自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

2年生初日  

担任は変わるし(後任は赴任してくる方なので面識なし)
教室変わるし、(変わらない予定だったんですが、春休み中に決定)

なにより、

月曜日が始業式で、
火曜日が「初」6時間授業。。。


ボンズが心待ちにしている新学期ですが、
母は心配てんこもり。


「教室3階だってよー」
「もうN先生いないんだよー」
「2年生は6時間の日があるんだよ」


耳元でえんえんつぶやいていたら、
せっかく「学校が楽しみー」って思ってるボンズが、
なんか不安定になってきた気がしてやめたんですが(笑)



そんな始業日がやってきました。

しかもハハ、交差点で旗持ちするボランティア志願しておりまして、
朝の登校はバアバに頼みました(こじまる実母)。

交差点でハハが立っていて、
しかもその後の着任式(ボンズの担任見たさ)に現れる、
しかもしかも、
「バアバと行きなさいね」
って予告もなくハハ消えました。

どうなの。
ボンズにとって過酷すぎる朝?


しかもしかもしかーも(しつこい)!!

コッコ姉ちゃん昨夜も足痛い~歩けない~と大騒ぎで、
6年生初日から欠席決定。
「姉ちゃん、いこ」
っつってんのに、自分だけ学校っていうスタートだし。



ま、いつものことながら、
心配なことだらけだったのですが、
ボンズの方がたくましくって、一応無事に帰ってきました。


朝、信号でボンズ待ち・・・いや、
登校する児童たちの安全を見守っていたら、
「ボンズこねーじゃん」

あらかた通過したので解散~♪ と言われて、
自宅への道を歩いていたら、上靴をバアバに持たせてボンズが嬉しそう~に登場。
(ついでにチビもまだ春休み中なので)


「遅いね~~~」
といちゃいちゃしながら学校へ(時間的には間に合ってるんですよ)


始業式、着任式と見守っていたら、
ボンズ時々雄叫びを上げて立ち上がったりしてましたが、
ずっと「その場」にはいられました。


そして、
「いぇ~い」と挨拶された男性教諭(着任)がいらして、
「まさか?」と思っていたら、そのまさか(笑)


その後、全クラスの担任発表があり、
ボンズのクラスの担任には、その男性(中年?)のベテラン(とN先生はおっしゃってました)がボンズの前へ。

ボンズの様子は? と言うと、
いきなり先生の膝に座り・・・・


「えぇぇ??」

と思っていたら、一瞬で離れましたが。


「いきなり?」
野生の勘で、こいつは安全! とでも思ったのか?

それとも、
「こいつ使えるか?」
と、試しに行ったのか?(笑)


なんだったのかわかりませんが、
N先生はもういないことは理解できたのかなー、と、
担任に関する心配はこの時消えました。


いつまでもN先生恋しがってるのは、ハハの方かもしれません。。。


今日は、以前の教室に登校したのですが(こちらも支援級)、
その後、新たに支援級に改造された教室に行って写真を撮りました。

ハハ的には(この後天性自閉症とも言えるハハが)こっちの方が気持ちいいし、
落ち着けるし、
「場所が違う」ってことを除けば、ボンズ気に入るんじゃないかなーと思えましたよ。


問題は、明日いきなり6時間。
5時間目が終わったら絶対帰りたがると思うんですが、
(ボンズ時計は読めません、ってか、興味ないのですが体内時計がすばらしく精巧なので)

ここさえクリアできたら、
心配はほとんど消えたと言ってもいいくらいの初日でした。


ボンズも、この数時間の登校でお疲れなのか、
帰宅後押入れに入り込んでまったりしてました。


そう、その帰りもハハ迎えに行けなかったんですよ。
いつもハハが車でお迎え、なのに、
コッコ姉ちゃんを総合病院に連れてったので(この話はまたいずれ)、
お昼下校に間に合わなかったんです。


こんだけイレギュラー続きに付き合ってくれるんだから、
時計が読めないくらい我慢するしかないですよね?(笑)

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

最初が肝心  

火曜日、通常登校日初日のボンズ。
パパが休みだったので、チビスケ(年長)の見送りを任せて、
ハハがボンズを教室まで送ることにしました。


だって、最初が肝心でしょう。
前と同じ教室に登校して、訂正・・・となったら、
それをくり返し、その都度泣かせることになりそうで。


前の晩から、用意した教室の入り口と中の写真を見せて、
「2年生になったね、教室こっちだからね」。

朝も家を出る前に、
「教室こっちだからね」。

そして、玄関を入ったところで、
「こっちだからね」。


そして、階段を上がる間も、背後霊のようにまとわりつき写真片手に、
「もうひとつ上がるよ~~3階、3階」
と、追い立て(以前は2階)無事に3階までスムーズに上がりました!

でも、そのまま支援級を通過しそうになったので、
慌てて呼び戻す(^^;


後で先生に聞いたら、昨日はこちらの教室に来ることができず、
正真正銘今日が初だったそうで。


いぶかしげ~~~に中に入り、
「なっとくいかねー」顔をしているボンズ。


「ほら、ボンズの机と椅子あったね」
と、指さすハハ。
ボンズの椅子の背には、ボンズの顔写真が貼ってあるの。


それでも納得いかね~感たっぷりなので、

「あ、ここがボンズの棚だね」
と、持ってきた荷物を全部入れました。


着替え、お道具箱、鍵盤ハーモニカ、その他。
早く自分の物をおけた方が、

「ここが自分の場所」
と、思ってくれるんじゃないかと思って、
自転車に詰め込んで持ってきました。


・・・棚、名前があるだけで、
その名前の上なのか下なのかもわからず・・・
ってか、ボンズ字が読めないんだってば(^^;
とか思いながら。


ボンズも納得いかないまま、
「ここにランドセルかな?」
って感じで、荷物を置きはじめました。


そして、連絡袋を手にウロウロ・・・
あ、連絡ノート置き場がないねぇ(^^;


