びっくり参観日

Category : 1年生
ボンズの参観日。
チビスケ(弟、年中)の幼稚園に迎えに行き、小学校へ向かいました。

今回はうまいこと、姉ちゃん(コッコ、5年生)の学年とは別日程になりましたので、
ボンズをじーーーっくり見ていられます♪


が、やっぱりチビうるさい。
姉ちゃんの参観日は、チビスケの個人懇談の日でもあるので、
その日は絶対預かり決定・・・(-_-;)



ボンズの教室に顔を出せば「お迎え」と勘違いされ、頭を抱えていたのはもう昔のこと!
今回は「きゃっ♪」と飛び上がって歓迎され、
いちゃいちゃしつつも、自分の席に戻ることもできました。


エライ。エライ。



・・・と思っていたら、
それどころじゃなかったんですよ、奥さん!!



あの、ボンズが。



あの・・・ボンズが、(あなたの知ってるボンズを思い出してください)





字を書いてる!


座って字を書いてるんですのよーーーーーっっっ!!!


信じられますぅう?


ハハ、信じられませーん!!(笑)



先生の指示に従って、日課表の点線文字を、えんぴつでなぞり書きしてるんです。



担任の先生に、

「最近日課表やるよ、と言えば、プリントを配る前に自ら筆箱を机から出し、鉛筆を手にして待ってるんですよ。最近上手になぞれるようになり、できたら私のところへ持ってきてもらって、丸つけをしたら、一緒に日課表を読み上げるんです」


って。



「へー。先生幻覚でも見てるんじゃない?」
と思ってました(笑)

夏休みに、
「学校でやってるのなら、わかるんでしょ」
と思って、もらった宿題を広げて「線なぞり」をさせようと思ったんです。

もんのすごい拒否にあいまして。。。


やっぱりボンズが鉛筆を使うなんて嘘じゃん。
ってくらいふてくされt思ってました。


そしたら・・・やってるのねぇ~
ボンズがお勉強・・・学校で勉強してるのねぇ・・・


ただ、順番を無視で、書き順もめちゃくちゃ★
だけど、プリント一枚を集中して、できたら張り切って先生のところへ持って行き、
「席でやり直し」と言われたところも、すぐに取り組んでたしね~。
ホント、「お勉強」してましたわ。


何せ、この姿を見れただけで感激。

字を書いてる!
せっかくだからもう一回・・・(笑)



この写真、やり直しを二ヶ所やってるところなんです。
最初プリントに向かった時は、「まさか?」って感じで近寄れず、
近寄ったらやめちゃう気がして・・・。


そしたらあっという間に書き終えて(ハハは息を殺し)、
幻を見たかと思っていたら、先生の所へ行き、戻ってきて「直し」を始めたので、
慌てて撮りました(笑)


ハハが呆然として立っていたら、校長先生がボンズをべた褒めしてくださいました。
作文を書いたとか(なぞり書き)、その集中力の長さとか、
「二学期のこの伸びは驚異的ですよ」
と。

確かに、驚異的です!

その後、何かと支援級のフォローに入ってくれている教務課の先生もきて、
同じくボンズをべた褒めしてくださいました。



その後、お買いものごっこがあり、懇談会。

クリスマス会やお餅つき大会にもハハ参加できることを知り、
ウッキウキで帰ってきました。


が、やっぱり、チビスケの予定ともぶつかり、ビミョー。
3時間目から懇談の終わる6時間目まで学校に居座れるチャンスなんだけどねぇ(笑)
クリスマス会の時は、チビの終業日だし(何時に帰ってくるんだ?)
餅つきの時は、なんと脅威の三人参観日同日!!だし!!(三人重なることなかろーに)



そうだ。
ボンズの鉛筆と言えば、先日ハハが一人で優雅に風呂から上がってくると、
ボンズお怒りでした。


「しゃっきんしよー!」(チョッキンしよう=はさみで切って)
「おえかきってー!」(お絵かきして)
「ディーゼル!」
と叫ぶ傍らで、バアバがあたふたしてました。


ボンズがプラレールトーマスシリーズの客車を持ってきたので、
この絵を描いてくれってことだと、オバやアネ(コッコ)も加わり、あーだこーだ。


でも、どうやってもボンズの指示する意図するところではなかったようで、
大変なお怒り。


とうとうバアバから鉛筆をとりあげ、自分でちゃっちゃと絵を描き、
それを客車に貼り付けました。


ディーゼル2


ボンズはこの客車をディーゼル(トーマスシリーズのキャラクター)に見立てていたようです。


ボンズが目や口のついた「顔」の絵を描いたところを初めて見たバアバは感激してましたが、


後日ハハがこの写真を撮ろうとしてまた感激。


ディーゼル1

裏側にも別に顔がありました。
マイティマック状態?(トーマスシリーズのキャラ、ね)


前からこの客車を「ディーゼル」と呼んでいたのは知ってたけど、
ボンズは顔をつけたかったんだね~。

みんなわかってくれないから、自分で顔を描いて貼りつけたようです♪
この方がかわいいじゃん。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

お姉ちゃんと登校

Category : 1年生
「あるくいこー、あるくいこー」
と、夜のうちからしつこいです!

