自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

Wおめでた♪  

チビスケの小学校入学。
コッコの中学校入学・・・W入学式が終わりましたーー。
いやーー疲労コンパイ!!
この堅苦しい儀式の嫌いさ加減、年々UPしてる気がします。
でも終わった!


でもこのWで入学という人が周りで結構多くてですね、
うちと同じく小、中の人もいれば、中・高の人も。


ボンズのクラスにも新一年生が二名入ってきました。

事前に、

「どんな子ですか?」

と聞いたら、

「おとなしいタイプと元気君です」

というので、おお、とうとうボンズタイプがくるのか。
ボンズ二代目の盃を受け取る後輩ができるか、と思っていたら(そんなもんいらんってか)、


どこが???!!!


って感じ。

ボンズと違って一緒に入学式に入場してきたし、
ボンズと違って入学式にずっと列席していたし、
ボンズと違って一緒に退場していって、

奇声のひとつもあげませんでしたけど???


なんでストリップしないの? 入学式なのに。⇒ボンズはやったよ


ぜーんぜんだったよー、おとなしいよ。
ボンズに比べたら・・・


と、
中学校の入学式で、ボンズと同じ支援級を卒業して同じく中学校の入学式を待っていたお母さんに報告したら、

そこの妹ちゃんがまだボンズと同じ小学校に在籍していてね。
娘ちゃんの話を聞かせてくれました。


「娘も言ってた、おとなしく座ってるから元気ちゃんはどこだと通常級を探したりしたけど、
叫んでる子も騒いでる子もいないな~。

逆に、ボンズ君の方が元気だったよ(笑)」

って。


orz ←穴があったら入りたい


「でもね、嬉しかったんだろうね~。

学校が好きで、大好きなお母さんも来ているし、弟が入学してきたんだもん。

嬉しくって声出ちゃったんだろうね、って言ってたよ」


と。


すばらしい、妹ちゃん!!
この理解の深さと懐の深さ。
これだけでこの子のお宅がどんなかしのばれるような気がしませんか!!


実際、入学式前の始業式(も、ハハ参列して見てた)では、
入学式の比じゃないくらい、叫ぶわ、跳ぶわ、上靴放り投げるわの大興奮状態。

「あちゃー☆」
と思ってたんですよ。

新しい教室が扉ひとつ隔てるようになったのは、
ボンズの奇声がうるさいって苦情でも(通常級「の、親」から)あったのかなーなんて気にしてました。


が、中にはこの子(ボンズが最初苦手だった子、その後大好きになった上級生の妹さん)みたいな理解のある(理解できるようになった?)子もいるんだと思うと、ジーンときました。


ボンズ、姉と弟と違ってきわめて変化の少ない春を迎えました。

担任変わらず、デイも変わらず。

ただ教室が変わって(これも毎年だったからへじゃないハズ)、
二クラスに分かれている支援級1組の最上級生となりました。

他に二年生二人、一年生二人。
ボンズ的に残念なのは全員男の子ってことだと思う(笑)。

だけど、交流学級には女の子いっぱいいるし!
元同じクラスだった支援級の女の子だって隣の教室にいるわけだし!

ますますのご発展をお祈りしたい春なのです♪

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

朝から大バトル!  

姉ちゃんの中学校が激しく遠いので、起床時間を早めました。
緊張感があるので、まだすんなり起きてくれる上の子2人・・・察して・・・


しかも、ボンズ嬉しくて、エンジンのかかりが良すぎて、
玄関が開く1時間前に家を出ようとするの!!

「まだ早い~~~」と必死で止めて、
姉ちゃんを見送ろうとすると、


「チビと一緒に行きたいな~」
と。


ボンズが入学した3年前にも、

「これで二つの夢が全部叶った!」
と、かわいいことを言ってた姉ちゃん。


そっか、そうかもね。
「じゃ、みんな一緒に出ようか」
と、4人でしゅっぱーつ!


登校風景1


ゴミを出すためにいつもと違うルートで行きましたが、
ボンズは誰かが、

「あ、ポテトチップスのゴミだー」

と言うと、

「ぽてとちっぷぷだー」

「いい天気だね~」と言うと、

「いーてんき、ねー」

と、おうむ返し。


そしてチビスケがおどけると、
背後で一列に並んでマネっ子。


とにかく、嬉しくてたまらない感じ?