そうこうしているうちに、新担任の先生がやってきたのでご挨拶。


ボンズは入口に立って、

「R君・・・」

と、つぶやきました。


ボンズが教室一番乗りで、
その後、新担任の先生。
その後やってきたのが新一年生。

R君さえ来てくれれば・・・って感じかな。


「R君まだかなー」(っつーかまだ早い時間なのよねぇ)


そのうち、K君、Hちゃんがやってきて、
その後すぐにR君も登校。

ようやくボンズが嬉しそうに飛び跳ね、
自分の席に着くことができました。


ボンズのお気に入りの、「モンスターズインク」「あっちゃんあがつく」「にんたま」の絵本は、しっかり新教室に移動されていましたので、ボンズはそれらを集めて自分の机の上にセット。
いつもの朝の流れに乗れましたね~~~。


昨日、一年生の時の担任N先生がいなかったのに、
なんだかいつもと様子が違ったはずなのに、
朝はハハが追いつけないほど(っていうか、ハハと登校って意識ないよね? ってくらい一人で走って学校に向かうのを、ハハが自転車を押して追いかける構図)


今日も姉ちゃんは欠席で、
でも昨日も姉ちゃんは休んだので、
朝は姉ちゃんが家にいてもスムーズに家を出られましたねぇ。


どんだけ学校好きなの?!



帰りは、パパが車で迎えにくるからね、と告知。
そして、「初」6時間授業が終わった時間にパパに迎えに行ってもらい、無事帰宅。


後で聞いたら、「6時間目はすんなり受け入れたようだ」と先生から聞いたそうです。
「ただ、(支援級みんなだけど)お疲れですね」
って。

そっか。頑張ったから疲れちゃうよね。


そして、帰宅した家で待っていたのは、ハハのお友だち親子(^^;


以前住んでいたマチで、療育施設で出会った療育ママ友だち。
こちらのマチの病院に通ってるので、半年~1年に一度寄ってくれるのよ。

でも、ボンズは保育園だったり、
小学校に上がってデイに行ったりで、
ボンズの同級生も一緒なんだけど、会ったことなかったの。


「覚えてるかなー。覚えてないよね」
だいたい、子どもに目が向くようになったのって、
ここ1~2年のことだしねぇ(^^;


でも、気のせいか、「居心地良さそうに」並んで座る瞬間とかあって、
覚えてる、覚えてないじゃなくて、「気楽な」感じでいられたのかなと思いました。


っつーか、
こんな大変な時期にイレギュラーな目に合わせてごめんね、って感じ(^^;


夜は、荒れました。

マリオ持って、マリオがミスしたと言っては号泣。

新しいマリオソフトにしたら、接触不良が解消されて、
ちゃんとデータが残るようになったから、
土日にラストステージまで進んでセーブしているから、
今は行きたい場面に行って、「クリアする!」快感をくり返し得られるはずなのに・・・


ボンズが不調だと、
マリオも不調で(笑)


泣いて、泣いて、風呂に入れるタイミングがつかめず。


ボンズも気持ちよく終わりたいのに、
気持ちよく終わることができないんだよね~。
ダメだねぇマリオ(笑)


2人で風呂に入ったら、べったべたの甘えん坊ボンズ。
ふと、今まで学校にいる間は、N先生に甘えてチャージしてたの(だろう)に、
これからどうするんだろ? と思いました。


学校行く前、帰ってきた後にハハにベタベタするのは、
「ママチャージ」だと思うんです。

学校にいる間、N先生にベタベタしてたのも、
そういうことなんだと。。。


だけど今度の先生、男の先生です。
しかも、決して若いとは言えません。
ボンズ、パパにはベタベタ、あんまりしないんだよねぇ。
まぁ、パパがいる時にはママがいるから、ママで済ますんだろうしねぇ。

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

再び荒れはじめましたorz  

ボンズ、朝から「おかいもんいこー!」「あさだよ、おきてー」と起きたのですが、
それからずっとDSマリオで、ぎゃおぎゃお(またデータ消してワールド8の頭で止まってる・・・)。
ハハに何とかしろと食器棚叩いてアピールしたり、
うまく行かずにDSに当たるので、取り上げたり戦ってました。

そのうち姉ちゃんが見ているDVD(今日から起きてウロウロしてます)に気を取られたり、
マリオカートしたりしているうちに、お昼を食べてデイに行く時間になったのですが、
お迎え30分前になって、

「おかいもんいこ」

が、復活。

「もう行けないよ、お迎え来るよ」

で、大パニック突入。


結論として、
ボンズがマリオにハマってようと、何をしてようと、

「おかいもんいこう」
ってハハが中断させれば良かったんですよね。


「あんたがマリオしてたからおかいもん行く時間なくなったんだよ」
って言ったって、聞くわけないんですよね。


ですが、
もー昨日からの疲れが(参観、懇談で精神的疲労+チビスケ自転車に乗せて連れてったので肉体的疲労)ハハの容量をガバーーーーっと奪い去ってまして、


あの、弾丸ボンズに正論で打ち負かそうとしたために、
自分がキャパオーバー。


二階の寝室に避難して、布団かぶっていたら、
ボンズ本当にハハを見つけられなかったようで、
パニックに輪をかけてしまいました(笑)←笑うとこじゃないし・・・


「ぷっちょでしょ? 買ってくーわ」

と言ってもおさまらず、

かと言ってデイを休ませたり、
買い物行ってからデイに送ってく? のも違う気がして。


そのうち、用意しておいたお昼(そうめん)を自分からちゅるちゅると食べだし、
ボンズとしては「買ってくるわ」で妥協したつもりが、
まだくすぶってるんでしょうね。
(ハイハイ、ハハの対応が悪かったのでございますー)


