手に要求されたことに対して答えると、相手が喜んでくれる、それでボクも嬉しいってことにまだ気づいてない」
って話をされて、深く納得。

児童相談所の人にもそんなようなことは言われたんだけど、
その時は、相手の要求が理解できていない、
「だからテストが成り立たないんだよね」
という風に言われたと理解していました。

でも、個別の先生の説明を聞いて、
「だから、ここで出た知能指数イコールボンズ君のIQではない」
と言われて、ものすごく気が楽になりました。


ボンズにどんな数値が出ようと、
「ボンズの成長は日々実感している、だからいいんだ」
と言った自分の言葉は嘘じゃないんだけど、
でもやっぱり重かった。


相手が喜んだら、自分も嬉しいという気づき



その証拠に(?)
型はめみたいなパズルみたいなのを出されて、
ボンズが「なに? これをはめればいいの?」
みたいな感じで、ささっと、アンパンマンのマルをアンパンマンのマルいところへ、
食パンマンの絵のついた台形のピースを食パンマンのところへはめていったの。

そんなのやってるの見たことないから、
1つ1つに狂喜乱舞、拍手喝采してたら、

「これも? これもはめたら、ウケる?」

みたいな感じで、
うちらの顔を見ながら、ニッコニコ笑いながら、
次々とはめていって完成!


型はめなんて全く見向きもしなかったし、
それがやっと「こうする」んだとわかったことが嬉しかったし、
いちいち喜んでる母や先生の顔を見ながらこなしていったことが、嬉しいやらおかしいやら(笑)


「こうして欲しい」と言われたことに対して、
自分ができる限り応える。
そうしたら相手が喜び、
喜んでくれたら、自分も嬉しい。


これって難しいんだけど、
わかってくれたら、ボンズの人生すんごく豊かになるんだろうなー。

でも、障害の有無に関係なく、
わかってないまま大人になってる人たくさんいそうだね。


IQも大事だけど、
人に迷惑かけずに自分のこと自分でさえできればそれで十分な気がするし、
それより何より、人との関わりの中で豊かな人生(おおげさかな)を送れること重視でいきたいと思いますっ。


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

スケジュールの視覚支援、試行錯誤中

Category : 視覚支援、写真カード

自閉症児の視覚支援、写真やカードで伝えたい



前記事のプールのスケジュールですが、こんな感じです。
ポイントは、タイムタイマーの画像を使ったところv( ̄ー ̄)v


プール手順表’10

わかりづらいんですが、3コマ目は、
ボンズが発達支援教室「個別」で夢中になった、ぜんまいのおもちゃの画像です。



スケジュールエリア

我が家の壁の一部を使った、
ボンズのスケジュールエリアなんですが、
写真カードを全部上の方にぶらさげてあるので、雑然としてますよね。

布で隠すか、別の場所に保管できるように考えないと…。


高さは、一日の流れを示すホワイトボード(たいてい保育園写真が一枚だけ)と、
一週間の流れを示すスケジュールがボンズの目の高さになっております。


週間スケジュール(マジックテープ) 
 

自閉っ子の様子をみながら、試作を重ねる



一週間のスケジュールは、
最初はマグネットで作ってたんですが、

一週間スケジュール

触ると落ちるのがおもしろいのか、それとも反抗なのか(^^;
ばらばらにされてしまうので、今回はマジックテープにしてます。


タイムタイマー

いずれ時計に目が行くようになってもらいたいので、
タイムタイマーも初めは時計の下に設置したのですが、
どうも見てくれないので、今はスケジュールと一緒になってます。


保育園の他に、発達支援に行ったりする日のために、
一日の流れを示すホワイトボードを設置してるんですが、

その他に説明用に、スケジュールも準備しました。


通常予定表とグループ


通常は、おやつを食べたらママのお迎えだよと示す「右」が、
保育園のボンズスペースにも提示してあります。

月に数回、おやつの前にママがお迎えに行き、
発達支援に行くよ~って時は、左を見せて説得してから登園します。


はっきり言って、ボンズがスケジュールを自分で見てくれるようになったのは、最近です!
プールがあってから、かな。
つくづく、楽しいことから始めなきゃいけない、ということがよくわかりますね(^^;

これからも、ボンズの様子を見つつ、試行錯誤のくり返しになりそうです。



***** おまけ *****


絵本入り込み靴が欲しい

これ、何の真似かわかりますか?!
ドラえもんの、絵本入り込み靴が欲しいみたいです。
映画「ドラビアンナイト」がブームになると、
こうして大事なトーマス絵本をぐちゃぐちゃに積み上げて眺めてます(笑)

道具があれば、ね。
楽しいトーマスの世界に入り込めるのにね!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

自発的要求がカードで出た!家と保育園で取り組んだからこその快挙?

Category : 視覚支援、写真カード

写真カードを使ってやり取りをつづけた成果がとうとう出ました



とうとうボンズが、
写真カードで要求を出してくれました!!

それも、海苔(笑)


いつもは、海苔の缶のあるところへ行って指差し、
「のり」
と言葉で言うこともあるくらいなので、海苔に関して(だけ)はカードは必要ないくらいなんですが、
それほど好きな海苔だからこそ、練習に使えるのでは?と思って、

毎回、
「え? 何? もしかして…コレ?」
と、冷蔵庫脇にある写真カードの中から、海苔の写真カードを取り出して確認してたんです。


ずっと、出されたカードを見るだけで表情1つ変えず…だったんですが、
最近そのカードを指ではじくように、タッチしてくれるようになったんです♪


このタッチがまた嬉しい!


前は、二枚の写真並べて「どっち?」と聞いたら、
いらない方のカードに手を伸ばして、その手を払いのけてたんです。

ボンズにとっては、不要なものをはねのけ、
必要なものを目の前に残した…んでしょうが、万人にわかりやすくない。_| ̄|○


それが、「欲しいものを指差す」ようになってくれたのだから、
前途は明るい!!

保育園でのろけたら報告したら、保育園でも先生の出す写真カードで要求を伝えるようになっていたようです。
やっぱり二ヶ所でやって、ようやく「使える!」ってわかってくれたのかもしれませんね。

家だと(母だと)あんまり頭悩まさなくても、意外と要望通っちゃったりしますから(母もわかっちゃったりしますから)、家以外でできたのが良かったのかも♪



最近のりブームも最高潮で、海苔の指差しのたびに、
「これ?」
って冷蔵庫に貼ってあるところから取って見せてたので、
ボンズなりに、
「ええぃ! めんどくさい!!」
って気持ちになったのかも(笑)


あーーーこれで他のものも、
「これ(カード)で教えたらいいのか!」
って思ってくれたらいいな~~~。

昨日はその第一歩が踏み出せた気がします!
よっしゃ!!


テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本