ボンズの日直さん

Category : 1年生
個人懇談があったので行ってきました。
もうびっくりの連続で、
ボンズ頑張ってるな~、いい学校、先生に出会えて良かったな~と思いました。


「あ、日直の日もあるみたいですけど、
ボンズ、何やってるんですか?」

って聞いたら(やれると思ってない発言)、


「ボンズ君、日直さん好きなんですよ~~。
呼ばれたら前に出てきて、一人ひとり出席を取るんですけど、

●●くん、元気ですか?

って聞いて、聞かれたら”元気です”って答えて次に行くんですが、
お友だちの名前ほとんど覚えてるみたいで」


って、信じられな~~~いんですけどね!


その後、日直さんが選んだ本を先生が読み聞かせてくれるんですが、
ボンズのお気に入りは、

「モンスターズインク」
「にんたま乱太郎」
「・・・・」

三冊目、タイトル忘れちゃったんだけど、
「あ」から五十音順に食べ物が出てくる絵本。

物の名前を覚えるのにも最適と先生も喜んでます。
絵が絵本らしいんだけど、実際にあるものを忠実に再現している感じで、
実際にイメージつかみやすい感じ。
ちなみに、「あ」はアイスクリーム。

う~ん、これは気に入りそう。


たいていこの三冊から選ぶので、

「今日はどれかな?」

と、クラスメイトたちも予想を立てるらしい。


点線をなぞる課題も、今は波線をなぞるものに進んでいて、
元の線からは大きく外れているけど、
でも、見るとなぞろうとしているのがよくわかる波線になってました。

こんなこと、席に着いてやってるのはすごい!

が、最近は暑さのせいか、教室の床でゴロゴロしちゃってるみたいなんですけどね。
(余談ですが、最近暑さ対策のために扇風機差し入れしました。
みんなに大人気?で、もめる種になっちゃってるみたいですが)


さらにびっくりしたのが、絵。
(え? って)


これ、ボンズが描いたんですってよ~~~!!
運動会の絵

「先生、二人羽織でしょ」
って聞いたら、違うんですって。

一枚別の紙に先生が「マル描いて」と試し描きをさせて、
それから本番の紙にもう一度・・・とやっていったんですって。

それにしても輪郭のマルが見事にきれいなので聞くと、
「7枚くらい描いて、その中の一番いいやつなんですけどね(笑)」

それにしても、すごい!!

試し描きでお手本は手伝ったけど、
本番は100%ボンズ。

「次は目」
と、目を指さすと、目を描いて、鼻・・・口・・・と。
着色もボンズが。

すごい。
天才かも(ええ親ばかですから)。


ところで、どの作品を見ても、片隅にボンズの手形。

「絵の具を出すと、必ず手に塗っちゃって・・・」

「ですよね。だからいつも絵の具を使う日は汚い服を着せています(笑)
もしかして、サインの変わりなんでしょうかね」

って笑いながら話していて・・・
ハッと気づきました。


「あ・・・今思いつきました。もしかしたら・・・」


保育園時代、誕生日や記念品制作で、手形を何度も取ってますよね。
いつも絵の具だったはず。

だから、ボンズの中では、
「絵の具が出てきた」=「今日も手形を押すのか」
と思ってるのかも。


と先生に伝えると、「それだ!」
ってことになりました(笑)


手形・・・ね。
最初は見るたびに感動してたけど(こうしてペタッとキレイに押せたんだな~と)、

「もう(手形は)ええっちゅーねんって言っといてくださいね」

と言ったら、

「ハイ、手形はもういらないって伝えてみます」
と先生。

サインのつもりなら、それはそれでいいんですけどね。



<<後日追記>>
本文中でタイトルのわからなかった、ボンズお気に入りの本。
たなともさんのコメントで正式タイトルが判明。
結局買っちゃいました♪
届いた途端、ボンズ食いつき最高!

高いな~と思ったけど、これ、すごくいいです。
大人が絵だけ見てても楽しいし、何よりボンズが楽しそうに見てます♪


あっちゃんあがつく―たべものあいうえおあっちゃんあがつく―たべものあいうえお
(2001/03)
さいとう しのぶ、みね よう 他
商品詳細を見る

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

すばらしい理解力じゃないですか

Category : 1年生
先日主治医の診察があったと書きましたが、
その時にボンズの学校での暑さ対策についてアドバイスを求めました。

支援級であるがゆえに窓もほとんど開かず通気が悪い上に、
扇風機のみの対策で、

「暑くて床にごろんとなってます」

と、先生から聞いてました。


だらしないといえばその通りなのですが、
床が冷たいんですよ(笑)

階段や廊下にも避難するらしく、

「あら?」

と言われたら、

「やべっ」

って顔して教室に戻るそうなので、
ダメなことしている自覚はあるみたいです(笑)



保冷剤を持たせても、大好きな保冷剤だからかじっちゃうだろうし、
保冷タオル? のようなやつも嫌がられ、困ってたんですが、


医師、

「水遊びでもさせてもらえばー?
あ、海にでも連れてってもらったらいい。先生海いこーって言ってみな」

って。


この先生、つねにボンズ視線で、ボンズの立場での話をしてくれるので、
すごく参考になったし、「ボンズの味方でいてくれる先生」って認識だったのですが、


「せんせーー海行こうって(言ってみな)♪」


は、無茶ブリすぎるべ?