「おかわり!」するくらいそうめんを食べて、
ピンポーンとデイのお迎えがやってきて、

まだおかいもーんと言っていたので、

「どうする? デイ行かないかい?」等その場でスタッフと協議してたのですが、
どうやらデイに行く気になったようで、

「ぷっちょん、かってくーわ」(訳; ぷっちょ買っておいてね)

と、出動されました。



どっと疲れましたわ。



でも、ボンズの方がもっとお疲れなんですよね。

昨日の参観日の話ですが、

ハハが現れると、また膝の上に上がってきたんですよ。
入学当時からずっとコレですが、

だんだんと自分の席に戻ることができ、
二学期にはかなり自分の席にいて、最初と最後ハハのところに来る・・・くらいで、
「ずいぶん大人になったなー」
って状態だったんです。


三学期になりまたハハの膝から動けなくなり、退行か? と思ってたのですが、

今回はほぼハハから離れられず、
しかも膝の上に頭を乗せて、
ハハが手にしていた上着をかぶってたんです。


ボンズの耳ふさぎは見たことありません。
なので、聴覚過敏対策はしたことありません。

でもこれって、周囲と遮断してる状態ですよね??


担任が着任してそうそう病欠で、
入れ替わり立ち代わりいろんな先生にフォローされてたらしい支援級。

そのおかげで、ボンズだけじゃなく他の子みんな不安定になってるようです。
「あれ?」
と思ったことが何回かありました。

「この子ちゃんと座って参加できてたのに」
とか、
「安心グッズ持ってる子だったっけ?」
とか。


さらに、その後の懇談会で保護者の方が指摘しているのを聞いて気づいたのですが、
隣の通常級との壁がいつもよりさらになかったんですよね。

先生の数が足りなくて、目が届かなくなるので・・・というのが理由だったのですが、
そのおかげで隣のクラスでのざわめきとか、普段以上に入って来てたんです(全校参観日でした)。


そしてその日初めて会った先生が、代行先生らしくて、
ボンズの担任は着任式にきていた若い女の先生になりました。
今日初めていらした先生は、二クラス行き来するそうです。


ようやく、「誰に連絡ノート書いてるんだろ・・・」状態からの脱却です。ハハとしては。


だけど、ボンズもようやく、
「困った時はこの先生のところへ行けばいいんだよ」
と言ってもらえる状態になったということですね。


ボンズはサヨナラの挨拶もせず教室から消えてデイに行こうとしていたので、
ハハが玄関まで迎えに行って、
「まだ挨拶してないし、連絡ノート持ってないでしょ」
と、
泣くボンズを引っ張って教室に戻しました。

「ここまですることないかな」
と思いつつ、でも、今までちゃんとできていたのにな、と思いつつ。


後で、去年から(唯一)いるY先生に、

「すいません、私が終わる時間にちゃんと終われなくて、
ボンズ君崩れてしまって」

と言われて思い出しました。

ボンズ、隣の通常級より後に終わるの嫌がるんですよね。
この日も隣がざわめくたびに何度も様子を見に行ってました。


その日のデイでは荒れて大変だったのでは? と、思って、
帰ってきた時にすぐ「すいません、行く前に泣かせてしまってー」と、
報告がてらスタッフに話すと、

「いえ、落ち着いてましたよ。
いつもより若干おとなしかったのは、お疲れだったのでしょうか?」
と。


その後家でも普通だったので、
ついハハも通常モードだったんですが、

今朝のやりとりは失敗したなー、と、今なら思います。


コッコが体調復調なのか、
あれしろ、これしろ、あれ買ってくれ、レンタルしてきてくれ、と注文、苦情がすごくて(つまり、通常モードなんですけど)、
さらにボンズとチビスケへの口撃がものすごくて、
ボンズも落ち着く暇ないようです。


もーコッコの話は聞き流すしか手段がないのですが、
「なんで無視すんのよ」
「聞いてんの?」
とか言われると、カチーンとくるんですよね。


コッコも何か感じて荒れてるっていうのなら、
「今だけ」と対処も違ってくるのですが。

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

クラスメイトとトラブった時  

昨日担任の先生から電話がありまして、
ボンズのこだわりである「忍玉」の絵本を、
Hちゃん、K君と三人で取り合いになったそうです。


去年からそういうことはありまして、
学校の本なので、
いくらボンズのこだわりであろうと、
「みんなのものだから順番ね」
っていうのをくり返していたんです。


今日は、
「みんなが欲しがるので、これはなくしますと隠すことにしました」
と言われ・・・


正直、え? と思ってしまいました。(え?とか思っちゃダメかな?)


で、去年も何度かそういうことがあり、
ボンズが独占したがるのがもちろん間違いなんですけど
順番ね、で、対処できていたはず。。。


それに、
「忍玉、モンスターズインク、あっちゃんの本を朝読書の時間に机に置いて・・・っていうのが一日の流れ(の、こだわり)になってしまっているので、完全にないとなると、ボンズはずっと落ち着かないと思うんですけど」

と、言ったら、

「そうですか、また対処を考えます。
今日はずっと一時間くらい泣いてたので、
おうちに帰ってからも、まだ落ち着かないかもしれませんのでご報告しておきます」
ということだったのですが。


うちがまず考えたのは、クラスメイトの写真の横に、
忍玉の本の写真を一枚用意して、この順番ね・・・って視覚支援するボードを作る? かなぁと思ったんですが・・・

それくらいしかハハとして取る手段がないっていうか。


でも、ンなことみんな実はわかってるんですよね。
HちゃんもK君もどうしても忍玉を独占したいわけじゃなく、
「あーまたボンズ忍玉だ」
って、ボンズのこだわりを知っていて、

日直さんの時は、日直さんが選んだ本を朝先生が読んでくれる、
というのがあるのですが、

「ボンズが今日選ぶのは、忍玉かモンスターズインクかあっちゃんか、
みんなで予想したりしてるんですよ(笑)」

っていうくらい、「忍玉等はボンズのお気に入り」なことを知ってるんです。


だから譲れ、ってことじゃないですよ?