姉ちゃんの卒業、理解してるかな?
弟が入学してきたこと、理解してるかな?
と心配でしたが、少しずつ飲みこめていくんだろうね。

登校風景2


姉ちゃんだけ違う方向に進んだことに、気づいたんだか、気づいてないんだか・・・。



早くに家を出たので、学校の玄関開いてません・・・


ボンズ、そのこと忘れたのか、「ぎゃおーーー」と校内に突進しようと必死。
(いつもは遅刻すれすれだったり、完全に開門してからの登校だったしね)

「まだ開いてない、みんな並んでるでしょ」

って言ったって全然聞こえてないんだよね~。


しばらく戦った後、みんなが並んでるのを見てようやく思い出した様子。

・・・やれやれ。



その翌日、今度は「作品」を持って行くと大騒ぎ。

作品って、いつもの画伯の絵ならいいんだけど、

昨夜寝るよって時間になって(また・・・)突然、

「れいぞーこ!」

と、デカい段ボール2つ持ち出して、作った冷蔵庫。

掃除機の段ボールと、もう一つをパパにつなげてもらって、
一緒に抱えて寝るくらい気に入った作品なんだけど、

ボンズが抱えるのも無理なくらいのでっかい作品。


「もってこー」

と、ゴミ袋に入れようとしているし(絶対入りません!)、
学校に持ってくのはいいけど(いいのか??)、

その後、デイサービスの送迎車に乗る時乗せられるかどうか・・・
(他に乗る子がいないなら乗りそうだけど)


朝から「今日1日どうなるの?」ってくらい大バトル開始。

だけど、こっちがブレるわけにいかないもんね。
ダメったらダメで貫き通したら、やがて落ち着いて、


「にかい、もっていこう」

とつぶやいたので、ほいほいと自室に運んでやりましたよ=3


ボンズも学校でメンツが変わったことによる興奮があるらしく、
姉ちゃんは帰りが遅いし(部活動の見学中)、
チビは小学生になった途端に近所の子と門限ギリギリまで外で遊んでるし、


今週末辺りみんなダウンじゃないかしら(^^;

あ、もちろんハハもね(笑)

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

3年生最初の難関  

小学校3年生に進級して一週間が経ちました。
教室が代わり、クラス編成もちょっと変わりました。

ボンズがいつも一緒だった一学年上の子たちが隣のクラスへ行き、

ボンズの一つ下に一人男の子がいましたが、
通常級から一人移籍してきたので2年生は2人になりました。

新一年生が2人入学してきて、5人で一クラスです。

ボンズが一番お兄さん・・・(^^;


担任の先生は変わらず、ボンズ初の持ち上がり体験♪

「クラスが微妙に変化して、知らない男の子たちがいるのが気になるようでハイテンション気味です」

と言われて、ハハ感動。

何せ人の顔を見ないと言われていた子ですからね!

メンツが変わって落ち着かないなんて、

メンツが変わったことに気づいたなんて(笑)

そりゃ人の顔を見てる、認識してるってことじゃないですか~~♪♪
こりゃめでたい。


先週末には、

「ボンズ君、ちら、ちらっっと見てるんですよね。
ようやくクラスメイトか、と認識されてきた気がします」

と言われ、案外受け入れるの早かったな~と逆にびっくりしました。



さて、割と変化の少ない今春でしたが、一番心配だったのが先日、
「初6時間授業の後にデイサービス」
という日があったこと。


2年生で初めて六時間授業が始まった時にも、
「オラもう帰るだーーー」
と崩れましたが、2回目からは納得した様子。

その後はハハが迎えに行って、まっすぐ帰ったり、コンビニでおやつを買って帰ったりという楽しみなイベントがある日になってました。

そして3年生に進級して今度はさらに6時間授業の日が増えます。

「今日はデイの日なのにーーー早く帰らせてくれーーー」
って慌てないかな?