「はははは・・・」と、(乾いた笑いで)笑って帰ってきて、
先生への連絡ノートには、

「水遊びでもさせてもらえば? って言われたんですが、
そんなことしたら切り上げが大変ですよね」

って報告しておきました。


その翌々日、クラスメイトと公園に行くことになり、
支度しているうちからボンズが、


「うみったーい」
「うみ、ぃこっ」

連呼してたそうです!!


そんなこと、今まで言ったことありません!
そんなこと言うほど、近くに海があるわけじゃないんですよっ。
だから、日常的に「海」って単語が出てくる地域柄でもありません。
(山の方が身近♪)


あーーー主治医との会話、
おもちゃに夢中な振りして聞いてて、しかも理解してたんだーーー。
と、久々トリハダものでした!!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

土曜参観

Category : 1年生
土曜参観日があり、コッコ姉ちゃん(小5)とボンズを見に、
パパとチビスケと三人で小学校へ行きました。

実はパパ、初参観日(ボンズの)だったそうです。

そっかー。
いつも2階と3階を行き来して、どっちも中途半端な上に、
やたら気持ちばっかり忙しくて、中身がよく記憶に残らない覚えはあったけど・・・

と、ここでひらめき♪
ボンズの授業中の様子をビデオに撮りたい♪
いや、撮るべきでしょう!


もしかしてこれってダメなのことなのか?
姉ちゃんの時は、なんとなくビデオ持ってったことないんだけど、
持ってきてる人も見かけなかったような・・・
幼稚園の時までは、たっくさんいたのにね。


姉ちゃんの時は、深い意味もなく撮りませんでしたが、
ボンズのは何がなんでも、撮りたい。
ンなことしている人がいなくても、撮りたい。

「明日の参観日、ママボンズのところにずっといてもいいかなぁ?
パパは両方見るって」
と、コッコにお伺いをたてると、

「えーーー」
と不満そうにしたものの、

「ママ、ビデオ撮ろうかと思ってさー、
コッコも(あとでビデオ)見たいでしょ」

というと、「いいよ♪」と快諾(笑)
コッコもこの姉バカなところがあるから、普段いじわるしても許してしまいたくなる(^^;


参観授業は、支援級のイベントがあった時の報告会。
他の子は、作文だったり、絵日記だったりで、それを描いて読んで発表。
すげー。

ボンズは?

できるわけないじゃ~ん♪

そしたらボンズの順番がきて、
おっきな画用紙に絵が描いてありました。
顔の横に、スイカの絵が二つも描いてある。

「スイカだぁ!!」

と思いました。
アレ、ホントにボンズが描いたんでしょうか(笑)

その日、大好きなスイカを、スイカ割りして食べたそうです。

家で食べ終わった直後に、「かってくーわ!」(注;買ってこいの意味)というくらい、好き。


先生が、「これなぁに?」とスイカを指すも、
ボンズは先生にもたれかかったまま、グダグダ。あ、あくびまでしてる・・・

先生、みんなの前で発表するという授業だからこそ、
なにかしゃべってほしいのでしょう、ボンズのほっぺをつんつんしたりしてましたが、
誰もがあきらめかけた最後の瞬間、

「おいしかった?」と先生が聞くと、

「お・い・し・かった!」

とボンズが。
お母さんたちから拍手喝采と、ため息がもれたのは言うまでもありません。
みんな、息を殺して見守ってくれてたもんねぇ(p_-)


支援級のみんなが並んで座ってる後ろで、
保護者が並んで座っておりましたが、時々ハハ抱っこにやってくるものの、
基本「ボクはこっち」とわかっているようで、

3回目(?)でようやく参観日がわかったのかな~と思いました。
初回なんてお迎えだと思い込んでいたし、
だんだんとハハがいても、授業中ってことがわかってきた様子。


が、

ちゃんと座ってたと言ってもこんな感じですけどね(^^;

授業中ですけど

担任N先生、いつものようにボンズマークしてくれてます♪

参観授業が終わると、体育館で生バンドの演奏会を聞きます。
長丁場でボンズには耐えられないだろうし、散歩したり絵本持ち込んでがんばりますとおっしゃってくれたN先生。
うちらがいたんじゃ、いつまでも「帰るモード」だろうし(うちも人ごみは苦手なので・・・)いったん帰宅しました。

で、お迎えに体育館に入って、ボンズを探してキョロキョロしてたら、
ボンズが飛んできました。
ずっと入口マークしてたらしく、

「お母さん入ってきた瞬間に見つけてましたよ」
と。

なんてラブリィ♪

一度、クマ(のはく製)のところに出たきり、
ずっと体育館で参加できたそうです。すごいな~。

しかも、演奏会にノリノリで大喜び。

「カルメンで大興奮してました」

・・・闘牛の血が騒いだ?!!(笑)
闘牛よ、闘牛。あくまでも闘牛。決して闘牛士ではない。


この日はみんなでマック(マクドナルド)へ行きハッピーセットでした。
ご機嫌でしたよ~。
そして、そのまま「デイ」に送って行きました。

・・・こんなイレギュラーな連続の土曜日でしたが、
崩れゼロです! 快挙!!