「うん、明日ね、歩いて学校行こうね」
と、同意しても全く黙らず、

「あるくいこー」
を、くり返しています。


・・・もしかして?
と、思い当る点があります。


昨日、久々に姉ちゃんと2人で登校したボンズ。

朝のうちから、
「ほら! 着替えなさい!」
「早く靴下はいて!」
「おしっこ行ったの?」
と、ちんたらしているわけでもないのに、
のっけから怒鳴り続けている姉、コッコ。


きっと道中も、
「早くしなさい!」
「こっちに来なさい」
「そっちはダメ!」
と、しつこく怒鳴られ続けていたのかも。。。


悪いことする前から「ダメ、ダメ」は苦痛だし、

「ダメ! なら、どうすればいいのか?」
を、提示してくれないと困るばっかりのボンズですから。


「姉ちゃんと2人だと、姉ちゃんうるさいからさー。
ママ一緒に行ってよ」
って意味だったのかも(^^;


口うるさい存在お母さん状態であるコッコですが、
ボンズが大好きで、かわいくてたまらない、いいところもあるんですよ。


「ボンズまた女の子と手をつなごうとしてなかった?」

と、おそるおそる聞いたら、

「してたよ、でも逃げられてた」

やはり・・・


「嫌がられてるんだよねー、困ったねぇ。
ボンズ止められないでしょ?」


と聞いたら、


「いや、おもしろがって逃げてるんだよ」
と、コッコ。

「逃げる遊びになってるってこと?」

それならいいんだけど(ボンズにとっては良くはないけど)
追いかけてくるのがおもしろくて逃げているのと、
本当に嫌がって逃げているのと、全然意味は違うよな、と思って。

ハハがいる時と、他の子どもたちの様子は違うんだろうか?


「それより、その様子を見ていた6年生(コッコ談)が、
”ストーカーだ”って笑ってたのがムカついた!!」

と。


確かに。

「冗談かもしれないけど、聞いて気持ちのいい言葉じゃないよね」


それより・・・

「やっぱり、コッコちゃん、ボンズと2人で学校行くのイヤじゃない?」

ってことが心配。
コッコに背負わせる問題になるのは、違うよなぁ。。。


「イヤじゃないよ」
と、即答したコッコ。

これはボンズかわいさのあまり、なのですね。


だから、多少(?)口うるさくても、
ボンズも我慢しなきゃね(笑)


ボンズが小学校に入ってから、
コッコ姉ちゃんに「うんにゅ~~~」と甘えることが格段に増えてます。
きっと、ボンズも心底姉ちゃんを頼っているんだと思います。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ボンズのクリスマス会

Category : 1年生
ボンズ、胃腸炎から復活して、
無事、支援級のクリスマス会に参加できました。


朝からバタバタと用事を済ませ、ちょっと遅れて教室に到着。
ほとんどのお母さんたちが教室の後ろに並んで参観する中、
ボンズを探すと・・・


おとなしーく座ってました!
微動だにしません。
驚きました・・・

おかげで、ハハ到着を知りません^m^


そのうちバレまして、
妙なテンションで踊り出す、走り出す、
みんなが歌ってても、「オレは踊り役」?
と、ばかりに駆け回ってました。


クリスマス会だからなのか、楽しむことも大事な役目?
出番以外は、自由にさせてもらってたボンズです。


そしてハンドベル演奏。


・・・鳴らしてましたけどね・・・曲関係なく。。。


懇談会では、「この色と音を出すというのが一致したみたいで・・・」
と、楽譜(色譜?)を理解したようだと聞いていましたが、
今日は全然見てません。

ま、しょうがないよね。


ハンドベルにはまって手から離せなくなるのでは?
と思っていましたが、
順番に回収しているのを横目に、ベルを鳴らして喜んだあとは、
先生の手を払って、自分でしまいこんでました。
びっくり


本日司会も子どもたちが分担しています。
やがて、「だしもの」を紹介するボンズの番がきました。

「つぎは・・・」
「おわらいです」
「お笑いグループさん」
「お願いします」

と、先生の言葉にならって、お役目を果たそうとするボンズ。

を、仲間たちが静かに見守ってました。

そして、
「がんばれ」
とか、
「ボンズかわいい~~~」
なんて声があがり、


あーーーボンズも仲間として受け入れてもらってるなー。
かわいがってもらってるなー、と感動しました。

並んでる間も、隣の子がちょっかいかけてきたり、
さりげなくボンズのフォローをしていたり、

ボンズもやりかえしたり(←笑)、
フォローをすんなり受け入れてたり、
なじんでるなじんでる~~~って感じなんですよ。

普段は2クラスに分かれているのですが、
いつも一緒の3人は、

「もう名前覚えてます! 日直さんの時、
私が言わなくても自分で”○○君、元気ですか?”って、
聞けていますから」

と、先生に言われた通り、しっかり覚えてるんでしょうね。





そして今回は新たなボンズの性格がわかりましたよ。


途中で中だるみというか、飽きちゃったんでしょうね。
窓の外を見てぼーーーっとしていたところへ、
ボンズの出番で呼び戻されました。


「次はマジックです」
と、言わなくてはいけないところ、


「これで、終わります」


勝手に終了宣言?