「みんな帰るのになんでオラだけダメなんだーーー」
と、泣くんじゃないか?
(クラスメイトはみな学年下ですから・・・)


でも、去年も思いましたけど、5時間⇒6時間に、っていう説明って難しいですよね~~。

わかってくれるかどうかは別にして、
ボンズにはまずは説明ありき、予告が全てですから、
伝わらなくても言うしかない。


翌日のスケジュール確認の時間に、

「あ・し・た、6時間、ね」

「ボンズ、3年生だからね、月曜日も、6時間、
ほら、ここと一緒になるからね」

「デイには言ってあるからね、
ボンズ6時間終わったら、デイお迎え行くからね、ちゃんと行けるからね」

「ボンズは3年生、1~2年生は5時間で先に帰るよ」

「6時間目は隣の○○ちゃん(唯一のクラスメイト女子)のクラスに行くからね」


いちゃいちゃベタベタしながら、とにかく伝えるだけ伝える。

そして、

「あ、時間割確認しようか~~~」

そうだ、この手があるじゃん。と、

「1時間目~~朝の会~~~」

と、読み上げる。

「体育」って言った時だけ、「ハイっ!!」って返事してたけどね(笑)

ボンズはやたら体育好き(その次が音楽)。

その後は無言だったけど、聞いてたのかなー。
大丈夫かなー。
泣かさずに済ませられるなら泣かせたくないもんねー。


そして当日、デイのスタッフが送ってきてくれたので、

「今日行った時はどうでしたか?」

って聞いたら、「いつも通りでしたよー」って。

きっと学校でも担任K先生が言い聞かせてくれたんだろうな~と思いつつ、
K先生の連絡ノートを開くと、

「みんなと帰りたいいとちょっと泣いてしまいましたが、
すぐに切り替えてくれました」

と。

そっか、その場になってようやく理解できたんだろうけど、

ハハが夢に出そうなくらい延々耳元でささやいてたのがよみがえったのかもしれないね(笑)


こうして3年生になるに当たって唯一の心配は無事クリアしたのでした♪
来週はたぶん大丈夫でしょ♪

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

書道  

小学校三年生から書道が始まるんですって。

毎回思うんだけど、「え? ボンズもやるんですか?」(笑)

スキーも「マジで?」だったし、スケートも「行くの??」。

遠足や運動会ならまだしも、ボンズにできるの??ってことってたくさん。
同じ年頃の子、定型発達でもドキドキだろうことを、ボンズにもさせてくれちゃうんだよねー。

だから、ボンズも書道セット、リコーダー買いましたよ。。。

「これ、エイってする棒じゃないからね!!」

とか心配しながら(笑)。

まぁ、幸い姉ちゃんが持っている(使っている)のを見たことがあるから、
リコーダーが武器じゃないことはわかってるようだけど、

「やっと鍵盤ハーモニカで音を出せる(演奏しているとは言いません)ようになったのになー」

って段階だったので。


さて、そのリコーダーがどうなったかはまだ聞いてないのですが、
(学校には持って行きましたが、まだ出番はなさそう)

ボンズの時間割にとうとう「書道」の日が。


本当にぃ?

最近、サインペンで真っ黒な建物を書くのがブームなボンズ、
張り切って毛筆でお絵かきするんじゃないかな~・・・と思っていたら、



書道



立派な作品を持ち帰りました。
あ、これは持ち帰ったうちの一枚で、たぶん、一番いいのは学校にあるはず。


今学期がんばること、で、「さんすう」と書くことになったようです。
最近時計にも興味を持ち始めたし、

「おもち、さんこ!」

など要求でも使えるようになってきた算数、頑張ってくださいね、と♪

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

ふたりきりなら  

先日学校で土曜参観がありました。
ボンズは事前に予告してあれば、土曜日なのに学校? とこだわることもなく(不思議にも思わず?笑)、
すんなり行けます。

が、その日は参観授業の後、バザーや催しがあるという・・・

いや、例年あったんですけど、ボンズは行ったことなかったので、

初めてのパターンの日です。


今までは姉(今年卒業)は一人で勝手に買い物したり、回って楽しんで、勝手に帰って来てたので、
ハハはボンズと姉コッコの参観授業をハシゴしたら、ボンズと歩いて帰ってくれば良かったんです。
未就学児の弟チビスケ連れて、ね。