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

鹿に45分!!

Category : 1年生
先日、一年生全体で動物園に行きました。
お弁当と水筒持って、リュック背負って、学校からバスで。


「ボンズ君バスはどうですか?」
「動物園は?」


先生と話していて聞かれたのですが、
ボンズ、バスは何度も経験あるので大丈夫(路線バスじゃないけど)。

3才くらいから、児童デイの母子クラスで初体験してから、
保育園でも乗ってるし、割とおとなしく座ってるんですよ。

・・・「おとなしく」のレベルが世間一般とは違うと思いますが(笑)



「ボンズ動物見ませんよ~、でもペンギン、あざらし、アヒルなどは好きです」

「へぇ~♪ 何が・・・」

「水です!!」

「(笑)」


そう、ニホンザルもじーっと見てたことがあったので、
そっかー、クラスメイトたちが見てたら、ボンズもサル見るんだ~と思ったら(去年の保育園の遠足)、

「サルの水遊び場」を見ていたボンズ。
ただの動物なんて、視界にも入ってない様子。


実際、今回もボンズが気に入ったのは、ワニ、ペンギン。あざらし・・・

そう、全く予想通りでした。


動物園についてから「好き勝手したいボンズ」に、
グループ行動だからと「頑張らせてしまいました」と、先生から聞きました。


当然ですよね。小学校に行って、
学校行事で参加してるんですから、集団行動させるのは当然です。
それを望んで地域の小学校にお願いしてるんですから。


だからグループの移動先と、ボンズの行きたい場所がかみ合わず、
ずいぶん怒って参加してたらしいんですが、

「同じグループの子が優しく手を引いてくれたりして」
なんとか回りました、と。


同じ一年生が、あの、うるさく泣いてるボンズをリードしてくれたんだーーー
と思うと感涙。


うちの近所、一年生がやたらと多くて(もちろんみなさん普通学級ですよ~)、
ボンズがウロウロしてると、

「あ、ボンズだ!」
と、声がかかる環境。

そーよ、そーよ、こういう展開を望んで地元小学校に入れたのよ~~~
と感激してましたが、
学校の中でも助けられてるんですね~。



午後からは、ボンズの見たいところに付き合ってくれたらしい先生。
そしたら、


「鹿が餌を食べてるところを、”しかさん・・・”と言いながらずっと見てました。
45分ほど」。


(@_@;)

シカに45分って・・・
授業一時間分?


学校に鹿のはく製があるから興味を持ったんでしょうか? と、先生。

あー確かに。
ペンギン、あざらしのように「水」メインの展示じゃないところに食いついたのは、
ボンズにしたらものすごい「興味の広がり」を感じるのですが・・・

それにしたって、鹿に45分?

鹿が餌食ってたって、45分、見れる?
うちなら4秒で飽きる(笑)


「いや~・・・すごい・・・すごいわ。。。先生が」


いくらほっとくわけにいかなくたって、付き合ってくれた先生がスゴイ。
うちなら泣いてもいいから「次へ行こう」ってせかすと思う(^^;


ボンズも毎日、毎回なにかと経験値あげてるわ。
こうして成長や広がりをいちいち実感できるってすごいよね。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

運動会、再び

Category : 1年生
今まで方言にも気を付けて、
季節感も極力出さないように、
地元色を消して更新続けてきたボンズの成長記録ブログ。
(別名ハハのハキダメ)


えーっと、なんのため、地元非公表でやってたんだっけ?
あちこち気を使わないで済むために。
思う存分行政の悪口も書けるように、、、だな(笑)


しかし、そんな更新の仕方もだんだんと苦しくなってきました。

あれも本当は書きたかったのよ。
でも書くと居住地限定されるじゃん。

ってな感じでスルーしてたりして。

そしたら、ボンズ記録に偏り出るじゃん。
とか、気になりだして。。。



実は来月、またボンズの運動会があります。


それも、この市の特色? (でもないようだが)らしいので、
わかってる人はわかってるんだよね、もう。。。

という諦めも出始めました(笑)


もー都市名、地方名書いたからって、
コメント削除したりしないから。
ごめんね、今まで(M先生、Lさん)


<と、ここまで前置き>



昨日は、その運動会のために、
この地区だけで集まって、合同練習がありました。

旦那も休みだったので、二人でその小学校に行ってみると、


行った瞬間、ボンズにバレました(笑)