「まだだってー!」
「え~?」
「終わらないー」

みんなが一斉に声を上げて、笑ったり、こけたり。


それでニンマリしたボンズ、
しつこく、

「おわりま~す」
をくり返してたんですよ!


ウケたら、嬉しい! ってやつですよね??


その後も、クイズを出題する大役がやってきたボンズ。


クイズは全部で5門あり、クラスメイトK君と2人で担当します(してたか?)。

K君は自作の絵で、
「アルマジロはどちらでしょう?」
など出題。

他の子どもたちと、担当しなかった2人の先生が回答者。
みんな真剣に考え、回答を聞いて、表に正答の数を入れていきます。


3問目が終わったところで、

「ボンズ君の番だよ」」

と、司会が変わったので、


ボンズにクイズの出題ができるか???


とカメラ抱えて見ていたら、


「ボンズの、好きな、ラーメンは、どっちでしょう?」
と、言うよう促されているボンズ。

どうやら手には、醤油ラーメンと味噌ラーメンの写真(笑)


ボンズは妙なテンションのまま、笑い飛んだり、体をくねくねさせて先生にまとわりついたり、
嬉しくて、照れくさくて、誇らしくて(?)楽しくて、全然出題者になれていません!


早くも問題を理解した子どもたちが、
「A(醤油ラーメン)だよね~」
なんて回答し始めているのを見ると、

あーーこないだみんなで外食したから、
その時のこと覚えてくれているんだな~と思いました。


先生に促され、「A醤油ラーメン、B味噌ラーメン、どっち?」と、
言わせようとしているのに、

「こっち」

と、A醤油ラーメンの写真をタッチしてしまう出題者・・・orz

ボーナス問題かよっ!!


もちろん、みんな正解です。

そして最終問題。


「ボンズの、好きな、色は、どちらでしょう」

と言わせようとしている先生・・・にクネクネげたげたのボンズ。


「Aみどり、Bあお」


またもや、出題された途端に、

「緑だよね~」
と回答し始めるお友だち。

感涙。。。

みんなボンズのこと、よく見ててくれてるねーっ。


「うん、今日も緑の服着てるしねっ」


あ! そうだ(笑)
休み明けで、テンションあげあげで行ってもらいたくて、
お気に入りのTシャツを着せたのでした。


「それじゃあ、ボンズ君、正解を教えて」
と、グダグダになったボンズに「緑」と「青」のカードを見せると、


何を思ったか、

「あお」

と、ボンズ。

「え~~~?!!」

先生も思わず「えぇー?」みんなも「えー!!!」。


そしたら、ボンズ、またもニヤリ。

「あお、あおー、あーお~~~♪」
と、テンションUP!!


それからも何かっていうと、
「今のウケた?」
と、反応を見ているようで、

本人も思いがけなくウケると、しつこく繰り返していました。
そういう気持ちも、育つもんなんですねー。


その後、サプライズでサンタさん登場。
サプライズっつーくらいですから、何が起こるかは知らされてないのです。


ボンズは、サンタの登場に一瞬かたまり、
そして思わず逃げ・・・ましたが、

「あ、N先生だ」

と、わかったのかどうかは定かじゃありませんが(笑)

逃げた位置のままかたまってみてました。

そのうち、プレゼントが配られるとわかって、
自分から席に戻り、受け取って、大事に抱えてました。

配り終えられると、落ち着いたのか、もらったプレゼントで、
サンタさんがみんなにしゃべってる後ろでツンツンつついてみたり。


最後はみんなで(親も一緒になり)ゲームをして、
みんなのお手製ケーキを食べて終わりました。


スペシャルケーキ


いや~、ボンズ見たさで行ったクリスマス会ですが(一人でビデオとカメラと両方で撮影しようと奮闘してました、笑)、
他の子たちのかわいいこと!
仲良しなこと!
そして成長!!

ものすごく、楽しかったです!!

おかげでこの日のスケジュールしんどかったんですが、
ンなことぶっ飛びました。
(疲れはぶっ飛びませんでした・・・orz)

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

頑張りすぎ?

Category : 1年生
先日スポーツショップで、ボンズのスキーを購入してきました。

ボンズがスキーですってよ。
有り得ます??