みんな落ち着かないし、
だからトラぶっちゃう(時期的な)だけ、って思ってるんですけど・・・


実際対応されるのは先生なので、
母はこれ以上口出しをするべきじゃないとは思うんですが、

とは言え、いらんトラブルでみんなが(さらに)消耗しちゃうのは避けたいので、
何か考えなきゃな~とは思うんですが・・・


きっと本がどうこうというより、
「落ち着いたら」問題じゃなくなるんですよね。


いつ、どうやったら落ち着くの? っていうのがわかんないですけど(笑)



この数日ボンズのギャオギャオ続いてますが、
帰宅後はボンズ落ち着いてましたよ♪

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

ボンズの家庭訪問  

ボンズのことで電話をくれるんだけど、
何を言ってるのかわからないほど緊張している新担任のK先生。
昨日、家庭訪問で、本来担任のハズだった(休職中の)M♂先生の臨時代行先生と2人できてくれました。


が、M♂先生なんてボンズと会ってまだ一週間だし、
担任K先生も似たようなもの。

これと言って話すことも、相談することもなかったのですが、

まずは先日の絵本「忍玉」のことから始まりました。

この件は、本そのものを隠してしまうのではなく、

「絵本を読みたい人は先生に言ってから、先生から受け取る」
というルールを作って、それで全員が納得し、定着(っていうか1~2日のことですが)し、


「そのうち落ち着いたら、元通り本棚に戻しておこうかと思います」

とのことでした。


K先生、自信がないのかもともとなのか、
台所で話している旦那とチビスケの声にかき消されて消え入りそうなほどの小声。


運動会で踊る曲は去年と同じですか?
今年は綱引きじゃなくて玉入れ?
縦割りのクラスはどこですか?

何を聞いても答えられなくてしどろもどろ。

さらに「個別支援計画」を記入してくれと用紙を出しつつ、

「去年のを参考にされて記入しますか?」

と聞かれたので、

「はい、見ます」(自分で何て書いたか見たくて)

と言ったら、

「でも今日は忘れたので後日お手紙と一緒に持たせます」


ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!!


コケさせようとして言ってるの?!!


一緒にいた臨時代行先生、
来月の運動会前には任期切れらしく・・・
でもM♂先生の復帰が遅れれば、まだいらっしゃるという可能性もあり、
どっちにしろ落ち着かないのですが、

なんとなくこちらの先生の方が自信ありそうに見えるんですよね。


家庭訪問が先に終わっている支援級ママからのメールにもあったように・・・
そして、この後家庭訪問がある支援級ママからもメールがきたように・・・


みんな不安がってます。。。


どうやら前任N先生より前に先生が、
「厳しかったけど、適切なアドバイスももらえた」
先生だったらしく、
どうしてもそこと比べてしまうんだろうね。


「今までは低学年だしとゆるくてもいいかと思ってたけど、
中学年になったんだし、びしっと厳しくしてもらいたい」

と願うママたちから見たら、
確かに新任K先生のびくつきっぷりは不安になると思います(^^;


ボンズのハハとしては、
ボンズは「がーーー」っと押しの強い人だと引きそうなので、
おっかなびっくりの女の子、っていう先生の方が、
ボンズが興味を引くと思うのでいい環境なんですけど(笑)


ってか、
うちも他のママさんのように危機感を持ち、

「うちの子をびしっと指導してもらいたい!」
と志を高く持たなきゃいけないのかも・・・とも思いましたが。


来月、支援級ママたちとランチの計画立てているので、
そこでがーーーっと発散される予定です(笑)

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

集団下校  

ボンズの放課後(等)デイサービスのない日に、集団下校訓練の日があったので、
「どうかな~~~」と思ったんですが、参加させてもらいました。


朝張り切って歩いて登校し、
その時に周囲の子も学校に向かって歩いていることを意識しているので、
なんとなくいい方向に行く気がして(願望)。


それに、一度くらい参加しておかないと、
いきなり集団下校になった時に混乱しますよねぇ。


ハハは近所で待つだけなので楽しちゃいます。
大変なのは、先生の方です。


一応希望として「参加させたい」とは言いましたが、
実際学校としてどう対応されるのか・・・は、学校の判断。


そしたら、集団下校に参加できるようで、
しかも学校出発したタイミングで、電話をくれたボンズの担任。

う~ん、理想的な対応じゃないですか~♪

しかも、いつもおどおどビクビク小声だったK先生、
やたら大きな声ではっきり、(怒鳴るくらいの勢いで)話してます。

なに? K先生何があったの?

そばでボンズの声も聞こえてます、、、
ずっと、「ママ! ママ!」叫んでます。


ママ恋し・・・ではないと思います(笑)


いつもなら、デイのない日はママがお迎えにきて、
コンビニ寄って買い食いデーですからね、

「ママはどこだ?」

って言ってただけだと思います(^^;


あ、前日に手順表を作り、
「みんなで学校からおうちに歩いて帰るよ~」
ってことは伝え、

朝も伝え、

先生からも伝えてもらおうとボンズに持たせてました。


でもね、なんぼ言われてもね、
知らんもんは知らんしね(^^;


これと、
ただいま

これ!
集団下校
↑集団下校ぽく見えますか?(笑)
あと学校の写真と家の写真を使って説明しました。


本人は、「はい、はい」って答えてましたが、
実際にはわかってなくて、「ママを待つ」とか、「ママはどこだ」とか混乱したんでしょう。


ほとんどデイのスタッフがお迎えに来るボンズですから、
いざって時なんてないかもしれませんが、
でもこれでまた一つ経験できたので、ハハ的には安心です。


本来のグループじゃなくて中学年のグループの後ろを歩いていたボンズと、ボンズの担任。
ボンズがハハの姿を確認したらやたら順調に進んできました。

歩いて帰ってきたんだね~~~♪♪♪


「電話で大きな声を出してすいません!」
というK先生。

いえいえ、とんでもない。
安心感があって、素敵なお電話でした♪


「ボンズ君の帽子が風で飛ばされて車道にいってしまってー」


∑( ̄□ ̄;)!!