自分ちの車がすぐにわかる上に、
きっときょろきょろしてたんでしょうね。

応援に来ている保護者はすごく少なくてびっくりだったんだけど、
(当然みんな見に行くものかと・・・笑)
おかげで、車で迷いながら探してたどり着いたのに、
小学校の駐車場に入ることができてホッとしました。


まるで「ママんとこいくーー」な動きのボンズ。
先生に押しとどめられて、

まずは、組体操。


組体操


「ボンズ君、上に乗るの好きみたいで、
ぴ! っとポーズもするんですよ♪」

と、嬉しそうだった先生の前評判。。。

「・・・そ、そう??」
って感じのノリでしたが(笑)

どーも、観に来たパパとママが気になってしょうがないみたいね。


この後徒競走のスタート場所に移動したんですが、
脱走兵となったのを見て、ハハが下りて行きました。


そしたら、「うんにゅ~♪」と嬉しそうにぴとーーーっと。
(そりゃうちだって「うんにゅー」としにきたかったけど、我慢してたのよん)


「よーいどん、しにいこうか」
と、集合場所に行くと、つかまえなくてもついてくるの。

そっか。
ママにぴとーっとしたかっただけで、
徒競走とかが嫌だったわけじゃないのよねん。


捕獲して、並んで、座らせて、「さ、よーいどんだよ」と言ってからボンズから離れてみると・・・



離れられました!!

徒競走


そして、合図とともにスタート。
ゴールまで行けましたよ!!


・・・と、さも順調そうですが、
ボンズは第二走者。

実は、座らせて待たせていたつもりが、
第一走者スタートの合図で、

体育座り⇒スタートダッシュ⇒ハハもダッシュでボンズ捕獲

ってなハプニングがあり(笑)


しかも!!
それが、ボンズだけじゃなくて、数名いたの(笑)
さすが、支援級の運動会!(練習)と思って、なんか楽しかった。


おかげで当日、ハハの任務がどんなものなのかも、想像つきました。
「一年生のお母様方には当日児童係をお願いしたい」
と言われて、初めてのことだし、なになになに?? と思ってたのですが、

確かに先生たちだけで子どもたち全部の面倒を見るのは大変。
(当日は千数百人規模のイベントとなるようだし)

トイレに連れてったり・・・
逃走したボンズを捕獲して、群れに戻す係り、って感じよね。


「遠くてわが子が見つけられなかったよ!」
という去年の情報を得て、

「あ、そばにいられるのは写真撮れるしラッキーかも♪」
と思いなおしました。


後で、「ずるい!」と言われないためにも、
クラスメイトたちの写真も撮らなくては(笑)

この練習の日も、ひたすらクラスメイトたちのスタートダッシュの写真撮ったりしてました。
あとで焼き増しするからねん。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

ご縁の不思議を実感。

Category : 1年生
先日、市内の支援学級が集まったイベントがありました。
そこで、いろんな学校の支援級の先生を見たんですね~。

ボンズの担任がN先生で、他に2人支援級の先生がいるのですが、
みんな大きな共通点があり、
「支援級の先生とはこういうもの」
というイメージが勝手に作られていたのですが、


この日、それが覆されました・・・( '∇')ウフフフフ



「いい? こうして待つのも! 勉強っ!
おとなしく待ってて! こうしていることもっ!! 勉強だからっ!!!」

徒競走の出走順を待っている列で、
”おとなしく”座って待ってる児童数名に向かって、
語気荒く、表情険しく、高らかに、力強く力説される若い女の先生・・・


みーんなおとなしく座ってるじゃーん。
そんなケンケン言われたら、ボンズなら何一つ(言葉を)拾えないだろうな~

って、それより見ているうちが怖くなるくらい(笑)

ある意味先生たちの博覧会になっちゃうのかしらね。
「うちの子たちはどこよりも立派に!」
と思う気持ちからかもしれない。



ボンズが担任N先生LOVE♪
なのは、若くてかわいい女の先生だから・・・ってことだけじゃなくて、

情報量の少なさが安心感を与えてくれるからだと思うんだ。

常に、小さめの、ささやくような声で、
優しく、短い言葉でボンズの行動を促す。
決して「行動に移すまで言い続ける」ってことをしないの。

これって、誰が聞いてもうっとうしいよね、
「わーったって!」って言ってるのに、同じこと言い続ける人・・・
人のペースってもんを考えてくれない人・・・。


あーこういう接し方をしたら、ボンズもパニック起こさず、話もちゃんと聞けるのかな~と思ってみてました。


ま。
アタクシにはマネしたくても、3秒くらいしかできませんけどね~ヾ(´ー`)ノ


保育園の時の加配のH先生も、物静かで口数の少ないタイプ・・・ではなく、
親と話す時は普通にキャハハと笑ったりするんだけど、
ボンズには、静かに、小さな声で、ゆっくり、少しずつ話しかけてたんだよね。


そっかー。
特別支援とはこういうものなんだーーー
と、先生たちに教えてもらった。


けど、
あれ? こういうテンション高めのがむしゃら先生もいるんだ。。。

支援級の先生といってもいろいろなんですね。
ボンズ、こっちの先生じゃなくて良かった、と思いました(笑)