「へ? ボンズもやるんですか?」
って、
小学校の担任の先生に素で聞き返してしまいました。

やる、そうです。。。


で、一式そろえにスポーツショップ。


デイサービスの送迎をキャンセルして迎えに行き、
予告なしでスポーツショップ。


幸い、どちらもイレギュラーですが、OKでした。
サプライズの好きな自閉症児かも(おおげさ?)。


ところが。


時期的にすごい混雑。
特に、スキー売場はすごかった。(他見てないけど)


板を選び、
金具を選び(ってそんなもんなんでもいいわ!)、
ストック(って言わないのよね、今は、ポール?)
ブーツを選び、
ケースを選び、
グローブを選び(グローブて・・・手袋でいいじゃん)


ボンズはなぜか、22センチの靴(ブーツね)にこだわり、

「ジャストサイズ21センチ」
と言われたブーツを頑なに拒否。

なんで?

全く同じ物のサイズ違いってだけ。
履いたわけでもないうちから、
「絶対こっち」
ってギャオギャオ開始。


いやー。
ここまでよく頑張ったから、パニック起こしても全然不思議じゃなかったんだけどね。

「最初に見せたからかなぁ?」
とかいろいろ考えたんだけど、
結局は疲れて「八つ当たり」に近かったのかなぁ? とも思う。


しかし・・・


その後、手続き上の待ち時間で、
静かに座ってたので、隣に座って、

「お店暑いね。疲れたね。人いっぱいだね。よく頑張ったね」
っていちゃいちゃしてたら、もたれかかってきたボンズ。

やっぱお疲れなんだね~。

ボンズ、店内暑いのに「つなぎ」着てるしね。


上半身だけ脱がしてやって、
首元から「ふーふー」と空気を送ってやっていたら、
どうやら気持ち良かったみたいで、

「やって」

と。
一旦やめたら、再度やれと要求されました。


ハハ、貧血起こしそうなくらい「ふーふー」。


そのうち、袖をまくってポリポリとひじの内側をかきはじめた。

「かゆい?」

・・・って、なんかジンマシンぽい。。。


よくこんな混雑した店内で、

「こっち来い」
「どっちがいい?」
「持ってみろ」
「履いてみろ」

って、何度も言われ続けて、
パニック起こすどころか、言われた通りにしていたことがびっくりで、びっくりで。


でも、、、、

これってもしかして「頑張り過ぎじんましん」?


頑張らなくていいのに・・・
って思ってしまう。

パニック起こされたら、こっちも困るし、ぐったり来るんだけどね。

でも、頑張ることで、こんな風に体に不調が出るなら切ないなぁ。


「頑張ったねぇ。。。」


頑張らなくていいのにね。

ハハみたいに「イヤなもんイヤだ!」ってすぐにキレてしまえばいいんだよ・・・


実はこの日、順調にお買いものは進まなかったんですよ。
担当した店員が、のっけから態度悪くて、
二言目くらいにキレました。

瞬間湯沸かし器?

久々にキレて、「おまえじゃダメだーー担当変えろ!」と暴れてきました。


だけど、ボンズはパニック起こしたら抑えられるし、
連れ出されたり・・・
誰も気持ち聞いてくれないもんねぇ。

つらいねぇ。


ところで、2年くらい前に、おもちゃのスキーを見つけたボンズ。
やりたいやりたいとすごい張り切ったんだけど、
履いた瞬間激怒しました。


「動かないーーー」
って感じ。


ピングーのビデオとか見てるから(ピングーがスキーを履いてた)、
乗ったら「スーーーっと動くもの」と思ってたみたい(笑)


それが体育の授業で・・・なんて、、、
できるのぉ??

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

冬休みスケジュール

Category : 1年生
以前ちらっとお話した、
ボンズ冬休み用のスケジュール、これです。


冬休みスケジュール


いつになったら「しょーがっこー」行くんだよーーーと言われるのも問題だけど、
ほとんどのデイが、学校行ってる時と同じく午後からというのが最大の難関。

また、朝から迎えにきてくれるところもあるし、

「今日一日の流れ」
がわかったらいいかな~と。


それと、夏休みは「自由研究」だの「作品」はおろか、
宿題すら一ページもやらずに登校したので、
(こんだけスルーな小学生もいなかろうに・・・)


「家でも勉強するよ」

ってことで、それっぽい画像用意しました。


幸い、文字なぞりの鬼と化しているので、
嫌がることなく、

「えーやるの~?」的なノリではありましたが、
とりあえずスタートはできました。


ボンズの生活のお手伝いは「ゴミだし」なので、

今日は「赤マークのゴミ」「青マークのゴミ」というのがわかるように、
それも入ってます。これがポイントかな~。


幸い、終業式の意味がわかったのか、
前回の夏休みの経験が生きているのか、

「ま、たまにのんびりもいいもんだ」と思っているのか。

先週の金曜日で年内のデイは全て終了して、
完全オフな休日を二日続けてますが、

今のところは平和です♪


年内の更新はこれが最後かな?