だけど、今年は弟が入学。チビスケも、バザーやら「ダンボール迷路があるんだってー!」ってなことも知ってるわけで。

「行きたい?」って聞いたら、「ママと帰りたい」って言いました、チビスケは。
んもーーーなんてラブリィ・・・じゃなくって・・・

今は「行かないよ、一緒に帰るよ」って思ってるとしても、
当日のみんなの盛り上がりを見たら、「自分も参加したい!!」と思って当然。

それは、チビだけじゃなくて、ボンズにも当てはまります。

さて、ボンズはバザーをスルーして、「さようなら」したんだからとすぐに帰るか?
学校の状態がいつもと違うぞ? と、校内をウロウロしたがるか。。。

チビにお金持たせていっといで、ってほっとくこともできないし、
かと言ってボンズがバザーに興味を持たずに、帰るーーーってなったらどうすれば・・・

あーーーやっぱり分身の術が欲しい。。。


と、かなり、ずっと長いこと悩んでたんですが、

あら、うちにはチチが使えなくても、姉がいるじゃないですか!
その日、土曜日ってことは、中学校休みですよっ。

はい、コッコにチビと2人分の軍資金として500円を持たせて、
「何があっても2人で回って一緒に帰ってくること」
と、しました。

コッコはバザーで買い漁れることに喜びましたし、母校に凱旋できることも、
そして去年まで自分も参加していたことを思い出して喜んだようです。


そして、当日ボンズは結局どうなったかと言うと、
バザー会場が自分の教室のすぐそばだったので、商品の中にきかんしゃトーマスのビデオを発見。
それが欲しくて、早くバザーが始まらないか、朝からソワソワしてました。

「ママきてからね! ママいっしょ!」
と、叫んでたので、お母さんきたらすぐバザーに連れて行かれると思いますよ~~、

なんて担任の先生から聞いていたので、
授業が始まるまでは隠れてたんですが、ボンズは隠れてたことを知ってたようで、
にっこり、ついたての向こうから覗き込んできました(笑)

ラブリィ♪


で、授業があって、まだバザーは始まってなくて・・・ってことが理解できたようで、
時々トーマスビデオがあることを確認しに近寄りますが、「今すぐ買ってくれ」にはならずに、
授業が終わり、帰りの会が終わり、無事にバザーの時間を待てました♪
(ってか、「さようなら」から「バザー開始」まで15分以上ある予定だったので、担任の先生が長~~~い帰りの会にしてくれた・笑)


しかも、ビデオを手にして、すぐ帰ろうとしたボンズ。
「あれ、他のモノは見なくていいの? 妖怪ウォッチのプラバンとかあるよ」
なんて言ってたんですが、、、、

中身がビデオテープだと激怒するボンズ。
もう一本のトーマスもビデオだったので、全部返して「こどもチャレンジ」のDVDをお買い上げして帰りましたよ(笑)。

それらのやりとりが、ボンズのジェスチャーと、
ハハの「ビデオだよ、DVDがいいの? ならこっちだよ」という声かけで成り立ったことに感動しました。

もうバザーが始まると同時にすごい人混みで、
騒がしいし、落ち着かないし、興奮して混乱してパニック起こしても全然不思議じゃないのに。

いやーーお互い意思の疎通ができて、

「さ、かえろっか」

と、帰ってこれたよ、嬉しいなー。

コッコとチビスケは、はりきってぬいぐるみあさってました。
「先に帰ってるからね」
と、ボンズと2人で学校を出ると・・・

「くーま」(車)とボンズ。
「今日は車じゃないよ、歩くよ、左行って、左」

で、「ふんがーーー」と小さく怒ってましたが、左に曲がってウキウキ歩くボンズ。

「かえろっか♪」

「うん、2人で歩いて帰ろう~。
ボンズ、暑いね、暑いからジュース買って帰ろうか♪」

というと、ボンズもちろんウッキウキ。
家と学校とのちょうど中間地点にある自販機で、

「じゅーす・・・」
と言いましたが、

「違う、あっち、○○の横にある自販機で買おう」

「ぶどう」

「ブドウしゅわしゅわ? あったかなー」

なんて言いながら・・・。

ボンズがウキウキ楽しいのは、どうもハハと2人っきりのせいだった気がします。
最近、学校行くにしてもチビスケいるし、考えてみたらボンズと2人っきりって今はなかなかないんですよね。


ジュースを買って帰り、

「手を洗った? お昼はラーメンね」

「らーーめん♪ じゅーす、いいよ」

「うん、ジュース飲んでていいよ、座ってね」

「うん、終わったらね、まま、いっしょ、■■■(デイサービス)、くるま」

「■■■お迎え来るよ、でもママは行けないなー」

「■■■、ママ、いっしょ、くーま」

「車乗らないよ、お迎えだよ」

なーんて、会話が成り立ったりして・・・

って、こんなの母子でしか通じない会話ですが、
途中からジャマの入らない、横槍で寸断のない、静かな時間は、ものすごーーーく嬉しそうで、
ボンズが安定していて、一人っ子だったらこんな感じなのかな~なんてつい想像してしまいました。