その後、パパがボンズの付き添いになり、大玉転がしの競技に参加した時。
張り巡らされたロープを、児童が一斉に触りだしたようなのね。

隣にいた学校の先生が、

「ロープに触っちゃだめ! 触らない!」
と怒りまくってたんだって。

ボンズも、当然(?)触ってました。

その様子を見ていたN先生が、

「ボンズ君! ロープ触ってもいいからね!!」

って、大きな声で言ったそうです!(旦那談)


大きな声で言ったら、隣のおばさん先生に聞こえるじゃん。
それをわかった上での宣言だったのだろうと、

「N先生の強さを見た・・・」
と、旦那大感激。


ロープ張ってあったら、触りたいじゃん。。。
そんなの支援級の子じゃなくても、触るんじゃない?
それで列が乱れたり、
ロープがずれちゃったりしたら問題あるだろうけど、

「触るくらいいんじゃね??」
って思うよね。

どうやらそれがN先生も同じ気持ちだったんでしょう。
しかも、いっぱいいっぱいでやっとこ参加しているボンズも「怒られてる」ことになるから、
おっきな声でそれを否定してあげたんだろうね。


そっかー。
ボンズはまたいい先生とのご縁をたぐりよせたんだな~。。。(゚ーÅ)


なーんにも(やめなきゃいけないこと)する前から、ケンケン怒る先生だったら、
ボンズ萎縮しちゃって、こんなに学校大好きになれなかったかも。
一年生の1学期のうちから、ボンズ学校大好きになれたのは、
絶対に先生たちのあったかいフォローだもんね。


そう、そのイベント中。ボンズ大荒れ、大崩れ、大変お怒りでした。
朝から「長靴で行きたい」「会場内を探索したい」と主張され、

そりゃ初めての場所だもん、ウロウロさせなきゃ落ち着かないだろうとウロウロする時間は持てたんだけど、「まだ足りなかった」そうで。。。

でも決められた時間にはじめ、決められた場所に集まり、と、
やらなきゃいけないこともあり、その綱引きが大変でした。

しかもタイミング悪くハハ体調絶不調で、立ってるのがやっと。
旦那が休んで朝から参加できたので、
ボンズの付き添いは途中で代わってもらえたので、何とかなりました。


そして、泣いてわめいてお怒りだった割には、
ボンズ、全ての競技に参加して、楽しそうに帰ってこれたんですよ(笑)


ボンズはもちろん、親もどんなイベントだかわからないままの参加だったので、
N先生が言われたように、
「初めての経験、初めての場所で、全部参加できただけでもすごいですよね。
よくがんばりました」
ってことです!


そして、ヒトって会うべくして出会うんだね。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

本番はいつだ?!

Category : 1年生
いよいよ週末にボンズの学習発表会があります。
その前に総練習があったので、こっそり見に行きました。


ボンズ、保育園時代から、総練習で完結タイプだったのです!

今日の総練習、参加できて、ボンズ君上手にできたんですよ!

お母さん、本番当日楽しみにしていてくださいねっ

って言われて、楽しみにしてたら・・・


出てこない( ̄Д ̄;)


転園先の保育園でも、本番当日は観覧席から動かず、
ステージに上げようものなら絶叫、号泣。

「はじまるよっ!!(怒)」

決められたセリフ(初めのあいさつ)はしっかり言えたものの、

そりゃ捨てゼリフじゃん!!状態(笑)で、駆け降りたorz


小学校に入っても、きっと総練習で燃え尽き、
当日は、
「もう終わったじゃん!」
と抵抗されるだろう。


「総練習は練習であり、その後に本番があるんだよ!」
ってことを知って欲しい。

過去の惨敗記録とこのことは担任の先生にもお話しておきました。
(先生笑っとりました)


でも。
「総練習覗きに行こうかな~・・・
ボンズのイイトコ親だけでも見れたら、親は満足なんだけど」
と言うと、先生も「ぜひに」とおっしゃるので、観に行けたんです。


当日来られない親御さんも他に来るらしく、親が見に行くことは問題ないそうです。

た・だ・し・・・撮影禁止(号泣)。

なんだーーーせっかくゆっくりビデオ撮って、当日は写真撮ってってしようと思ったのにぃorz


で、
その日はどうだったかと言いますと・・・
「う~ん、ボンズのピークはここじゃないよね?」
って感じでした。

出番の前から文句言ってて、
出番は先生に引きずられて取りあえずステージには上がったけど、
セリフ言えてないし(聞こえなかっただけで、ステージ上では聞こえたそうです)。


ボンズが言ってた文句というのは、どうやら保護者席に座りたかったらしく、
出番が終わってから先生が保護者席に座らせてくれたら、おとなしく鑑賞。


鑑賞・・・って、キミの出し物でしょ!!って感じなんだけどね。
でも、

「こうして全体像(仕上がり)を見たかったのかも」(キミ監督か?)

