自閉症のキミが好き!

おおらか、マイペース、独創的、ユニークでスペシャルな存在!なのは、自閉症だから? だったら私は「自閉症の」君が好きなんだ

発達支援教室で療育へ  

発達支援をする教室に通うきっかけ



三才児健診で、 
おもちゃを並べたり…っていう姿を見せたボンズ。 

「誰しも通る道なんだけど、ボンズ君はそこで引っかかっている可能性がある。 
その背中をちょっと押してあげましょう、っていうのが発達支援」

 という説明を聞いたんだよね。 

折りしもプレ幼稚園のクラスをやめたところだったし、 
どこか集団で遊ばせたい、経験させたいと考えていたところなので、 

「じゃ、そういうところに行くのも手ですね~」 

なんて言ったら、 

「お母さん、えらいねー。
できないことに、キーーーっとならなくて~~~」 

 って言われたんだ。

でも違うんだよ。 
褒められることじゃなくって、 

「ボンズはこういう人」 

だと思っていたし、今でもそう思っているから、
全然危機感を感じないの。 


発達支援教室という療育を受けるには、契約が必要だった



でも、実際に説明を聞きに行って、利用する契約をする…って段階になると、 

 「障害児」

 って欄に、ボンズの名前を書くようになっていて、びっくりしました。
突っ込んでいいのか迷いながら、でもその欄に名前を書くことに抵抗を感じたので、

「うちの子障害児なんですか?」 

 と聞くと、

 冷静沈着に淡々と説明してくれていた担当の人、しどろもどろになっちゃって、 

「いや児童福祉法が障害者支援法に組み込まれて…なんたらかんたら…」 

きっとあの段階で、ボンズは自閉症とかそういう話はできなかったんだろうね。

 一抹の不安を感じつつも、 
個別対応の教室が始まりました。 

 教室って言っても、ボンズはいっぱいあるおもちゃで遊んでいるだけで、 
まずはハハが先生から質問受けまくり。 

 「ボンズ君、好き嫌いは?」 
「夜ちゃんと寝る?」 
「して欲しいことがあったらどうするの?」 
「指さしする?」

 聞かれるたびに、一生懸命答える自分。
 時々「そんなこと意識したことなかったな」なんて焦りながら。

 今思えばコレ、全部自閉症の症状と言われているものだよね。

その時はそんなこと夢にも思ってないので、 

「聞かれっぱなしで答えがないなんて、なんか試されてる気分」で、いやだったな。 

ほら、試験だって受けたら結果が知りたいでしょ。 
そういう感じ。 


母子グループを経て、母子分離グループへ。療育開始



グループの教室に入ったら、 
最初はおとなしく、暴れも脱走もせず…だったんだけど、 
回を重ねるにつれ、好き勝手し始めた。 

そうすると、 

「お母さん、捕まえていて」 
「お母さん、そこで褒めてあげて。できて当たり前のことでもうんと褒めて」 
「助けが欲しい時は、目で合図してくれたら下の子見てますから」 

などなど、ボンズに対する声かけはもちろんではあるけど、 
親であるうちにまで、指示がすごいんだよね! 

「母子教室」っていう意味が、3月に入り終わりかけの頃にやっと理解できたよ。 

ボンズの症状を、悪化させるも補正していくのも、周囲の環境? 
だとしたら、四六時中一緒にいる母親の役目って大きい。 

ボンズの診断を受けることを決めたら、 
その病院を一生懸命探してくれた先生。 
下の子の世話まで、泣かれながらもやってくれた先生。 

結局はボンズのためにやってくれてた…っていう当たり前のことにすら気づかず、 

「どうしてそんな言われ方するんだろう?」 

と思ったこともあった。 

シール貼りに興味を持たないと、
「これは経過を観察しなくては」とか。 
そんなオオゴトにとることないのに…
「シール恐怖症ですか?」とか思いながら通った半年間。 


母子教室を終了し、4月からは母子分離になります。 
この教室の意義を知り、全面的に信用することにした私には、
これからが楽しみでなりません♪

スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 0

母子分離、成功!と、自閉症の症状が顕著化?  