そんな場面だったんかぃ。。。


その帽子、ボンズの靴を買いに行ったらボンズが帽子売り場を見て、

「ぼうしったーい」(帽子買いたい~、だと思われる)

と言われたので、即買いしたものです(笑)
また紐つけとかなきゃね(^^;


長靴LOVEのボンズ。
運動会の練習も始まるし、スニーカーで行ってもらいたいし、
去年のは履ける感じじゃなかったので買うには買ったのですが・・・


でも、帽子は気に入って大事にしてくれてるようでかわいいです♪

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

先生がぺチンと叩いた  

先日コッコ姉ちゃん(小6)の参観日、参観の後の懇談会に出席していたら、
教頭先生が「あとでちょっと・・・」とお呼び出し?


もう懇談そのものは終わっていて、
この後学年の役員だけ集まってちょっと話があるって時だったんだけど、
まだあちこちで立ち話も続いていたし、

「今でもいいですよ~」
なんて能天気に答えたんだけど、

「いえ、ここじゃちょっと・・・なので」

と言うわけで、この後今年の役員としてのお仕事で学校をウロウロする予定だったので、
「その後で(職員室に)寄ります」

と答えたんだけど・・・なんだろ?
いやきっとボンズのことだよね。。。だけど、、、なんの話だろ・・・と悶々。


用事を一段落させて、職員室に教頭先生を訪ねて顔を出すと、
まっすぐ校長室に通されました。


こ、こ、校長室? 何? 何の話?
ボンズ退学? やだ、怖い! 何ーっ!!
と騒ぎつつ(笑)ついていくと、


「実は今日、担任がボンズ君の頭をぺチンと叩いたらしいんですよ。
ボンズ君はその後普通にデイサービスに向かいましたが、
本人(担任)がショックで固まってまして。

そしてクラスの子どもたちも固まってしまいまして、
話を聞いても(泣いて)ぐちゃぐちゃなので私から報告させてもらおうと思いまして」


という話でした。



もうちょっと詳しい状況を知りたいと言うと、

どうやらボンズ、もう帰り支度をしなくてはいけない時間に、

お絵かきをやめられなくて、

それでもやめさせようとしたところ、

腹いせなのか?(とは言われませんでしたが)Hちゃん(クラスメイト)のノートを破ったので、

思わず、頭をぺチンとやってしまった、

らしいです。


「普段からお友だちを叩いてはいけませんと言っている自分が手をあげてしまったことで、
本人(担任)が一番ショックを受けていて、そのまましばらく固まって、その場で泣いてたようなんですよね。他の子どもたちも固まってしまって・・・

でもボンズ君はたぶん切り替わってるようなんですが」


想像は付きますよ。
思わず手が出そうになることは、ボンズと暮らしていたらしょっちゅうですから。


「う~ん。
まぁ普段から家で激しい戦いありますから、、、
親にも叩かれたことがないのにーーーってショックを受けることはないと思いますし、
その点のボンズだけを考えたら心配ないとは思いますが・・・

ただでさえ新任で日々いっぱいいっぱいのK先生が、
今回のことでますます萎縮して固くなってしまうのだったら、
クラス全体の雰囲気が固くなってしまうのでは・・・と、そっちの方が心配です」


と帰ってきました。


デイサービスから帰ってきたボンズの顔をみたらいつも通りで(無表情ってだけ?)、
デイでの様子を聞きつつ、学校で帰り際こんなことがあったらしいという話も交えて聞いてみたんですが、

「ボンズは車に乗っちゃうと切り替え強いですよね」

って言うと、そうですね、今日もまさかそんなことがあったとは思えない様子でした、って。


じゃあ、ボンズに関しては、今回の件はもうこのままほっといていいのかなーと思ってたんですが、

その後また「まっくいーん!」とパニックだったんですよね。

今回は何がないのか全くわからなくて(前回はチックがその場になかったので、チックを探していることはすぐにわかった)、

「何がないのかわかんないよ~~~」状態だし、

ボンズも「なんでわかってくれないんだよーー」状態。


パニックのまま風呂に入ったんだけど(うるさかったー・笑)、
キング(カーズシリーズの水色のやつ)のタイヤがグラグラするから何とかしろーーーってパニクってるの。


さっきは「マックイーン」って「探せ」とパニックしてたよね?
今はキングを手にしてパニック?


ってことは、
明確な要求があるというより、単なる不安定のパニック?


と思ったら、
もうほっといていいと思っていた、
もしや学校でのトラブルが不安定の元かも・・・と思えてきて。


単純に、例え軽くでも、先生が手を上げるのってダメでしょ。
という気持ちと、

ニンゲン誰しも完璧じゃないし、
思わず手が出てしまう気持ちは理解できるし、(だけどホントはそこで耐えなきゃいけないんだよね)
間違いを糧にして先生も成長してほしい、みたいな見守りたい気持ちもあるし(何様?ですいません)、


とりあえず来週月曜日がボンズの参観懇談の日なので、
その日までは忘れていようと思ったんですが。

もしかして、もっとオオゴトと受け止めなくてはいけないのかなぁ。

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

ぺチンのその後  

まずは先日の「先生がぺチン」のその後ですが、

翌月曜日にボンズと学校へ行くと、
担任の先生が玄関に立ってました。


・・・うちボンズ次第なので、
何時頃到着かはその日によって違います。


でも待ってたんですね。
謝罪され、「今後は二度とこのようなことのないように・・・」
と言われました。


その時の詳しい状況を聞き、
ハハとしては、「癇癪を起したボンズが八つ当たりにHちゃんに向かっていった?」と一番危惧していたので、

そうではなくて、
たまたまその場にあった「紙」に八つ当たり? をしたら、それがたまたまHちゃんの作品だったということがわかり、ホッとしたくらいです。


大事な、子どもたちの作品を手の届くところにおいといた自分に非があるとのことで、今後は作品の管理にも気を付けるとおっしゃってました。

子どもたちの作品をやぶられて、カッとなって感情で手を出したんでしょという気持ちもありますが、何せ新卒。

今後は二度と感情で行動することなく、
忍耐強く支援級の子どもたちと向き合う先生になってくれたら、
という期待を込めてもいます。


なーんて言ってられるのは、
ボンズが「ぺチン」とやられたくらいでダメージがないだろうと踏んでるからなんですけどね。


「ボンズには?」
と聞くと、

「謝りました」
と即答されていたので、

「じゃあ他の子たちにも、やっちゃいけませんということを先生はやったのだから、
そのことを謝る時間を持ってくれたら、それからは先をみましょう」
とこちらの希望を伝えました。


その後、校長先生と立ち話となりましたので、
同じことを校長先生にもお伝えしました。

「そうですね。
今後もどんどんそういうことを言ってやってください」


うちもボンズの親として試行錯誤の毎日なので、
先生に対して「どんどん」言うことなんてないんですけどね。


でも学校側と一緒に担任を「見守る」姿勢である確認はできたと思ってます。


その後の参観懇談を緊張しつつ、
特に「ボンズと担任の関係」がどんなもんなのかを注視してました。


担任に絶対服従! では(もちろん)ないですが(笑)
時々さりげなくタッチしたりしてましたから、
なついてはいるのかな~(^^; と。


先生のか細い聞き取れるかどうかの声も、
大きく、聞きやすい声になっていました。


どうして緊張していたかと言うと、
この件をクラスメイトの保護者に言うか? 
そしてその際はどういう立ち位置でいるべきなのか、
自分でも答えが出なかったからです。


先生が手を挙げるなんて。
と、怒ってた方がいいのか、

「まぁまだ新人ですから」
と、大きく構えていた方がいいのか。


対外的なことだけでなく、
自分自身の気持ちもよくわからなかったのです。


体罰のニュースなんて聞いていたら、
「たとえ自分の子どもが悪いことをしたとしても、
殴られたと知ったら、絶対先生殴り返しに行く」
と、豪語してました。

今回それに近い状況であるにも関わらず、
単純にそういう気持ちになれなかったんですね。


翌日、クラスメイトの一人のお母さんと、
2人きりでお茶するチャンスに恵まれたので、
その場で話しました。


「う~ん。。。重い」


と言われ、

「ごめんねー」
と言いつつ、重さが伝わってなんかホッとしたのも事実。


「もし、これがボンズじゃなくて他の子だったら、
その方がうちは大騒ぎしていたかも。

いつか、うちの子に手を上げられるかも! なんて心配もこめて。


だけど今回ボンズで、
たぶんボンズは全然気にしてないはず。


だけど、そんなことがあったということを、
クラスメイトの保護者に言わなくていいのか?

知っておきたいんじゃないか?

だけど、うちが言うことでもないんじゃないか」


と思ってたことも全部聞いてもらいました。


そのお母さんの心配は、うちより深かったです。


「う~ん。暴力に遭ってた先生なのかね?

一度手を上げた人って、またやるよ」


それは、お母さんがキョウダイ児を育てていく上で遭遇した実体験による発言でした。
聞いたらぎょっとする話でした。


「だけどボンズハハの言う、”(担任)まだ子どもでしょ”って言う意味もわかる」


他のお母さんにも伝えるべき?
黙っとくべき? 一番いいのはこんなの”そんなこともあったね~”って思い出話になること。


お互い結論は出ず、

「うち、二度目はないものと思ってる。
けど、それに近いものがあったら、次回は騒ぐ」

と宣言。

そのお母さんも、今回はここまでで話を止めとく、って言ってくれました。


校長先生とはちょくちょく立ち話するようになり、
他の先生の経歴やら、
それにまつわる話から、

「あの(ボンズの担任K先生)先生も大丈夫」

と言ってくれてるので、それを信じたいと思います。


今回の件を話した唯一のお母さんには、
「K君に対するアンテナ普段より張っておいてね。
何かあったら教えてね」
と伝えておいたのですが、

さっそく、

「K先生どう? 優しい?」
と、息子K君に聞いてみたそうです。

「う~ん」
と、返答の渋かったK君。

ボンズがよく怒られてることを、すっきりしない感じで教えてくれたそうなので、
それを伝えてくれました。


「あー・・・、K先生、
今ボンズに試されてるのかもね」


こじまる昔託児所にちらっといたことがあり、
その時、試されたことがあります(笑)


2才くらいの子が、そーっとこじまるのところによってきて、
じーーっと顔を見ながら、ずーーーっとこじまるの腿をつねってるんです。
無表情で。
すっごい怖かったですよ。

知らん顔して、関係ない話をしてたんですが、
しつこく離さないので、
「この手やめてね」
と、軽く(他の人には聞こえないように)優しく言ったら、

「ぎゃおーーー」
と泣きだして、周囲はもちろんうちもぎょっとしました。


後で先輩保育士に状況を話すと、
あっさり、「あー新入りがきたなと思って試されたんだわ」、と。


今回ボンズの担任が変わった環境って、
これまでと違うところが一つ。

転園だったり、卒園入学だったり、
自分の環境の変化=頼れる人(担任)の変更、だったので、

自分は同じ場所にいながら、
担当だけが変わったのですから、

「先住者意識」みたいなのがあっても不思議じゃないかなー、
と思いました。


相手に無理難題吹っかけて、
その対応で信用するかどうか決める。

みたいな、「試し」はあっても不思議じゃないかな。



さらにその後校長先生に会った時に、

「言葉は悪いですけど、先生には威張っていて欲しいですね。

信用してこの人についていこうと思えた方が、
子どもたちは安心できるかも」

と。


K先生の声が大きく、はっきりと聞こえてきたことは、
子どもたちに安心感を与えるのではと期待しているのですが。


ビビってるのは、保護者に対してだけっていうのなら、
いらん心配ですけどね。


初めて教壇に立つ先生にとって、
一番の難所は子どもじゃなく、その保護者って説もありますから(笑)


ご心配いただき、ありがとうございました。
とりあえず、見守ります。

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

まさかの運動会(^^;  

すばらしいお天気の中(去年と大違い)、2年生になったボンズの運動会がありました。

そう、2年生ですから。
去年の経験がありますから。
一応プログラムのボンズ用は作りましたが(直前に気づいて)、

その前後は全くの野放し。

なので、朝お弁当やクーラーボックスとともに学校に着いてびっくり。

張り切ってグラウンドに降りた後、
どこかの(誰かの)保護者席に入り込もうとしてます。

でも、上がってはいないの。

振り返って、

「うちのはどこ?」

って聞いてる感じで待ってます。。。


「ボンズ、先生待ってるよ。教室」

「キー」

まさかの抵抗・・・orz

去年もやったことじゃーん。

なんでまた保護者モード入ってんの??


やっぱりねぇ、お姉ちゃんの運動会観戦歴の方が長いですからかねぇ。。。


すっかり保護者席に行きそうなので、
荷物もほったらかして、説得して何とか校舎内へ。


なんとか教室まで先導しようとしても、
ついてこない!

幸い支援級の先生に会ったので、お任せ。
先生と行動した方が、早く児童モードになってくれるかと思って。


で、その後早朝から場所取りした席に「やれやれ・・・」と座ったら、

ボンズとY先生の姿(先ほどの支援級担任)。


「げ」

あれよあれよと言う間に、ボンズに場所がバレました(笑)
まだ児童の登校時間で、開会式まで30分以上あったから、
周囲はがら空きだったのよねん。そりゃバレるよねん。


すっかり入り込んで靴下まで脱ぎだしたので、
落ち着いちゃったら戻れないかと、ハハも出動し、Y先生と一緒になんとか教室へ・・・

っていうか、児童席に自分の椅子を運ばなきゃいけなかったのよ。

続々と児童が椅子を持ってグラウンドに降りてきたので、
ようやくボンズにもエンジンがかかりました。


開会式が始まり、時々興奮して(朝から興奮状態だったしねぇ)逃走しようとしますが、
本気の逃走というより、興奮が高まって走り、
担任K先生に追われて喜んでる、という風にしか見えません(^^;

K先生遊ばれてるっていうか、
試されてるっていうか・・・

もしかしたらK先生いちいち「やばい!」と真剣に追いかけてるかもしれないのに、
ボンズの顔があきらかに楽しそうな笑顔なので、
ある意味見ていて気が気じゃないハハ。


そうやって時々列からはみ出るので、
ボンズの位置はすぐにわかりました。

ラジオ体操が始まると、それらしい~動きになっていて、
やっぱり何度もやってるからだな~ってことがわかりました。


運動会その1


最初の個人競技、徒競走。
ボンズあくびしてるし・・・

今年は3番目でしたが、待つのは問題なかったようですね。

去年まで2番目に入れてもらっていましたが(何をするか第一走者を見ることができて、「その場で待つ時間が一番短い」出走順ということで)、

ボンズ・・・あくびしてるくらいだし・・・・・(汗)。


保育園時代も去年も、スタートからゴールまでスムーズでした。
スピードとか、順位、って意味ではなくて(^^;

「こっからここまで走る」がわかってる様子。

なので今年もゴールでカメラ構えて待ってました。

運動会その2

付っきりの担任K先生も、スタート地点に立ったらすぐにゴールへ先回り。

ピストルの合図とともにボンズのお尻をポンとたたくのは、
交流学年の先生。

よーい、どん。

で、走り出したと思ったら、


まさかのUターンΣ(゚д゚llノ)ノ えぇぇ?なんでっ?!


まっすぐ保護者席へ向かい、「おべんとん」とか言ってたそうですよ。

入れ替わり立ち代わりいろんな先生がボンズの説得工作に当たるのを、

ハハはポカーンとゴール地点のカメラ席で・・・写真連写してました(笑)


最後は強制連行されておりました。(^^;


徒競走はその後も粛々と(っていう?)続いてまして、
その合図に合わせて再スタートさせてくれようとしてたんだけどね(ラインには入らず)、
ボンズ全然そんな気ないみたいで。

帰宅後リュックの中を見たら、「努力賞、一年生」のカードが。


はて?


2年生の徒競走は終わってしまって、
次の一年生の時にゴールした、ってことでしょうか・・・(^^;


次は、お遊戯・・・じゃない、表現?


「ボンズ君、みんなの動きを見てジャンプするのが上手なんです!!」

と、K先生いつも絶賛してくれてたんだけど、

「ボンズのジャンプは特技では?」

と流していた(?)ハハ。

当日見てびっくり、ホント、タイミングが同時なんです。
ジャンプのタイミングをしっかり覚えてるって感じで、

「音楽ちゃんと聞いてる?」
って時でも、飛ぶんですよね~。

運動会その3

みんなと同じ飾りは付けず、
リュックは肌身離せず・・・で、この状態でしたが(^^;


なかなか児童モードに入らず、
徒競走も完走できず、
あらあらぼろぼろで終わるのかしら~~~と思っていたところだっただけに、ホッとしました。


運動会その4


おべんとんを食べていたら、

卒園した保育園の加配のH先生と、
チビスケの担任S先生がきてくれていました!


ボンズ、「きゃー」って逃げるかな? と思っていたら、
デレデレしながら靴を履いてそばまでやってきて、
一応ちゃんとあいさつして(デレデレしながら)席に戻ったんですよ。


午後からは玉入れ。
3年ぶりの玉入れ。

玉を拾う、
玉を投げる、

やってやるぜーーー!!