どうも最近■■■に一緒に行きたがるんですけど、
その理由がわかった気がします。
そのデイサービスで、屋台みたいにおやつを並べて、架空のお金で好きなおやつを買って(選んで)食べるというイベントがあるようです。
その看板作りのお手伝いをしたとか聞いていたので、どうやらその「お祭り」はママも一緒に行くんだよね、クリスマス会の時みたいにみんなで車に乗ってデイに行くんだよね・・・と、ボンズは理解しているようです。


2人でラーメン食べて、デイのお迎えがきて、
ボンズは荒れることもなく送迎車に乗って出かけていきました。

いやーーこんな静かな見送り、初めてだったかも♪


と、室内に入った途端にコッコ姉ちゃんから電話がきて、

とんでもないことが・・・

この件はボンズに直接関係ないんだけど、そのうち(気力かな)機会があったら書かせてください=3

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

仲間外れ?  

ボンズが所属する支援級は2クラスあり、今年も学年別に分かれています。
ボンズは1組、1年生2人、2年生2人、そして3年生のボンズの5人です。


先日、社会科見学(っていうのかな?)で、1~2年生が動物園に行く話を、
別室でしていたそうです。


そしたら、ボンズ、自分も入りたいって泣いちゃったんだって。


仲間外れ気分になるよね。
5人所属しているクラスなのに、4人が集まってるところに自分も行ったら追い返されるなんて、ね。

「ボンズ君は3年生だから、今度工場見学行くんだよー」
と、2組の先生に声かけしてもらって、ようやく落ち着いたそうです。


うわ~、最近自分の所属や、周囲の人が何をしているかよく見ていてスゴーイって単純に喜んでいたけど、そうきたかー。


「そっかー、スゴイけど、でも当日もっと淋しいんでしょうねー」
って言ってたら、

「その日は2組さんで上級生と一緒に過ごします」
と、先生。


後で聞いたら、朝から机も2組に準備して、臨時のボンズ用ランドセル置き場も用意。
すると、すんなりそこにランドセルを置き、連絡袋もみんなと同じところへ入れたそうです。
ビバ、順応性♪


2組の先生によると、それはそれは張り切って上級生気分を味わい、
掃除の後、集合に待たされて泣いたくらいで楽しかったみたいです。

1~2年生と動物園に行っていた1組担任のK先生が、
1~2年生下校後の6時間目に「ただいま~」とボンズの元へ合流したそうです。

1~2年生の下校した後の、月曜日の6時間目は、唯一ボンズがK先生を独占してラブラブできる時間です。

今年の1年生のうちの一人にK先生付きっきりで、
何かと言うとその子とK先生で、なかなか甘えることもできなくて、不満爆発させてたボンズ。
最近は慣れたみたいだけど、やっぱり月曜日の6時間目は、甘えん坊になるんだけど・・・


この日は、K先生を見た瞬間「きゃーーー」と叫び、K先生を2組の教室から押し出し、ドアをぴしゃり・・・と締め出し(笑)

「いれてよ~」
と、お願いすると、


「おまぃは黙って見てろ」とばかりに、
椅子を教室の後ろに置いてそこにK先生を座らせたそうです(笑)。

「授業参観している感じでしたよー」

と笑ってたK先生。


ボンズは2組になれたのが嬉しかったのか、
普段の上級生のプレッシャーから解き放たれたからなのか、
単に慣れ親しんだ顔に囲まれて嬉しかったのか、、、、

翌日も2組に机を運べと騒いでいたそうですよ(^^;

来年度のクラス編成がどうなるか全然わかりませんが、
いい感じで上級生になれそうですかね。

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

返事をする  

「ボンズ~~ゴミ出してくるからーー」

「うん」

こんなやりとりができて感動してましたが、
(うちは長男が親に「うん」と返事をしても、「はいでしょ!」なんて言い直させたりしません・笑)

最近、なんと、うなづくようになりました!!!