いろいろ発見があって、意外と楽しい年末を過ごしてます(←戦々恐々としてましたから・・・)。


みなさまも良いお年を♪

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

嬉しい!新学期!!

Category : 1年生
ボンズ、昨夜は「あるくいこー!」(歩いて学校に行こうね)と叫びつつ、
嬉しくて? なかなか眠れませんでした(笑)

そう、今日から新学期。
長い、長い冬休みがやっと終わりました。


長期休暇を理解したらしく、
学校に行きたくて錯乱することはなかったんだけど、
やっぱり「いつもの」日常が恋しかったんだね。

ただ単に、学校が好き、というのも大きいね。


でも・・・


そんなボンズよりも、さらに喜んでいるのはハハかもー♪


もーーー朝から晩まで喧嘩やからみ、もめごとの声や、
泣き声や、どなり声や(これは自分か)、そんなんばっかで、

「どいつもこいつもどっかいけーーー」

と、発狂寸前でした。
いや、発狂してたかも。


子どもたちもどこへも行けず不満だったでしょうが(特にコッコ)、
自分のためにも、長期休暇に何か一つ、お金のかからないレジャーでも企画しないと、つぶすのつらいかも。
例え児童デイサービスがあってもね。。。
行くのはボンズだけだしね。

はぁ~・・・=3


と、いきなり愚痴モードに入ってしまいましたが、
昨日は喜び勇んでせっせと新学期の準備。


今朝はまだ真っ暗だったので、ボンズが「ねよ!!」と、
怒りながら二度寝の要求(おまぃも戻ってこい、と)してましたが、


「歩いて学校行くんでしょ」

というと、張り切って起き上がり、
タラタラモードだったんだけど、昨日自分で欲しくて買ったケロッグ(チョコワ)でさらにテンションUP!
さっさと着替えて、ココアまで飲んで(姉ちゃんたちがカップスープ飲んでたから?)、
ちゃっちゃと靴下を履いて、「いこ!」。


いろいろ考えて、7時半にはコッコと三人で出発。
8時になった段階でハハがとんぼ返りして、
チビのバスの送迎。

とやってみたら、なかなかいい感じ。

5年生でハハと登校が恥ずかしいコッコは、
まだ早い時間なので同級生たちと一緒になる確率が低いし、
ボンズが女の子見つけて手をつなぎに行く率も低い。

ただ、何度か滑って転んだボンズ。
どうやら歩くのが怖くなっちゃったみたいで、
ハハの手をぎゅっとつないで、ペースもさらにダウン。

30分あれば学校の玄関まではたどりつけると思っていたのですが、
道2本手前でタイムアウト!

「姉ちゃん、あと頼むね!!」

と、急ぎ足で帰宅。

あーーやっぱりコッコ姉ちゃんと一緒に登校で良かったーーー

と思ったら、

雪のせいでバスが遅れて・・・遅れて・・・遅れて・・・


結局9時過ぎorz

これならボンズの教室まで行って、先生と談笑して、
踊りながら帰ってきても間に合ったんだけどねー(^^;



お昼にボンズとコッコを迎えに小学校に行ったら、
外までボンズの雄叫びが聞こえてきました。


どうやら、歓喜の奇声です(^^;


「今日は朝からずっと嬉しそうで・・・」
と、担任の先生。

そうでしょう、そうでしょう。
昨夜は嬉しくて眠れなかったくらいですから(笑)


毎年、転居やら卒園・入学やらで、変化の激しい生活だったボンズ。


今年は穏やかに、ただ学年が上がるだけの変化で負担なく・・・


と、願っていたのですが、
どうやらボンズは変化の激しい星の下に生まれた自閉症児なのか(?)、

昨年末からひとつ試練は決まってまして。

三つ掛け持ちしているうちの一つのデイサービスが終了してしまうのです。
就学児はやめて、未就学一本にするとか。

今かよっている残りの二ヶ所に声をかけて、
そこで1日ずつ増やせれば、ボンズに負担なく、
変わりない生活を望めるのですが。。。
一ヶ所はたぶんOK、もう一ヶ所がどうなるかなー。

辞めるデイの方も、探してくれて、
「ここはどうですか?」
と、おすすめしてくれたのが・・・


ハハが見学に行き、「ここはダメだ」と唯一、こちらから却下したデイだったので、
丁重にお断りいたしました(^^;
やっぱりあそこはまだ空きがあるんだなーこの時代に・・・


学校の方はまだまだ・・・4月にならないと、
担任はおろかクラス編成もわかりませんものねぇ~。
新入生(支援級に)が一人増えることだけは確定しているらしいです。

今年は(支援級に)6年生が一人もいないし、
担任も、去年途中からきた人で、今年初担任。
他の2人は今年から来た人たちなので、

大きな変化なく進級できるんじゃないかと淡い期待はしているのです。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