って気もしました。


「あ、あそこにキツネさんたちいるね、

本番はボンズもあそこに並んで歌おうね!!」

そう、こっそり観に行ってたハハ、隠れてましたが、
出番の後に見つかってしまったので、一緒に保護者席で並んでみてました。


こうして全体像を離れて見れたことで、
「当日」うまくいくといいんだけど・・・


この期に及んで(?)まだ希望をつないでます。


帰宅後も、
「ボンズ、今日の練習上手だったねー、発表会も頑張ってね」
連呼。


わかってんだか、わかってないんだか・・・(何せ表情に出ませんからね)。


そしたら翌朝、ご機嫌に登校したボンズ、
体育館の前で、真っ暗な内部(暗幕引いたままですから)を凝視。


まいっか・・・と歩きだしたら、キツネさんの格好をした同じく一年生とすれ違って、ぎょっとして固まってました(笑)

「アンタなんでまだその恰好してんの?」
と思ったのかも!!ヾ(≧▽≦)

一時間目からさっそく「練習」だったそうですが、
どんな顔して参加してるのかなー。


当日が、楽しみです♪(怖いもの見たさ)

→続きを読む

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

学習発表会終わりました!

Category : 1年生
小学校の二大イベントともいえる学習発表会が終わりました。

前日に「明日は発表会、キツネさんやるよ~。日曜日だけど学校行くよ~~~」と、
スケジュールの前で「今日」に斜線を引いて、赤枠をずらそうとしたら、
「いやーーー」
と、代休である月曜日にずらそうとしたんだけど・・・


嫌と言ってもダメなのだ!
と、あきらめたのかは定かじゃないけど、
赤枠を日曜日に戻して、自分のスケジュールに学校のカードを入れてました。

嫌なんだけど、学校でも「日曜日に発表会」と言われてるんだろうし、
・・・やっぱりあきらめたんだろうね。


当日はウキウキで歩いて登校。
体育館を覗いて中に入りたがったり、教室に着くやいなや速攻でお着替え⇒キツネ

やる気満々??


さて、どのタイミングでボンズから離れたらいいんだろう・・・と悩みつつ、
やっぱり前の方で見たいし・・・と体育館へ。


この場所選びも難しい。

見えないところで隠れていたら、ボンズは探すだろうし、
見えるところにいたら、絶対こっちに来ちゃう。

どっちが周囲に迷惑をかけず、
そしてボンズの出演シーンにも影響を与えないか?


結局最前列の、ボンズの出待ちするところ辺りにいたんですけど、
ボンズも当然のようにハハのところへやってきて、ずっと膝の上にいました(爆)

おいおい、兄のプライドはどうした?パート1、ってとこですよ(パート2は別記事で)。
隣ではチビスケ(弟)が一人でちゃんと座ってるのにさ=3


ボンズがステージに上がる番になると、担任N先生がさりげなく誘いに来て、
黒子になって立ち位置へ。
セリフの番になると、口元をつんつんして誘導。
何となく、言ったっぽいです。

それより、周囲を見渡して「たくさんお客さん入ってるな~」って感じで満足げなのが、余裕に感じました。
去年の姉ちゃんの発表会見に来ても、体育館に入ることすらできなくて、ぎゃーーーって逃げてったのにね。


最後のそろって合唱の時も、本番では行けました!
やっぱり本番に強いオトコ決定です。

・・・その本番がどこかわかれば、ね(^^;


その後、他の学年の後に行われる姉ちゃんの番を見てから帰りたかったのですが、
ボンズ、終わった途端に帰り支度を開始。
「おかいもんいこ!」
「かえってからね!!」
と、全然待つ気なし・・・orz

他にもキョウダイの出番が終わるのを待つ一年生がいるので、
一緒に待つよう申し込みをし、絵本をたくさん持たせるなど先生と相談して、いろいろ考えてはいたんですけどね~。

一緒にいたバアバが諦めてボンズを連れて帰ってくれたので、
(ちゃんとコッコのビデオ撮っておきなさいよ! と脅しながら)

チビスケと2人で姉ちゃん見て帰ってきました。


帰宅して休んだ後に、「キツネさん頑張ったから」とトミカを一つ買いました。
「どーれ?」
ってカーズシリーズのところを見せたら、
喜んで大型玩具の方へ移動・・・

「違うよ、トミカ、ひとつ、ね」

というと、「ちぇ、やっぱりか」とわかったのか、
マックィーン選んでました。


・・・来年は、「頑張ったらトミカ」ってあらかじめ視覚支援しておかないとダメですね。
本当は今日買うつもりなかったんですよ。
でも、チビスケの誕生日プレゼントに買ってくれと頼まれていた、ハイパーシリーズの悪役(トミカとプラキッズ一体・・・ってわからない人スイマセン)。

今日買ってやりたいんだけど、ボンズたちいるのにそれは・・・
ってことで、急きょ、「キツネさん頑張ったからトミカ」ってこじつけ。
姉ちゃんにはカードホルダー(っていうか、トミカより高いよっ!!)。