なのですが、投げる方向が上じゃなくって水平。。。

何度もお友だちにぶつけているようで、
交流学年のお友だちのところへ行って、
「みんなと同じことやってるつもりなのよっ!
ぶつけているわけじゃないのよっ!」
って言い訳したくなりました。


応援合戦ではしっかり帽子を振れていて、
「あ~やってるな~~」と感動しました。


運動会その5


「なんであの子ゴールできないんだろう?」
「なんであの子すぐ脱走するんだろう?」
「なんでちゃんとできないんだろう」

と思ってた人もたくさんいるんでしょうけど、

「ボンズだ、ボンズかわい~~~」
って言ってくれる子どもたちがいる中でこうして無事(????)運動会を終えられて良かったです。


今年はコッコ姉ちゃんもボンズも「紅組」だったので、
心置きなく「あかがんばれーー」と応援できた運動会♪

無事に紅組優勝でめでたしめでたしです。

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

ボンズ捜索訓練  

今日は朝から朝食に「ホットケーキ」と言われ、
「それなら時間ないから車で学校行くからね」
と言いつつ、ご要望にお応えしました。


昨日からコッコ姉ちゃんは「友だちと行く」と、
信号のある交差点から別行動なので、
(チビスケの登園時間との絡みで)
どうしても時間になったら家に戻りたいんです。


姉ちゃんが一緒なら、
「あーもう戻らなきゃ。じゃあね」
って、タイムアウトのその場で引き返せるんですけど。


今日は車でいつもの場所に送り届け、
「じゃあね」
と手を振ると、ボンズも「じゃーね」と手を振りニッコニコ。

この場所から(車で降ろした場所)一人で玄関に向かうのって初めてなんだけどね。。。


ボンズ学校好きだし。
ここから何度も行ってるし。
玄関が開いてない? っていうような時間帯じゃないし。


ニコニコと敷地内に消えたのを見送り、
グラウンドの角を曲がって、ボンズが玄関に向かう姿を、車の中から見ようと移動しました。


が!

待てども、待てども来ない。

あれ? 何か見つけて止まっちゃった?
ちんたらしてる?

少し角度を変えて待つ。

けど、来ない。
もしかして車に戻ろうとしてる?
帰りたくなった?


慌てて車から降ろした場所を見に行くけど、いない。
見通しのいい場所なので、間違いなくいない。


玄関見える位置に行こうと移動。
が、
完全に、いない!!


えーーー??
見落とした? もう校内に入った?


玄関に駆け寄り靴箱をチェック。


ボンズのスニーカーがない!!!


ちょうど、ボンズが車から降りた地点から歩いてくる先生がいたので、

「ボンズ見ませんでしたか?」
と言うと、

「いないわよ?」

もしかして、本来の通学路ルートから玄関に向かおうとした?

別ルート、登校中の児童の群れの中にもいない。
一応花壇やら駐車場やら見に行ってもいない。

花壇の様子を見ていた児童に声をかける。

「あ、ボンズのお母さんおはようございます」

「おはよー。ボンズ見なかった?」

「見てない」

駐車場を回って、ボンズと別れた地点に向かう途中先生に会ったので、

「ボンズ見てませんか?」

「10分くらいここに立ってるけど見てないよ? いないの?」


えーーーどこに消えたのぉ??


もう一回ボンズが下りた場所から玄関に向かいながら、

「ボンズー、ボンズー」と叫ぶ。

あちこちにある扉に手をかけながら・・・
当然どこも施錠されてます。

が、ふとプールを見ると入口が開いてる!!


ボンズーーーと呼びながら中に入ると、業者の方でしょうか。
知らない人たちがプール掃除(整備?)をしていました。

いないなー。

温室にいた子どもたちにも声をかけ、
もう一度玄関チェック。靴はない。


えーーー?


校門前に車をおいたままだったので、

「もしかして家に帰った?」
と、通学路を遡るつもりで車を出す。


いない。


あー交差点に立ってた監視員の人も引き上げてる・・・
もしボンズが学校と反対方向に一人で歩いていたら、
「なにごとか?」と思ってくれてるだろうし・・・


そういえば、学校に面した公園があるなぁ~、
そっちを見に行こう・・・と戻ろうとすると、

携帯が鳴ったので、慌ててその場で車を停めました。


「ボンズ、教室にいるよ~」


という電話でしたorz


はぁぁ??


「お母さんの目にも止まらぬ猛スピードで玄関に入ったんじゃない?(笑)」


って、ホントにものすごいスピードで走ったことになりますけど??

そんな速さで走れるなら徒競走の時Uターンしないでゴールして見せて欲しかったけど!!


「でも、外靴もなかったんですよぉ・・・」
と、言い訳? すると、

「あーどこで脱いだのかねぇ。
とにかく、8時ちょい過ぎには教室に着いてたそうだから」

と言われました。


はぁ。


ようするに、ボンズはまっすぐ校舎に入って、教室にいるのに、
ハハ一人「ボンズいない~~~」と汗をかいていたってこと。


だけどボンズが学校に行かないとしたらどこ??
と、ものすごく考えたし、

雨が降ってきたから校内に入ろうとするはず・・・
というボンズの傾向を考えたり・・・


避難訓練ではなく、
捜索訓練をしたと思えば・・・(く、苦しい・・・)。


久々にキモ冷やしました。


疲れた、けど良かった・・・と家に戻ったら、
チビスケの登園時間にも間に合いました。

ハハもう半日くらい経ったかと思っていたんですけど、
あっという間のパニック時間だったんですねぇ。。。

あ、もちろんパニック起こしていたのはハハ一人ですけど。

スポンサーリンク


category: 2年生

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

FC2カウンター

Droplet Project

最新記事

最新コメント

メールフォーム

『人間が好きになる名言』

リンク