生まれて初めてのスキー

Category : 1年生
ボンズの生まれて初めてのスキー授業がはじまりました。
まさかこんなにすぐ始まるとは思わず、
お迎えの時に、

「あのー、お母さんボンズ君のスキーは?」

と言われ、「え? もうやるの?」と思ったくらい(^^;


「明日はとりあえず靴を履く練習をしたいので、
ブーツだけでも持ってきてもらえますか?」

とおっしゃるので、
翌朝はコッコ姉ちゃんの靴だけ持つつもりが、2人分・・・orz

ま、ケースに入ってて背負えるので軽いんですけどね。
こんなことなら車で運んでおけば良かった、2人分。。。

その前の日に姉ちゃんの板運ばされてるんですよ。

ハハは時間切れになると、姉ちゃんにボンズを任せて家にトンボ帰りしようと一緒に登校しているので、コッコ姉ちゃんの手伝いもせっせとしてるとこなんですけど。


その日は靴を履く練習って聞いてたけど、板もつけたのかしらね?

コッコ姉ちゃんから、

「ボンズ、自分の板がないって泣いてたよ」

と報告を受けていました。

「へ~、ボンズやる気満々だな~」

なんて思っていましたが、


翌日のスキー授業の後、先生から電話をもらいました。


「なかなか板をつけてくれなくて、”もー帰るー”って玄関に向かうのを、一度だけ! って履かせたら、歩けないし、”おいで~”って言われても板が交差してしまうしで、全然スキーの楽しさがわからないようだったので、山の(グラウンドに雪山を作ってある)途中まで外して上り、そこで板を付けて一緒に滑ったのですが・・・全然楽しいって感じにはなりませんでした(^^;」


「ゆっくり、ゆっくりですね~」とおっしゃるので、
ボンズ、ソリすらも最近やっと楽しめるようになったんだと話すと、

「あー、スピードですねぇ・・・」


確かに、スキー用の手袋すらも、嫌がるボンズが、
スキー靴を履いて歩くのも大変だろうに、板を付けてみんなについて歩く・・・なんて、
そりゃ~しんどいでしょうね!

うちだって思う通りに動けず、楽しいどころか苦痛にしか思わなかったことを思い出しました。
(高校1年で初スキー経験者)


しばらくゲレンデデビューはないのですが、
それまでにボンズがスキーの時間と言われて、張り切るほど・・・になれるのかなぁ~? とものすごく疑問なんですが、でもまぁ、学校だから頑張れることの一つになってもらいたいですね。


・・・その後、また気になることが一つ。

この日もデイだったのですが、お迎えの到着が早くて、
ボンズたちがスキーやってるところを見てたらしいんです。

「楽しそうに張り切ってましたよー」

という連絡ノート。

楽しそう??

なんか、学校の先生からもらった電話の内容と相反するんですけど?

先生は、

「あの後スキーを持って帰るとデイの車に乗り込もうとしてたんですが、スキーは学校においてくよって・・・そしたら泣いたまま出発しちゃって」

って、すごく心配して電話をくれたの。

ボンズ、スキーは楽しそうじゃないし、もう帰りたいって泣くし、スキーは持って帰りたいと泣くしで、
「あの後どうなっただろう? 機嫌悪かったらすいません」
って感じで電話をしてくれたと思うんだ。
(ボンズは意外と機嫌の悪さを引きずらず、しかも場面が変わったら切り替えも楽で、帰宅する時にはたいていご機嫌)


その連絡ノートの字は、初めて見る筆跡。

何となく働くハハの勘・・・

あ、あの方ですか(^^;


あの方とは、あの後も「カッチーーーーン」なことがあり、
またノートに書くのも嫌で(ニュアンスを伝えたい)、
顔なじみスタッフに会うまで自分の中にためこんで、
会えた時にぶつけました。
「どうなの???!!」
って(笑)


そしたらあの方、確かにこの分野出身の方ではなくて、
確かに・・・ってところもある、と。


でも、今後もボンズが接するだろうデイサービスのスタッフには、「発達障害児」が「どうしてここに通ってきているのか」っていう基本的なところだけは、しっかりと理解してもらいたいんです。


顔なじみスタッフにぶっちゃけトークした後は、しばらくその方とお会いすることがなく、
あーもしかしたら「ボンズ君ちはお母さんが難しい人だから~」って会わないようにしてくれてるのかな~なんて思ってたんですけど・・・


今回の相反する報告にも、
他の人なら、「きっとデイのスタッフはボンズが楽しくしている瞬間を見ていたんだろう」と思えるんですけど、うちの中ではもう疑ってかかっちゃってるので(ちゃんと発達障害を理解しているか)、そう前向きには理解できなくて、またモヤモヤしてます=3


とりあえず、

今日もボンズ、学校のグラウンドでスキー授業していると思います。


雨の中・・・ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ウッ

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ママと一緒に

Category : 1年生
ボンズの参観日がありました。
この日は恐怖の(?)子ども3人とも参観日の日!
午前中は幼稚園に行き、参観&懇談。

そしてコンビニのパンを詰め込んで、
チビスケ(弟)も連れてまずはボンズ兄ちゃんの教室へ。
この日はお餅つきでした!