嬉しそう~~に大事そう~~~に持って歩いてます、ニューマックイーン。
家にあるやつはもうハゲハゲだったからねー。


ホントは「日曜だから」?
マックでハッピーセットもしたかったらしいんだけど、
ボンズが言いだした時にはすでに夜。
本人も、「無理だろうな」と思いながらアピールしてるのがわかって笑えました。


「明日ね」
であきらめられたしね。

思ったほどの混乱も崩れもなく済んで、
拍子抜け、な感じもします♪

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

開校記念行事

Category : 1年生
開校××周年記念行事がありました。

「ボンズ歌うらしいし、そこだけ見たいな~」
と、ビデオカメラ抱えて行ってきました。

気楽に乗り込んでびっくり。
スーツのおじさんおばさんの行列・・・


あ? 場違い~~~(^^;


一応式典だろうからこぎれいに、って、
ニットのワンピース着てたんですけど、
「やっぱ帰ろっかな~~~」
ってくらい、場違い!


が、そこは来賓受付の前だったから?
振り返ると「一般保護者受付」とかありまして、
そっちには、「おもいっきし普段着で立ち寄ってみました!」みたいな方もいたので、ホッとして参列してきました。


ボンズに見つかったら、せっかく「一年生」として並んでるのに、
こっちに来ちゃう!

と、タイミングをうかがって隠れてたんですが、
うちが隠れたからか、他の方もみんな隠れてしまい(?)

「来賓の前に入ってくれ」と急かされて、
しょうがなく会場一番乗りしてしまいました。

わーーー見つかるぅ~~~


と、駆け抜け・・・
でも、どうせ見つかってしまい、ボンズが「ママンとこ行くぅ~」って言われたら、逆に来やすい場所の方がいいか・・・と、
かなり前の方に座ったのですが、ボンズに見つからなかったようです!


その後、入場してくる保護者や来賓たちを凝視。
「あー早く入って逆に良かったんだー、勝った!」
と思ってました。



ボンズがこっちを見そうになったら、上着で顔を隠し・・・
ってのをくり返し(あやしい)やってたんですが。。。

なんか・・・

さっきから目が合ってる気がするんだけど??
の、連続。


式典は長い挨拶が続き、ボンズはひっくり返るわ、N先生に抱き着いたり、
奇声をあげそうになったり(って、出てはいたけど)、
ちょっと立ち上がりたくなったり。


そんなボンズを見てハハも緊張してたので、手のひらが汗だくになりました。


ようやく、固い挨拶ばかりのセレモニーが終わり、
第二部は児童による歌や踊り、スライドが登場。


これがすばらしかった!
低学年、中学年、高学年それぞれ一曲ずついい歌を歌い、
その合間や全体を一つの出し物としてプロデュースされてるのよね。

最後は全員で「WAになっておどろ」を踊りながら、歌いながら、全員で。
教職員も、もちろん全員よ。

途中、フォーメーションが変わったり、観る方向が変わったり・・・
あ~この練習をしてたのねぇ。。。と納得。

式典の練習ってなんだ???と思ってました。
せいぜい「歌の練習」かな、と。

いや~いいもの見れました。


ってか、


やっぱりボンズと目が合う気がするんだよねー。


式典が終了し、来賓退場。
「続いて、保護者の方退場してください」
とアナウンスが・・・。


「え? ボンズとの抱擁もなく帰れってか?!!」

と思いつつ、
その流れで一人居座ることもできず、できるだけ遅くに退場できるようモタモタ・・・


ボンズの方を見て、思い切ってバイバイと手を振ってみました。


「ボンズ、ハハがいることをわかった上で、列から外れることがなかったのかも!!」


自分でもその考えを疑いつつ(←笑)

でも、ボンズが、ハハが来ていることを知ってるのだとしたら、
後でハハの姿を探すのでは? と、思ったんですよ。


すると、

「ばいばい・・・」

と、口が動いたのが見えました。
隣にいたN先生に促されて、手を振りました。


うわ~~~、ハハが来てたの知ってて、その場にいたー!!!


思い起こせば最初の参観日。
心配で、困って、対策のしようがなくて・・・
案の定心配通りで、ハハ登場と同時に「かえろ」ってうるさいし(お迎えと理解している)、
その後の懇談なんて待ってられるハズもなく・・・。

その後の参観日は、ハハのところへベタベタ~~っとやってきて、
席に戻る気配なし。

それでも、その後、「姉ちゃんのところへ行ってくるね」と途中で抜けることができたりして、だんだんと「お迎えじゃなくハハが学校に来ることもある」って理解しつつあるんだとは思っていたけど・・・。


いやー、それもこれも、全部N先生のおかげなんですよ。
時々、先生がボンズにささやいたり、
ボンズが先生に何やら指さししながら要求、その答えをもらって落ち着いたり、
ってやってたので、

先生の言うことをボンズが理解している、
ってことは、離れていてもよくわかりました。


いやー、式典の内容はもちろんなんだけど、
(自分の子どもが出てない場面でもビデオ回し続けたのなんて初めて)

ボンズ頑張ってたなー。
と、感動しました。


鼻水出始めて、体調悪化? と心配していましたが、
どうやらそれ以上悪くなることはなく(今のところ)、
毎日楽しそうに、張り切って登校しています。

N先生からは、
「最近甘えっぷりがすごいんですけど?」
と、報告を受けていました。

何かって言うと抱っこを求めてきたり、
隙さえあれば膝に上がってくる。
休み時間に外に出ても、抱っこをしてクルクル回ってくれ、と。

・・・まぁ甘えっぷりは「平常」だと思っていただければ・・・と思ってたのですが、

「ボク頑張ったよ~ん♪」的な意味合いもあったのかな、と、
式典に参列して思ったのでした。


ママンはちょっと肩すかしっていうか、
物足りない部分もあるんだけど・・・ンなこと言っては贅沢よねん。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

連絡ノート

Category : 1年生
お姉ちゃんと登校するようになって、
すっかり教室でのボンズの様子を見る機会が減ってしまいました。

たまに寝坊して車で送って行く時も、
学校の裏につけてボンズを下ろしたら、
「じゃ、姉ちゃん頼むねっ」
と、去って行けるようになりました。

・・・実はずーっと背中見送ってるんだけどね、
姉ちゃんと違ってボンズは振り返りもしやしないっ。

グラウンドの角を曲がって、グラウンドの向こうを歩いているボンズたちを見送り・・・
正面を通る時も玄関をくぐるボンズを見守り・・・


姉ちゃんは気づいて手を振ってくれるんだけど、
ボンズはもうハハのことなんてリセットなのねっ。

ふん!・・・と淋しいけど、
頼もしくもある。


なので、たまに教室までついていくと、
ボンズの動きにべっくらこきます。


ちなみに。
姉ちゃんだと階段のところで押し戻されるけど(おめーは三階だろ、って感じ)、
ハハは教室までついてってOKなのです。ふふん。


ランドセルを机の上においたら、
給食袋はロッカーへ、
連絡袋(連絡ノート入り)は、先生の机の「連絡袋入れ」へ。


すっごぉーい! いつのまに?!
と、感動できます。

・・・ただ、脱いだ上着はそこらじゅうに脱ぎ散らかしてますが・・・

ま。順番にね、一つずつ。


時を同じくして、デイから帰ってきたボンズについて、
三ヶ所通っているデイサービスのスタッフから、
同じことを言われるようになりました。


「最近、ボンズ君のバッグの中に連絡ノートがないことがあって、
探したらどこかにおいてあるんですよねー」


「今日、ボンズ君の連絡ノートがないな~と思って、
お忘れかと思っていたら、ボンズ君の棚の上にありました」


どうやら、デイでもまずは連絡ノートを出す、
という習慣ができたようです!

残念ながら、デイではそのようなきまりがなかったので、
学校でついた習慣の話をし、

「デイでも連絡ノート置き場、なんてあったら、
ボンズは真っ先にノート出せると思うんですよー」

と、言ってみました。

ま、その先の判断はデイにお任せしますけどね。



とか思っていたら、
最近、自宅内で連絡ノートが行方不明に!

ついでに、給食袋もなかったので、「あー・・・」
ひらめきましたよ。


ボンズのランドセル覗いたら、両方ともしっかり入ってました(笑)


ボンズが帰宅したら、いつも楽しみですぐに出す学校とデイの連絡ノート。
給食袋の中身は汚れていたら新しいものと変え、
おしぼり入れが湿っていることもあるので、台所に広げておくんです。

ボンズはそれを見て「しまわなくちゃ」とランドセルに入れてたみたいです。

「まだノート書いてないからちょうだい」
と言ってもダメ。
ま、しょうがないか。


ハハが夜ノートを書いていると、ボンズがそばでずーっと見てました。
すっごいかわいくてどうしてくれよう!!って感じなんですけど、

「早く寝ようよ」
ってせかしてるだけなんですよね、ボンズとしては。


試しに言ってみました。

「はい、ノート。これ○○○のだから、デイのバッグに入れて」

と言うと、デイのノートはデイのバッグ(着替えいれ)へ。

「はい、これは学校のノートね」

と、渡すと、学校のノートはランドセルへ。


気持ちが通じるって嬉しいね~。感動的だね♪

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
ジャンル : 育児

カテゴリー
更新カレンダー&月別
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 
検索フォーム
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク
プロフィール

こじまる

Author:こじまる
H17年6月生まれの長男ボンズ。
自閉症と最重度知的障害を併せ持つ中学3年生。

3才から小集団+個別の療育を受け、
4才から加配付保育園で過ごし、特別支援学級を卒業。
中学からは特別支援学校転籍。
週に5日放課後(等)デイサービス利用。

「自閉症」はおろか「発達障害」を知らなかったハハこじまると、ボンズの無限の可能性を心酔するチチ、専門学生の姉コッコ、中1の弟チビスケの5人家族。

Twitter
Bonz counter
スポンサーリンク
絶対!お勧めの本