最初見た時は、どうした? 首のチックか? と思いましたが(←笑)、

う、うなづいてる?? と思った時に、

「でしょ?」

と、確認してみると、うんうん、と頷いてました。ボンズ。
ブラボー!!

そして昨日、チチに対してもうなづいて返事をしているのを見て、ブラボー。

ここでチビスケなら、

「返事は?」(声を出せ)

と言われるところなんだけど(笑)


ボンズ、先週から鼻の風邪で絶不調。
そのせいなのか、学校でも「ご機嫌斜めで朝から大荒れ」と言われたり、
デイでは「元気ないみたいで・・・なんか動いてません」(←笑)と言われたり。


鼻水がすごくて息苦しく、そのため咳も出るし、つらいですよね。
目もしょぼしょぼしたりしますよね。

だけどそれ以外は元気だし、学校にも行って普通通り過ごしてます。


不調の原因として考えられるのは、アレですかね。
アレが始まってるからですかね・・・学芸会の練習です。

学年ごとの出し物にボンズも参加するので、
支援級一組で「さんすう」の時間でも、交流の三年生が練習に割り当てられていたら、そちらに参加します。

自分の群れを認識して、先日も「仲間外れだー」と荒れたこともありましたが(1~2年だけの行事の時)、
今回もそんな感じみたいです。

三年生の練習に参加しているのに、

「おべんきょーーー」

と叫びながら教室へダッシュ。
先生、ついてってみると、ボンズが勝手に課題を取り出し一枚仕上げたら、

「また走って三年生のところに戻ってました」って(笑)。

ボンズ的にそれで納得なの??なるほどねー。
ってか、そこまでボンズにやらせてくれた先生に感謝だね。


ボンズは今回ダンスチームに入ります。
一年生でキツネになり、二年生でカエルになり、今年はとうとう人間です。ダンサーになります(笑)

踊りの練習、リズム感がよく楽しく踊ってるし、手と足と別々に覚えているようだという様子を聞いて、ますます楽しみになってます。


学芸会の練習と言えば、チビスケ。

今年弟チビスケも小学校で初めての大イベントです。
チビスケはオオカミ役になったそうですが、同じくオオカミ役に支援級の一年生R君がいます。

「R君のセリフ、一緒に言ってくれる人ー?」
って先生からの問いかけに、間髪おかず「はーい」と手を上げ、
立ち位置を教える役にもなったチビスケ。

支援級の先生(ようするにボンズの担任)が、

「チビスケ君、すぐにハイって言ってくれて、すっごく嬉しかったです!!」
と。
そうだよねー。
支援級の子のハハとしては、そういうのがすっごく励みになったりするよね。。。


チビスケ、生まれた時から心得のある子ですから(笑)、向いてるかもしれないですね~♪
一年生の発表も楽しみです。

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

パニックなし!  

ボンズたちの小学校で、二学期最大の行事、学芸会がありました。

当然(?)今年も総練習である「児童公開日」と、本番当日である「保護者公開日」と両方観覧してきました。

やっぱりねー、児童公開日の方が楽しいです♪
出し物が全て学年ごとなので、当日体育館に入れない子どもたちが、
他の学年の出し物を見ることができます。

そのリアクションがステキ!
観覧マナーも大人より断然いいのです!!


ボンズも、家族の姿が見えない方が、演技に集中できるのでしょうか。

今年は「キツネ」や「カエル」ではなく、「ダンサー」としての出演でした。


学芸会

・・・なんで写真、横向いちゃうのかな??(汗)

この衣装が気に入っていたらしく、
普段は紅白帽や給食の帽子など嫌がってなんとか外したいと画策するそうですが、
このバンダナは「やって♪」ってなくらいで、
姉ちゃんの浴衣の帯で腰に巻いた状態もお気に入りだったそうです。


先生から聞いたのですが、手の動きを覚え、
それから足の動きを覚えたみたいですよ!

それらを合わせて、手足同時に動かすんですが・・・
完璧にはまだ時間が足りなかったようですが、
周りを見ながら、考えながら、上手に踊ってました!


そして今年は初めて、先生と言う黒子なしで出番を一通りこなしました!