ぺったん


前日からお買いものをしてきた支援級。
当日は午前中に「味付け」の準備をしていたそうで、

ボンズはもう、
「おもちー食べよー」
と、期待感Max!!


高学年から杵をついて・・・って言ってるのに、
待てない、待てない(^^;

やっと順番がきたら、この通り、
嬉しそう~に「ぺったん」してました♪


5時間目の始まる時間になったので、
姉ちゃんの教室へ急ぐハハ(エプロン&三角巾のまま)。

チビスケは一緒にいかず、お餅を見ていたいというので一人で5年生の教室に行ったら、姉ちゃんに怒られました。
「チビは?! 連れてきて!」

前日は、
「アンタはうるさいから来るな」
って言ってたくせにね!


姉ちゃんの発表が終わると、すぐにボンズの教室に戻りました。


戻ると、みんな親子で一緒に「ぺったん」してました。


「ボンズ君は、チビスケ君と2人でペッタンしたんですよ」
と、先生。

「えー、ボンズとチビスケの共同作業?」


それは・・・見たかった・・・写真撮りたかった。

が、信じられないくらいほんわかな光景だったでしょうねぇ~♪


幼稚園でのお餅つき会は、風邪でお休みして参加できなかったチビスケも、
見たらやりたがって、参加できてうれしそうでした。


お餅もできたので、さ・・・次の作業って言ってるのに、
ボンズがハハのところへやってきて、
しきりに手を引っ張りました。

なんだろ?
と思いましたが、

「みんなお母さんとペッタンしてたからかなぁ?」

と思い当りました・・・が、
まさかねぇ(^^;


やがて先生も気づいて、

「最後にボンズ君とお母さんやりましょか」

と。

「ハイ、なんか誘われてる気がしてたんですよねぇ」
と、ボンズもう一度登板させてもらいました。


「うんにゅ~」
と、ほほを寄せながらの餅つき♪

「い、、、いちゃつくのは後にしようぜぃ」
と言いつつも、ハハの醍醐味でしたねぇ。


こねこね

その後、グループごとに分かれて、
お餅をそれぞれの「あじつけ」で食べました。

ボンズのM先生班は、「おぞうに」と「あんこ」餅!


お雑煮~~~??


ボンズ、正月は一切口につけませんでした!


いくら「ボンズのだよ」って言っても、キーキー言いながら、
ハハに器を押し付けるボンズ。

あの正月の光景を思い出しても、
「食べないかなー」
と思ってたのですが、


「ボンズ君は大根とあげを切ったんですよー」
というのを聞いて、

「ボンズも切ったの? ほら、ボンズの切った大根あーん」
と口に運ぶと、

食べた!

しかも本人も、「あ、こりゃ騒ぐほど危険じゃないわ」とでも思ったのか、
「あげ」も「にんじん」もみんな食べました。
シイタケなんて、自ら手づかみでいったほど。

結局完食です。

直前に給食食べてるのにねー。


その後、姉ちゃんの懇談会に半分、
ボンズクラスの懇談会に半分出て帰宅。
朝から晩まで保護者トークしてたので、グッタリきましたー。

今まで2人って言うのはあったけど、
3人はキツイわ!


だけど、ボンズの「みんなママとやってるから、自分もママと餅つきをしたい」という意思表示は、感動したし、かわいかった!!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

苦手な友だち

Category : 1年生
支援級には10名の児童が在籍しています。
普段は2クラスに分けられていますが、

その中に、ボンズの苦手とする子が一人いるんです。


以前から、小突き合いやら、
ボンズがキーって怒り出したり・・・っていうのはあったんだけど、

「あーボンズが小学生と触れ合っているぅぅ・・・」

って感動してたくらいで(笑)
そんな大問題と思ってなかったハハ。


それがずっと続いていたらしくて、
先週祖母がボンズと登校した朝、彼に会うと、ツバを吐きかけたらしいんです。


こりゃえらいこっちゃとすぐ担任に相談。


ボンズ、この1週間くらい、チビスケ(弟)に「ぶっ、ぶっ」とツバを吐きかけた行動がありました。
2回くらい目撃したかな。

どうやら腹が立った時に、チビスケに対する攻撃。

姉コッコにはやらないし、親にもやらないし、

「チビにだけ」やる「特別な」腹いせ行動と思ってました。
(いや、それだけで十分問題ではあるんだけどさ)