療育グループ、母子分離に初挑戦


週に一回通っている発達支援教室のグループ、今日は初めてボンズから離れて参加となりました。
前回は、離れた直後に「ひっかかっちゃって」うまく離れられなかったんだけど、 
今日は自由遊びの時にこっそり離れて、そのまま終わりまで過ごすことができました。 

おかげで同じクラスのお母さんとオシャベリもできたし、 
終わってからボンズもなんだか「お兄さん」になった気がする(笑)。 

座ってなさい、っていうのができなくて、 
怒って泣いてロッカーに立てこもってたけど、 
感覚遊びや、体育館に移動しての遊びなど、なんとなくだし、先生に手を引かれてだけど、 
集団に参加してる!感バリバリでした。 

お片づけを一緒にできただけで、今日はハナマルあげますっ。 
来週もまた楽しみだな。 


こぶしをギュッと握っている、水分を大量に欲しがるのは自閉症の症状?



ところで、最近、何も握ってないのに、両手をきつくグーにしていることが多くて気になっています。 
これも自閉症の症状なんでしょうかねぇ。 

お茶でも水でも、目の前にあるだけ飲んじゃいます。 
麦茶ポット抱え込みで1L飲み干しそうな勢いだったりもします。 
これも、症状? 
っていうか、ボンズの癖、でいいのかなぁ。 

おしっこの量がすごいので、オムツ取るタイミングが…(^^;

スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

発達支援教室に通う人、通う必要のない人の差ってなに?  

療育手帳の申請、特別児童手当の申請、手続き着々と



昨日、早速市役所に「療育手帳」の申請書を出しに行ってきました。 
1ヶ月かかりますと言われたので、1ヶ月おとなしく待とうと思います。 
郵送でくるのかと思ったら、郵送されるのはお知らせだけで「取りに来い」だそうで…
手帳の説明でもあるんでしょうかね? 
ボンズとチビスケ連れて出かけるのは大変なんですが、しょうがないですね。

特別児童扶養手当の方は、本籍が市外なので、まずは戸籍謄本を取り寄せすべく手続き中。 
そして、診断書の方も、また受診することなく先月の情報で作って送ってくださることになりましたので、ただいま待機中。 
書類がそろい次第、申請に行ってきます。 


母子分離グループ二回目、喜んで参加しています



そして今日は、発達支援教室<グループ>の日です。 
完全に母と離れて活動をするようになって2回目、 
今日はバスに乗って大きな公園まで行って、 
走ったり、砂遊びしたりしてきたようです。 

未だに「あいさつ」の時に座ることもできないし、挨拶をするなんてとんでもないし、 
トイレにも行けない、体操もできない、乾布摩擦も・・・ 
ようするに「ちゃんと」できること皆無な、1人学級崩壊状態(笑) 

だけど、「行くよ」って知らせたら楽しそうだし、 
周囲のお友だちのことをよく見ているし、 
今日も1つの遊び、1人の遊びに固執することなくきょろきょろチョロチョロしてたので、 
母的には「いいカンジ♪」なのです! 

来週からはいよいよお弁当も始まります。 
「おべんとう」の写真カードも用意しなくては!! 


療育にきて、すぐ辞める人、続ける人



ところで、 
今日、一組の親子とお別れの日でした。 

元気いっぱいの男の子で、 
ボンズともよくぶつかってたけど、いつも譲ってくれて、 
そしてボンズの遊びに興味を持ってくれていて、 

同じく「チビスケ」を連れているお母さん。 

これからプレに週3回通うことになったので、 
こちらは辞めるそうです。 

淋しいなー。 
すっごく好印象のお母さんで、 
これから子どもの観察そっちのけでおしゃべりができると思ってたのに(笑) 
ついでにチビ同士が遊んでくれたらうちも楽かな~なんて(^^; 

だけど、確かに…
あの子なら、この教室だけじゃ持て余すだろうな~って気もする。 
英語も習ってるそうで(そういう子は他にももう1人いた!)、 
ボンズのように発達障害がある子ばかりじゃないの?ってびっくりしていたところです。 

発達支援教室に来る、来ない子の違いって…何???

スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

初めてのプール  

入念な計画と人員配置。自閉っ子初めてのプール



週に一度、ボンズの通う発達支援教室主催の、プール教室がありました。 
市民プール(?)を、園で借り切り、自由参加です。 

個別の担任の先生が心配して、 
「着替えたらみんなで体操したりするんだけど、
ボンズ君、プール初めてですよね」 
って。 

だから到着を10分遅らせて合流して、 
ロッカーの混雑を避け、 
体操しなさい、という状況も避けて、
入ったらいきなり遊べるように…と、配慮してくださいました。

水着を着るのが嫌。 
水泳帽をかぶるのが嫌。 
初めての場所、 
声の反響する、独特の雰囲気、そしてプール。
に、
ボンズがどれくらい対応できるか…  

と、心配してくださったのですが、 
何せ水遊び好きのボンズ。 

「大丈夫でしょ♪」 
 と、うちは軽く考えてました。 

事前に、「明日はプールだよ!」という刷り込みをしたかったのですが、 
プールの絵や写真やビデオなど何にもなくって。 
当日見学窓から見せるか! 
と、見せてみたら…もう大変。 

ガラス窓をどんどん叩き、早く中に入れろの遠吠え(?)! 


嬉しすぎて、切り替えられなくてパニック



いくら更衣室に誘導しようとしても、全然ダメなので抱えてお運び。 
しかも、「着替えてから入水」ってことがわからないから、

まるで虐待現場!!のような、着替えシーン(^^; 

そっか~…
こういうことが大変なんだ…
支援教室の行事でよかった…
個人的に来てたら悲惨だった… 
個別の担任の先生がつきっきりで相手してくれて良かった… 

と、しみじみ思いました。 

その後は、 
声を上げて笑うほどに楽しみ、喜び、 
うちもこっそり離れて、先生と遊んでもらおうとボンズを見守ることができるくらい、 
和やかで楽しかったです。 


そう・・・ 


帰る時間がくるまでは( ̄□ ̄ll) 


帰りは、来た時よりもさらに激しい泣き喚き、走り回り、号泣と雄たけび。 

何とか着替えさせ、自分も着替えてやっとやっと出たはいいけど、 
まったくおさまりつかないほど暴れて泣き喚いてひっくり返っているので、 
目の前にあった自動販売機様(あえて敬称をつけてみた・笑)のお世話になりました。 


我が子だけ見ててもわからないのが発達障害



今回、チビスケ(弟、1才半)の子守りにやってきてくれたこじまる実母。 

ボンズをみてても何が発達障害なんだかわからなかったけど、 
「他の子はこういう時泣いて暴れないんだ」 
と、わかったって(笑) 

そして、同じ発達支援教室に通っている子どもをたくさん見たけど、 
「なんでボンズと同じところに通っているのかわからない子がたくさんいた」 
と感想を述べておりました。 

そうなんだよね、 
ボンズだけ見ててもわからないことたくさんあるんだよね~。

スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 6

三週間ぶりで初期化?  

三歩進んで四歩戻ることもある、自閉症の療育



姉ちゃんの学校の行事の関係で、
ボンズの風邪で、
二週お休みしたので、三週間ぶりの「発達支援教室」の「グループ」に行って来ました。

乾布摩擦いや、挨拶もいや、並ぶのもいや、歯磨きいや、トイレもいや、まだ公園で遊びたい・・・
等々で、
まーーー転がる、寝てる、ロッカーに入る、泣き叫ぶ、ドアに突進する、窓をよじ登ろうとする・・・

で、前回までかなりいい感じで進んでたのに、「朝の会」で並んで座ってたんですよ!!!イスに!!なのに、今日はその面影なし。
三週間ぶりなので、全てリセットされちゃったのかしら???



でもでも、
おままごとしているお友達のところに紛れ込んで行ったり、
公園に出かけて歩いている時、「遅れたな」と思ったら急いでついてってみたり、
自由遊びの時にみんなと一緒にボールプールに入ってみたり(入ったことないのに!)、

「おともだち」を意識した行動が見られたし、
お弁当も完食したのでOKです!!v( ̄ー ̄)v 


視覚支援は、くり返し、くり返しでコツコツと



 終わった後、一時保育に預けたチビスケ(弟1才)のお迎えの前に、
ボンズの靴を買おうとお店に寄ったんだけど、
いつもはその店のおもちゃコーナーで車をひたすら並べて帰りたがらないの。
久々の(病み上がり一発目のおでかけが今日でした)お出かけで、もめるのもいやだな~と思いつつ・・・

「さ、チビのお迎えに行こう」
って、保育所写真カードを見せたら、「魔法かっ!!」ってくらいにきりっと行動を変え、
出口に向かってすたすたと歩き出したんで、こっちがびっくり。

チビを保育所に預けにきた時は、自作の絵本を渡して待っててもらったんだけど、
お迎えの時は、絵本を手に取ることも拒否。
まるで、
「俺もチビのお迎えにいく」
って言ってるみたい・・・

手作り絵本←これね!

・・・保育所の中のおもちゃが目当てだったという説もあるけど(笑)

さ、帰ろうねって言ったら即切り上げたしさ、

姉ちゃんのマイコプラズマ肺炎を譲り受けて(間にチビスケも移ってました)、
久々の社会復帰で初期化されたわけじゃないんだよね(笑)

スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 4

生活のリズムが一定化しやすい自閉症、初の朝食抜きの日  

夜中に寝ぼけた自閉っ子、朝起きられずに朝食抜き



今日は発達支援教室<グループ>の日だったんですが、
ボンズが朝起きない!

夜中(ってか、朝方だと思いますが)、寝ぼけたのか一人で遊び場へ飛んで行き、
たぶん、下ろそうとしたカゴが引っかかったとかで大騒ぎしてたんですよね。
それで、
「うるさい!」
とか、パパに怒られて余計に泣いたり、
かと思ったらバカ笑い始めたりで、一人大騒ぎしてたから眠かったんでしょう。

でも8時過ぎたらさすがに…ってことで、強制的に起こしました。
明るくして徐々に、じゃ起きられないほど眠かったみたいだけど。

ご機嫌はなかなか♪だけど、朝ごはんが食べられない様子。
本当だったら無理やりにでも食べさせて、たとえ遅刻してでも!!
ってところなんでしょうが、
弟チビスケを保育園に連れて行かなきゃいけないし(一時保育)、
チビのペースまで乱したんじゃ申し訳ない。

で、
バナナ一本食べただけで、朝食抜き状態で出発となりました。
ボンズ、初のできごとです。

さて、どうなるかな~…と思ってたんですが、

チビスケを保育園に送り届け、発達支援教室に到着してからずっと手をつないで歩くし、
途中「プレイルームに行きたいな~」目線は送りつつも、そのまま手をつないで教室へ。 


週に一度の発達支援教室だからこそ、無駄にしたくない大事な一日



そして、初めて、自分でシール帳を、自分のマークがあるウォールポケットまで入れにいけました!!
一年やりましたが、初です!!

朝の会でも、「イスを取りにおいで」で取りに行き、みんなで並んで座り(ずっとじゃなかったけど)、か~な~りの好スタート!

今日は交流保育で、近所の保育園(チビがいる・笑)までバスで行ったんだけど、
一緒に参加する…とまでは行かないけど、
「みんなが何をしているのか」ずっと見てたそうです。
そして、帰るよっていう切り替えもうまく行って、今日は完璧!なボンズ君。
乗れなかったトランポリンも、
「もいっかい!」
と、先生がドロドロになるまで要求して楽しんでました。

「勘違いじゃなく、本当に食べたくて弁当箱持ち出すかもしれません」
なんて、先生には報告しておいたんだけど、
もしかしてアンタ、朝抜いた方が絶好調?

てか、朝バナナダイエット状態?(^^;

スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

児童デイサービスに申し込んでおきながら、出席しない親子の不思議  

親子で通う児童デイサービスは、同じ立場のお母さんとのおしゃべりがだいご味



今日は発達支援教室<グループ>の日だったので、
チビスケは一時保育に、
ボンズを教室に連れて行って、他のお母さんたちとおしゃべり満開!
ついボンズたちの様子を覗きに行くのを忘れるほど(笑)

特に、うちのコッコとの話を聞いてもらってすっきり(?)しました。
ブログで気持ちを吐き出して、整理してすっきりしているつもりではいたんですが、
やっぱり実際に口に出して話すのも大事ですよね。

そういう場にめぐり合わせてくれたボンズにも感謝!

で、そのお母さんたちと話していて気づいたんだけど… 一度しか来ていない親子がいるの。

夏休み前に初登場!
メンバー表(?)に名前も加わって、
しかも2人目の女の子だったので(他はみんな男の子、今は紅一点)楽しみにしてたんだー。

動きはボンズに似てる☆だから、自閉っ子かな~と思って見てました。
初回なので、お母さんは一緒にその子と教室の中にいたんだけど、
うちはおしゃべり仲間が増えたと思って、そのお母さんが出てくる日を楽しみにしてたの。

が、来たのはその日限り。
翌週、翌々週と、体調でも崩したのかな?と思ってたんだけど、
あまりに会わないので先生に聞いたら、

「ん~なんだかね、来れる日があったら電話しますっていうことで…今日も電話がないから、こないのかしらね」

という返事。

なんじゃそれ??

ようするに…来たくないのかなぁ~?

「嫌なんじゃない?」
というお母さん、
「なんでだろうね??」
と、不思議なお母さん、
みんな気にはなってたんですが…やっぱりいまだにそれっきり。

どこか他の教室とか、幼稚園に参加してるのならいいけど、
どこかでひっそりと苦しんだり悩んだりしてないといいなぁ。

でもね、
今日気づいて、気になったというのが、
その子が在籍しているおかげで、順番待ちをしている人がいるんじゃないかな?ってこと。

ボンズも申し込みをしてから、参加するまでに間が空いたんだ。
空き待ち、待機児童。
先が見えなくて「どうなってんの?」と思ってた。
もしかしてそういう子がいるなら、ちょっと…ねぇ。 


ボンズのウィークポイント発覚?ピアノは嫌悪刺激?



今日のボンズ君、バスに乗ってお出かけしてきたようです。
行った先ではボールプールに夢中になり、ずっと遊んでたって。
そして、
「さぁそろそろ帰りますよ」
とか、帰る雰囲気を察知すると、慌てて違う遊びに向かうんだって(笑)

前回散歩して公園に行った時も、
ずっと砂場でまったりしてたくせに、「帰りますよ」の合図で遊具に走ったとか(^^;

でも、先生が抱えて玄関に行ったり、場面を変えてやると、その後はすんなり従うんだとか。

母子缶詰じゃ、わからないことはたくさん。
こうして療育施設に通うことで、前に進めることもあるんだよ☆
と、あの女の子親子に伝えたいなぁ(おせっかいだけど)


さて、朝の会や帰りの会で、ずいぶんとイスに座ってられるようになったボンズ。
だけど、どうしても「歌」の場面で崩れちゃうの。

先週は先生と、「歌」じゃないか?って判明させたところだったんだけど、
その後他の先生たちとの話し合いで、
「ピアノの音」じゃないかってことになったそうな。

他の歌や音楽は、いろんな音が混じってるんだけど、
朝の会と帰りの会で流す音楽は、ピアノ伴奏の歌。

来週個別の時間があるので、担任の先生にお願いしようと思ってるんだけど、
試しにピアノ伴奏じゃない音楽に差し替えてもらうか、
伴奏なしで歌ってもらいたいな~。

耳ふさぎもしたことのないボンズ、
何が苦手で、何が得意なんだろうと普段から観察はしてるんだけど… 初めての苦手発見!なのかもしれないのです!!

スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

就学を見越した訓練?小部屋で座って課題に取り組む  

机に向かい、指示された課題をこなす練習開始



昨日、ボンズの発達支援教室「個別」がありました。

初めて、小さな小部屋に入って課題らしきものをやる…んですが、
初めての場所なので、ボンズはキョロキョロ。

いずれは親と離れて小部屋に入って、座って、課題をやるんでしょうね。
そうだよね、学校に入ったらそういうもんだもんね。
小部屋なのは、気を散らせないためなのかな。


積み木の箱らしきものを持ってきたので、
それをまずは出して積ませて、箱が空になったら「じゃ、片付けようね」でおしまい。

そしたらまたおもちゃを探しに行って、再びパズルをゲット。 で、空けたらまた次に行きそうだったので、
「止めます?」
と先生に聞いて押さえました。

先生はすかさず課題であるパズル?(がびょうみたいなのをボードに挿していくもの)をやってみせる… そしたら興味を持ったボンズがそれをやり、終わったら褒めて、また次の課題。

「これが終わったらおしまいね」

で、ちゃんと座ってやれたので、褒めて小部屋を出ました。
徐々に時間を長くしていくってことなんでしょうけど、

「よく入れましたね~。座ってできたし、今日は120点あげたいな!」

という先生。

そんなものか~。そう褒められたことをやってのけたとは思っていませんでした。 机に向かえたことはすごいけど、「楽しいことを最初」とかじゃなくても(ボンズ)OKなんだな~」とか、そんなこと考えてました。 次回からどうなるかわかりませんけど。
次はボンズの好きなおもちゃがたくさんある部屋!

そこで動くトーマスのおもちゃを見つけて、
「こんなに興奮して喜ぶボンズの顔久々だな~」
ってくらい、跳びはねてました。

自分でも「勉強終えた後だから楽しい」とか感じたかな?(笑)

スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

療育の強い味方、デイサービスの力と出会い  

スモールステップの児童デイサービス、続けることで成長実感



今日は発達支援教室「グループ」の日。
出かけにお気に入りトミカをリュックにしのばせ、それを先生に没収されて崩れたけど(笑)
それからは、超お利口の絶好調!で、

朝の会で自分でイスを取りにいき、「お友だちのイスに自分のイスをくっつけて置き」座ったんだって!

交流保育で、近所の保育園の子たちと体育館で遊んだんだけど、
体育館をぐるぐる走る→ストップ→音楽が変わって今度は歩いて回る、
っていうのができたんですよ!! …走るボンズしか見たことがない母です。

お話の時はみんな並んで座り(向きがおかしかったけど・笑)
園児さんと並んでみたり、(キミはこっちだってば!)
以前は乗れなかった車に乗って引っ張ってもらってる間中周りを見てたとか、
三輪車が空いたら乗りに行って、こぐのにチャレンジしたとか(こげないけど)

ま~すごい。
で、帰りの会の歌の時、初めて崩れなかったんですよ!!
歌が嫌悪刺激でも、ピアノでももちろん、なかったってことです。

「俺関係ねーもん」

って顔はしてましたが(笑)
ずっと座っていて、その後のシール貼りまで座ってました。 …単に疲れて動けなかっただけでは?
って気もしますが(たぶん正解)


人の数だけ、大変ポイントはいろいろ



同じ発達支援教室に、
「うちの子はここに通うようになっても変わったところはない」
って力強く断言してたお母さんがいたんだよね。

確かに、ボンズのような激しい動きをする子じゃないし(おとなしいくらい)
言葉もぱらぱら、うちとも目が合うし、
歌って、楽しそうに参加して、
「どうして通ってるの?」
と思えるような気も…。 だけど、
「あ、否定的な人なんだな~」
と思ってたんだけど、今日いろいろ衝撃的なことを聞いて、
またつくづく考えさせられました。

離婚したのは夫の子どもへの虐待があったからだとか、
先週怪我をしたので脳外科に行ったら「障害がある」と宣告されたとか(ADHDでした)。

うちは今コッコとの関係で頭がいっぱいいっぱいで、
さらにボンズが春から行き先がないとか、
それで自分の気分の波も激しいんだなとか大変さを感じていました。 だけど、人の数だけ、「大変」ってあるんだなと、今日はそのことばっかり考えています。

そのお母さんと、
「こういうことを話せる場があって良かったよね」
って言って今日は分かれました。
本当に、そう思うんだよ。 


自閉症児の進路、悩みは尽きず、問題は途絶えることなし



 さらにボンズの話ですが、
「就労証明ゲットーーーで裏口入園でもやってやるぜ~~~」
とか言ってましたが、

一年後に更新する時… 源泉徴収が必要なんだって…ひゅるるるる… 

うちはボンズを入れたいがための就労希望者で、
実体のない届けでなんとか保育園、と思ってたんだけど、

「とりあえず入園して、その後本当に仕事見つけなきゃ」状態。

今ね、市立幼稚園も考えてます。
そこも障害児対応あるから。

ただ幼稚園なんで、行事目白押しだったり、
毎日弁当だったり毎日送り迎えしなきゃだけど(母不満)
周囲を見始めていて、「お友だちの真似」を覚えたボンズなら、
意外といけるかもしれないし!


発達支援教室の先生に聞いてもらったら、
「来年度年中さんの障害児は、これ以上受け入れは無理かも」
って言われたらしいんだけど、
今日電話してみた感じでは(障害があるって伝えてあります)、門前払いってことはなさそうなんだよね。
来週、見学がてら面談してもらってきます。

ボンズ、今は周りが見えていて、割と指示も入るし、我慢もできるの!
このいい波の時に(ずっとだと思ってないところが堅実でしょ)
ぜひとも見てもらいたい!!(笑)

スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

好きなことには夢中になる、覚えたい気持ちがあれば覚えられる  

人まねの苦手な自閉症児、遊びから新しいスキルを得るのが理想的



発達支援教室で、月に一回くらい体育館で遊ぶことができるの。

近くの保育園や幼稚園の同年代の子どもたちと、一緒に走ったり、ゲームをしたり。

それ以外にも、空いてる時は使わせてもらったりするので、
天気が悪い日には、広い体育館を数人で走りたい放題!

自由遊びの時間になると、
いつもボンズはキックボードを出してきてたの。

そして、どこで見たんだか、正しい乗り方するんだよね~~~~。
進みはゆっくりなんだけど、キックボードに正しい乗り方できるのはボンズだけで、
そりゃ~親ばかこじまるは感心してました!


が、
ここ数ヶ月は、もっぱら三輪車!

だけど、足で地面をこいでるだけで、ペダルはこげなかったんだ。

先生に手取り足取り教えてもらい、
なんとか漕ぎ出しだけは押し出してもらえたら、進めるようになったのが2週間くらい前。

上手にこげるようになったら、
今度はプライドがあるのか、先生の押し出しを嫌がるように(^^; 

…でも押してもらえなきゃ動けないんだよ(笑)。 


自閉症児は自転車に乗れる?車の運転は?



先生は、そーっと足で押し出してから知らん振りしてくれたり、
ボンズもその気配を感じて手で先生を振り払ったり(^^;

乗りたい、でも手伝ってもらいたくないボンズ。 

プライドを尊重したい、でも乗れるようになってもらいたい先生。 

ボンズと先生との駆け引き(?)が実って、
先週からとうとう一人で漕ぎ出しもできるようになりました!!
(ありがとう、Y先生!!)

上半身を揺らして反動をつけて動き出したり、
本人もいろいろ工夫をしてたんだよね。
だけど、とうとう足だけですいすい動き出せるようになり、
楽しくて夢中になってるのがよくわかったよ~~~。

…でもね、 また新たな問題が☆ 
方向転換ができない…_| ̄|○

自閉症って、
一度にたくさんのことに気が回らないっていうけど、
こういうことなのかなー?


そこで、こいでこいで壁にぶつかる寸前のボンズはどうするかと言うと、
壁を目の前にしてしばらく固まった後(←笑)
ヾ(--;)おいでおいで、と先生を呼びます(爆)


「でも最後は、私のほうを見ながらなんとな~~~く、ハンドルを動かせるようになったんですよ!」
と、担当の先生。
三輪車に乗って、ボンズと併走までして教えてくれてたんだよ~(。-_-。)ポッ


好きなことには夢中になる。
覚えたいという気持ちがあったら、覚えられる。
そして、1つ身になった!という経験は、ものすごく貴重だな~と、ますます教室の存在に感謝なのでした!  …が、
車の運転は無理なんだろうなぁ… できると言われても、止めようと思った母なのでした。

実際、どうなの? 自閉症者の運転免許証って…あり??


スポンサーリンク


category: 発達支援教室

thread: 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - janre: 育児

tb: --   cm: 2

カテゴリー

更新カレンダー&月別

検索フォーム

最新記事

オススメ

最新コメント