他のダンサーと出待ちをして、踊りながら登場し、ステージに上がり、
踊ったあと場所移動をして歌い、さらに場所移動をしてクライマックス!
その全てを、同級生のサポートのみでやりました!
三年生にして、初です(号泣)。


いや~~、さすがに泣きそうでしたね(泣けよ)。
同級生たちに、菓子折持ってお礼に伺いたいくらいです。


そして、ビデオポジションを考えた上での本番(保護者公開日)当日。
最前列でかぶりつきでした♪


ら、総練習の時と違う位置で踊り始めたじゃあ~りませんかっ。


なんで???


横にいる子も、本来と間隔が狭くなったせいか、ボンズの動きがぎこちないせいか(両方ですね)、踊りにくそう・・・。

ハハと姉コッコを見つけて、近くで踊ってあげようってサービスだったんですかね?(笑)

総練習ほどじゃありませんでしたが(やっぱり気が散るのかな)、
上手に踊って・・・

でも、しゃがんで舞台下で待っている時、
「いってくーわ、いってくーわ」
と何度か言った後、

どこへ行くんだ?

と思っていたら、ウロウロしだしました。

隣にいた同級生たち、「しーっ」ってなだめたり、
立ち上がるボンズを押さえようとして、大慌て。

そんなこと知らんぷりで、ウロウロし、戻り・・・を2度ほどくり返し、

いよいよ!! ハハたちのところへ来ようとした時、
移動の合図がなり、「は!」と演技者スイッチが入り、無事に演技に復帰。
舞台そでで一緒に歌い出しました。(あぶなかったー!)


体育館から教室に戻り、着替えを済ませたボンズを迎えに行き、
コッコと、すでに演技を終えていたチビスケと、ボンズと四人で、
「楽しかったねーっ」
と、歩いて帰りました。


学芸会、帰り道

秋ですねー。


ボンズも落ち着いていて、
「楽しかったね」というと、
「たのしかったね」
と。

翌日、「もう終わったからバイバイね」と、ずっと連絡袋に入ってた台本を片づけようとすると、
「はっぴょうかい、したーい」
と言うほどでしたよ!


ここのブログで去年を遡ってびっくり。
「学芸会頑張りパニック」があったんですね。
今回はパニックどころか、「またやりたーい」ですよ。
成長するって素晴らしいですね!
来年はどんだけびっくりさせられるんですかね♪

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

初めてのホームシック  

家の中で、弟をエイっとするのは2パターンあります。

「エイッ!」と言いながら、あきらかに怒って力強く弟を叩く場合(たいてい頭)と、

ちょいっと、触ったか触らないかくらいで触れる場合(たいてい肩や腕)。

後者は、「遊んでるのでは?」とパパが言い、なるほど、と思いました。

普段、姉と弟はきゃっきゃとじゃれ合ってますからね。
ボンズ、絶対姉ちゃんには手を上げません。

「うんにゅ~~~」と甘えにいきます。

が、弟には甘えません(笑)

その変わりが、「ちょいっ」なのかも。

ボンズも遊びたかったんだよ、弟と。姉と弟のように。
なんとも切ない話じゃ、あ~りませんか!


と、思っていたら、その翌朝、かな?

エイ!というより、「ちょい」の方なんだけど、
弟はじめ、その辺の男の子たちにちょっかいかけてるんだよねー。

あ、全部一年生かも。

担任K先生いわく、
「ボンズ君は、教室でもお兄さんです。立派です!」
だそうですから、もしかしたら、

「おはよ、よぅ、元気か!」
くらいのノリなのかも。

とは言え・・・・

「叩かないでよぉー」
なんて苦情を言われますから、「ごめんね」行脚です。

この日は、ちょっとしつこかった。
止めれば止めるほど、ボンズがムキになって誰かに「ちょいっ」って感じ。

玄関に着く頃にはハハマジ切れ。

「もうダメだ。エイするから学校行かないで帰るよ!!」

ひぃーーー(抗議)

ガッツリ怒ってから登校させてしまったので、
帰宅してから学校に即電話。

あんな感じで、こんな感じで、やたら意地になってるというか、過敏になってます。
しかも怒ってそのまま別れてしまいました、と。

夕方、ボンズが下校しただろう時間にすぐ、担任K先生から電話がきました。

「ボンズ君ずっとグズグズで、落ち着きもなくて、何かずっと言ってるので言葉を聞いていたら、ママ・・・ママ・・・って。
ボンズ君がホームシックになってるの初めて見ました」

って。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

「まだ、がっこー。おうちかえれませんっ」って何度も自分に言い聞かせているようで、
午後はY先生(K先生は低学年の子にゆずってるので)の膝でゴロゴロ甘えてました、と。