家の中で、目の前でやることだから、
「今は何に対して怒ったのか?」
とか考えながら、「ぶー、しないよ」って止めるだけ。


それが、外でお友だちにやってるとなると大問題。


その相手は上級生(たぶん4年生)で、
彼はボンズのお世話をしてくれてるのよ。

先生も言ってたけど、

「下級生がかわいくて、お世話したいし、ぎゅーってしたいし、かわいがってるんです」。


そうだよ~、ボンズ、彼はキミのお世話をしてくれてるんだよ~。
かまってくれてるんだよ~。
ありがたいじゃーん。
と、ハハも思ってました。


が、ボンズはそれがイヤだったみたいで、
ツバ吐きも、学校では彼限定でやってたみたいorz


相手のお子さんには、
「しつこいと嫌がられるよ」
「それはボンズ君イヤなんだって」
と、その都度伝えてもらっている状態。

何か課題があるからこその、支援級在籍。
それはよくわかっているから、
できるだけ、彼を傷つけたくないな~とも思います。


が、

ボンズもそろそろ限界のようで。


先日、体育の時間に、とうとうぎゃおーっとパニック起こしたらしいボンズ。
その場から離れて落ち着いたと思っても、
彼を見るたびに襲い掛かりそうになるくらい、パニック起こしたんだって。


ボンズの写真の近くに、彼の写真があると、
彼のを自分から離して貼っていたボンズ。
(2クラス合同になる時のために写真が教室にあるんだと思います)


その日はとうとう彼の写真をはがしてゴミ箱に捨てたんだって!


あっちゃー。
そうかー。


相手のお子さんが暴れん坊の困ったちゃんならまだ救われます。。。
って言い方もどうかと思うけど、
相手はかわいがってくれてるわけだからね。

そのしつこさがボンズは嫌だっていうから、
むくわれないっていうか。


最近どこのデイサービスでも、
「ボンズの遊びにお友だちが乱入してきても一緒に遊んでる」
とか、
「指導員なしでキャッチボールが成り立って、きゃっきゃ笑いながら盛り上がってた」
とか、
「大好きな女の子が来ると、彼女のコートをかけてあげたり紳士だった」
なんて聞くと、


とうとう「お友だち」に意識が向いてきたんだね~~

と、成長を喜んでたのですが。


でもね、
実は、これも成長のひとつかなとも思ってます。

善意を「しつこい」と嫌がられている相手のお子さんには悪いけど、
「合う、合わない」相性って、
誰にでもあること。


オトナだけじゃなく、子どもに意識が向いているからこそ、
「いやだ」
って気持ちも、アピールもできるんじゃないかと思って。


だから、
「これも経験ですよね」
と、対応に関しては先生にお任せです。

「我慢して仲良くしなさい」は違うと思うし。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ボンズの手作りクッキー

Category : 1年生
学校で手作りクッキーを作る時間がありました。
昨日がまさにその日で、五時間目にも食べたけど、
「おみやげ持ってま~す」
という先生の言葉にハハうっきうき♪

だってー・・・
ボンズが作ったクッキーですよぉ~
超レア!


火曜日だったので、コンビニでチョコまんとカルピスウォーター(今回はコレを選んだ)を買い、
ボンズはクッキーの存在もしっかり覚えていて(そりゃそうか)、

「ひとつちょうだい」

って言っても、「キー」と拒否でした。


が、


ハハも負けてません!


「ちょーだいちょーだいボンズの作ったクッキー食べたい~~」
と、騒いでいたら、

ようやく、くれました・・・


ひとかけorz


「やだ! これじゃ一つじゃない!
そっちも!(と、欠けた他の部分も要求)
まだある!(と、さらにかけた部分を・・・)」


やっとこ、一枚分ゲット。


格別な味がしました♪


チビスケにも一つあげなさいというと、

「欲しがられるのもまんざらじゃない」とでも思ったのか、
案外あっさりあげました。


パパもいたので、二階から降りてきたところで「パパにもあげたら?」と声をかけると、


「はい♪」
と、かわいいセリフつき。(いいなぁ~)


ただし、最後の二枚のうち、自分が口つけた方をあげてましたけどね(笑)


今いない姉ちゃんの分までくれないかなぁ~と、
ハハが一枚こっそり別にしてよけといたんですけど、
姉ちゃんが帰ってきた時には、まだ袋に残ってた分を食べれたんですよ。
(ボンズももうクッキーはいらないようで興味なし)


この写真は、その、姉ちゃんのためによけといたのが、
先ほどまだ無傷で残っていることが判明したために、写真を撮れました。

手作りクッキー

そして今気づいたんですけど、コレ車のカタチなんですね。


「ボンズ君、ノリノリで型抜きしてました」
と、連絡ノートにあったんですが、

ボンズにうまく型抜きなんてできるのかー?
と謎です・・・
生地の作り方がうまかったんですかね?

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本