さらに、その後迎えにきたデイの車にも乗りたがらず、初めてデイをしぶってたようで。

それ聞いて、そのまま迎えに行こうかと思ってしまいました。


帰宅時、ボンズは普通通りだったんだけど、
やっぱり出かけに心細い思いさせちゃいけませんねー。

なんか朝からゴロゴロだらだらしてたので、
体調が悪化?とも思ったんですけど、それはなさそう。

食欲もあるし、なんか不調ではあるけど、
もやもやしてる感じなのかなー。

夜に突然「がちゃぽん」と言い出し、OK出してからもかーなーり、しつこい。

本当は土曜日はおやつを買いに行く日じゃないのにTにおやつ買いに行こうとか、
ガチャポンやるならIに行こうとか話してるんだけどね、それでもしつこく、

「がちゃぽん!」(←言えてないけど)


今朝、歩いて(チビと三人で)ガチャポンをしに行き、おやつを買い、
帰りの玄関でもう一回ガチャポンやらせて、公園で遊んで「かえろっか」と言われて帰りました。

今日のデイには行き渋ることなく順調。
気分転換できれば、来週からは大丈夫かな~。

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

早くこいこい月曜日!!  

まだ金曜日で、小学生、学校終わってもいませんが、
今から月曜日が楽しみで楽しみで・・・。


なんと、月曜日に転入生がやってくるのです! ボンズのクラスに♪


個人情報かな~と思ってパス付の記事に書いたことがあるんですが、
ボンズにはかつて同学年の支援級のクラスメイトR君がいました。

2年生になり、運動会が終わった一学期のある日、家庭の事情でさようならをする暇もなく、転校してしまったのでした。
が、その子が帰ってくるのです!


当時、ボンズはR君がもう来ないということを全く理解できず、

「R君おやすみでーす」

としばらく言い続け、先生が何度も説明をし、
一ヶ月近くかけて、

「R君の机、片づけていいかな?」
「写真、はがしてもいいかな?」

と、子どもたちの様子を見つつ、「R君はもう学校にこないんだよ」ということを教えてくれていました。


「R君おやすみでーす」
と言うボンズの言葉の頻度は下がっても、

家でも突然「R君こなーい」と言い出したり、
ひょっこり、R君恋しいんだ・・・ってことがありました。


もーR君大好きで、R君もボンズをかわいがってくれていて、
いつか「クラスメイト」から「ボンズの友だち」って呼べる日が来るんじゃないかと楽しみだっただけに・・・
そして、R君ママとも今後もっと仲良くしたいな~と思っていたところだったので、

しょうがないことなんだけど、親子してしばらくショック。
今でも淋しくて、「R君がいればなー」と思ってました。


ら、こないだ、突然のご連絡、「戻るから」って。


ぃやっほーーーい♪♪♪

ハハがまず興奮。

R君の家庭の事情もろもろで、R君ち的にはもろ手揚げて解決って状態じゃないのかもしれないけど、
うちは勝手に喜びました。


無事、この学校のボンズクラスに再編入できることになったらしいので、
月曜からまたボンズには同学年のクラスメイトができるんですよ。
それも大好きなR君ですよ!!

「うちのR激太りして眼鏡になったんだけど?」
って言われたけど、それでもボンズにはわかるよね?


そして、先日個人懇談があったので、来週月曜の朝の対応について先生と相談してきました。

先生たち、まさかうちがその話を知ってると思わなかったのか、びっくりしてましたけど(笑)

「ボンズに内緒にして驚く顔が見たいが、嬉しすぎてパニック起こして他の子に迷惑かけても困るし」
「でも来ることを知ってたら、学校中探して教室に入らないかも?」

とか、迷って、悩んで、先生も明確な答えはなく「どっちでも大丈夫ですよ」「フォローしますよ」ってことだったんだけど、

やっぱりボンズにもいろいろ思いをためてもらおう、と思って、

「前日に告知しますw」決定。

早く言いたいな、早く親子で喜びたいな!

そして、

「すいません、ハハも見たいので、月曜日の朝送ってきたらそのまま隠れて教室覗いてていいですか!」
と、お断り入れてきました!

あ~~~楽しみだなっ、嬉しいなっ。

スポンサーリンク


category: 3年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク